おばあちゃんのひとりごと

Entries

人に見えずとも、神さまには見えるからです。これが本当の奈良人形の心です。

 人間には二つの悲劇がある。一つは欲望が達成されない時、
 もう一つは、それが達成されてしまう時である。
            バーナード・ショウ

 金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、ど
 こか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬ
 からである。
            森 信三


 今朝は、ぼんやりしています。昨日歩き過ぎたかなぁ?疲れてるな……さあ。
 昨日のことですが、急に暖かくなりびっくりです。でも、ありがたい。春よね。
  朝のモーニングコーヒーにゆきましたら、あの明るい奥様が来ておられ、ほっとし
どれぐらいお会いしてなかったかな?病院の帰りに午後はよられたとか?いわれた。
「いかがですか。ご主人さまは……」
「ありがとうございます。落ち着いてきまして、カテーテル検査をするだよ。」
「良かったね。お大事にね。ビックリだね。」
「そうだよ。あわてたわ」
「救急車に、電話して事情を、話して5分もしないうちに来てくれて、もう入院の
 手配もすんでいたんですよ。早くて、救急車にもう感謝だったわ」
「そんなに早いの。すごい、よかったね。」
「ここいら辺は、いいわぁ。救急車が近いでしょ。びっくりしちゃうほど早いの」
「電話を斬って5分もしないくらいだった」
「そうだったの。助かったね。ありがたいね。救急車に感謝だね。」
 話の途中に、お隣におられた4人の紳士(背広姿の方々)のおひとりが、
「たばこいいですか?すみませんね」
「いいですよ。どうぞ。どうぞ。………」
「このまえ、お会いしましたね。ここで」
「エッ!そうでしたか。もう、わたし、ぼけ老人でだわ。すみません」
 笑えますよね。覚えてないのですもの。恥ずかしくなっちゃう。
お帰りの時に、「これ、よかったらつかっください」と、何かをくださる。高級
ホテル(観光地の)社員割引のチケットでした。びっくりして、ね。
「ありがとうございます。また、お会い出来るかもですね。ありがとうございます」
心の中で、なかなか行けないなぁ~~行きたいけれどもな~いけないわぁ。思う。
  

       *

     生きるのだ
           坂村真民

   いのちいっぱい
   生きるのだ
   念じ念じて
   生きるのだ
   一度しかない人生を
   何か世のため人のため
   自分にできることをして
   この身を捧げ
   生きるのだ

      *

   ☆☆ 願う ☆☆

    願いとは
    真剣に思うこと
    願いとは
    真剣に手を合わせること
    
    それは念じることであり
    念じれば 念じるだけ
    その願いは
    叶うと思うのです

------------------------------------------------------------ーーーーーーーーーーー
 神さまにほめられる生き方
                春日大社権宮司
                  岡本彰夫 著

 出来上がりまでのプロセスが感動を生む
 
 本物には力がある。一所懸命取り組んだものには、それだけの力が宿ります。しか
し、手間を惜しんだものには力を発揮しません。

 たとえば、江戸時代の木版刷りの「名所図会」という、今でいう観光案内書を見て
みましょう。これは紙一枚一枚を丁寧に漉き、版木を彫ってバレンで刷り上げ、手間
ひまをかけて作られたものです。古本市で手に入れようと思っても、大層高価なもの
ですから、原本を写真に撮って印刷したものが安価に出回っています。しかし、原本
と写真版ではまったく風合いが違います。インパクトが天と地ほど違う。手間ひまを
かけ、真心を込めたものには、醸し出す力があります。完成までの過程、努力の結晶
が、不思議に見る人に感動を与えるのです。まだ奈良には一刀彫という人形がありま
す。かって奈良人形といわれた物で一見すると一刀で彫ったような風合いがあります
が、もちろん一刀では到底彫りだせるものではありません。綿密に計算して幾度もノ
ミを使い、あたかも彫ったように風合いを出すことに、職人は苦心するのです。

 では、なぜその風合いを必要とするのかといえば、それは神さまにお供えする人形
だからなのです。つまり、人間が触れれば触れるほど、人形は汚れてしまいます。だ
から、「ほとんど触っておりません。自然のままでございます」と神さまにお示しす
るため、一刀で彫ったような風合いを出すのです。しかも。人に見えない足の裏まで
美しく彫っています。人に見えずとも、神さまには見えるからです。これが本当の奈
良人形の心です。たとえ見えなくとも、いや、むしろ見えないところに丁寧な仕事を
してあるのが本物なのです。

 かって奈良の土産物屋には、一刀彫りの小さな人形や根付などの小物が所せましと
並んでいました。お客はそれを手にとり彫りのよい彩色の丁寧なものを丹念に選んで
買って行ったのです。当然質のよい物しか売りません。ですから、職人たちはたとえ
安価な小さい人形でも手を抜かず、心のこもった素晴らしいものを彫ったのです。だ
から全国から訪れる旅人が我先にと奈良の土産として買い求めその名声はは広まりま
した。

 しかし、名声にあぐらをかいて、芸術家気取りで粗雑な作品に高い値をつけて売っ
たとしたらどうでしょう。技量のない人間ほど、また宣伝がうまい。これでは買い手
によほど鑑識眼がないと本物がわからなくなってしまいます。これはすべて美術品に
もいえることです。

 本当の芸術家たる人は、その前に本当の職人でなければいけません。また、職人こ
そが芸術家になれる。あらゆる技法を身につけた職人でないと、芸術家にはなれない
と思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 奈良は何度もいったけれども、それを見たいなぁ……と思いながら、読みました。
 でももう奈良に行くこともないわぁもし行かれた方は、見てくださいませ。

 短歌

  車いすひいているのは孫さんかおばあちゃんは嬉しそうだな

 俳句

  寒いなとひとりごと春はまだこない

 川柳

  春眠がなつかしなれどわれ不眠


 
スポンサーサイト
*CommentList

「わしの悪口を細大洩らさずに報告せよ。ただし、悪口をいった奴の名前は無用」水戸光圀さま

 人から恨まれようが、憎まれようが、それで死ぬことはない。
                近松門左衛門

 丁寧な言葉を聞きたいと思ったら、丁寧な言葉を使え。
                カイ-カーウ―ス

 今朝も晴れています。桜が咲いてるかしら?と近くの神社にお参りがてらに
見に行きましたが、蕾は膨らんでいましたが、一つも咲いていませんでした。
もう、でも、暖かい日があれば、すぐに咲くことでしょうね。楽しみ。待つわ。
 昨日のこと。朝、突然に友人から電話が入り、いつも忙しい友。
「今日暇ある? ランチしようか。」
「うん。暇だからいいよ。あの友も誘おうか」
「そうだね。決まり」
 車で迎えに来てくれて、三人でランチ。楽しかったわ。久しぶりにいろいろ
と話せた。旧い友人の話が出てね。どうされているかねぇ。思い出はいいもの
です。あの頃は、若かったから、楽しかったねぇって……。ああ楽しかった。
 この友人は温かい温かいのです。だから、トテモ気楽でありがたいの。

      *

  ひとつぶでも まくまい
  ほほえめなくなる種は
  どんなちいさくとも 大事に育てよう 微笑みの芽は
                  「小止観物語」幸せは急がないでより

      *

   ☆☆ 種 ☆☆

  種を蒔くと
  いい芽もわるい芽も
  いろんな芽が出る

  だから どれもこれも
  愛をかけて育てたい
  きっと花は咲く

  種は芽が出て咲いていく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー--------------------------
 十八史略の人物学
             伊東肇 著

――わしの悪口を報告しろ――

 二.二六事件ぼときの総理大臣だった岡田啓介は、「総理になると、三つのものが見
えなくなる」と言っている。

 第一に「金」である。
  総理は職権で思う存分に金が使えるから、金の価値がわからなくなる。
 第二に「人」である。
  しらずしらずのうちに取り巻きができて、総理の耳にさからう情報は入ってこなくな
  る。その結果は真実が陰に身をかくしてしまう。
 第三に「国民の顔」がどちらを向いているのかがわからなくなる。
  そして「この三つめがわからなくなったときに総理大臣はのたれ死にする」と言いき
  っている。

 それを予防するためには「すぐれたジャーナリストを絶えず傍に置くこと」を、これ
を総理をやった池田勇人がすすめている。つまり、総理たるものは、フォーマルな情報
網だけでは不十分で、インフォーマルな情報網をもっていないと判断を誤るということ
である。これはひとり総理に限らず、経営者でもなんでも、トップに立つものは誰しも
感ずることで、リコーの前社長(故人)の舘林三喜男も「玉葱は八百屋の店先で見ると、
外がわが赤茶けたり、泥のついている。それが玉葱なんだ。ところが、その玉葱を部下
が係長や課長にあげるときは泥のついた赤茶けた皮をむいて、これが玉葱だと言って見
せる。そして、課長がこの玉葱を部長に見せるときは、またニ皮ばかりむいて見せる。
それと同じく部長も皮をむいてくるから、社長の私のところへくる玉葱は、中の芯だけ
の小さなものになっている。それを『玉葱でございます』と言われて、まるまると信じ
たら、とんでもない間違いをやらかすことになる』と言いのこしているし、経団連会長
の土光敏夫も、東芝の社長を就任したとき、記者会見で最初の言ったのは「東芝の悪口
をきいたら、すぐ教えてくれ。悪いことを知らせてくれた人にはお礼をさしあげる」と
いうことだった。

 土光の前の社長の岩下文雄が、地方へ主張すると、支店では「社長のおなり」とばか
りに気を使い、「社長御宿」の電気製品を全部、東芝製に切り替えるようなことをやっ
ていた。しかし、そんな細工がしてあろうとは露しらぬ岩下は「おお、ここも全部、う
ちの製品をつかっているのか」と、いとご満悦の体でご帰還遊ばされた、という嘘みた
いなホントの話を土光は知っていたからだ。

 もっとも、前例がないわけではない。

 水戸光圀が天下の副将軍になると同時に、「わしの悪口を細大洩らさずに報告せよ。
ただし、悪口をいった奴の名前は無用」と側近に命じた。
 いかに水戸光圀のような出来た人間でも、悪口を言ったやつの名前をきけば、どうし
ても、その人間に恨みをふくむからである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 東芝を思う……。

短歌

 春風は悪戯好きよわが帽子飛ばし車道をころがし走らす

俳句

 神社の桜咲いたかまだ蕾

川柳

 事故・事件涙涙で泣けてしまう



 
*CommentList

「私のために死ぬ子分など、一人もおりません。だが、子分のためなら私は死ねます」

 根なし草に花は咲かない。信念がなければ人生に花は
 咲かない。
            松下幸之助

 あらゆる人間は二つの受ける教育を持っている。その
 一つは他人から受ける教育であり、他の一つは、これ
 よりももっと大切なもので、自らが自らに与える教育
 である。
            ギボン(イギリスの歴史家)

 このギボン氏の言葉、身にしみます。私は、これが出来てなかったなぁ。
両親に甘えてばかりでした。自分を育ててなかったもんですからね。苦労
しました。自分の責任だから、仕方ないと思い一つずつ身にしみて泣いて、
覚えてきましたが、自分が悪いのだから、と、思ってきました。
 だから、自分で自分を育てていくことの大切さを知るといいなと思うの。
 今朝のニュース、悲しくて辛くて涙し、稀勢の里の感動で今もうれし涙。
 昨日は寒かったですね。風の強いことと言ったら、これで春かしら?
 夕方、またも、お隣の奥様にお会いしました。私よりも、お年は多いの
ですが、足どりもいいし、美しくしておられ、お若く見えて褒めちゃいま
した。ほんとうに、老いていくも、自分なんですものね。自分。自分。
 上手く老いていかないと、それこそ大変。魅力的な人間になりたし……。
 「寒いねぇなんて寒いのでしょうね。北風が嫌ね」
 「私より、はるかにお若く感じるわぁ~^」
 「あなたのがお若いじゃないの」
 「うん。だけど、あなたのがお若く見えるわ~^。素敵よ。またね」


        *

      いいことは
      おかげさま
      わるいことは
      身から
      出たさび
          相田みつを

       *

  ☆☆ 幸せになるコツ ☆☆

    もしも
    運が
    悪いことがあったら
    運が
    いいと思ったら
  
    考えてみる

    自分のことなんだもん
    自分のことを考えてみるのもいい
   
    そう思うと自分が見えてくる
    しあわせになるコツがわかる
    そうやって自分を育てたいもの


---------------------------------------------------------------------
 小さな人世論
           藤尾秀昭 著

 魅力

「そこにあの人がいる。ここにその人が存在する。それだけで人が自ずと寄り、ことが
収束される。むかしはそういう人が必ずいたものだが、最近は見なくなった」

 ある財界通が言った。誰をイメージしての言かは知らないが、そのつぶやきに触発さ
れ思い浮かんだいくつかのことがある。

 西南の役の折り、豊前中津藩からも有志が中津隊を結成して西郷隆盛の軍に参加した。
だが戦い利あらず、敗北が決定的になる。隊長の増田宗太郎は隊士に、「われわれ中津
隊の役目は終わった。自分は残るが、みんな故郷に帰れ」と言う。なぜ隊長だけが残る
のか、と反問する隊士に、増田はこう答えた。

 「吾、此処に来たり、始めて親しく西郷先生に接することを得たり。一日先生に接す
れば一日の愛生ず。三日先生に接すれば三日の愛生ず。親愛日に加わり、去るべくもあ
らず。今は、善も悪も死生を共にせんのみ」
 かくて増田は西郷とともに城山に果てた。

これも明治初期の話。
 山岡鉄舟が清水の侠客次郎長親分に、「お前にはたくさんの子分がいるが、お前のた
めに死ぬ子分は何人いるか」と聞いた。
 「私のために死ぬ子分など一人もおりません。だが、子分のためなら私は死ねます」
 これが次郎長の答えであった。

 その人がいるだけで難事が収まり、大事が解決する。財界に限らない、政界、官界、
あらゆる分野に以前はそういう重石となる存在がいたが、確かに最近は希薄の感が歪
めない。重石を重石たらしめていた根本が、結局、人間としての魅力に行き着くので
はないか。ここに挙げた二つの挿話が人間的魅力を異なる角度から照射し、そのこと
を示している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 増田宗太郎の ”こ言葉” 大好きでね。暗記しちゃってるんです。いいなぁ。

    かの人はまことに妙である。
    一日、かの人に接すれば、一日の愛生ず。
    三日、かの人に接すれば、三日の愛生ず。
    しかれども予は接する日を重ね、もはや去るべくもあらず。
    今は、善悪を越えて、この上は、かの人と生死を共にするほかない。
              増田宗太郎

 清水の次郎長の言葉も、これが、もっと好きな言葉です。

     愛すべし。狎れしむべからず。
     愛さるべし。狎るるなかれ。
              清水次郎長

 {狎れるの意味……親しんで、うちとけすぎる。あなどりかろんじる}
   
 短歌

 春なのに部屋にいて聞く風の音いつになったら春はくるかな

俳句

 春の小川おたまじゃくし見たおさな

川柳

 北の国あの肥満の人こわすぎる


 

自分自身が『駄目だ。できっこない』と思えば失敗し『絶対できる」と思えば成功するまで挑戦する……。

 どんな場合があっても、不平不満を口にしないこと。
             中村天風

 上手なあいずちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。
             吉川英治

 ”聞き上手” ともいいますが、まことに確かにそうですよね。
  今朝も寒いですね。晴れていいというに、また、風が強いとのこと。
  稀勢の里の優勝が嬉しい。インタビューもジーンとします。

 ――見えない力をとても感じた15日間でした。千秋楽にあり得ない力が
でたので、また一生懸命続けていきたい――

 昨日は外に出たら、雨でした。春雨でしとしととで、傘も帽子も持たず
でしたが、近いのでなしで、アーケード街に散歩に出ました。そのときに
玄関のところでときどきモーニングコーヒーでご一緒する奥様に会いました。
「あのね。○○さんのこと、聞いた?知っている?」
「ううん、なんにも、知らないよ」
「あのね。ご主人が入院なさったからね……会わないでしょう。」
「それでなのね、最近見えてないから。ありがとう」
「そうよ。またね」
 最近お会いしないなぁ…と思っていた元気のいい笑顔いっぱいの奥様の
ことで、早くご主人さまが、お元気になられるといいなぁと思い教えてい
ただけてありがたく思いました。あまりお会いしないと心配になるから……。
 当たり前の日々が、どれほど、大切かをこうしていろんな出来事の中か
ら思うのです。昨日も無事にすみありがたいことでした。

      *

      道
  いちずに一本道
  いちずに一ツ事
  かんのんさまに助けられ
  ほとけさまに守られて
  曲がりなりも一本道
  迷いながらも
    一ッ事
        相田みつを

      *

☆☆ もう誰もしらない ☆☆

  雨が降るとお外で遊べず
  つまらないつまらない
  缶けり・縄跳び・石蹴り・鞠つき
  いっぱい遊んだおさなの日
  
  雨の日は縁側からガラス戸ごし
  外を見てた雨止んだらいいのにな
  池の金魚はどうしてるかなぁ
  庭木や庭石が雨にぬれ美しいなぁ

  お外で遊びたくって
  小さい小さい頃のこと
  近所の子らと遊んだな
  雨だと家で遊ぶはつまらない

  しかしその家もお庭ももうない
  だあれもいみんななくなった
  ちいさいころの思い出も
  もう誰も知らないな

-----------------------------------------------------------------------------
 「いい話のおすそわけ」
                太田典生 著

 17 失敗を呼ぶシナリオ、成功を生むシナリオ

 亀井勝一郎のエッセイに、「我々は稽古をすることなく、人生の主役を演じて
いかなければならない。我々の人生には、台本もなければリハーサルもない。
 次の瞬間に、どんなことが飛び出してくるのか、お先真っ暗である」という趣
旨のことが書かれている。
 その通り、一寸先は闇です。何事もやってみないとわからないのがこの世の中
です。わからないからといって、「失敗するのでは」と悲観的になって実行を躊
躇したり消極的になれば、失敗する確率が高まります。逆に、「わからないから
こそ可能性があるのだ」と自分に言い聞かせて、前向きに取り組んでいくとうま
くいく確率が高まります。
 人間は心理の動物です。何事もはじめから成功と失敗が分かれているのではな
く、自分自身が『駄目だ、できっこない』と思えば失敗し、『絶対できる』と思
えば成功するまで何度でもチャレンジするから、結果的に成功を手に入れるだけ
です。この世に、最初から条件が整っていることなどっまずありません。自分が、
どれだけ有利な条件を作り出せるかが人間の器量だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「絶対にできる」と、おもう事ね。そのために努力をしますものね。
 何でもやる前から「できない」と、思っていたら、当然にできないですものね。

短歌

 一寸の先は闇とはいうけれど一寸の先は明と思いたい

俳句

 春の雨降るしっとりと濡れるまち

川柳

 北の国の拉致に涙し祈るのです



*CommentList

よく笑う人は病気になりにくい!?

 人間関係はこちらの出方次第。あたかも鏡の前に立つよう
 なもの。こちらが笑えば向こうも笑う。こちらがしかめ面 
 をすれば相手も渋面になる。
                  邑井操


 東京は寒い今日。けれども”桜が咲いてしまった”といわれていました。
テレビで言っていました。四月に入ってから入学式の頃に満開とかです。
 昨日は、コンビニの新開店したので、若いママさんに誘われて、出かけ
ました。ここいら辺りでは、コンビニがこれで7店舗くらいあるのではな
いかな?経営が大変じゃぁないかしら?いらんお節介ですね。
 二人で買い物をして、その後、喫茶店でおしゃべりをしました。
 お子さまの中学生のお兄ちゃんは、お友達と遊びに行ったとか、下の子
は、塾とのことで話がゆっくりできました。
(はじめて中学生の子が、友達と遊びに行き、心配そうでした。)
 私も,若い頃の始めて子供が出かけた日が想いだされ……)
 昨夜、メールをくれてね。

ーーフェアリーさん今日はありがとね。無事に息子帰宅です。心配だ
  けど色々経験しなきゃですね!またゆっくり話したいです!――

――いいよ、ほんと、フエアリーさんの話ってために、なるよ、なか
  なかそーゆう話つて聞けないよ!わたしは感心します。ほんと、
  尊敬。ありがとうございます――

 って、ふふふ。ありがたくて、嬉しくてね。そのひとことが私を
元気ずけてくれます。心の中で私も感謝。返信メールをしながらね。
 いま子育てを、おおいに喜んで楽しんでね。と、思うのです。

 さあ、今日は日曜日。暇な私。何をしましょう。



        *
           坂村真民

     病が
     また一つの世界を
     ひらいてくれた
     桃 咲く

        *

   ☆☆ いのち ☆☆

    生きている
    生かさせていただいている

    このいのち
    あたりまえに思いつつ

    そうやって一瞬を
    そうやって一日を
   
    大切に大事にして
    ゆっくりと日々を過ごしていきたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「いい話」のおすそわけ
              太田典生 著

 18 よく笑う人は病気になりにくい‼?

ストレスが身体に悪い影響を与えることはよく知られていますが、笑いの効果に
ついては証明が難しくてあまり知られていません。
 ガン患者とヨーロッパ・アルプス登山に挑戦し、「生きがい療法」を進めてい
る伊丹仁先生が、患者に吉本興業の漫才を見せて、三時間後にガンなどの腫瘍細
胞を殺す働きを持つナチュラル・キラー細胞の活性度を調べた結果があります。
 これが低すぎる人はガンに対する抵抗力が弱く、高すぎる人は膠原病になりや
すい。
 笑った後の検査では、高すぎる人は低く、低すぎる人は高く、もともと正常な
人は横ばいで、すべてが正常値に向かっていたそうです。身体には自然調節機能
があって、笑うことで誰にも同じように作用するという驚くべき結果が出たとの
ことです。
 自然治癒力の研究は、ここ十年ほどの間に急速に発展してきました。人が病む
ということは、一つの臓器が病んでいるのではなくて、場が病んでいると考えな
くてはならないそうです。この大宇宙はすべて「気」の集まりから成り立ってお
り、そのバランスが崩れたとき、病気になる。それが、笑うことでよくなってい
くわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短歌

 「あの人ね会わないでしょ」友はいう「ご主人がね入院されたよ」

俳句

 ぬくもりが欲しくなるような花冷えだ

川柳

 忖度を辞典で調べふーんそうか


*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽