おばあちゃんのひとりごと

Category [未分類 ] 記事一覧

「吹雪と親の言葉は、どんなにかたく閉ざしても、どこからか入ってくるものだそうです。

 「どうして。なぜ」などと言ってくる子どもには、「自分がされたらどう? 体験させてあげようか」と逆襲すればいいのです。誰でも嫌なもの、痛いも の、損をすることの好きな者はいません。このことだけは、大人も子どもも 共通なのです。          小野田寛郎 著 「君たち、どうするの?」 幸福な人間は、つねに善良である。          ドストエフスキー 小野田さまのこの言葉。大事なことですね。そ...

禅では「脚下照顧」という言葉…「自分の足元をきちんと顧みよ」という意味である。

 世界は苦難に満ちている。また、それを乗り越えることに も満ちている。            ヘレンケラー 自分の前に敵がいっぱいあらわれたときは振り返って見よ。 味方がいっぱいいるものだ。            生田長江  今日は雨ですね。今朝の空模様と同じで、足がつってから、まだスッキリしないわ。今月は雨が少なかったので、野菜やら、稲作りには嬉しい雨でしょうね。 姉が「雨が欲しい」と言っていた...

「老年痴呆になるような人は元来、融通のきかない、かたくなな人が多い」――1958年に出版の本――

 そのひとを知らざれば、その友を見よ。                 孔子 苦労人というのは、ややこしい苦境を優雅に切り抜ける人の ことである。                 モ―ム 今日は次男のバースデイです。メールをしました。子らも嫁らも婿も孫らにも、いつもバースディには、メールを送るのです。私は私の家族らに守られ、ありがたい毎日。幸せな日々を過ごせてありがたい。誕生日がとても嬉しくてね。...

妻に尊敬されるような男になりなさい。妻もご主人に尊敬されるような女性になりなさい。

  人生の大きな最終目標は知識ではなく、行動である。             ハックスリー  楽しんでやらなきゃなにごとも身につきはしません。             シェイクスピア 今朝は、気持ちの良い朝です。暑くなるとの予報です。熱中症対策しないとね。 昨日のこと。楽しいのよ。ときどきにお会いし、立ち話をする老紳士にあいました。 朝10時半ごろ家を出たら、あの95~7歳くらいかな?偶然にひさしぶり...

「これは偶然ではなく、私の第六感が知らせてくれた」

  人生には笑ってよいことが誠に多い。しかも今人はまさに笑いに飢え  ている。               柳田国男  怒っていても、泣いていても、笑っていても、変わらず一生は過ぎる  ものである。だったら笑っていた方が得ではないか。               大津秀一  昨日は、東日本では、今年一番の暑さとか、群馬県では猛暑日とか。熱中症の方が病院に搬送されたとか、今日も真夏日になる所が多いよ...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽