おばあちゃんのひとりごと

Archive [2015年09月 ] 記事一覧

まさに奇蹟中の奇蹟としかいいようがありません。

 生きることは燃えることなり            平澤興(京大元総長) 今日は秋晴れ、友人からの誘いで歩いて出掛けた。 旧い友人で裕福なひとり居の友だ、私はといえば、裕福ではないが幸せいっぱいと考えている、楽しいひとり居だ。 会話といえば、友は言う。「消費税が上がるそうだよ・・・等々」 「そりゃ、消費税上げないと、国がやっていけない・・・等など」 と、言うわたし。 アッハ、アッハ。 おたがい言い...

「おじさん、ぼくは死ぬまで肉も魚も食べないから、カエルを蛇に飲ませるをやめて」

 ひとつぶでも まくまい  ほほえめなくなる種は どんなに小さく とも 大事に育てよう 微笑みの芽は                       「小止観物語」 昨夜のスーパームーンは有り難く見ることができました。 今は、テレビで知らされて、あんなうつくしいお月さまを眺められ拝し、幸せなことです。 知らないで見れなかったらね。 そう思うだけで嬉しくて笑顔になりますもの。  最近のいろいろなる事件を...

   おこるな。いばるな。あせるな。くさるな。まけるな。・・・・・・おいあくま

 小さいことでも 少しでも 悪いことはやめて 善いことをして 人によくしてあげよう これが みほとけの教えです                 「浄(きよ)らかな教え」 松原泰道 今日は友人が近所まで来てくれて、二人でランチする。 あと、寺のお参りし、いいひととき。 秋の陽ざしに、日傘さし友は 「息子がね。秋の陽ざしは強いから、持っていったがほういい」 といってくれたと嬉しそうに話す。 「まあ あ...

「お嬢さん 愛情があれば、台所のゴミは少くてすむものです」

 「ものごとは、自分の思うとおりにうまくいくものではない」 「失意のとき無気力になってはならぬ、冷静に判断して、適切に 処置していく勇気をもつこと」 本の中で書かれていた一節のことばです。 バレー部員の少年とのこと。 身長不足のために正選手になれない。 この失望のとき、この ”二つの大切なこと” を自覚したとのこと。 思い通りにはならないことの多い、そして、失意あるもんです。 その中で、勇気もちたい...

「ぼちぼちいこか」 の大阪弁はいいですね。 全国区にしたいことばですね。

 親子となり、夫婦となり、兄弟や友人となり、この世の一期一会 ともいうべき人生の出会いの縁を、私たちはもっと大事にしなけ  ればならない。                            瀬上敏雄 今になり晴れてきました。 洗濯をいっぱいしたので曇ったときは困ったなあと、思いましたが、秋晴れになってきてホッとしました。 昨夜は友人ふたりが泊り、楽しい夜でした。 早朝に帰って行かれ、閑な私は、...

「一生に一人でいい そういう人を持つといい」 相田みつを さま

  一つだけ仏様にお願いしていいことがあります。 それは、「私に勇気を与えてください。 どうぞ、私を見まもって、またしても弱いほうの心へ引きずられそうになったり、またしても愚痴な心になったり、またしてもまちがったものの考えかたに傾こうとするこの私に、どうか勇気を与えて、正しくものを見、正しく努力ができるように、お力添えください」  と祈ることが仏教の祈りです。                   ...

「お仏壇」 金子みすゞさまの「詩」

不機嫌ほど大きな罪はない。                   ゲーテ 最近では、いつも笑顔で暮らせるようになったのですが、若いころというか、子どもの頃というか、わがままいっぱいで、両親には反抗したり、嫌いな人には隠れたり避けたりして、相当に悪い子供であったな。 そう思い反省するのです。たしかに不機嫌、佛頂面、無愛想などなど、心のままにしていては困ったことです。ゲーテのこの言葉は、まったく身にしみ...

「教育勅語」 12の徳目・・・・難しいけどいいことですね。

 世の中に億千人の母あるも我が母親にまさる母なし 父の愛は山よりも高く母の愛は海より深し                          むかしからの箴言 ホント、ははとはいいものです。 亡舅姑、亡義祖母、そして亡夫に会いに、がんばって行ってきました。 この姑も我が母なり・・・・。 今日は、朝七時に家を出て、歩き、バスに乗り、電車に乗り、そして車で長男夫婦に寺まで送ってもらいました。 あちこちを...

「毎日最低一つは、笑い話をこしらえよう」

 笑えば必ず幸福になる。          釘宮義人 今日はいい天気で、いい気持ちでした。 今夜旧い友人から電話が入り、いろりろと話しができていい一日 おたがいに大笑いしながら、老いの話しや、孫の話しや、その方は私より少し多いのですが、バリバリにお元気での活躍の日常を聞きつつ、羨ましく楽しく、いいひとときでした。 アレッ・・・何度「いい」といったのかしら・・・・(笑)さあ 明日は朝早くから、お寺へ...

悪い友だちと親しくしていれば、それに引きずられ本人も悪くなります。 

 神さまとか仏さまとかいう言葉でなしに、親から、 「誰も見ておらんでも、お天道さまは見ておられるんだから」 ということを聞かされたものです。                              盛永宗興さあ、子ら夫婦や孫らの優しい気持ちを頂いて、ありがたい、おばあちゃんだ。しあわせ しあわせ。 ありがたい。ありがたい。感謝・  おてんとうさま  お空に手を合わせ  ぶつぶつ小さい声  宙に ...

一億総孤独病に陥るような社会ができたわけです。

 良寛が 花持て逃ぐる お姿は いつの世までも 残りけるかな 良寛さまが、しかたなく詠んだ歌とか。 なんか可愛いですね。 ふと、微笑んでしまいます。 なんていうか、愛しますよね。  ちょうど、若いママさんとお子様たちに出会ったのよ。 とても、嬉しそうに 「今からスーパーにお買い物に行くの・・・」 って。 ちちゃい女の子は 「どこにゆくの。。。?」 って、眼を輝かせて聞くのです。 かわいいもんです。...

その電文は 「ア・ナ・タ」 の三文字でした。

 親が子の菩薩を引っぱり、子が親の菩薩を引っぱる。 夫が妻の菩薩を引っぱり 妻が夫の菩薩を引っぱる。 そして 「あ あいい人だなあ」 とたがいに感動し合えたら、それが 「到彼岸 (波羅蜜)」 であります。                                 盛永宗興 きっと、誰の心にもあるのでしょうね。 菩薩の心が、ただ、知らずいて、何かの拍子に現れるのでしょうね。 そのきっかけは、そ...

「木で作ったようなニワトリ」  が最も強いという話に由来。

 人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに 関する人の考えである。                            ヒルティ 明日から、シルバーウィークに入る人もおられるとか。 そうすると5日間の休日。 今度は11年後とか。 {国民の休日} 天気も好さそうで楽しみなことです。 朝からパトカーがとまっていしてなにかがあったようです。 最近の事件を見ていますと、なんだか怖いことで...

この世の家族がいがみ合っていては、ご先祖さまに顔向けができませんよ。

(プラトンによれば)人間の魂は、決して一代限りの生の営みを経験するのではなく、もともと不死であって一切を知りつくしているのであるけれども、新たに身体に宿って地上に生まれてくる度ごとに過去の経験や知はすべて忘却の中に流されてしまうのである。       ーーー東大名誉教授 斎藤忍随 「プラトン」 より  わたしはよく感じます。 圧迫骨折したときも、声が聞こえたのです。呼ぶ声がね。 なんていうか信じて...

自分で織った織物をひろげて、「ああ、これが僕の人生だった」 といっておさらばする。

 わたしたちは大きなことはできません。 ただ、大きな愛をもって 小さなことをするだけです。                             マザー・・テレサ 平和は願うものではない。自分たちで作り出すものである。 平和は行いであり、人の在り方である。 平和とは与えることで ある。                            ロバート・フルガム 今日は雨です。 今夜は友人と 「サッ...

「上手に喋るだけの機智も、黙っているだけの判断ももっていない・・・これこそ最大の不幸だ」

 空を見上げてごらん ゆったり 悠 遊 雲もゆうゆう 鳥も悠遊 小さな自分がわかるから                       相田みつを 昨夜、テレビ番組で若い子らが遅くまで、家に帰らず街で遊んでいる人が多いと放送していた。 危険であり、大阪の事件などが気になならないかといわれても、「自分にはないと思える・・・」 と、話していた。 ギョッ 深夜なんて、とっても 危険だな。 どうしてそういうふ...

「自信は少しもありませんが、うぬぼれだけはいっぱいあります。」 相田みつを さま

先ず、何よりも語録を読むべし。 これも、さらりと眼を通す程度では、読んだことにはならない。 やはり何度も何度も彫るようにして読み考えなければいけない。 もちろん、最初とっついた時には、どういうことか、皆目わからぬこともある。 しかし章句を心の襞に焼きつけておくことによって、いろいろな問題にぶっかった折に、八ッと悟る。                                 伊藤 肇   心...

こころのなかで感謝しながら悪口を言えばよい」

 女あり 二人ゆく 若きはうるわし 老いたるは なお うるわし                             米詩人 ホィットマン まことに新婚の若い夫婦の悦びに充ちた姿は花のやうにこの世を明るくしてくれるが老いたる夫と妻が変わらない愛情でいたわり合って、暮らしている有様は、それ以上にも美しいものに見えるのである。                             野上彌生子 年寄...

「床の間の軸を拝見して、死ぬのはやめることにしました。」

 未来を悩まず、今日を楽しく熱心に生きればいいのです。                               ひろさちや 今日は、5歳うえの姉と待ち合わせ、義弟の絵の展覧会を見にいってね。 イベントが、その近くであり 「オムロン体重計計測成績表」 おもしろそうなので、やってみたのですが、笑えるでしょう。 姉の方が5歳も上なのに、私の方がうえなんですもの・・・・。 不健康なんですね。  自分の年...

できると信念することは、どんなことでも出来る。中村天風さま

 人間は何事も自分の考えた通りになる。 自分の自分に与えた暗示 の通りにになる。 出来ないと思うものはできない。 出来ると信念す ることは、どんなことでも出来る。                              中村天風  今日は風が強くてね。  そう、バス停で待っている時に、とても幸せそうなご婦人お二人にお会いしました。お一人はお着物で素敵、ちょっとお話していたら、日本舞踊のお師匠さま...

 手をあわせ祈るのです。

 われわれは 「気」 を養うということが、一番、根本の大事だ。  いわば、生のエネルギーを養うということ、いい換えれば、 「元気」 ということが、一番である。                             安岡正篤 テレビを夕方かけてビックリしました。 大変です。 なんという怖い。泥水で家が流れ、老いのひとり嗚咽します。 なんてことなんでしょう。みなさん、がんばってください。 というのも...

「これは病気なんだから必ず治ると思ってくだい」 瀬戸内寂聴さま。

「病は気から」 というでしょう。 心が病むと、体が病む。 心が病いに 負けると、病いはどんどん悪くなる。 どんな病気になっても、「これは 病気なんだから必ず治る」 と、思ってください。                                   瀬戸内寂聴 今外出から帰ったら、ご近所さんが 「いいもんあげる・・待ってて!」 嬉しい。 あたためるだけの鶏肉 「レンジでチンするか? お湯であた...

わたしは全部残らず幼稚園で教わった。・・・・

 人間の本当の正しさは、ちょっとした日常の挨拶や振る舞いにあらわ れなんでもない行動に、案外、人間の内容やその背景を知ることが できるものです。                                安岡正篤 あたしは人を判断するのに、お金の使い方で見分けることにしている。                                ココ・シャネル なんか今日はドジをしてね。 忙しい、ク...

「コピーされることは称賛と愛をうけとること」 ココ・シャネル

「愛しいココよ、影が光のもっとも美しい宝石箱であることを、君は知ら ない。 僕が君のためにもっとも優しい友情をたえず育んできたのは この影のなかでなのだ」                         詩人 ルヴェルディ なんか、美しいですよね。 やはりなんだって、素晴らしい人には、素敵な人が寄ってきてくれるなあ・・・と、自分に言う。 アッハ アッハ。 あーあ  自分で生きてきたんでしょ。と、ひ...

「あれはよくできる、けれども老婆心が足りない」 道元禅師

 人間はできるだけ、いい機会、いい場所、いい人、いい書物に会うこ とを考えなければならない。                                 安岡正篤 いい機会はつかまえる。 いい場所にいくことよね。 いい本に出会う。「座右の書」 を持つ人でありたい。 いい人 自分で、自分がよく考えて行動をするということなんでしょうね。 だって、食べることも、飲むことも、学ぶことも、友だちも、いい...

「ほどほどで行こうよ」 という。 ”長寿の声” が聞こえるはずです。

 人間は案外、精神的に独り立ちしていない。 始終、自分に対する 他人の意思、感情、批評などに左右されている。 甚だしいものは、 他人の一顰一笑に動かされて、落ち着けないのである。 そして誰 が自分をどういった、こういったということに殆ど自分をゆり動かされ ている人々が少なくない。 つまらぬことである。                                 安岡正篤 これを、続むとしみじみ...

早川徳次さんはやはり素晴らしい人だったんです。

 自からの意志でやっていたら、そもそも疲れません。 同じことをやっ ていても、やれと言われてやるのとは全然違います。                               鍵山秀三朗 これはそのとおりですよね。 私もそれは自分で見つけたわ。 若いころね。 言いつけられてやるのが、とっても嫌で言われる前にやろうと、思ったものです。 自分ですすんでやると、いい考えが浮かんでくるものなのです。 若...

彼は関東大震災でで家族も、会社も失ってしまうんです。

  味覚は親切である。 どんなうまいものだって、こしらえた人の親切 がほんのり感じられて、これを口に入れただけで、ほのぼのと心があ たたまるようでなくては、真実の美味とはいえない。                                            伊藤 肇 そうですね。愛情を感じさせられる言葉です。 なかなか味があり、お料理し、いただいている情景が醸しだされます。 なんか、高級...

彼は糞尿だらけになって、泣き叫んででてくる・・・・。

 この世界というものは、たんなるものの集まりでできているとは、どうしても思われない。 誰が、どのようにしていらっしゃるのかは知らないけれども、なんとも表現することはできない、微妙な調和と秩序によって創れている。                               アイン・シュタイン この世界、きっとそう思う。 神様や仏様がみておられるのでしょう。 寂しいときも、こうやって、ちゃんと楽しいこ...

先生をとても崇拝していて、いつも、ドアにキスしているんですが、隣の部屋でした。

 心を鬼にすると 「菩薩さま」 が涙ををこぼしますよ ● 鳥と虫とは鳴けども涙落ちず、日蓮は泣かねども涙ひまなし                               日蓮                      {名僧の一言 中野東禅著 }                     そうですよね。私も人間ができてなくて、たぶん神様や仏様やご先祖様をいっぱい涙させているおこないをしているだろ...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽