おばあちゃんのひとりごと

Archive [2014年08月 ] 記事一覧

天知る、地知る。子知る、我知る。

中国古典による「一日一言」守屋洋著より …天知る・地知る・子知る・我知る・ 後漢王朝の時代、清廉で知られる楊震という人物がいた。東莱群の長官に任命されて赴任する道中でのこと、むかし目をかけてやった王密おいう男が面会を求め、世話になったお礼だと言って、金十斤を贈ろうとした。むろん、今後ともよろしくという意味がある。楊震が断ったところ、王密は、「こんな夜更け。このことはあなたとわたしの二人だけしか知り...

自分の人生だから

若い頃「家の光」という本で詩を投稿し当時、選者の先生が「江間章子」様でした。とても好きな先生で嬉しかったものです。幸せなことに、これは選ばれた作品です。自分の人生  自分の人人生だから ゆっくり ゆっくり歩きたい 失敗しても どじしても 笑っていたい こんどうまくやればいいかtら のろまでいい ゆっくりいこう 自分の人生だかtら ホンワリ ホンワリしていたい 人が笑っていい 駄目でいい ボーとして...

正義とは正直とは……「論語」

 昨夜は眠れぬままに(いつも眠薬を飲む)、午前2時過ぎまでごろごろしてたのですが、諦めて薬を飲みました。自分でいつも何をやるのも下手で眠ることも下手だなあ―と思う。生き方も下手。下手なのは、こんな年になっても両親のせいだ!なんて心の中で反芻してる自分に気ずき苦笑です。甘えられ信頼でき我が儘いっぱいに伸び伸びと育てたから、いけないんだよ、なんて心のなかで、勝手な屁理屈。アッハあっは。まあいいか! 亡...

「後で」「しかし」「だって」「みんながいってます」

 今日も、天気予報は雲リとのこと。今夏は雨、雲リ、雷といままでにない天候であったと思うのです。なんか地球が「大変だあー」と、内緒で話してくれてる気するのです。今夏は、私にも、今まで言ったように大変な夏でした。 自分の傲慢さ、我が儘さに、戒めをいただいたんなあーって思うのです。アッハアッハいつも、元気で生き生きとしていた頃、えらそうに「わたしは逝くときは、一週間ほど病気になり寝て子どもたちに看病して...

「喝!」私も大好きな言葉でした。

 なんと ホント 秋らしくなりましたね。あの暑かった日が涼しくなりびっくりです。圧迫骨折という経験をし、今まで老いることに関して当然であり、上手く老いて、老いを喜んで日々を楽しみ過ごしたい。と過ごしていたのですが、なんか、老いることの大変さを実感してしまいました。 もう骨折したところは治らない。今度転倒したら大変だから、転倒しないよう気をつけること。と、きつく注意を受けたり。回復の悪さにため息です...

今日只今のこと

 なんとなく、秋近し~を感じるようになりました。 この世の中いろんなことが出来てくるものです。長い一生、さまざまなことにであいますよね。そのなかを強く生きていかなければね。私も一瞬の転倒で、どん底となり、わけわからないようになりました。たぶん息子夫婦にとっても、突然で、さぞ大変だったことでしょう。つい、自分だけ痛い痛いを考えていてはいけないなあーと~。わがままな私。ついつい自分のことだけ^~ 其の...

心を素直にして老いを笑顔で過ごしたい

  それぞれちがうんだもの  みんなちがって、みんないいよね  いろんなことがいっぱいあって  そのときどきの判断が  どうしようもなくてね それでいいと思う  みんなちがうんだから  ちがうからいい ちがっていい  そのときどきの考えが  どうすることがいいなんてわからない  どんなことがいいのかなんて  みんな事情が違うんだもの  そのとき懸命に考えたなら  それがいいんだよね こうして、痛み...

久しぶりのブログ、ピントずれしてるかも・・脳が遅れてると思えるわ。

 こんにちわ、この2ケ月の身動きできず、痛さに耐える生活も、有り難いことに、みんなの優しい愛情にきずかされ、自分の傲慢さを知ることが出来て、謙虚さを忘れないで日々を過ごさないとと心に刻むことができました。これもまたいいことなのでしょう。私には? 友人が、私が立って歩けた時に「あーあ、良かった。嬉しい」と言ってくれてね。有り難いことと思ったのです。みんなに心配をいっぱいかけてしまいました。 有難うご...

救急車呼ばないとなあー駄目だわあー

 お久しぶりです。6月のある日。洗濯を干したあと、慌てたのでしょうね。 ベランダから部屋に入ろうとして、転んだのです。笑えますよね。 一瞬のことで、なにがどうしたかわからないまま、倒れていました。暫く身動き出来ず脳を働かせたのですが、そういうときは判断力、決断力がダメなもので、痛さにどうしょうもなく、やっとのことで起きて携帯電話まで歩き、思案。 救急車を呼ぶべきを、歩いて痛いながらも歩けたと思い躊...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽