おばあちゃんのひとりごと

Archive [2014年09月 ] 記事一覧

予がこの学校に望むのは、紳士であれ ! クラーク博士の言葉。

 秋らしい、いい日となりました。今日のこと。義兄夫婦の優しさ。 一時間半ほどかかるところに住んでいるのですが、いろいろなる野菜やお米を、持ってきてくれありがたい。早速、昼に頂きました。新生姜もあり大好物、つい洗ってつまみ食べたり、大根の綺麗なこと、ホウレンソウや小松菜。菜っ葉類は新鮮なのは、味が違う。 ひとりの我を思いて、届けてくれる、心がうれしく ありがたき。 それだけで、なんか わたしは幸せ。...

lいじめられてたり、いじめてる子へ・・・「希望を捨てないで」という曲の歌詞いいよ

 偶然に、ブログに載っていましたので……。   FC2 海外留学生 「勉強のススメ」より    「希望を捨てないで」 の和訳がとてもよくてね。    泣けちゃいました。いじめられてる子の心。     いじめって!   いじめって   誰もみんな嫌だよね   されても しても   とっても 心が暗くなるし つらい   いいことなんてひとつもない   やってはいけないよ   ちいさいときって   考えな...

いつも笑っている   中村天風氏

[ 心が 強くなる 言葉       中村天風著より     人生    終始一貫、笑顔でとおすようにしてごらん。            不運な人、体の弱い人は、ひとしお、            笑いに努力するんだ。            笑うにつれて、人生の幸福と幸運が            どんどん開けてくるから…。     百年    どんなに愛しあっても、            また互いに理...

М・アウレリウス帝の言葉・・・アレクサンダー

今日は日曜日。秋晴れのいい天気。ご近所の若いママが、幼稚園に行っているお子さんの「運動会によかったら来てね。」と、前々から誘われていたので、出かけました。大きな公園での運動会、太陽をさえぎるものもなく暑いのなんの、日傘と帽子で、立ったまま(まだ座るのが、ちょと、上手くできないので)で、2時間ほど、応援しました。 小さい子らの演技やかけっこやら、先生のがんばりが伝わり、、かわいらしくて、楽しませても...

神様は小ちゃな蜂のなかに・・・金子みすゞさんの詩

  なんというか、老いるごとに時の進むのが早い。早く感じられるのが不思議。 なんとなく老いるごとに、疲れないのはなぜだろう。ほんとに、それが不思議。 なんというか、老いるごとに何があっても動じない。なんでかなあー それが不思議。 いろんなことが いっぱい不思議でね。なんでかなあー なんて 笑えてくるの だって、それは老いたからなのよ。あたりまえのことだったわ。ふっぅふ ふ ふ。 老いて日がな一日何...

念ずれば花ひらく・・・

    いいことって知ってる なんでも 何かやる時も よくなる よくなると そう思うことよ だって 悪くなるなど考えないで だめになる 駄目になると思わずに だって悪く思っていたら 悪くなるにきまってるでしょ よくなっていく よくなる いつも いいことだけを考えたがいい 信じてやってみて だって 本当よ よくなることだけ想像する 病気だって よくなってくるよ よくなる よくなる ありがとう そうや...

一日一日を大切に生きる・・・

        人生は一度というに        ……と 気が付く なんとやら        ただ がむしやらに生きてきて        愚か者であったな        もう少し 賢く生きたかったなあ        と思うのだが        ゆく必要のなところを行き        選ばずに歩き 泣き 困苦し        今から思えば 愚か者だあ        もう少し 考えたら道は違ったかも  ...

良寛が心を許した友 三輪佐一さん

          友だちっていいな     新友 信友 親友 清友 心友 神友     いろんな友達あるよね     みんなひっくるめたような友がいいな    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー             「一期一詩」      <こころの詩>をよむ                           瀬上敏雄著より            良...

人間はわが母の愛に触れて、永遠なるものに逢う。

さあ 今日は秋のお彼岸。お寺にお参りできてうれしくありがたい。 電車の駅からは息子夫婦が、寺まで送ってくれ、ありがたい。 帰りは友達が、お寺まで迎えに来てくれて、一緒にコーヒーし、お野菜を畑でとって、新鮮なる茄子やらトマトやらピーマンやらヌキいろいろ……。菜っぱやら……。 リュックサックに入れてくれ頂き、駅まで送ってくれて、幸せでね。ありがたい。 家でりュックを開けると、野菜の新鮮な匂いがして、なんか...

遺伝より心のつながり……鈴木鎮雄氏

 さあ 明日は秋のお彼岸です。私は菩提寺におまいりにまいります。遠いので、少々 不安ですが、骨折して初めて、行きます。がんばろう。天気も良いとのこと。   短歌   勇気を持ちやってみることだなんでも案外できる工夫が大事  彼岸花いっぱい咲いてる故郷のご先祖に会いに菩提寺にゆく  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  人みな心あり  庭野日敬対談...

読書とは小さな宝物を創ることなのです。

    読書っていいよね   なんていうか   本は自分の知らない世界や   夢のような夢見る世界があり      なんていうか   心が楽しくなったり 癒されたり   心が落ち着けたり 賢くなれたり      なんていうか   いいことあると思う いいと思うな   だから読書が好きだなぁ いいよ   なんていうか   本を斜め読みだっていい 飛び読みもいい   真剣に読まなくたっていいんだ   ...

夕焼小焼で日が暮れて……童謡にある仏教の心。

彼岸花 街の街路樹の根元で見いつけた 公園の花壇の中でも見つけたよ 彼岸花 お彼岸に忘れずに咲いてくれるよ あまりにも美しくて出会うとうれしくなる なんとなく 懐かしい気がしてね きっと 極楽にも蓮と同じように咲いている気がするな だから ここにも、仏様がおられるようでね なんだか 私は 幸せな気持ちになるよ そして 咲いてくれて「ありがとう」って言うのよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

あらゆるものに神は宿る

  ゆっくり ゆっくり ゆっくり ゆっくり 今からは 歩いていきたい あまりに 早く 歩いたから 立ち止り ときどき ふっと伸びしたりしながら のんびりと歩こうかなあ― 愚かで まるで考えが浅かったなあ― もう少し 賢くならねばなあー もう少し 深く思い 考えていこう ゆっくりと おだやかに いろんなことにたいして謙虚に ゆっくり 歩いていきたい―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

「わが身をつねって、人の痛さを知る」  盛永宗興師

  しあわせってなんだろう  一番の幸せってなんだろう わたしはときどき思うのです 立派なことを思うならば この世の中の人が幸せであるように jほんとのこころをいうと 私の願いはね 子ら夫婦と孫たちが明るく元気でいてくれることなのです それがなによりの願い 祈りです だから神仏に ただ ただ お守り下さり 「ありがとう」 手をあわせ 一日が無事で過ぎることに感謝し 「ありがとうございます」と合掌し...

もう駄目だという絶望を絶対にしないことです。盛永宗興氏

いつも思うのです なんか自分では思ってもみないのに 何かががあるとき そんなとき 思うのよ ふと ある人のことを思っていたら 出会ったりね あれれ やはり 神様やか仏様が 見守っていて下さるなって だって ほんとふしぎだなあーなんて思うことがあるから 危ない目に遭いそうなときにや 不思議に感じること ちやんと 考えてるとあるのよね 考えるというか 深く 思うことなのかなぁ やはり どこかで みてい...

痛いと言えば」治るかい。辛いと言えば……中村」天風氏

    わが亡き母は明治の母なり あのね 小さい頃のこと 母は優しいけれど 厳しかった 甘えられるけれど きちんとしてた わがままもきいてくれる母だが ただ なんていうか 気分が悪いとか疲れたとか身体がえらいとか いうと 決して許さなかった その時は なぜなんだろう と感じたな どうして ほんとに疲れちゃってるのになあー 母はそんなことを言えば直るのかい 周りの人がどんな気持ちになる みんな嫌な気...

痛いと言えば治るのか……中村天風師

  明治の亡き母を懐かしむ母は厳しい人でであった母は甘えられて優しかったが母はわがままも許す時もあったがただ許さないことがあった疲れた くたびれた えらい 苦しい 痛いとか自分の身体のことをいうと許さないそんなことを言って治るかいそんなこと言って周りがどう思うんだそんなことは言うなと叱ったそれがなんとも厳しく 𠮟る 怒る「ちょうちょうしいこというな。おおげさにいうな。」でも とても わがためにはな...

道を外したのは、あんただけのせいやない……でもな……

  どんなことも心の持ち方なんだよ いいことってね 毎日を楽しく明るく 生活することだよ そうすれば 周りの人も幸せ 自分も幸せになれる いいことって 自分が幸せな気持ちでいる そうやってね 毎日を過ごすことだよ そうすれば悩みもね 半分に感じるよ それがいいことさ いつも いつも 自分で努力 そうやってるとね 毎日がそう考えられる そうすれば困苦の中にも 幸せが見つかるよ なんだって 心の持ち方...

それが生涯のカギとなる……中学での感激……岡 潔 氏

   すきなことに向かう 夢を見て 目標を持つ そうすると しらずいらずに 努力というか やってると思うな だって 好きなことだから           夢って           きちんと夢と           思わなくたって           好きならば           しらずしらずに           夢中になるよ           だって好きなことならばーーーーーーーーーーーー...

肉体は遺伝ですが、情操の基本は? 岡 潔 氏

   毎日を楽しく笑顔で 一生は一度なんだなあ そんな当然のことを こんな老いて気が付いてる  だから 毎日を今頃になって 笑って楽しく生きないとって 笑って穏やかに生きるんだ ちょっと 気がつくのが 遅すぎたけれど 気がついたことを幸せに思うんだ 気がついたことに幸せ ありがたい ありがたい 幸せ 気がつけたことに感謝しよう ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

異説を大切にしひろやかな態度いいなあ

   そういう人になりたいな   怒ったような顔の人に出会ったら ふっと心がゆるむように  苦しんで悩んでる人に出会ったら 大丈夫よって安心するように 涙があふれる人に出会ったら いっぱい泣いて 後で 笑えるように にこにこ笑顔に出会ったら 私もいっぱい喜びをいただこう ついつい傲慢になっている自分を戒め 謙虚なやさしい人になりたい 幸せがどこにもあることを知り 当たり前の幸せに満足する 愚痴があ...

一瞬 球が止まる……川上哲治さん

  一歩外出れば渦中ガよく見える いろんな問題ができ悩み苦しむ かんがえが浮かばない その中にみんな入りこむ 同じ考えになってみんなが染まる なにがいいのか悪いのか 見えなくなって 強い間違いが 起きることがある そんなとき その渦の中から 抜け出さないとなあ そおして ちょとゆっくりしてみる 今の状況を反芻する なにがいいのかを どうすべきかを どんな逆境だって 長く続かない 幸運だって その通...

輝かしい個性の中には、神も仏もある……高田好胤さま

あのねあのね心って不思議 いろんなこと思うんだ 嫌なことを嫌だなって なんとなく 思うでしょ その心って 可笑しいけど 言葉にしなくても ちゃんと わかっちゃうよね  よく考えるんだけどね   これ好きだなあ いいなあ っていう気持ちって 言って伝えないと伝わらないよね そう思うんだ だから 伝える努力しないとな 知らないうちに 態度に出てるってこと だから 心って 面白いよね 不思議だよ そうや...

ありがたい ありがたい ありがとうの心で過ごしたい

    見えないけれど守られてる 朝起きると 先ず 自分に「おはよう」「元気でいいね」 お世話にならずに起きれて 嬉しい 有り難いなあーって思う そんなこと当然なんだけど 先ず それが 嬉しくて有り難い だって 体の調子がいいが幸せ ありがたいなあーって思う 当然と思えば 当然なのかもだけど守って下さってるよ それが 当然であることが有り難い 生きている中で 一番大切だよお ありがたい ありがたい...

子どもは親の鏡……久しぶりの言葉だ。

      幸せって? 悲しいこともあります つらいこともあります 悩んでくだい 苦しんでください 幸せはかならずきます  悩んだぶんだけ人に優しくなり 悲しんだぶんだけ思慮深くなり どんなことにも幸せがついてくるのがわかります 幸せはいつも 自分の心の中にあるからですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 人みな心あり      庭野日敬対談集著 ーー国の将来はお母さ...

人生というのは、実に楽しいものですよ。

 今夜は満月です。昨夜は中秋の名月。いいですね。 空を眺めるのは、いいもので、つい 手を合わせています。昔は、自然と手があわさったものですが、今の子どもたちはどうなのでしょうね。 なんで?どうして?なんて?ちっとも思わずいた。そうやって、無心に手が合わさってもいいと思うのだけれど。ね。 どこにも、なんでも神さまがおられると、きかされていて、何でもが自然に、拝んでいたな。それが、なんにも疑問にも思わ...

大好きなお母さんからの一言(自尊感情を育てる……)

      よく考えるんだ   じぶんのことときどき考えるんだ   だって あんまりにも ドジで   情けないほどに 愚かなんだもの   シヨンボリする   落ち込む   泣けてさ   自分のことときどきじっと見つめてさ   一歩進んで 三歩下がってるなと思うからね   でも、下がってもいい 一歩すすんだ価値はある      そういう気持ちが大事   勇気をもって   笑顔にするんだ     そう...

「偉人の数だけ、偉大な母あり」 自分もそうあろう……

   つらいことがあったならば 自分の容量にはいりきらないほどの 辛い悲しいことがあるときがあったり どうしようと思うことができてくることもある 長い人生だもの 当り前よね でもね 深刻にならないで! 大丈夫よ ゆっくり 悩み 苦しんで この世の中 ちゃんと 道はある 道が出来るよ 時が流れ 自分も周りも 忘れるという ときの解決 だから 心配しすぎても だから 悩み苦しんでも だから 必ず 深刻...

福沢諭吉の偉大なる母「できる人は出来ない人に……」

2013・10 「到知」 偉人を育てた母の言葉    大坪信之ーーー続きーーー 学問の世界で大成した偉人の母を紹介します。それは福沢諭吉です。 中津藩(現大分県)の下級武士の家に、5人きょうだの5番目に生まれた福沢諭吉、父は諭吉が2歳の時になくなります。主のいない福沢家の生活は苦しく、母はいつも働いていました。そして子どもたちに語り続けたのは、 「お父さんほど勉強をした人は中津藩でもめったにいませ...

愛するがゆえの中江藤樹の母

  2013・10「到知」よりーーー続きよりーーー 偉人を育てた母の言葉   大坪信之 コぺル社長  この母なくして  現在の日本はない 愛するが故、時に厳しい言葉を掛けて子の心を発奮させる母もあります。 その代表といえば中江藤樹の母です。中江藤樹は江戸初期の儒学者で、日本における陽明学の祖といわれます。幕末、陽明学に学んだ志士たちが明治維新を成し遂げたことを考えると、中江藤樹なくして明治維新はな...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽