おばあちゃんのひとりごと

Archive [2015年08月 ] 記事一覧

「私が川端に賞をと取らせたのだ」 と実に誇らしげな口ぶりで。

人や言葉や大切なものとの邂逅は、 素晴らしい神仏のおかげなりご先祖様もね。 そうして そうかんがえていこう。 私のなりに・・・。                      おばあちゃんのひとりごと 今日は整形外科に、電気治療に行きましたら、ご近所のよく知っている方にお会いしたのす。いつも足とり軽くあっちこっちへ ハイキングやら、登山やらされていてね。 とても素敵なおばあちゃんですの。 「ねえぇ ど...

八月に書き上げていた最後の原稿を自決する11月25日に渡す・・・ドナルド・キーン氏より

 いつも 「ありがとう」 と感謝し、いつも 「ありがとう」 といわれるよ うな、優しい温かい心でいたい。老いを楽しみ 「ありがたい」 とね。                        おばあちゃんのひとりごと   ただすれ違うだけで そういう人がある あのね いいこと教えるね ふくれつらならまだいいが 怒ってる 怖い 恐ろしい怒り 腹立ててる なんでかな 気難しい 嫌だな 心をちょっとかえてみ...

本当の幸せを辛いことと思い、不幸になる種を楽しいことと勘ちがいすれば・・・・。

知らぬ間に老い 知らぬ間に身動きが鈍く 知らぬ間に脳悪く うっふふそれが身にしみてわかるんだもん それを自分が理解しないとね ふふ                   おばあちゃんのひとりごと 愚痴ることはない。 生きているんだもん。 みんな誰もがあるいてる道。だから、自分で承知して、でも、この老いって、高速できたな、なんて思ったり、早い早い 飛行機のように早くて。ビックリ。 しっかりしないとね。...

藤田先生には”弱虫”って言われたけど、私は先生のような天才じゃないし・・・・石井好子さん

 「どうぞ貧乏でも、貧乏が苦にならないで、努力できるようにまもって  ください。 病気でも病気が苦にならない、病気を恐れない、病気で  愚痴にならない、病気のなかでも心安らかに頑張れるように、どうぞ  あの人をまもってください・・・・」 こう祈っていくのが、仏教の祈りで  す。                                 盛永宗興                       あ...

シャンソンのミッシェル・エメが聴いておられて・・・石井好子さん

 可愛い子どもさんを一生懸命育てていこうと思っておられること、 それはまちがいない。 けれども、この一生懸命と同時に、方向  ということはどうなんだろうか、あるいは、続けるということはどう なんだろうか、このことをひとつ考えてみたいと思うのです。                                盛永宗興 さあ 今日は友人の息子さんが、ロビーコンサートをなさるとのことで 、「聴きに行っ...

父が93歳で亡くなり、母はすでに80歳でしたけど、いろいろ習い始めました。石井好子さま

七転八倒・・・ つまずいたり ころんだり するほうが 自然なんだな人間だもの                      相田みつを 朝 ブザーが鳴り、慌てて出てみたら、ご近所の奥さん、さぁっと出されたのが、桃が二個。 下さってね。驚いておられたのよ。 だって!! 私の目が点になってたらしい。 だってびっくりしちゃったのです。 あまりにも美味しそうで、食べたいなぁーってここのところ思っていたんです。...

そこで人を殺してしまった。それが現在の禍(わざわ)いのもとになっている・・・・。

ついには神々しいといわれるような如来のレベルまで心が美しくなっていく。 そこまで行くと、仏教では輪廻転生をしないといわれています。                                  稲森和夫 そうなんだ。 なぜ 輪廻転生するのかなあ。 って、思っていたの。それは現世でつくりあげた人格が、不十分で、次の現世でもっと心を磨きあげる必要があるためです。(稲盛様の言葉)  よくこういうのを...

「お菓子の御用おへんか」 同じお菓子を売って三百年。

 アノネ 人間にとって、一番大事なものはなにか? そこを 原点として考えてゆけば あとは自然にわかってくるよ                               相田みつを あのね。 今日散歩に出て途中で、220円のときどきよるコーヒー店によってひと休み。 セルフサ―ビスなんだけれど、優しい人が一人おられ私を見るといつも 「テーブルまでお持ちします」 と、声をかけてくださるのです。 満席だ...

「これをやったら死んで地獄へ行きますよ」 

仏教では 「これをやったら死んで地獄にへ行きますよ」 という方便を使って人々を教育しました。 人々は震えあがって、「これは一生懸命守らなければいけない」 と思った。 ところうが、現在の教育では、何も知らない子どもたちに、自発性とか自主性というだけで、肝心の「やってよいこと」 「悪いこと」、つまり戒律を教えていません。                                  稲森和夫 今日...

盂蘭盆ーー餓鬼の世界から霊を救う。

仏教は、いえ、仏教にかぎらず宗教は、羅針盤です。 羅針盤によって船は進むべき方向を知ることができます。                                     ひろさちや なんかせつなくなるような、ニュースに涙します。 お盆のときにと思ってたのですが、 ”盂蘭盆” ひろさちやさまの本より 「小さな読書」 如何でしようか。  なんていうか この世の中 なんでもを信じることから、すべては...

世の中には無数の男と女がいます。

 世の中には無数の男と女ががいます。 その中から、夫婦となり、 あるいは恋人となる。 これはきわめて不思議な出会いであり、 貴重な結びつきといわねばありません。 しかし 昔から 「会うは別れのはじめとか」  といいます。 稀有な 結びつきにも、別離のときが来ます。 離婚、恋の終わり、そういうこ とがなくても、二人を引き裂く 「死」 という運命を人間が逃れられぬ かぎり、必ず 別れのときが訪れます。...

口を開いて怒るのは、下司なの。 口ふさいで 「ムッ」 という。 これで、向こうへとどく。

にも、かかわらず笑う                             ドイツの諺一流の人はみな明るい                              平澤 興人の喜びをわが心の喜びとすること。 そうすれば自分の心は、清く正しく美しく尊い。 そういう心で暮らせば、健康を保つことでき、仕事も必ずスムーズに運ぶのだ。                              中村天風 ...

先進国の国民は、一年間に七キロの食品添加物を食べている。

 ”今、楽しいか。楽しかったら、お家に帰って、お父さん、お母さんに、 今日は楽しかったといいなさい。 おじいちゃん、おばあちゃんにも、 楽しかったと言いなさい” と。  それは親は二人ですが、両親にもそれぞれの両親があります。 さらに祖父母は四人、さらにその上の代には八人になり、さらに 10代 遡ると、1024人の御先祖様がいらっしゃる。 この中で一 人でもかけると、自分は存在しないのです。  その...

「理屈で覚えるのではありません。何度も繰り返していると体が覚えてくれるのです」

 感謝を先にし、喜びで迎えれば、世界は黄金の花園になる。 感謝するところに歓喜が漲り、面白さの連続になる。                            中村天風 ”目をつぶって感謝してみよう” といっておられますが、確かに感謝する心がある限り、いろいろな事は消えていくことでしょう。毎日のように、さまざまな怖い事件事故のニュースに涙します。 防ぐなにかがあれば・・・・。  なんとなく 朝は秋...

{ポイントカードで貯まる個人情報}イギリスのスーパーマーケットは政府よりも個人情報を持つ

 私たちはみんな思い思いに世界を認識すればよい。 世界には、 明るい表面もあれば、暗い裏面もsる。                      ゲーテ・ドイツの詩人・作家 急に秋らしさをを感じます。 雨となり涼しく、蝉も鳴いていないわ。今日から、きっと、皆さんは平常通りの生活でしょうね。 私も、またいつものもとの ゆっくりとした生活です{うっふふ。毎日でしたわ}。 ひと休みが毎日の仕事老いひとり  ...

ご先祖さま 若い日の馬鹿さ・アホさ・若さ・を思い出します。 お笑いですか?

 若い頃は、よう失敗したものです。 人を見る目がなくてね。 いい人だと信じていろいろを、気楽に話して・・・・ エッ!! おバカでアホなんです。 いつも失敗しないと気ずかない。 アッハ アッハ {若さは=馬鹿さ} わたしはですが・・・。 泣いて、いい経験なんでした。 だから今の私があるのです。                     おばあちゃんのひとりごと 私のような老人になると、いろんな経験をす...

直立不動の姿勢で挙手の礼をする軍服姿の小野田さんの凛々しい姿。

 わたしの幸福はご先祖様のおかげと思う。 また、子や孫の禍福は、 わたしの日々の行ないによると、気をつけるわたしです。                          おばあちゃんのひとりごと     そう考えたい だってね 自分の行いが 子らや孫らに かかわると思う そう思うと なんだか ありがたくなる  だって いい行いができるから 自分のためになり 自分がおかげさまで ちゃんと生きられるか...

お寺の寺報より

昨日お寺参りの時にーーー寺報にいい言葉があったので宮城しずか先生の言葉その人を亡くしてそこに持つ悲しみの深さというものは、たとえ意識しておろうとおるまいどその人から生前自分は多くのものを受け取っておる。その多くのものを贈られていたその大きさが悲しみの深さに比例する。そうですね。お盆に、今は亡き方たちを思います。...

「お盆」 に・・・・

 子を知ることは親に如かず。 子を知らざることまた親に如かず。                           徳富蘆花(作家) 世の中に思ひあれども子をこふる思ひにまさる思ひなき哉                            紀貫之(j歌人)  「お盆」 になりました。 昨日は菩提寺にお参りし、行きは長男夫婦が、車で送ってくれ、「お盆」 法要に参り、昼のおときを頂き その後、二男夫...

サルトルは人間的な魅力がすごいのよ。 ボーヴォワ―ルはとっても優しかったわ。その②

 あらゆる幸福の源は、感謝することである。             ギルバート・キース・チェスタートン 今日は朝早くからお寺参りです、 だいぶ 遠いので大変です。 でも、ご先祖様 そして亡き夫もそこにいます。 待っていてくれるでしょう。 頑張っていかないとね。 こうして守っていて下さっているんですものね。友の骨折も、私の圧迫骨折よりいいと思う。本人はとても大変でしょうが・・・でも、ありがたい。あの...

あらゆる芸術が花開いた”50年代のパリは本当に素敵でした。その①

 過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。                          中井正嗣(千房社長) 今日は、友人が昨日足を骨折したとのことなので、近くの友人に会いにゆきたいから・・・・と言うと、駅まで迎えに来てくれて一緒にいってくれました。 顔を見て安心しました。 いろいろと話しもできいい一日になりました。  「考え方ひとつよね。 手首も骨折しなくてよかったね」・・・・。 ...

母親のほほえみほど家庭にうるおいと明るさをもたらすものはありません。

 妻の不機嫌・無愛想、さらに不平不満ほど夫を意気消沈せしめる ものはない、 その反面、妻の明るい笑顔ほど、夫として勇気百 倍せしめるものはない。                                  森 信三  今日も暑い日でしたが、暦の上では立秋がすぎなんとなく秋近しを感じるんです。 老いたゆえでしょうか。 感じるのですもの。 今 友人から電話が入り、びっくり。 心優しいその友が、転...

ほんとうのことがいちばんいい。  相田みつを 

 「ほんとうのことがいちばんいい」---                       相田みつを 「生きるとは燃えることなり」 ---                             平澤 興  友人と話しのなかで、「亡母が長生きで寝たきりで看病が、大変だったから、ああいうふうになると、看病する子どもたちが大変だから、長生きしたくないわ」 って!友人は言うので・・・・。「あのね。お母さんは...

親分さんといっしょに私が汽車を降りたら、さすがに主人ものけぞってました。(笑)

 「結婚して、良い女房に当たったら人生これほどの幸福はない。 そしてだ、もし悪い女房に当たったら哲学者になれるよ」                                 ソクラテス  うっふふ うっふふ と笑いながら、ソクラテスのこの言葉を思う。そして、言うの。 じゃぁ悪い旦那を持ったら?  って! 「結婚して、良い旦那に当たったら人生これほどの幸福はない。 そしてだ、もし悪い旦那にあた...

PKO協力法の時 「これで戦争に巻き込まれる」 と扇動したのはいったい誰だったでしょうか。

 人間のもろもろの行為はすべて、結果となってあらわれる時期 が遠くへだたっていればいるほど、それだけ立派な、尊敬される 行為なのである。                           ラスキン 先ず疑い、次に探究し、そして発見する。                           バックル      今日は”立秋” 近くのお寺で、お施餓鬼法要があったようで、車や黒のお洋服を着た方が多くお参...

もう少し、やはり自分の国の言葉を大切にしてほしいと思いますね。

 ただいるだけで あなたがそこに ただ いるだけで その場の空気が あかるくなる  あなたがそこにただいるだけで みんなのこころが やすらぐ   そんなあなたに わたしもなりたい                                 相田みつを 朝起きたら治っていたのですが、昨夜 腰が痛くてヒやりとしたので整形外科にいき、診察と電気治療をし、「そういうこともある・・・・・」 と、医師に言...

マザー・テレサの言葉 「人を陥れず、美しさを書ki」  

 今が楽しい。 今がありがたい。 今が喜びである。 それが習慣となり、天性となるような、いきかたこそ最高です。                               平澤 興 この通りにいつも思っているのです。 今を楽しく、明るく、爽やかに、喜んでいきる。 その心をいつもおもっていると自然とそうなってくるのです。 それが習慣ですね。私は最高の生き方をしているんだなぁ・・・・思えます。うっふふ...

世界で一番寿命が長いのは日本人女性・エイズと貧困が寿命を縮める。

 「未(いま)だ生を知らず、焉(いずくん)ぞ死を知らん」                                孔子 いまだに生きていることも知らないでいる。 だから、死ということを考えているまもない。 死を考える前にもっと、大事なことがあるということなんでしょうね。 生きる大切さを、教えてもらえます。 生きる。生かさせて頂いているなか、 「いま」 「ここ」 。 しっかりと、深く考えて、過...

西洋では、いかに人にいい感じを与えて自分を好きになってもらうか。

 犯しがたい﨟(ろう)たけた気品・・・・という文学的な表現がございます。 けれども、そういうものが身に備わっていないといけませんね。下品でいわれたら、もうそれっきりですもの。貴婦人に限らず、どなたにでも気品てものは必要なんです。                               酒井美意子  なんか、偶然、気品が目に入りましたのでね。 面白いものです。 今日も猛暑。 熱中症 気をつけない...

天才数学者 お二人のエピソード

 「気品というものは、ある意味からは、人間の値打ちのすべてを 言い表す」 「人間の人格的価値を言い表す上においては、この気品という  言葉ほど適当なものは、ちょっと外にはない」                                 森 信三 ついつい、暑いと言っています。 そして 夏なんだから当たり前。 すぐに寒い。寒いというような時期になるよ。 といいきかせている。 四季があるから気持...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽