おばあちゃんのひとりごと

Category [未分類 ] 記事一覧

ブッシュがどう繕おうとしても、瀬島(龍三)さんの目はごまかせない。 

  大切なことは、私たちがこの世に何年生きるかではなく、  この世にどれだけ価値のあることをするかにある。                ヘンリー 価値のあるね。というよりしっかりと自分の毎日にしたい。 この間のことですが、ひさしぶりにお隣さんに会えましてね。 散歩に出ようとバス停まできたら、お隣の奥様がこられたので、「お出かけなの?どこに行くの?」「紅葉を見に行ってこようかしらと思ってね~~中央...

『あの方々のお化粧は微笑みでございます』横で女官が言った。

  人間の汚さ、卑しさを知る人は、ほんとうに美しいもの、  心に訴えるものができるんだよ。                    遠藤周作 昨日は寒かったですね。なんだかあまりの寒さにビックリでおとなしく家に、いてぼんやりとしつつ、昔のことをふと思い出したりしていました。あのね。 若くて未熟なむかしのことです。なぜだかわからないのですが~~保険証が突然に郵送されてきて、落としたのかな?と気がついた...

成人式までの子どもを見守る家族の愛がしきたりとなって、長く続いた日本、皆で子を大切に育てた。

   「畏敬の念をすっかり忘れて思い上がる」  歴史の中の人々は、自然をおそれ、その力をあがめ、  自分たちの上にあるものとして身をつつしんできた。  その態度は、近代や現代に入って少しゆらいだ。―  人間こそ、いちばんえらい存在だ。という、思い上  がった考えが頭をもたげた。                   司馬遼太郎  昨日は雨で出歩くことも出来ず、モーニングコーヒーだけ。 いつもときどき...

虫の声、雷声、松風……のごとし。釜の音を聞き分ける豊かな心

 私は「本を読むときは読ませて頂くというつもりで読め」と自分に も他の人にもいいます。読んだ本はいまは何の役にも立たないかも しれませんが、その人の人生のどこかで、必ずじわっと滲み出てく るものです。本は、人生のいずれかの時点で、読む人の道しるべと も、慰めとも、勇気の源ともなってくれると、私は信じています。                 櫻井よし子 そう思います。私はそういうことを、父から”読...

その姿を遠くから見ると、まるで保育園が老人ホームになったように見えます。

 子どもたちに言い聞かせたいものです。大きな夢を描きなさい、   勇気を持って大きなすばらしい夢を描きなさい。と。つまらない 夢など描かないように勇気づけてあげましょう。なぜなら夢は必 ず実現するからです。                    櫻井よし子  いろんな本を読んでいますと、”夢は必ず実現する” というようにいろんな人も書いておられます。信じるのです。子どもたちには、それを伝えた...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽