おばあちゃんのひとりごと

Archive [2015年02月 ] 記事一覧

「子どもたちから遠ざかったもの」 自然。働く父の姿、母の笑顔の3点。

 おはようございます。最近ミスが無くなり、少々安心してましたら、また、やっちゃいました。笑っていこうと思います。失敗のない人なんてね。 面白はありませんものね。(心の中は少々 トホホ の気分) 追記に書いちゃいました。そおしたら、内容が上手くいきませんでしたが、いつもありがとうございます。読んで下さってね。感謝。  先日は、映画の試写会「ソロモンの偽証」 を、昨日は美容院にヘヤーカラー、カットもし...

後継者を得ることと、後継者に仕事をひきつがしむる時期を選ぶ。

        心朗らかに       なんにも心にわだかまりがなく       楽しい、うれしいという時を味わっているあいだは、       時間も空間も超越してしまうんですよ。                        中村天風 考えると確かに楽しいときは、アッというまです。 嫌なときは。とても 長く感じるという心です。  嫌だと思わないように、喜んでやることがいいと思いやっていました。 ...

 お釈迦さまの最後の教えの ”少欲知足”

    不平不満愚痴も幸せ幸せ      不平や不満や愚痴が      心にいっぱいになるときがある             なんでもが 思いどうりには      なりはしないけど しようとしない      不満足で あっていい その中を      心から 満足に思いたい      それがいいと思うのよ ふっふふ ふふ      結構 それって ためになるものよ      満足 満足 じゃぁってね...

少しお釈迦さまの生涯のお話が長くなりましたが・・・。

     生きる正しい方法を知って生きたら    人生ぐらい愉快な    人生ぐらい恵まれた    人生ぐらいありがたいものはないんです。                 中村 天風 毎日は何にもしなくても、過ぎていきます。それは、ちゃんと考えればいかに大切であるか、ありがたいことであるか。 幸せも自分のこころが  せっかくの人生です。自分の為に、自分の好きなことを頑張っていきたいものです。 自分...

”牛痘を植えると角が生える”  ついに天然痘根絶宣言となる。

    仏教詩人・坂村真民先生の詩       子を抱いていると      ゆく末のことが 案じられる      よい人に巡りあつてくれと      おのずから      涙がにじんでくる 中学生の少年の悲しいニュース。 恐ろしいことで なぜ なぜ。    正しい愛情とは    お互いが活きて此世に存在して居るという厳粛なる事実を    衷心から尊敬し合うことから湧いて来る。           ...

ニホンサルの独特なあいさつの文化を発見した。

 昨日の朝 エレベーターで、ご一緒したご老人が、話しかけてこられ、ビックリしました。なんと95歳とのこと。歩いて去っていかれる姿、私よりはるかに足早で颯爽としておられ、素晴らしいなぁと思った瞬間でした。 昨夕、NHKで 日野原重明さまが、出ておられ・・・うーん 素晴らしい。 さりげなく まわりをほのぼのと幸せにしてくださってるなぁなんて感じます。  そうやって、年を重ねていきたいものです。    ...

トラの檻に近付くと 「いっちょう入ってみるか」 とさりげなく言う・

 今日はあてもなく出掛け、バスが来たので乗り、少し歩いてぼんやりと地下鉄に乗り適当に降りて、街の中、目的もなく歩いていたら……・。 「まぁ 会えて嬉しいわ。今朝 貴女のことを思い出して、話していたのよ」って!」 偶然に旧い友人に出会った。 不思議なことよ。 ホント 不思議 ありがたい 私も、ときどき思い出す友人。何年ぶりかしらね? 二人で、コーヒーを飲みながら、いっぱい 話せたわ。 ありがたい あり...

「古典と歴史と人物の勉強」 なくしては識見は生まれない。

      読んだ下さってありがとう          ありがたい と 感謝し          嬉しい一日のはじまり           この時間は 二度と来ない                  この 現在(いま)を 大事にし          しあわせを感じる          しあわせな時なんだわ          ありがとう ありがたい 嬉しいなぁ          ーーーーーーーーーー...

戦いに終わったあとも、勝ちに驕ることなく・・・敬意を表します。

           神や仏というものは、           崇むべきもの、尊ぶべきもの           いわゆる尊敬するべきもので           頼るべきものじゃない。                          中村天風  いつもお読みいただきありがとうございます。嬉しいです。ブログへのメッセージもありがとうございます。ありがたいです。感謝。 私は、本の乱読でしてね。(苦笑)...

  親の愛とは無償の愛なのだ・・・。

  「お前たちは可哀そうだなぁ・・・」 「どうしてなの?」 「親と早くに、別れないといかんで・・・」 「なんでなの……」  「お父ちゃんが、年とっているからなぁ…」 まだ小さくて、なんにも分からず、「ふーん」 そうなのか? と思っただけ……。 私と妹が遊んでいると、父が、とても せつなさそうにいう その光景が……。今も、思いだされます。厳しくも、心優しい 父の姿。  子ども心には、父は 背は高く素敵な紳...

「うれしいです。楽しいです。ありがたいです」 嘘でもいいから口にする。

 朝 今日はカルシュムの薬を飲む日。前日に起きてすぐ、わかるように机上に、セットしておくのです。 忘れそうでね。飲むと30分は寝転がったり、食べたり飲んだりしては、いけないとのこと。 なので つい 神経を使ってしまうの。ヒヤり。 忘れてしまいそうで不安になるの。笑ってください。 ちゃんとできてよかったわ。今日の大事な用事は無事終了。安心。ホッと! 亡き姑が薬を飲み忘れるのをみてて、「エッ」 「なん...

”陋規”  とは裏街道をゆく者の道徳、ルールである。

 いつも 読んでくださって、ありがとうございます。感謝。幸せ。 昨日は寒さも緩み太陽がありがたい一日でした。バス停留所で、老人が、 「今は親が子を殺す事件に……」 と、話しかけてこられましたが、なんと 朝 またも、そのようなニュース。 悲しいことです。 すごく好きな言葉でね。  「物事は深刻に考えてはいけないよ。     気持ちを楽に持ちなさい。」  これは井上靖氏 が娘さんにおっしゃった言葉です。...

鼠小僧次郎吉は、三つの ”陋規” を自らに課していた

 おはようございます。「寒い朝ですね」 「寒い朝です」 とひとりごと。        逢いてただ 微笑みかわし うなずかば            足りん逢なり 逢はざらめやも                       とうたった牧水を思い出し 「何もいわなくても、向かいあっているだけでほのぼのと心楽しい友、それが心友という者だなと悟った」 という。                       ...

盛岡は好きな街のひとつ  ピアニスト 舘野 泉さま

2月12日 だったと思いましたが、日本経済新聞に心魅かれる記事があったので書き留めたのですが・・・。  「天界飛翔」 あすへの話題   ピアニスト 舘野 泉 60年近くなる演奏生活で日本の街は北から、南までくまなく歩いたが、その中でも盛岡は好きな土地のひとつ。 街の中央を北上川が流れ白雪を頂いた岩手山が目の前にそびえている。淡麗な山容であるが、山肌は荒々しい強さももっていて思わず襟を正す。  盛岡...

「座右の書」 とは読もうとばかりしないで眺めるもいい

 昨夜 眠るとき考えていました。眠れない、眠らない人なのでね。いつも、眠りにつくまでは とても 大嫌いな時間なんですが。  昨夜は家族やら友人について、深く考えていたのです。  家族って、ほんといいものです。仲良くずーと思いやって、生涯を過ごしてほしいなぁ……。そうするには? などなど、友人のこともね。 お互いを尊敬しあう。  ? お互いを敬愛だな。   ? うーん ちょっと 違うかぁ  ? そう考...

心の取り方次第で、仏にも鬼にも、地獄や極楽の住民にもなるのです

 昨日は老いて全く考えがない私の行動……確定申告にいってしまってた。市県民税の提出なのに「大ボケ」 全く苦笑いです。120人ほどおられ2時間並んでいたのよ。お隣の老婦人が 「こうして待つのも楽しまないとね…。」 「そうそう……」 と私も 二人大笑いし楽しみ待ち、若い男性も笑っておられ、 あーあ いい時間つぶしだつたわ。と考えて……自分の失敗を笑い……。 また歩いて歩いて 他のところのへ、そして、市県民税の...

女子高等教育の向上に終始してきた創立者関口学園長

 明日からまた寒くなるようです。     春 春 春は道草いっぱい       春が来るとね       川の流れの中に       メダカやおたまじゃくしがね       いっぱい泳いでいる       ほんとうに メダカの学校があるのだろうか       学校帰りは みんなでいつまでも       道草 道草 いっぱい してた       蛇も出てきて 怖いこと       蛇が道を横切ってい...

人を呪わば穴ふたつ (他人を害すれば自分も害を受ける)              

               その一瞬             その一瞬で             すべてが変わる             その一瞬             ハっとし             その一瞬             ある奇蹟             その一瞬             があることを             その一瞬             大事なことを   ...

植物も生きているのです。愛情をかけてあげる気持ちを。

  圧迫骨折して、一か月に一度の受診の日。もう約八ヵ月。 骨を触って「まだ、かたいなぁ……」それって何… 何だろうと思いながらも、頭の回転の悪さ、聞くことが浮かばずに、靴下もはいていない私に、{靴下が嫌いで履かないわたし} 先生は、「足あんまり冷たくしていると、首のリンパの……体に……」 丁寧に教えてくださる 「だって、つめたくないから……」  「石田純一かね……」 「ハイ……」 とわたし、大笑いです。  薬...

「わたしはオウムを理解しない」 河上和雄さま

 今朝のニュースで、河上和雄様の訃報がされていました。 心からご冥福をお祈り申しあげます。テレビや新聞や本など 著書で知りありがたい。爽やかに厳しく温かに感じられ尊敬 してました。これもまた、私にはよき出会いでありました。  中村天風師の言葉   人間五十五億の中で、一生に何人の人と出会えるか   考えてみても、他人とともに居ることは、これまた感謝   の対象になろう。千年さかのぼってみると、あな...

 祖母はたった一言 「知らん」 知らんでものを教えるな、と思いましたが……。

 今日は、雪がちらついていましてね。外に出てビックリ。 頑張って歩かないと、眠れないので頑張るのですが、ひとり楽しんで歩くのです。何でもを楽しんでいかないとね、      いろんなことあるある     ときどき なんていうか     いろんなことを思ったり     考えたりするとね      自分が嫌になるんだ     何もかもが真っ暗になっちゃう     悩んでも仕方ないのに     考えても仕...

「茶は三煎して味わう」

 昨日は雨の日曜日。近くの幼稚園が作品展とのことで、誘われて見に行きました。いろいろと素晴らしい作品で楽しいひとときでした。おじちゃんやおばあちゃんがたご両親やら大勢がみにきておられました。いいあたたかな風景です。 心がふっゥとなごみます。   こどもってかわいい     かわいい かわいい     のびのびしてて     なんかたのもしくて     おとなしいこやら げんきなこ     こころが...

☆ 神さまは私に手の代わりに心の豊かさを与えた ☆

        あたり前の平穏な日々それが幸老いて気がつくひとりの幸せ    夢の中誰ぞか呼ぶ声目の覚めて頭めぐらす誰なんだろうーーーーーーーーーーーーーー前の続きですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 到知   2013・12 神さまは私に手の代わりに 心の中に豊かさを与えた             ゴスぺルシンガー                               レーナ・マリ...

ハンディキャップがあるからといって甘えるのが嫌いでした。

 昨年は 「ありのままで~」という、歌が流れよく聞きましたが……。 「ありのままで~」 っていいですね。 ありのままの自分で~を、そのままに、認めてほしいし、そうして認められて生きていきたいものです。嫁いだころ (大昔ですが…) のこと。 いつもその大家族の中で、認めれたい! 認められるようになりたい! と、思い考えて努力したものですが……。なかなか大変でした。 いまになり思うことは、認められることよ...

これまでにこんな人と会ったことがないからビックリ・・・

 今も友人と話していてね。愚痴ばかりをいっているの。 私と同じ一人暮らし・・「さびしい……」「病院が混む……」 だのなんだの? 前向きな気持ちならぬ友人には、がっくりしちゃいますが、聞いてる。 私から思えばはるかにあなたは幸せなのよ。といいたいけれど! でもなんでも前向きに考えられる、私の方が幸せかな。うーん。 そうだ こうやって日々こうして話せる二人ともが 幸せなんだな。ふっふふっふ。 短歌    ...

なぜ この程度の人物に多くの若者が無批判についていったのか?

 昨夜 友人から電話が入り、いろいろと話しながら、友もこういう経験があると言う。わたしは愚か者だから、いつも、そういう経験ばかりしてるのよ。 …と。  それは、何気なく話したことで、これは?傷つけるつもりではないに不用意に話したかな?とか、これはいけなかったかなぁ・・・と ひとり 悩むのです。  その友も 「あーあ 人と話しながら言いすぎたかなぁ……。あとで悩んじゃうの。そして 落ち込んでね。どうし...

「空」 を理解するのには、こんな話しがあります。

 家田荘子さんのお父様が本を送ってくださって、今読みかけているのです。 その中でまだほんとの始まりですが、こう書かれています。ーーー 「私がその男性から積極的に教ったことは、「言霊」 についてだった。言霊というものは、必ず自分に返ってくる。いい言葉を発したらいい言葉が返ってくるし、悪い言葉を発したら、いつか必ず自分に戻ってくる。……。」ーーー そうなのですよね。自分では、ついつい知らず知らずに 一人...

「ハチどりのひとしずく」 という民話

 今日も太陽が暖かい。明日は立春。今日は節分。 まだまだ 寒い毎日です。       そんなことをしてなんになるんだ      ほんとうに何をしても何にもならないようなことって      あるけれども でも それが 見えない大切なこと      なんにもならないようなことなのだけれど しらずしらずに      ちゃんと 身についていくんでしょう      そういうことが 努力というのでしょう   ...

「人間万事塞翁が馬」 という諺を聞いたことがありますか。

 ありがとうございました。友人が 「高野山凄い…………。」 と電話がありました。  むかし 昔に、四国八十八か所のお参りで、お参りさせていただいたのですが、言葉では言い尽くせない、表現できない神秘な立派なお寺でした。テレビ番組でまた見られてありがたいことでした。 過去を上手に忘れることは、とてもいいなぁと思うのです。  「どうやって」  って? 「過去を忘れるか?」 つて  心が嫌になり暗くなるような...

たった一度だけ人からほめられたことがある。

 今日は日曜日。太陽が嬉しい。陽ざしがありがたい。いいなぁ。 こんな日は、ただただ ありがたいわ。                    苦しみや悲しみの多い人が          自分は神に愛されていると          分かった時、すでに本格的          に人生の軌道に乗ったもの          といってよい。                     森 信三 私もいっぱいの苦しみ...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽