おばあちゃんのひとりごと

Archive [2015年12月 ] 記事一覧

☆おばあちゃんのひとりごとの 「詩」 ☆

  日々の生活こそは凡てのものの中心なのであります。 また  そこに文化の根源が潜みます。人間の真価は、その日常の  暮らしの中に、最も正直に示されるでありましょう。                               柳 宋悦  いよいよ、今日は31日です。 さあ日常の暮らしね。 新しい年に、心がけていきたいと……心しています。 お世話になり、今年もこうして、一年、無事に過ごせました。 あ...

「みそかそば」 ”新年こそは”

 人間は、自分が他人より劣っているのは能力のため ではなく運のせいだと思いたがるものなのだ。                       プルタルコス でも結構 「運がいい。運が悪い」 っていいますものね。  誰かの歌でありましたね。 「運がいいとか、悪いとか、人は時々口にするけど、そういうことって確かにあるわ……」 歌詞って、いつもマトを得てて感心しますね。  でも、いつも運がいいと思っていきたい...

「除夜の鐘」 つく人により違う鐘の音。 心して聞きたいなぁと思うのです。

 まあ、茶でも一口すすろうではないか。 明るい午後の日は竹林 にはえ、泉水はうれしげな音をたて、松釜(ちゃがま)に聞こえて いる。 はかないことを夢に見て、美しい取りとめのないことをあ れやこれやと考えようではないか。                               岡倉覚三 師走の一日、ゆっくりひとりの私は、昔を思い、今年をふりかえり、過去を思いだすのです。 むかし、昔を……。 きっと...

人間、謙虚なことがいちばん大切です。

 ほめれば間違いないし、そしればなおわるい、君がそのこと をよく理解してないときには。                     レオナルド・ダビンチ  晴れていい天気で有り難いことです。 今年も、もうあと3日です。 今日は近くのお寺の、毎月のみょうおんさんの今年最後のお祭りなので、屋台もいつもより多いかもです。  今年一年を思いつついろんなことがあったなぁ。今年の世の中の一年の出来事をテレビでやり...

目に見えない魂霊と語り合うには、法力の宿る数珠という道具が必要です。

 なせばなる なせねばならぬ何事も  ならぬは人の なさぬなりけり            上杉鷹山公の生涯のを通じての信念の一詠 なんでもを、どんなことでも、なせばなる。そんな気持ちを持ちてゆかん。 アッハ アッハ。老いて、その時期も過ぎたかぁ?  いまの私には、やることもないかぁ? ひとり、笑え さあ 今日も、ただ 努力なしでも、できる笑顔だぁ。★なんでもを思うだけでなれるよ★  だって 朝起きる...

喧嘩、傷害、窃盗、麻薬密売、恐喝、婦女暴行など悪事の限り・・・。

 思い通りにならぬからといってくよくよするな。 思い通りになった からといっていい気になるな。 今の幸せがいつまでも続くと思うな。 最初の困難にくじけて逃げ 腰になるな。                       「采根譚」 守屋洋  ドキリと胸にきます。よね。 でも大事なことです。 ついついそのとき、そのとき、この言葉を思い出すことで、八ッとします。 なんとかなるもんです。 どんなことがあった...

クリスマスを聞かれて、びっくりし・・・。

 日々の生活にこそは凡てのものの中心なのであります。 またそこに文化の根元が潜みます。 人間の真価は、そ の日常の暮らしの中に、最も正直に示されるでありましょ う。                             柳 宋悦 昨日出会ったとき、バスの中で 「今日はクリスマスカね……」咄嗟に何も言えず つい 「はい・・」といい、アレっ明日かな?「今夜がイブで、明日がクリスマスかねェ…] 大正14年の...

おかげさまで すべてに ありがとう なの。

 人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに 関する人の考えである。                           ヒルティ  そうですねぇ。 そうなんでしょう。 昨日誘われて断った友よりのお誘いで今日は出掛けた。 コーヒー220円なんですもの。 ゆっくりおしゃべりして、バスに乗ったら、隣に坐られたおばあちゃんが話しかけてこられ、束の間に話し、驚き!なんとっ大正14年生まれとの...

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」 これについていい話

 世の中で生きるには、人々とつきあうことを知らなければ ならない。                                      ルソー そうですよね。人と付き合うことは毎日のことですものね。  その付き合いから多くを学べるものです。 モニ―ングコーヒーにいくと、いろんな人とお話しができます。 たまに、お会いする男性(もちろんご老人)ですが、いろんな時事ニュースやら、で盛り上がり、「あ...

母親がやさしいのは、強いからでしょうか……。

 人間は自分じしんの歴史をつくる。 だが、思う儘にではない。 自分のえらんだ環境のもとではなくて、すぐ、目のまえにある。  あたえられ、持ちこされてきた環境のもとでつくるのである。                          マルクス 若いうちは、自分でえらんだんだか、よくわからないまま……。 しかし、自分じしんの歴史をつくる。ね。 我が子の子育てのとき、私のように育っては、わがままで悪い子い...

「あなたのために新らしいお箸を準備させていただきました」

 「善きことを思いなさい。 さすれば必ず、あなたの人生も  好転していきます」                             雲谷禅師 今日は予報通り雨。冬の雨は冷たい。ときどき会う友だちは「風邪が治おらない。まだ、痰が出てね」 と、でも 「90%は治った」 とのことで、よかったなぁ……。  どこが悪くても、気分がすぐれないもんだからね。 私は風邪をひかぬように、用心だぁ。 そうそう、善き...

「彼女の言葉ってなぜかあったかい」  <その2>

  君がよい妻を持てば幸福者になるであろうし、悪い妻を持てば  哲学者になるだろう。                    ソクラテス (ギリシャの哲学者)   ソクラテスさんの妻の話は有名ですものね。 さぁ 過ぎゆく師走、 もういくつ寝るとーーと、指折り数えます。  小さい頃は、お正月がとても楽しみでね。 なぜって?  今は毎日がお正月のような暮らしの日々ですが、昔は、お正月がくるのが……ね。とって...

日本語は世界でも 類(たぐい) 希(まれ)なる美しい言葉 <その1>

  ねぇ、あなた。   話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね。                        永井荷風  寒い晩だな  寒い晩です  妻の慰めとは、こんなものであります。                        斎藤緑雨 うっふふ。 なんかいいもんですね。 毎日の生活にある幸せ。 走り急いで老いた我には、ジーンとしそんな こんな も 一瞬のごとくで、流れ去りゆきました。...

その昔、インドに”三かく長者” と呼ばれる大富豪がいました。

 よろこびがなさそうなところにこそ大いなるよろこびがかくれている。音もなく地面にまいおちる枯れ葉でさえよろこびをはこんでいるのだ。                             ブラン・チャ―ド 朝、散歩に出たらね。 久しぶりに若いママさんに出会った。  お友達と一緒だったので、 「わぁ久しぶりね。、またね」 って。 たったひとことの挨拶でも、嬉しいもんです。 私はそれだけで元気になるので...

自分ではどうこう思い悩まず、身を任せて丁寧に生きていくしかないのです。

 あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失いますし、気やすい人間 はばかにされますし、むやみに熱意を見せる人間はいい食い物 にされます。                                                     バルザック  冬の陽ざしの暖かいこと。 そこにいるだけで幸せになります。でもそれを、感じない人もあるでしょうね。 心がゆっくりとしなんていうかぼ~っとして光を眺める...

”いい一日” を送るに欠かせない要素。

  苦しみは人間を強くするか、それともうち砕くかである。 その  人が自分のうちに持っている素質に応じて、どちらかになる。                           ヒルティ   いま 生命あるはありがたし  <法句経> これを読みますとね、本当は何が言いたいのかは、分かりませんでも、自分の周りの人たちの生命の大切さを、先ず、思うのです。       ◆ みんな元気で生きていてくれてあり...

「勇気とは、窮しても品位を失わないことだ」 へミングウェイ

 病弱とか、愚鈍であるとか、貧乏であるとか、多忙であるとかいう ことは、逆に、自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上の ものでであります。                                安岡正篤 今日は、歩きました。 ときどき頑張ろうと思うのですが、豆腐の決心ですぐ、くずれます。 怠け者のわたしこの言葉を読むといつも、何でもを、毒薬にするのが多いから、 妙薬にするようにしないと...

あえて意識して 「ふぅ~っ」 と深く呼吸してみたら、緊張感が解ける~

 人びとからよい目でみられることにいかに強い欲望をもつか、 人間性のうちでこの欲望ほど顕著なものはない。                         ジェームズ・ミル 毎日、毎日いろんなテレビニュースに、ひとり、涙したり、スポーツの活躍には、「素晴らしい」 と言いつつ、ひとり拍手するのです。  こういうニュースに、日本人って凄いな。 努力、努力だろうなぁ。いい顔してる、素敵、これからもファィテ...

頭ごなしにガツンとやってしまえば、その人は二度と立ちあがる機会を失ってしまいます。

 難しい本を読む必要はありません。 一人ひとりの人間の体験 だけが、生きた書物なのです。                                石田梅岩 そうですよね。 自分の経験から学ぶことは多いものです。 そして、いろいろな話を聞くこともいいもんです。 そして本を読むこともとてもいいなあと思うのです。 知らない世界を知ることができますものね。 何からでも教われますよね。  年賀状書き終...

悲しみがピカソに筆をとらせ戦争の惨状を訴える 「ゲルニカ」 が誕生。

 その気になってよろこぼうと身構えていますと、よろこびはおのず からやってくる感じがある、 よろこびたい心の触手を大きくひろげ て待ちかまえていることが大事なんですね。                     五木寛之 「生きるヒント」 そう思うわ。 毎日を楽しく生きることが一番大事だと思うのです。 よろこびたい心の触手を大きくもつことです。 っていいですね。  今朝久しぶりに早めにモーニングコー...

「けんかしないでくらそうじゃないか すえはたがいにこの姿」 一休禅師

 苦しみや悲しみの多い人が自分は神に愛されているとわかった 時、すでに本格的に人生の軌道に乗ったものといってよい。                              森 信三 これだけ、老いを重ねますとね。 苦しみや悲しみがありすぎてね。でも、それもこれもが、すべては自分が、蒔いた種から、芽を出したものなんだなあ、と、納得できるようになっているから不思議な心の変化です。  よい芽も、悪い芽...

「嘘をついてはいけません。嘘をつかなければ、人間は強くなります」

 悟りとは悟らで悟る悟りなり悟る悟りは夢の悟りぞ                          読み人しらず 昨日は、またしても怠けて散歩できませんでした。 我儘虫はいつも健在です。 人間わがままは困りものです。 でも我儘は、ある部分大切なことだと、感じるのです。 私は、親が年を取ってからの子どもでしたので、親が寛容でした。いつも、安心して、暢気にしておれて、我儘に育ちました。 それは、とても...

「こころのひとり相撲」

  議論なんか、いくらしたって物事がはかどるもんじゃありません。  行なうべし。、言うべからずですよ。                            モリエール たしかにですよね。議論じゃなくて友人の会話を思っても、ちょっとそれは言うべきじゃないでしょう。 と、思うことがあるものです。 でも、きっと、私の言葉だって、気をつけていたって、いけないときがあるかもなんです。 そう思うとね。 いけ...

講義の途中で殿さまが居眠りを始めた。

  陰口きくのはたのしいものだ。 人の噂が出ると、話ははずむ  ものである。 みんな知らず知らずに鬼になる。 よほど、批評  はしたいものらしい。                       「小林秀雄初期文芸論集」 昨日は、一ヶ月に一度の美容院。 心地よくなり、このまま帰る?ちょうど、友人から電話が入る。 「うんいくね」 とバスに乗る。  師走で暖かい陽ざしのいい天気のゆえか、超満員のバス。 友...

アインシュタインの警告を、人類は生かすことができるだろうか。

人間のあやまちこそ、人間をほんとうに、愛すべきものにする。ひとりの人を愛する心は、どんな人をも憎むことができません。喜んで事をなし、なされたことを喜ぶ人は幸福である。                          ゲーテ 昨夜はコンサート楽しめましたが 少々疲れちゃったわ。 幸せな疲れです。 ありがたいことです。 あのねご近所の若いママさんから、メールがありうれしくなっちゃいました。 小学生の...

まず自分が現在 「生きている」 という現実に感謝していくことが肝心だ。

 わが胸の奥にましますみほとけを朝な夕なに拝みまつる                              江部鴨村 今日は友人がコンサートに誘ってくれたので、午後から出掛ける。嬉しくなった、 コンサートホールで待ち合わせする。 暇な私は、とてもありがたい。 明日はときどき会う女性がカレンダーを下さると、いうので、コーヒーを飲もうと約束している。 予定があると元気が出るのが不思議なんだけど、結...

四国のお遍路さんや西国の巡礼さんが頭に載せる笠に 「同行二人(どうぎょうににん)」 ・・・

 人や言葉との大切なものとの邂逅には神仏の不思議な力を 感じる。                    おばあちゃんのひとりごと 邂逅とはめぐりあい。この言葉はとても好きです。 人生多くの邂逅があり、その中で多くを学びます。 人も箴言もいろいろ・・・。 さあて、数値を減らさないとね。 今日から歩こうと頑張りました。 すっかり疲れて高架下にある椅子でひと休みしていたら、若い方たちがとても楽しそうで、...

学ぶはマネぶ、つまり模倣することからはじまるという。

 われわれは、天地の恩、人間の恩、道の恩、教えの恩など、 あらゆる恩のなかにあります。 これに絶えず、報いていくの が生活であります。                          安岡正篤 今日は三カ月に一度の受診日。 朝から大病院へ、。 ああ結果は数値よくなくてね。 薬が増えちゃいました。 結果また一ヵ月後に受診予約でした。 最近、散歩を随分サボっていたかなあ?  あんまり家から出ずにいた...

「おばあちゃんのひとりごと」 の 「詩」 ですが。

 亡舅姑からの仕うちもいまは理解でき老いるとは良し、 すべては夢なり。 何でもが、過ぎてしまえば亡舅姑 のことも、今は感謝になってる。 ありがたい。                  おばあちゃんのひとりごと 今日は、日頃とはちょっと替えて 「おばあちゃんのひとりごと」 にしました。 若いころに書いた 「詩」 の一部です。 つまらない?  ★自分のことだから★ つらくても泣きません うわさを聞いても...

「楽しいなぁ」 「気分がいい」 「やる気がでるなぁ」 言葉には大きな力がある。

 過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。                           中井正嗣 さあ今日もいい日にしようかなぁ。 いろんなこといっぱいあるけれど、昔、亡き母にいわれたことがあるのです。 私が 「どうしてこんなに次々と、苦労ばっかりあるのかなぁ」 と言ったらね。母は一言、「こんなおかあちゃんみたいに年をとっても、家には無くても、こうしてあなたが苦労を持ってきてくれる...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽