おばあちゃんのひとりごと

Entries

「この少数の人々の物語は、ギリシヤ悲劇にも似た大きさと力をもっている」パールバック女史

  疑心は安全の母である。

             スキュデリ/フランスの作家


  年をとった馬鹿は若い馬鹿よりも始末が悪い。

             ラ・ロシュフコー/フランスのモラリスト  


 たしかにね。年とった馬鹿ね。言われないように気をつけナイト。

 

 さあ今日もなんにも予定がないわ。それもありがたいことです。


 楽しいのよ。昨朝、ボーと珈琲店に行こうと歩いていたら、向こうから

笑顔の女性が手を振ってる。長い髪が美しい美人の郵便局のお姉さんだ。

「おはようございます。今から珈琲なの」

「そう~いつも美人なんだけど、またまたいつもよりより綺麗だわ~~」

「また嬉しいわぁ~ありがとうね。いつも上手なんだから~」

「お世辞なんていわないよ。ホント美しい。お仕事頑張って! またね」


 そして、散歩に出たところで、天婦羅店老舗の若奥様に会う。この方も

美人なのだ。美女二人に昨日は出会い偶然が楽しい。美しいっていいな!

 でもこうして心美人は、またまた嬉しいな!心が優しいがいいもんね。

「お久しぶり~~偶然ね~~いま慌ててるのよ~~またゆっくりね~~」

「うん、またね。頑張ってね。そう偶然ね~~」

「元気でいて下さいよ~~」


 家に帰ったら、東京の若い友人から手紙が来てた。ちょっと一部を~~


ーーーーーー神戸の旅行のお話いいですね!メイクやヘヤーをしてくれて

   お孫さんと素敵です。私も去年家族で島根に旅行をしておいて、ほ

   んとによかったと思っています。この春から業務が変わり、また、

   職務内容をこなすのに、バタバタしていますが、なんとかやってい

   ます。以前、フェアリーさんが書かれていたとおり、働く場がある

   というのは恵まれていることとーーーーーーーーーーーーーーーーー


 若い方はいいですよね。私も若い頃は、若かったわ。でも、あっという間。

老婆になってた~~昔よりも今をしっかりしないとね~~ふふふ。

 さあ今日は手紙の返事を書こうかなぁ~~。



 ☆ 母からの贈り物 ☆

         フェアリーグランマ


   疲れた くたびれた うごけない

   痛い 調子が悪い 世間のうわさ話 

   どうにもならないような無駄口 悪口

   よく考えてからしゃべりなさい


   そんなことは癖だから癖にしては駄目

   やめなさいなんでも癖はつくっては駄目

   考えればわかることなんだから

   

   なんだかいっぱい

   教えてくれたな


   お母ちゃんからの贈り物よね

   老いてその大事なことが

   いまごろにわかつたのかも


   だからこころからありがとう

   

  

-----------------------------------------------------------------------------

日本人の手紙

             村尾清一 著


 私を最後にして下さい

   ---水爆被災第一号久保山愛吉さんの手紙


 米ノーベル賞作家、パールバック女史が「この少数の人々の物語は、

ギリシヤ悲劇にも似た大きさと力をもっている」と書いたのは、第五

福竜丸の二十三人の乗組員の物語だ。

 1954年3月1日、静岡県焼津のマグロ船第五福竜丸は、南太平洋、

マーシャル諸島ビキニ環礁の東方160キロ沖で操業中、水爆実験にあ

い二十三人の乗組員が被災した。ブラボーと名ずけられたこの水爆は

十五メガトン、広島型原爆の750倍の力があった。三つの島が消え、あ

とに直径二百メートル、深さ六十メートルの大穴があいた。

 3月14日、焼津市港の戻った第五福竜丸の乗組員たちは、同月末、東

大病院七名、国立東京第一病院十六名と分かれて入院した。無線長、久

保山愛治さん(40)は、最年長者で若い人のまとめ役として、第一病院

に入った。

 話し好きで世話好き、みんなから「局長」と親しまれていた久保山さ

んは、スポークスマン役で、主治医の熊取医学博士とも仲がよかった。

 乗組員たちは、頭上に音もなく降りかかり、甲板や船具の上に白く積

った灰のようなものを(核爆発による放射性降下物、いわゆる死の灰)

の中で二週間生活したのだ。二百~三百レントゲン(致死量三百~四百

レントゲン)の放射能を浴びていた。

 久保山さんから焼津の友人への手紙。


 この病気は輸血、白血球増血注射で栄養をとり、静かに臥して体力を

消耗せぬようにするほか治療はないようです。年齢の多いものほどやら

れております。骨ずい内の増血が若い者ほど旺盛ではないためとのこと。


 妻すずさんとの間に三人の女の子があった。長女みや子(八)、次女

安子(六)、三女さよ子(四)。

 一年生になっておめでとう。まいあさげんきでがっこうへゆくこと。

ぐずいってはだめ。とちゅうみちくさをしないで、あめふりにはかわに

おちないよう、よくおかあちゃんのいうことをきいてべんきょうしなさ

い。さよ子をなかせてはだめ。父より、安子へ。


 ビキニ患者たちは、入院中全国からの見舞いや励ましの手紙にそれぞ

れ返事を書いた。患者の代表格の久保山さんは手紙に、


「こんなことは、私たちを最後にしてもらいたいものです」


と書き、新聞記者との会見でも、そのことを口にした。

 八月末、容態が悪化した久保山さんは「こんなことは、もうオレだけ

でたくさんだ」と言い、九月二十二日亡くなった。あれから五十年、乗

組員二十三人中、死亡者十二名、生存者十二名になった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  なんだか、悲しい「こんなことは、もう、オレだけでたくさんだ」



短歌


 赤信号老人が行くクラクション鳴らして車走り去り行く


俳句


 初夏だな陽射しが強く日傘ゆく


川柳


 つぎつぎとニュース報道おわりなく



スポンサーサイト

その頃の三百円は私にも先生にしても大変大きな金額だったと思うのです。

  冷淡さや無力感は、自由にとって、最も、恐るべき

  敵である。

             ラスキ/イギリスの政治学者


  一人の父親は、百人の校長にまさる。

             ハーバード/イギリスの詩人



 さあ昨日のこと。散歩に出て、そういえば夏用の布団カバーに替えないと、

買い替えようと~見て歩き、バス停に来たらモーニング珈琲のとき一緒にな

るご婦人とばったり会う。

「こんにちは、なにしてるの?どうしたの?バスに乗るの?」

「ううん?今、友達と待ち合わせしてて、来るのを待っている~~」

「そうなの、私はバスに乗るのよ。さて、敬老パスを探そうかな?」

「どうしたの?失くしたら、大変だよ?」

「大丈夫、無くすわけないから、探せばあるから~~?しまう所を替えたから」

 とリュックの中を探していたら見つかった「あっあった」いつもと違うところ

にしまったから?ドジよね?まったく!嫌だね~年寄りくさい?年寄りだったわ。

「ああ年寄りだわ~ほんと年取ったことを忘れてて始末が悪い私。嫌になる~~」

「そうよ、齢よね?そんなこと忘れるかね?~~また明日コーヒーで、会おうね」

「明日にならないとわからないよ。行くか?行かないか?じゃぁ~また会おうね」


 ☆つい笑う心はいつも若いから自分が老婆と忘れてるわれ☆


 昨夜、8時ごろに突然、友人から電話が入る。心配そうな声で………ね。

「なんにもない。元気なの?連絡できずにごめん。気をつけていてね」

「有難う。元気よ。あなたも元気?ありがとう。大丈夫だよ」

 ひとり居の私だから、だから、優しく案じてくれます。

 ときどき、こうして、私のこと思っててくれて、電話をくれてね。

 ありがたくなるのです。こころがホンワリ温くくなるのです。



 ☆ ああいえばこういう ☆

         フェアリーグランマ


    こう話したら

    相手はこういうだろうな


    ああ話したら

    相手はああいう


    会話をしていると

    いろいろと思うもの


    予想外の返事がくる

    当たり前の返事がくる


     そこになにかがあるよな

    その人のここ動きがきが見えてくる

    だから会話っていいわよ 


    予測がつかないがいいな


--------------------------------------------------------------------------------------

 涙が出るほどいい話

             「小さな親切」運動本部ーーー「編」


 先生の大きな手

             大阪府寝屋川市 西山富貴子(48歳)


 今から30年あまり前のことになります。

 小さい頃に父を亡くし母も事情があったため、私は母方の祖父母の家にあ

ずけられていました。そんな状況の中、中学の修学旅行に行かせて欲しいな

どとは、祖母に話すことはできませんでした。

 「乗り物に酔うから修学旅行には行かない」と言う私に、母を知っていた

国語の先生が見るに見かねて、祖母に「友達と行くのは。これが最後だから、

ぜひ行かせてあげてやってほしい」と知らない間に頼みにきてくださいまし

た。

 そして、友達と楽しい修学旅行に大阪・京都へ行かせてもらことになった

のですが、さすがに小遣いまでは、まんなと同じ金額まではもって行けず、

友達がいろいろと楽しそうにおみたげを買っているのを遠くから見ているだ

けでした。 

 その時、国語の先生がそっとそばにきて私の手に百円札を三枚にぎらせて

くれました。「お土産に何か買っておいで」と言って、私の手をしっかりに

ぎってくれた先生の手のあったかかったこと。私もそのお金を持って友達の

輪のなかに入って行きました。

 そのころの三百円は私にも先生にしても大変大きな金額だったと思います。

それを友達にもわからないようにそっとにぎらせてくださった先生。今でも、

その時の先生のあったたかった手の大きかったこと、心からの思いやりを忘

れることが出来ない私です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この話とはちょっと違いますが、高校の修学旅行の日の朝こと~~。

  -----むかしの思い出ーーーー

 わたし。修学旅行の朝、寝坊してしまいまして、いろいろは忘れて

しまいましたが、父は厳しいけれど、とても優しい人で慌てて、すぐ、

タクシーを呼んでくれて国鉄の駅(集合場所)まで送ってくれました。

当時。タクシーなんて乗る人は限られた人でしたが………嬉しかった。

(家に車なんてない時代です。自転車がどの家にも家族の人数ある時代)

駅の前の広場でみんなが集まっている中に、走りこむ私を見つめる父。

早朝で薄暗いなかの亡父の心配そうなやさしい表情が思い出されます。

幾つになってもその光景は忘れられません。思えば涙が出るのです。

  

 

短歌


 満開だなんじゃもんじゃ美しいひとり散歩でひとり眺める


俳句


 春眠や眠くなりたい眠りたい


川柳


 姉の愚痴聞いて忘れて夜は更け


*CommentList

「自分で選んだ道、親に心配させまい」 その時から、私は心に誓いました。

 結婚前には両眼を大きく開いてみよ。

 結婚してからは片目を閉じよ。

          トーマス・フラー/イギリスの警句家

 


 夫婦とは二つの半分になるのではなくて、一つの

 全体になることだ。

          ゴッホ/オランダの画家



 さあ、今日は予定もないし、なにをしようかしら?ね。

 クロード・モネ展が始まると「モネそれからの百年」見たいな。

 今日は大雨警報なんてね。前線の影響とか?なんていう天気かしら?


 昨日のこと。颯爽と出かけようとエレベーターを降りたらね。

 モーニングコーヒーでご一緒する愛さんにね会った。お名前がいいよ。

私と同じくらいのお齢なの。

「わあ~久しぶり、元気だった。お洒落ねぇ~お洋服素敵ね」

「久しぶり。この服はふるいだよ~~いいかしら?」

「そうなの、古くは見えないよ。とてもいいわよ。今の時期にピッタリ]

 お洋服の話がお好きな方で、私も好きなのでいつまでも話が尽きない。


 そして、アーケード街で我が家の3軒向こうのお隣の美人の奥様に会う。

「わぁ~いつも美しいワァ~また、会えたね。今からお出かけなの」

「いつもお上手ね。嬉しくなるわ。今からあそこの耳鼻科に行くのよ~~」

「どうなさったの。お若いし溌剌としておられどこ悪そうにないのに~~」

「メニエールがあるの?~~今年から敬老パスいただいたのよ。嬉しいわ」

「もう敬老なの。喜ぶべきか?お若いというに、しかし敬老パスはいいね」

「そうそう、どこでも出かけられるから嬉しいわ。今から、お散歩ですか」

「うん。家にばっかりではね。こうして出ると話せるから~~嬉しくてね」

 立ち話。楽しい。皆いい人ばかりだから~~出会えて、話せて、嬉しい。

ひとまわり、散歩するとこうして話せて(脳がお仕事)ありがたいわ。



  ☆ 家族っていいな! ☆

          フェアリーグランマ


    家族っていいな!

    その家には愛があふれる

    その日々にある喜怒哀楽

    その家族のすがた

    その家族であるよろこび


    家族ってありがたい

    いつも互いが尊敬のこころを持ち

    いつもおたがいをおもいやれ

    いつもけんかしようと温くなる

    いつも家族であるが嬉しい

    

    ありがたいことです

    家族が家族でつくる家族

    家族があるそれが嬉しい

    そういう日々の中から育つ

    家族という善き家族

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 涙が出るほどいい話

                「小さな親切」運動本部ーーー編


 自分の選んだ道だから

                 神奈川県平塚市 杉山良江(43歳)


 もう十数年前のことです。酒に酔って暴れた主人の「お前なんか出てゆけ!」

の言葉に、二歳の娘を連れて家を飛び出し、タクシーで実家に向かいました。

 三十分も走って実家がすぐ目の前になった時、黙っていた運転手さんが口を

開きました。


「小さいお子さんを連れてこんなに夜遅く、ご主人とケンカでもしたんでしょ

う……。詳しいことは聞かないけれど、今日は黙ってこのままご主人のところ

へお帰んなさい。こんな時間に親御さんのところへ行ったら、心配されてこと

が大きくなるばかりですよ。帰りのタクシー代はいいから」


 そう説得され、引き返しました。きっと、私の涙顔をバックミラーで見てい

て、言ってくださったのでしょう。わたしはタクシーを見送りながら涙がとま

りませんでした。


「自分で選んだ道、親に心配させまい」


 その時から、私は心に誓いました。

 運転手さんの名前は聞かなかったけれど一生懸命生きること、思いやりのあ

る人になることがお礼だと思って今まで頑張ってきました。この親切は、私に

とって本当の心の支えになりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーなんて、素敵なタクシー運転手さんなんでしょうねーーーーー


 私も、遠い日は、こういう思いをしました。そして………涙。涙。

 タクシー運転手さんに会えず、親に心配かけちゃったわ。涙。涙。ふふふ。

 私も自分の選んだ道だから………と、がんばろうと心に誓った。むかし。

 今があります。こうして今は、過去もありがたいとなりました。


短歌


 老いてなを若き日の辛さ思いだす今のしあわせそのゆえにあり


俳句


 春の雨過去にひたりて幸感ず


川柳


 ほこりたまる金はたまらずわが世かな



*CommentList

心のなかに抱く感謝の気持ち、それが幸福の源なのです。

 この世に客に来たと思えば、何の苦もなし、朝夕の食事は

 うまからずともほめて食うべし。元来客の身なれば、好き

 嫌いは申されまじ。

                 伊達政宗



 ふふふ。私は自分で料理してるので、なんでも「美味しい」と、いただい

ていますが、でも姉は昨夕も「ご飯の支度が面倒くさい」と言っていたな。

私なんて簡単にやるので~~「簡単ジャン」と、言うと、黙ってしまった。

何だっていいのにな?いかんか?(姉は、昔からまじめすぎなんですもの)

 そりゃ家族があれば、私のように気楽にはいかないわよね。ふふ。お義兄

さんがいろいろといわれるかな。美味しい料理がいいわよね。


 昨日のこと、親しいご近所さんとエレベーターで偶然に会う。この間、

「春の院展」のチケットを下さった方でね。チケットのお礼をいうことを忘

れてたな。

 NHKのテレビ番組の話してて、(日曜日午後11時から~)

「昨夜テレビの韓国ドラマ見たわ。あなたが言ってたね。面白いよね」

「あれね。前よりも10分長いから、私はビデオにとったのよ~~」

「もう12時過ぎるね。眠れない私が眠らないで見るのも辛い。見てる」

「私はBSで前に見たからね。だから知ってるけれども~見てるわ」

「私ははじめてだけれども、あなたが言う通り面白くて見てる~~」

 話題が楽しくてはずんだな~~.




  ☆ 幸福は心の中にある ☆

       フェアリーグランマ


    しあわせは

    自分のこころが思うこと

  

    自分が不幸そう思うならば

    不幸なのだ


   「あなたほど幸せな人はいない」

    そう周りがうらやんでも

    自分が不幸と思うならば不幸なのだ


    自分がしあわせに思うそれが幸せ

    そこに気がつけばわかる


    幸福は心の中


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日野原重明

 100歳の金言

               日野原重明 著


 幸福は心の中に


 あなたは心の中に幸福感がありますか?

 「青い鳥」という有名な童話があります。ベルギーの劇作家である、

モーリス・メーテルリンクの作品です。ふたり幼いきょうだいが、幸福

のシンボルである青い鳥を探して旅に出ますが、結局その鳥は、家のな

かの鳥かごのなかにいたというあのお話です。

 幸福とは、どこか外にあるものではなく、もっと身近な、自分自身の

心のなかにあるものです。世の中にあふれるたくさんのモノやお金、地

位や名誉を手に入れることが幸福なのではありません。心のなかに抱く

感謝の気持ち。それが幸福の源なのです。

 お金さえ出せば、、欲しいものが何でも手に入る豊かな現代。欲望の

ままに生きることに慣れてしまい、恵まれた環境を当たり前のことと思

い」がちです。謙虚な気持ちや、感謝することを忘れてはいないでしょ

うか?幸福とは、生きていることに感謝する気持ちから生まれるもので

す。現代のような心の状態では、幸福とは何であるかということを見失

いがちになります。 

 あなたは心に幸福感がありますか?自分の胸に手を当てて、あなた自

身に、問いかけてみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私は幸福感がいっぱいだわ。どんな中からも幸せは見つけられます。

「ポリアンナ物語」のポリアンナのように ”よかったさがし” はとて

も得意なんですもの………ふふふ。


 その昔、亡姑のその幸せな日々を見てるのですが、本人は幸せと感じ

ておられない………そこに気がつけない人。そのつまらなさを見ていま

した。だから、気がつかないことのつまらなさを、つぶさに見て思いま

した。何でもすべてが不満のよう~すぐ布団に入り寝ておられ、そのた

めにみんなが”ご機嫌うかがい”をしなければなりませんでした。そうや

って大事にされることがいいようでね。それを、望んでおられたように

思えました。皆生き方はそれぞれでいいのですが~~?その亡姑の姿を

見ていまして小さな幸せも、見つけられ喜べてそれもきっと亡姑の姿か

ら多くを学べ、感謝よね。良いも悪いも、それをどうとるか自分次第。


 ~~~「あなたは心に幸福感はありますか?」~~~

        ---ハイーーーーです。


短歌


 喜びを感じて生きる老いの日々今の幸せただありがたい


俳句


 家を継ぎそしてわが子に継ぎ初夏


川柳


 就活を頑張る若き黒スーツ




*CommentList

どのように生きてもいいんだよ。すべての人生が素晴らしいのだ。

  生きるというのは考えるということである。

               キケロ/ローマの哲学者



  話じょうずの第一の要素は真実、第二は良識、第三は

  上機嫌、第四は、頓知。

               テンプル/イギリスの政治家



  だそうですよ。いいですよね。それはいいな。真実・良識・上機嫌・

頓知ね。そう思うわ。だってそうしていると、みんなと仲良くなれます。

そして誰もが、心地よいのですもの。

 さあ、今日はもう23日。はやいわぁ~~。あのね。

 今夜は午前3時ごろ、「4月こと座流星群」がピークだそうですよ。

ピーク時には条件がいいと、1時間に流星が10個ほどみられるとかです。

見たいな~~と思いながら~~朝から、もうあきらめています。


 さあ、昨日のこと、なにげなく散歩に出たら、「春姫祭り」をやって

いました。多くの方々が楽しそうに練り歩いておられ、いいものでした。

通りは歩行者天国でした。

 可愛いお子様とママがね。椅子とテーブルのあるところで、手つくりの

お弁当を食べさせておられました。話しかけますとね。

「私の手作りしか食べなくて~~」

「まぁママがお料理上手なのね~~」

「あのね。いつでも、一所懸命に話しかけてね。頭のいい子になるから~」

「はい、ありがとうございます~~」

 私がいつものように、リュックを背負いましたら、頭のいい子だわ。

 ちゃんと、手を振るのですもの。ママと顔見合わせて「賢い子だわ~~」

 と、私は帰りましたの。まだ喋れない小さい子です。

 家族連れが見て楽しんでおられる光景はいいものです。そして、昨夜は、

友人から電話が入りまして、いろいろと話してる中その友人のカラオケの

お仲間のひとりが認知症がすすみ、それでも、カラオケにきておられると

いう話でした。唄もちゃんと歌われるし……人の物を自分のものといわれ

ることがあるけれど、みんなだまっているとのことでした。そうですよね。

お仲間がおられ、そうやって、お仲間に入っておられるといいですよね。

だれもが先はどうなるかわからないですもの~~わが身かもです~~。

 


   ☆ いいところだけ見る ☆

          フェアリーグランマ


    なんでもが

    いいところをみたい

    いつもなんでも

    長所を見る人でありたい

    ついいやなところが気になり

    そればかり気になり

    あああそこが嫌だ

    そう思えるかもだけれども

    自分にもいやなところ

    いっぱいあるよな

    そう思う


    いいところだけをみてほしくて

    いいところだけを見て過ごしたい 


------------------------------------------------------------------------------

 私を変えた出来事

           PHP研究所ーーー[編]


 どんな人生もいいもんだ

           NPO法人 WANA関西代表・作家 藤木美奈子


 私は、幼い時から、人一倍苦労するよう生まれつきました。生まれた時

から父を知らず、小学生の時、母の自殺事件をきっかけに、義父から性的

虐待を受け、逃げるように結婚した相手からは、何年もDⅤ(夫や恋人か

らの暴力)に苦しめられました。 

 やっと地獄のような生活から逃げ、職業訓練校と大学で学び始めたころ、

私はこれまで二十六年間にもわたる被暴力体験によって、自分自身を含む

深い深い人間不信に陥っていました。そんな時、私を救ってくれたのは、

精神世界、内なる心について書かれた本でした。


 「しなければならないこと、してはいけないことなど何もない。

  あなたがどのように生きたいか、どんな人間でありたいと思うか、

  生きる指針はそれだけだ」


 つねに自分を責め、親を憎み、生きることに絶望していた私にとって、


 「どのように生きてもいいんだよ。すべての人生が素晴らしいのだ。

  そしてすべての試練は幸福ののためにある」


 と、私のこれまでの人生を完璧に肯定してくれたこの言葉は今でも私の

宝物です。 

 やっと自分を愛しはじめた時、人生は大きく変わりました。私は今、愛

する家族とともに生き、作家として本を書き、女性の経済的自立支援NPO

法人の代表として全国を講演に駆け回っています。あの試練はこのため

あったのだ、今、心からそう思えるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 りっぱですね。ひとは、ついつい、自分は苦労したと思うものですが、

みんないろんななかを頑張っておられます。とても辛い経験なされていて

ね。そのなかを、「私の宝物」-----この言葉。

「どのように生きてもいいんだよ。すべての人生が素晴らしいのだ。

 そして全ての試練は幸福のためにある」


短歌


 男性の洋服店でもセールでは若き男性ら並ぶ時代よ


俳句


 真夏日に驚く四月夏案ず


川柳


 流れ星空を眺めてすごしたい



*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽