おばあちゃんのひとりごと

Archive [2014年01月 ] 記事一覧

「ばかになるまい」の詩

        「ばかになるまい」      東井義雄師    テストでいつも良い点ばかりとっている人が    必ずしも賢い人とはいえない    そういう人のなかにも    案外 たくさん馬鹿な人がいる    テストで どうしても良い点のとれない人が    必ずしもバカな人とはいえない    そういう人のなかにも    たくさん    おがみたくなるような尊い、偉い、賢い人がいる    せっかくい...

寒い寒い夜ですね――短歌10首

          {東井義雄師の詩}   「ほんもの」と「にせもの」     「ほんもの」と「にせもの」は     見えないところの在りかたで決まる     それだのに     「にせもの」に限って     見えるところばかりを気にし     飾り     ますます     「ほんとうのにせもの」になっていく  苦しみや悲しみが多い  人が、自分は神に愛さ  れていると分かった時  すでに本格的...

自分の中にある輝くものを見つけよう

 寒い日です。こういう寒い日はやはり冬空はきれいになるのか、昨夜は星と月が見えて、寒いのもいいものだなーと思いました。ベランダから見えるなんて、私には、旅に出た嬉しい気持ちになれました。「到知」2009-1より 「人々は貴き物の己に存在するを認めんことを要す」---人々は貴いものが自分の中に存在することを認める必要がある。と吉田松陰は言っている。その尊いものに気ずき、それを発揮していくことこそ、人...

今日成人の皆様へ・・・・・  {愛しい孫よ}

          高村光太郎の詩      みんな集まってほん気で聞けよ      まず第一に朝起きたら      あの高い天を見たまえ      お天気なら太陽      雨なら雲のゐる処だ      あそこがみんなの命のもとだ      いつまでもみんなを見てゐて      くれるお先祖さまだ……      えらい人や名高い人になろうとは      決してするな      持って生まれたものを...

「古いものは美しい!」「新しいものは美しい」

 ユーりッヒ・フロムの分析がこの状態を正確に言いあてているとわたしは思います。「昔は人の所有するすべてのものが大切にされ、手入れ、後に立つ限り最後まで遣われた。買い物は...

シンプルに生きる

 とてもいいお天気の日曜日、明日の成人式もこのようないい日だといいな。一生の思い出になる「成人式」ですものね。孫も成人式です。 嬉しいなあー。「オードリーヘップバーン」の本より      ショーン。ヘップバーン・フェラー著(ヘップバーンの息子様)ーーー省略ーーー 母はシンプルであることの強みを信じて生涯をおくった。ファッション、仕事から人間関係にいたるまで、彼女はよく「何が一番たいせつなのかをじっ...

我儘になる老いていくわたし

       まだ暗き朝早く起きなにもせずひとり居の世界気ままな世界       森信三「女人開眼抄」が教える女性が幸せにに生きる道                寺田一清氏{到知」より ---省略ーーー 女人開眼抄に言葉②よりの 夫婦生活というものは、お互いの欠点、短所を認め 合いながら、しかもそれを噛みしめつつ互いにその 人間認識を深めるーーという、いわばいたわりあい の連続だともいえましょう...

限りなく幸せに思う

 今日、実はバースデイなのです。子供らや孫らがメールくれて、嬉しい日。姉も忘れないでメール、そして手紙をかならず当日つくようにくれる。姉は字が上手く、丁寧で、文も上手く、きちんとしていて、同じに育ちこう違うのかと思うのよ。5歳年上なのです。   牛尾治朗氏「純粋性を持ち続けることで道は拓ける」より ---省略ーーー 大学の卒業式の日、友人と当時流行っていたチャップリンの映画「ライムライト」を観に行...

オードリー・ヘップバーンのことを語る人

 寒い朝。今日は「母、オードリー・ヘップバーンのこと」            ショーン・ヘップバーン・フェラー著より   「すばらしい歌は歌詞だけではなく曲もたいせつだわ」。母は若いころ  に私たちに教えてくれた。、「だからあなたが何を言ったかだけではなく  どのように言ったかがたいせつなの」  ---省略ーーー 母の友人であり、魅惑の名曲を数々を作曲したヘンリー・マンシー二は、1970年代後半に...

心の奥底からの願望を持とう

 ぬれぎぬをほそうともせず子供らがなすがまにまに果てし君かな                           勝海舟 これは西南の役の直後に、西郷南州の死を悼んだ歌で、海舟の心境をいいあらわしていて、切ない感じがします。この歌は好きで覚えているのです。なんか心に残る歌です。西郷南州の人柄や海舟の心がにじみ出ていていいですね。   善き願望を持とう   おかげさま  ありがたい  いい日の今日 ...

「芋の贈」  心ある思い

    去る友も来る友あり年の瀬や賀状書きつつ顔浮かべつつ 新しき年を迎えたと思うまもなく、過ぎゆきます。この短歌を詠んだ日はもう遠い日になりました。     寒い朝明日はバースデー老い重ね楽しく生きる智恵探す さあ今朝は3カ月に一度の病院へ検査と受信の日です。数値も年と共に努力は実らず老いるとは体には微妙に代謝が老いるのだなあーと感じています。アツハ アツハ。 でも 自分のからだです。大事にしな...

「どんな思いを抱くか」

 寒い 寒い日です。二ユースを見ていましたら、四日市で5人が工場爆発でお亡くなりになられたとのこと、年のせいか泣けて涙がでます。 サッカーの本田選手の移籍の嬉しいニュース。12歳のときに夢を持ち叶ったとのこと。子供たちへの素晴らしい夢を与えられたなあーと思い、努力し願い一歩また一歩が夢を叶えることを証明した気が致します。子供たちは信じて努力の大切さを知ったことでしょう。 いろいろなニュースがありま...

愛されるより愛する人に☆

 おはようございます。いい天気になりまいした。冬のいいことはその陽射しの温かさを感じられることにあるなあーと思うのです。ベランダに向く部屋の中まで、まるで「おはよう」「こんにちわ」なんて言いながらその陽射しが訪れてね。嬉しくなるのです。 宇宙からの愛を感じられます。「愛されることより、愛する人になりたい」私はそういう人でありたい。 あっは あつは!!どんなことからも愛を感じて、感謝していきていきた...

子供は親を鏡とす

 雨の中、散歩にゆき水たまりを見ながら歩く。水たまりに雨が落ちる。大きい輪、小さい輪が消えては出来て美しい。幼いころ見た光景と同じなあーと思いつつ、勿論 舗装はされてない道だからちがうのだけれどもね。水に出来る輪の美しさ、幾つか幾つか出来ては消える。 寒いなんて思っていなくて、新しい喜びを見つけると他ごとを忘れているおばあちゃんなのです。人が見たら「何してるの?」と思うでしょうね。いいのです、暇な...

偶然が必然に、必然が偶然にあり

    偶然が必然なのだと思える日空を見上げてありがとう言う さあ今日は雨になるようです。グレイの空、こんな日も晴れた空を思えばですがいろいろで、それも また良し。雨の散歩頑張ろうかなあ―…… ときどき思うのですが、長い間連絡がないけれどどうしておられるかなあーと、ふと想ったりしていると、心が通じるのか不思議に「ア~良かった」元気だったな。連絡がきたり、思わぬときに出会ったりする。偶然が必然だなあーと...

良寛さまの戒めの言葉なり

  なんのためになにをしてるか我が身に問い今日を過ごし明日をも過ごす  生きているだから何かをしてゆかねば生きていること大切にしつつ  なにかあり生かされているそう信じブログでなにかつたえていきたし  新年を迎え早や今宵七日なり過ぎゆくときのまことに早き  松の内過ぎる今宵や空の月古代の人も同じに見たか さあ 久しぶりに良寛さまの戒めの言葉を年の初めの戒めとして読む。        言葉の多さ  ...

希望という妖精・・・

 おはようございます。朝まだ暗いのですが。向かいのマンションのいつも点いている部屋の灯かりがあると、なぜかホッとするものです。まだまだ寝ている時間。 この間 有名な方のお母様が、お風呂で亡くなられたと聞き、ひとりの私はとてもお風呂には気をつけるようになりました。老いる日々の中ーー。いっぱい楽しみ、そして努力し、日々を十分自他ともに認められるように生きて、しあわせに逝きたいなあーーそうすれば、誰もが...

増田宗太郎隊長の言葉

さあー私が好きな言葉。 西南の役に敗れた西郷隆盛は軍を解散することに決め、先ず、他郷出身者から帰すことになった。 その中に豊前中津の若い士族64人で結成されている中津隊がいた。もちろん、隊員たちは、それぞれに帰郷することになったが、隊長の増田宗太郎だけは「残る」といったのである。増田は互選された隊長なので、隊員たちは口ぐちに「われわれは郷里を出る時、生死を共にすると誓った仲ではないか、それを君だけ...

さあ今年もいよいよ始まり、努力していくわ

 さあ寒い朝。いよいよ今日から「仕事始め」なのでしょう。ベランダから眺める空模様はいい天気です。ビルの谷間の朝日に満足。洗濯を干し深呼吸「いい日の出ね。有り難い。感謝。ありがとう。みんな元気で頑張ってね」手をあわせる。お仕事の皆さん頑張って下さいね。{明るく生き生き楽しく}わたしも努力します。今 息子からメールあり「今日から仕事。お料理貰っていったの美味しかったよ」「小豆もおいししよ」って……ありが...

人間あまり偉くならんでもええやないか

 清水寺の信者には、自ら信心を語るほどの人はいない。信心をひけらかすような人はいない。だいたい静やね。若い人でもお年寄りでも、何年も続けてはる人でも、特に、信仰して、こうなったというような人は、いはらしません。また、そんな人は、私のとこへは顔見せへんはね。静かに出てきて、お茶でも飲んで、静かに帰ってゆく。普通やね。平凡やね。 私の方の望みというのは、とったかみたかという危ない生き方よりも、家が長く...

すべてがいい加減なおばあちゃんのひとりごと

今日は1月5日日曜日、何気なくテレビみたら禅僧がでておられいいなあー朝から心温かき人に出会え、嬉しくなる。終わりごろだって少し勿体なかったなあーと、おもいつつ その方が多くならびておられるお地蔵さまの前を歩きながら、とても優しい声でうたいながらゆかれ、心があらわれるようでした。 微笑みながら「即興です」………      とおといちからに~~      あれも これもめぐまれて      あげたい  ...

足るを知れば心豊かなる

  足ることを知らば貧といへども富と名ずくべし、財ありとも欲多ければこれを貧  と名ずく。                                  僧 源信  ……… ひとたび所有欲にとりつかれると、人は所有の増大にのみ感心を奪われ、金銭の奴隷となって、それ以外の人間の大事に心がが及ばない。家族への配慮とか愛とか慈悲とか、人間としての最も大事なことさえ気が向かわず、富貴な人は必ず慳貪(けん...

菩提寺の報恩講まいる

 おはようございます。今年に入ったと思っているうちに、早や4日です。わたしは浄土真宗(東本願寺)です。今日から報恩講が3日間、お勤め{音楽法要や法話}が行われますのでお参りにまいります。 菩提寺には、亡き我が家のご先祖さまがおられ待っていて下さると思います。喜んで下さるでしょう。 今年始めて御先祖様にお会いできますので、おしゃれしてまいります。ちょっと遠いので張り切って「さあー頑張っていこう!」と...

正月の元日という。

 いよいよお正月も終わります。あんなに待ち望んでいたのに、アッと言う間です。孫や息子ら夫婦に会えて嬉しい、嬉しい日となりました。 フエースタイムも出来て皆が一同にあえました。最高のお正月。  とってもいい世の中です。それこそ わたし曰(いわ)く三種の神器のおかげ さま。 短歌  現代の三種の神器アイパッド・スマホ・パソコン老いを楽しむ  なんか、みんな帰ってしまい、また ひとりの生活です。 自分に...

心温き人ありて会いたき哉

橘曙覧(たちばなあけみ)歌人{1812-1868} 楽しみはで始まる「独楽吟」    たのしみは珍しき書(ふみ)人にかり始め一ひらひろげたる時  たのしみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭ならべて物くふ時  たのしみはまれに魚煮て児等皆(こらみな)がうましうましといひて食ふ時  たのしみはそぞろ読みゆく書の中に我とひとしき人を見し時 なんかいい歌ですね。日々の温き家庭が浮かびます。この方は福井の...

新しい年に思う。内緒の話しなの。

新しい年を迎えて、一人でひとりを考えるわたし       一人と言うことは淋しいのかも    ひとりって、そりゃー辛く悲しいかもね。孤独だから。だけど……    一人って、そりゃー嬉しいことかも、何しててもいいものね。    ひとりということは怒る人も、叱る人も、煩い人も、誰もいないのよ。いいね。       一人では会話が出来はしない。    ひとりで話すのは「ひとりごと」!それもいいかもね!  ...

いいことばかりの新しい年になるなる☆

 新しい年 おめでとう ございます。皆さまいいお正月をお揃いでお迎えのこととお喜び申しあげます。 皆様に本年が幸せいっぱいの年になりますように願っています。 今年も少しずつ努力してまいります。宜しくお願い致します。今朝 初夢を見ていたのに寝がえりをしたせいかなあ。忘れていました。私にとって今年の課題だわー。忘れることを仕分けること。アッハ アツハ。 むかし 我が子がちいさい頃、知らない内に枕の下に...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽