おばあちゃんのひとりごと

Entries

三島が幼い頃から東洋の学問を学んでいたら、あんな不幸な……

 うそでもいいから明るい言葉を使え。
               中村天風

 あらゆる事に対して、感謝の気持ちを抱けば、宇宙
 から最高の恩恵を受けることができる。
               中村天風

 年寄りになったから賢くなったんじゃありませんよ。用心
 深くなっただけです。
               ヘミングウェイ

 そうですよね。ふふふ。
 今日はまた冬型とか、暴風やら吹き荒れそうです。
 昨日は、散歩がてらに歩いていたら、偶然にお隣の奥様に
大きな交差点の横断歩道でばったりお会いした。この偶然に
は驚きました。こんな不思議なことがあるんです。
「どこかへ行くの?」
「バスが、まだ10分ほどあるから~どうしようかと~」
「そうなの。私は歩いて帰るよ」
「じゃぁ一緒に行くわ~」
 と言われるので、二人で話しながら歩いて帰ったらね。
 ちょうど、ご近所さんにお会いした。
「主人、退院したのよ~~」
「今、食料品を買いだしに行って来たの……」
「まぁそれはよかったね。嬉しいことね。」
 喜んでおられる笑顔に、ほっとし、お隣の奥様に入院してお
られてご主人さま退院されたのね。と、知らなかったとのこと。
 いろんな道を歩きながら、楽しい時間でありがたい。

 昨夕、若いママさんから、メールのきて、お子さまが吐いて
寝てるとあり、水分が大事よね。あげるがいいよ……と返信。
 さぞや、心配だろうでと、元気が出るように、何度もメール。
子育てのころは、いろいろとできてくるもの。
 ちょっと聞いてくれる人があるだけで、工夫もできて、元気も
出ると思う。そう思いながら、返信メールをしたんだけれど、今
朝は、学校へ行けたかなぁ。あとで、メールしてみようかな。
 きっと、元気出て学校に行けたと信じてる~。

       *

  人間追いつめられて
  はじめて本音を吐く
  その時どんな本音を
  吐くか それが大事
       相田みつを

       *

 ☆☆ シャボン玉 ☆☆

   長い人生だもん
   悩んだり苦しんだり
   出来ては消え
   シャボン玉のよう
   つぎからつぎから
   
   だけどなにがあったって
  
   なんとかなる
   なんとかなっていく
   深刻にならないがいい
   
   あの美しい青い空そして白い雲
   太陽の陽ざしの温さに
   こころをふんわり浮かばせたら
   なんとかなっているもんですよ

----------------------------------------------------------------
 成功の法則
         中村天風
         安岡正篤 に学ぶ     下村 澄 著

 安岡正篤から学ぶ人間の品格

 ◆東西の本を読破
 安岡先生が「人間学」というものに縁を結んだのは、幼少の頃か
らの「四書五経」と父兄の雅客との出会いが素地にあったからだと
いう。
 西洋哲学や社会思想という学問を勉強していると、人生がむなし
く感じたり、もどかしくなったり、あるいは神経衰弱気味になった
りすることがある。これはいろいろな理由があるからだが、第一に
考えられるのは、それらは知性の学問であるということだ。つまり、
知識の抽象的な概念と論理の学問であるということである。抽象的
知識・理論だけでは、決して人間の悩みは解決しない。
 東洋は儒教であるとか、仏教であるとか、神道であるとか、ある
いは道教であるとかいうような漠然たる存在しかなかった。西洋に
は哲学もあれば科学もある。その科学には自然科学があれば社会科
学があり、社会科学の中にも政治学・経済学・宗教学・教育学など
がある。さらにまた、教育学の中にも文化教育学があるかと思うと
児童教育学、成人教育学、社会教育学などがある。
 つまり、あらゆる学問を分化してできたのが西洋学問の特徴で、
逆にあらゆる学問を統一し含蓄してきたのが東洋の学問の特徴なの
である。

◆三島由紀夫の死を惜しむ
 その違いを悟った先生は、改めて(東洋学問の視点から)西洋
の学術書を読み返された。すると、今度は同じ本を読んでも前と
違った認識ができるというのだ。果たして、先生は、全世界の万
巻の書を読破し、あらゆる文献から東洋思想を論じられるように
なった。英語やドイツ語などを原書で読まれ、注釈されるので、
とにかく説得力があるのである。「いまの世の中に安岡先生のよ
うな方はいらっしゃいませんか?」とよく聞かれるが、西洋文化
と東洋文化を知りつくして、両面から解説される人を私は知らな
い。
 かって三島由紀夫が自殺した時、「惜しい人物を失ったものだ」
と、先生は大変残念がられた。三島由紀夫は西洋の学門から学び、
四十歳を過ぎてから東洋思想に傾倒していった。先生に何度も手
紙を書いてよこし、教えを求めてきたという。
 先生が、「三島が幼い頃から東洋の学問を学んでいたら、あん
な不幸な結末にはならなかったろうに……」といっておられたの
が、いまでも印象に残っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ふーん・。・そうなのか。なんて、思うのですが。わからない。
 難しすぎてよくわからない。でも、何度も何度も読むのです。

短歌

 眠れずに眠れると言い聞かせつつ眠ろう眠れよ眠れるだろう

俳句

 冬の日やバッタリ出逢うおとなりさん

川柳

 街中はひとひとひとよ春はまだ


 
スポンサーサイト

人間の、体は使用しないと退化してしまうという。「廃用性委縮」である。

 人間生きることが全部である。死ねばすべてなくなる。
               坂口安吾

 一日生きることは、一歩進むことでありたい。
               湯川秀樹

 尊く、正しく、清く、そして強く生きることである。
               松本幸夫「中村天風の教え」


 空は青空です。白い雲。美しい。今朝も寒いですね。
 昨日は、土曜日。どこも人が出てて賑やかです。こういう活気が
好きです。歩いている人らが幸せそうに見えるからね。
 近くにあるスケーターボード(?)を練習するところがあり、若
者が大勢練習をしていました。見ていますとその技が凄いんです。
 ちいさい子やら、みんなが楽しんでおられました。
 そしてご近所の知り合いの、おじいさまに、お会いしましたので、
「こんにちわ。おひさしぶりです」
「わぁ~お元気でいいですね。お会いできて嬉しいです。」
「元気じゃぁないですよ。あそこやらここやら……」
「でも、痛みはとれたのでしょう。よかったですね……お元気でね」
 にこやかな優しい笑顔にあうと嬉しいのです。
 白髪で穏やかな人柄、もう、ずいぶんのお年なんですが、会うと、
私が元気をいただくのです。ありがたい。
 

        *

    お花だったら
           金子みすゞ

   もしもわたしがお花なら、
   とてもいい子になれるだろ。

   ものが言えなきゃ、あるけなきゃ、
   なんでおいたをするものか。

   だけどだれかがやってきて、
   いやな花だといったなら、
   すぐにおこってしぼむだろ。

   もしもお花になったって、
   やっぱしいい子になれまいな、
   お花のようにはなれまいな。


       *

 ☆☆ むかしむかしその昔 ☆☆

  はるになると
  学校帰りにみんなと
  約束しては

  つくしとりに
  土手にいくと
  つくしんぼ生えてる

  とってくると
  おばあちゃんが
  新聞紙を広げる
  そこにつくしをパッと置く

  話しながらはかまをとる
  おばあちゃんの話はときに
  おどすように怖いのだ 
  人攫いの話やらマムシの怖さやら

  そうやっていろんなことを
  教えてくれてたんだなぁ
  
  怖い人からは逃げないと
  泣いてると捕まって
  見世物小屋に
  売られてしまと言う
  
  怖い話は泣いててはダメ
  ただ逃げろだった
  ほんとうの話のようで
  まるで知ってるように話す
  その話は恐ろしかった
  今でも恐ろしかったなぁと思うのだ

  もう むかし 昔のことよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中村天風の教え
            松本幸夫 著

 他力本願でのみ生活すると
 人間の一番大切な理想というものが
 断然貫徹しない

 「人に相談しなければわからない仕事はすべからず」と天風は説く。
 天風は、事業の相談を受けることがあったが、結局アドバイスはでき
ても最後まで事業をやるのは本人だという。だから、「この事業はやっ
た方がよいでしょうか?」といった類の質問は、はねつけたという。
 事業に限らず他力本願の、人に頼るような生き方を続けていると、自
分の「理想」が想像できなくなってしまう。人間の体は使用しないと退
化してしまう。いわゆる「廃用性委縮」である。私たちの生き方にして
も同様であろう。「自力」を活用していかないと、やがては自分では何
も考えず、積極的に行動していくようなこととはほど遠い生き方をする
ことになる。
 他人のアドバイス、援助をすべて否定するのではない。しかし、それ
も自分の夢・理想があってこそ活きてくるものであり、「他力本願」で
はならない。死病から解放されたいと切願した天風が、「他力」に頼り
世界行脚したものの「答」は得られなかった。が、カリアッパ師のもと
で修業を続けてやがて、「自力」で悟りを得た。自力本願であってこそ
道は拓ける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 なんでもを、占いとか。神さまとかにたよってしまうとね。
 それがいいと思うかもですが、やはり、この天風師のように、自分の
ことは、自分で判断し、結論を自分で出す人でないとね。そう思います。

短歌

 ひとりゆえその気楽さに感謝しひとりを楽しみ勝手に生きる

俳句

 花屋店桜の枝が売られおり

川柳

 ショーウィンドウ春の装い活気でる


「難しすぎるとあきらめるし、簡単すぎると飽きる。その間にあるちょっと背伸びをすれば届く領域」

 金が一番いやらしいのは、それが持ち主に才能まで与え
 るからだ。
               ドストエフスキー


 この道より、我を生かす道なし、この道を歩く。
               武者小路実篤


 たしかにね。お金ね。あってもなくても、どう、お金を大切に考え
てそうして生きておかねもあるいてほしいですね。
 そして、道ね。その道が見つかるといいのですが。迷い道を歩いて
いろようです。幾つになっても情けないようなことです。

 昨日は、千葉県の友人が手紙をくれまして、いつも巻き紙で下さいま
してね。私も時々、手紙を出すのですが、多くの友人に出しますのでね。
誰に何を書いたかを忘れてしまうのです。みんな忘れてしまうんです。
 カットを描いたり、詩やら、短歌、その時の自分のこころのままです。
だから、この友人に何を書いたかしらん?覚えてないんですもの。ふふ。
 今回、いただいた手紙の一部分を………~~~ここに。

 書・画・詩・と、才媛のフェアリーさまはさすがですね。
 そして 笑いの玉手箱、も。
 
 わたし 絵本の読み聞かせ ボランティアをしておりました時
   本の主人公になりきり
  コロコロと気持ち良く笑えるようになった時の気持の良さを
  想いだしていました。

  フェアリーさまのお母様は、お優しい方だったのでしょうね。

 ………~~~~
 ”才媛”なんて一度も言われたことないのですもの。私が?まさかね。
単なる変わりものなんです。まったく幼稚で、賢くないのですもの。

 この友人は、いまもいろいろとボランティアをなさっておられます。
 私などは、もうなんにもできません。ボンヤリの日々。そしてね。こう
して、才媛などではないのですので、お恥ずかしい限り。亡き母のことも
どこで、何を感じて下さったのかは分かりませんが、嬉しくなりました。
きっと、亡母も、今頃、宇宙からみてくれてて、喜んでいることでしょう。
 私が、亡母をほめてくだすって、嬉しいからね~。


      *
          相田みつを

   人のしあわせを
   本心からよろこべる人は
   ほとけさまだなあ
   人のしあわせ を 本心では
   よろこべないときが
   わたしにはあるから
    

      *

   ☆☆ 出逢い ☆☆

    いつも思う
    人との出逢いは
    いいなぁ

    そして思うのは
    いい人との出会いが
    いいなぁ

    だからいい出会いと
    そう思われる人で
    ありたいな

    そういう出逢いがいい
    穏やかにいきたいし 穏やかでありたい

------------------------------------------------------------------------------
 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに
 3人の息子を京都大学に放り込んだ話
                       宝槻泰伸 著

 <芽が出始めたら、徹底的に創意工夫>

 次に大切なのは創意工夫です。
 対象が定まり、じっくりと学びを深めていくプロセスが始まります。その
時、近くにいる大人がするべき役割は、課題の橋渡し(大人の側の創意工夫)
です。 
 心理学者のレフ・ヴィゴッキーは「まったく解決不可能な領域と、独力で
解決可能な領域の間に、他からの援助があれば、解決できる領域が必ずある」
と言っています。僕なりに表現すればすれば「難しすぎるとあきらめるし、
簡単すぎると飽きる。その間にあるちょっと背伸びをすれば届く領域」という
のが、子どもにとって最適な領域です。
 成長を続ける子どもをよく観察し、常にこの領域を見極めながら、最適な
課題や教材を選んであげる。これが素敵な指導者が実践している創意工夫の
正体だと思います。
 父はこのあたりの観察力と判断力が優れていたと思います。僕たち兄弟が
割り箸鉄砲にハマり始めた頃に、ライフル級の鉄砲を作ってみせて次のステ
ップを示したり。ミニ四駆やロボット工作に飽きている頃に、ロボコンを見
せて触発したり。探究心の種をまくだけでなく、その芽が育っていくように
水遣(や)りをしてくれました。

 ――-省略―――

  <偉人の物語を与えよう>

 そしてもう一つ、種まきとして忘れてならないのは「人生」です。
 特に歴史上の人物の物語に、映画や小説を通して出会わせてあげましょう。
これまでにどのような人生が積み重なって、現代社会が作られてきたのか、
それを学ぶことで、自分の生き方も見えてくるものです。
 また偉人伝からは、この世界に存在する人間の課題についても学ぶことが
できます。偉人たちはみな、その時代に横たわる大きな社会問題に向き合い、
人間を前進させてきました。吉田松陰にせよ、ガンジーにせよ、ジョン・F・
ケネディにせよ、降り返って彼らがいたからこそ、今の私たちがあるという
業績を残しています。そうしたものを学ぶ中で、子どもは問題意識を養い、
自らの志を磨くのだと思います。
 もちろん、すべての子どもが彼らのような人生を歩むわけではありません。
多くの人に影響を与えるよりも、一隅を照らすような人生で生涯の幕を閉じ
る方が多いでしょう。
 ただそうだとしても、信念に生きることの尊さや、逆境を超えてあきらめ
ずにやり通す事の大切さを学び、自分の人生に活かしていくことができます。
 そして、自分の成功を求めるだけでなく、使命感を持って社会課題に立ち
向かうための勇気を受け取ることができます。偉人伝は偉人になるための教
科書ではなく、自分の使命を見出すための参考書だと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ケネディ大統領に、日本人記者が、「日本の政治家で尊敬する人は……?」
だったかしら? 質問をされた時に、ケネディ大統領は、「上杉鷹山……」
と、言われたという有名なエピソードがあり……そのとき、そこにおられた
記者らは誰もが、「上杉鷹山って?誰だ?……」だったとか?
(このケネディ大統領の話は前にも書きましたが……)
 しかし、ケネディ大統領は、いいです。

短歌

 居酒屋の前を素通り魅かれます亡夫と入ったな想いだすもの

俳句

 春一番吹いてもまだまだ春遠し

川柳

 なんでもをいいふうにとり老いの日よ


*CommentList

親の「あり方」が子どもに与える影響はとても大きいと思います。

 人生は結果ではなく過程こそ大事にしたい 道まちがえても。
             フェアリーグランマ

 空しさに涙こぼるるそんな夜は 窓を開け宇宙に語る。
             フェアリーグランマ

 失敗も成功もなんだって長い人生いろいろある。あらゆる
 人、言葉、大切ものとの邂逅、あらゆることをよく咀嚼し、
 考え大事にし、神仏さま。ご先祖様に感謝し生かさせてい
 ただいてありがたい日々。感謝。
             フェアリーグランマ

 昨夜は旧い素敵な先輩である老女性から電話が入り、長い
深夜まで話しました。半年ぶりかしら?89歳くらいかしら。
(骨折され、退院されてこられたみたい。)友人から聞い
てましたが、 遠いので見舞いもいけず、手紙だけ出させて
いただいたのですが、電話が通じなかったのでね。
 しみじみと、 ”あなたとは出逢えていい友人”と、嬉しい
と言ってくだされ、つぎからつぎから話が湧いてきてね。
”私もです倖です”不思議な邂逅。この方と出会えていい経験
をいっぱいさせていただいたものでした。もう昔ですが、当
時は、私の長所をいっぱいひきだしていただけたなぁ?と思
う、そして当時のいい仲間たちの話やらで深夜12時を過ぎて
いました。でも、思い出はまたいいもので、みんなでまた会
いたいね~~と言われておられました。楽しい電話。嬉しい。

 昨日は、御主人が入院しておられる奥様と出会った。
「ご主人さまはいかがですか。お元気ですか。」
「ハイ、元気だからいいわ。」
「そうよね。入院されておられてもお元気ならなによりよね」
「病院は暖かいしね。」
「『帰りたい。』と言っているだけだから~ね。」
「まあ。それならいいね。お元気で嬉しいね。よかった。またね」
 あかるく、奥様が、笑顔だから、安心しました。ホッとします。
 だれも老いるって、むつかしいむつかしい。上手に老いていく。
それがいいもの。そうそう。

 おとといのときのことだけど、お嫂さんがいってたわ。
「フェアリーちゃんは、いつも笑ってありがたいと感謝して~~」
「えらいね。そういう人は、なかなかないだよ~~」って!
 ほめられちゃいましたが、褒められてうれしくなちゃう。
 それは、いつものお嫂さんらしいの。私が高校生の頃にとついで
こられたんですもの。その時の心の儘みたいに、優しいの。
 お嫂(ねえ)さんは、いつもそうやって長所をほめてくれて私を、
いい気持ちにさせてくれるんです。だから心地よいのです。
「バイバイ。またね。」ありがたい私。

     *

  普通の教育はただ喋る
  良い教師は分かるように説明する
  優秀な教師は自らやってみせる
  最高の教師は子どもたちの心に火を付ける。
       ウイリアム・アーサー・ワード
   「強烈なオヤジにが、高校も通わせずに3人
    の息子を来ようと大学に放り込んだ話」より。


     *

   ☆☆ どんなことだって ☆☆

    なんかで
    読んだことがある
    自分が考えた
    そう思ったとて

    そうじゃぁない
    どんなことだって本にもう
    書かれているのだ
    読書をする

    それがどれほど
    大切であるか
    どんなに悩もうと
    どんなに苦しんだって

    何だって乗り越えてきた
    人がおられるのだ
    だからどんな時だって
    読書から多くを学ぶがいい

    まだまだ老いてなを
    いっぱい本が読みたい

-----------------------------------------------------------------------------
 強烈なオヤジが、高校も通わせずに
 3人の息子を京都大学に放リ込んだ話
                  宝槻泰伸 著

 どうすれば花が咲くか?
 <長所を育てよう>
「種をまく」や「対話をする」というのは家庭教育の進め方
(やり方)についてのヒントです。やり方を上手にするだけ
で効果は表れてきそうなものですが、もっと深いレベルで家
庭教育を支えるものがあります。親の「あり方」です。

 日頃から子どもにどのように接しているか。どんな精神や
態度を大切にしているのか。親の「あり方」が子どもに与え
る影響はとても大きいと思います。そして、あり方が顕著に
表れるのが、子どもの長所や短所に対しての扱い方です。た
とえば、長所を伸ばそうとすることもあれば、短所を埋めよ
うとすることもあります。どちらも大切なことですが、僕は
「まず長所を育てる」方がいいと思います。

<短所を埋めるギャップアプローチ>
「短所・弱点を埋める」ことは人材育成の世界では「ギャッ
プアプローチ」と呼ばれます。
「100点の状態に近づけるために足りない部分をどうしたら
埋めることができるか?」という頭の使い方をします。たと
えば、テストで85点を取った際に「どうすれば残りの15点を
埋めることができるのか」と考えると思いますが、これが、
ギャップアプローチです。この方法は、従来型の問題解決手
法と呼ばれており、今日、さまざまな分野でさいようされて
います。
―――省略ーーー

<長所を伸ばすポジティブアプローチ>
「長所・強みを伸ばす」ことは「ポジティブアプローチ」と
呼ばれます。「人や組織の持っている長い部分に着目して、
どうすればそれを最大限に活かすことができるか」と考えま
す。全体として良い方向へ導くための方法です。、
 ――-省略―ーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 嫁いだときが、大家族でしたのでね。大変でしたが……。
 でも、なんだっていいもんです。その中で………。
 私は、いつも思ってきたことは、どんなに合わない人でも、
ちょっといやだなと思う人とでも、いいところを、長所を見つ
けてそこだけを見る。そこを見て”いつもいいところだけ見る”
そうすると、他が消えていくのですよ。いい関係になれるなと
思ったものです。そして、その、いいところが伸びていくんで
すもの。その人にとってもいいし、ね。私にも、とてもいい。
「私の苦手人間の解消法」……。これはいいですよね。

 それから それから、相手にとっても、私を嫌だと思う人
もあると思うからね。そうおもう事が大事よね。つい……。
自分はいいと思っちゃうでしょ。でもね。私も嫌われていた
んだと思うからね。

短歌

ひとりだからひとり勝手に好きなようにひとりごと言い老いを生きてる

俳句

ボンヤリと冬の夜長やため息す

川柳

この世です親が子を子が親をああ



死中活有り。苦中楽有り。忙中閑有り。壺中天有り。腹中書有り。

 自分というものがある。あるがままでじゅうぶんだ。
                  ホィットマン

 自分がなんであるかを知りたいと思うならば、自分が
 なにを好むかをみればよい。
                  ニーチェ


  今日は、少し暖かくなるとか。散歩頑張ろうかなぁ。

 面白いことなんだけれども、昨年12月半ばにアメリカに
送った小包みが。番地が一字間違えた私(小型包装物)な
のですが、返送されてきました。その品によく戻ってきた
ね。としみじみ声をかけてしまいました。ちようど2ヵ月。
なんか安心してしまいました。そしてびっくりしありがた
く思いました。よく旅をしてきたね。ありがとうね。
 また、関係者各位には、感謝します。有難うございまし
た。
 
 昨日のこと、嫂が電話をくれましてね。
 なんだか、昔を思い出すのです。ついつい昔話で盛り上が
りましてね。笑えます。若い頃の走り回った日々が懐かしく
て、切ったら、姉からも電話があり、なんだか長電話。嬉し
い昨夜のことでした。人と話すと元気が出ますよね。 
 近所の神社の桜のような花が咲きはじめてみました。花は
小さいのですが、とてもきれいです。春はもうきていますね。
   
        *

      生
         坂村真民

    あなたがいられる
    それだけで
    わたしは生きてゆける
    ああ
    あさゆうのいのりを
    あなたにささげ
    きのうがあり
    きょうがあり
    あすがある

        *

    ☆☆  倖とは  ☆☆

     生かさせていただける
     そのしあわせな日々
     大事なことは

     誰もみんなが
     よろこんで楽しく
     日々を過ごす

     いまを
     しあわせを感じて
     老いの日々いきたし
     
-------------------------------------------------------
 帝王学ノート
              伊藤肇 著

 追いつめられるといのちを吐く

 「もともと生きた悟りや心に閃く真実の知恵、あるいは
力強い行動力は、決して、だらだらした長ったらしい概念
や論理から得られるものではない。それは体験と精神とが
凝結している片言隻句によって悟るのであり、また、その
原理原則を把握することによって実践するのだ。したがっ
て、語録とか、箴言というものは、経験を積めば積むほど
教養が深くなればなるほど、身につまされてわかってくる
『おとなの学問』なのだ」とは前にも紹介した安岡正篤先
生の言葉だが、ひきつづいて『新編・百朝』を書きたい。

 死中・活有り。 
 苦中・楽有り。 
 忙中・閑あり。 
 壺中・天あり。 
 腹中・書有り。
        安岡正篤

 死中有活・苦中有楽・忙中有閑については説明はいる
まい。「壺中有天」は漢書方術伝、『費長房(ひちよう
ぼう)』の故事から出たもので、俗生活外の別天地を、
もつこと。人物が大ものか、小ものかは器量によってき
まり、器量は余裕から生まれる。人間も理くつや打算が
ぬけて、余裕綽々となる。その余裕を養うのが「壺中の
天」である。
 「意中有人」は「恋人をもつ」という意味ではない。
いつも心の中に人物を用意しているということである。
私淑する偉人を、あるいは要路に推せんし得る人材を、
理想的人間像を、といったようにありとあらゆる人材を
もっていることである。
 「腹中有書」は、断片的な浅薄な知識ではなく、腹の
底におさまっている哲学をもっていること。
―ーー省略ーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 若かりしころ、この言葉に出あい、考えさせられました。
悩み苦しんだ頃にね。
 その毎日の中、これひとつひとつが励みになりました。

短歌

 老いるとは笑しきものよ聞こえぬに聞こえる振りして話がそれる

俳句

 ふっふふとひとり笑いて北風なか

川柳

 よどかけが春のさまなるお地蔵さん


左サイドMenu

プロフィール

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽