おばあちゃんのひとりごと

Archive [2016年01月 ] 記事一覧

ヤノマミ族の若者の手によって奇蹟的に救出された。アメリカ人女性。

  愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほ  かのものを決して顧みないことです。                            トルストイ ほんと、これが愛なんでしょうね。 ほかのものを顧みないのではなく、見る気もない。 愛するものだけを見つめるばかりなんでしょうか。 そんな愛に会いたかったもんです。 あっは あっは。 もう、明日から二月です。 やはり二月は立春。 春が来...

「ビュリダンのロバ」 の教訓。

 人間同士のつき合いは、たとえ、どんな遠慮のない仲であって も、常に一種の演技がある。                          河盛好蔵 そういうもんなんでしょうね。 誰でも相手に対していい自分を見せたいもんですものね。 そうして、嫌な部分こそ隠したいものですからね。 でもそうしたことが、いままでにはあり、さて今はどうなのでしょう。 ね。  さあて、若い頃はいろんなことを真剣に悩み苦しん...

「これが自分の天職」「これは自分の責務」 という自覚のもとに行動。

 「言葉つ”かい」 という言葉があります。 「近所つ”きあい」 と いう言葉があります。 しかし、 どの辞書にも、「言葉つ”きあい」 という言葉はありません。 私は人生はこの 「言葉つ”きあい」  の積み重ねと思っているのです。                              吉田精一 ひとり居では、これができないし、ほんとうに下手になっていることを、たびたび、道で出会った人とのほんのちょっ...

「未だ生を知らず。 焉 (いずく) んぞ死を知らん」 

 わが身に降りかかってくる一切の出来事は、自分にとっては 絶対必然であると共に、また実に絶対最善である。                           森 信三 今日は、「骨董屋さん教えて……」 といわれ、教えたのだが、数軒あるので教え、「運がいいといいね。 高く売れるとね…」 とつい言う。 何を売るのかは聞きもしないのだが、うまく売れるといいなあぁと思う。老婆はお節介でいかんな。 といいきか...

「わたしには、これぞ、真の恋愛といえるようなものは見当たらないのだ」 中野孝次著より

 どんな一事、一物からでも、それを究尽すれば、必ず真理に 近ずいていき、ついには宇宙、天、神にぶつかるものだ。                       安岡正篤 そうですよね。 立派に研究なされたり、また、学者さんらも、最終的にはなにか不思議ななにかが宇宙にはあるといわれてますよね。     ☆太陽がある☆    お空に太陽があると    なんて暖かいのでしょう    嬉しくなります    家庭...

真っ白い雪に思う。

 一番忙しい人間が、一番たくさんの時間を持つ。                 アレクサンドル・ビレ―  そうですよね。 時間をうまく使いますと、なんか時間が沢山ある気がします。 今日は、友人から今年初めて、「お茶しない……」 と電話が入り、慌てて、30分懸けて歩いて出掛けました。 いろいろと一時間以上話して、帰ってきたところです。 太陽が出ていると、なんて暖かいのでしょう。 太陽の有り難さをしみじ...

明治時代の代表的大富豪・岩崎弥太郎氏とその母

 父親が死んでも残念がらない根拠を生涯かけて子どもたちに 与えている妙な父親がいるものである。             フランスのモラリスト/ラ・ブリュイエール さざんかが満開です。 亡き母は、さざんかが嫌いでした。 たぶん花びらの落ちたあと、汚いからかしら……。 理由を聞くのを、忘れましたが。 満開に咲いたさざんかを見て散歩しながら、母を思い出すのです。 早くに嫁いだので、母といた時は少なく嫂に聞...

 六歳の園児の読んだ 「お別れの言葉」

 人間は人間の中でしか成長できない。              ポール・ツルニエ 人と人との幸不幸は、やはり人と人とのめぐり合いから始まる、と感じます。 どんなときにも、人や箴言や言葉との出会いから、何かが、心に芽生えると思うのです。 そして、その出会いにより、深く考えられ、どんなふうにも生きられると気ずかされるといいな。  自分が自分の人生を歩いて行くんだ。 と自覚することが大事かなぁ 老いて、...

身から出たサビ・・・相田みつをさま

 今が楽しい。 今がありがたい。 今が喜びである。 それが 習慣となり、天性となるような生き方こそ最高です。                       平澤 興 偶然に若いママのご主人に、夕方エレベーターで出会った。  「如何ですか……」 と尋ねると、「寝ています……」 とのこと。子どもが病気なのは心配なもんです。 「お大事に……」 って・・。寒いのですものね。 こんな日は、むかしはもっと寒かったなぁ...

血眼でなく、ゆったり着実に努力をするのが精進。

 丁寧な言葉を聞きたいと思ったら、丁寧な言葉使え。                      カイーカーウース 今朝若いママさんからのメール、昨日医院で会った男の子の熱が出てね、と心配そうなメール。 大丈夫よ。なんでもを明るく考えて、「日曜日までには、治るわよ」 子どもを育ててた頃に、熱はだいたい3日くらいでますものね。 子育ての頃は、いろいろとあるもんで、心配な気持ちがつたわってくるもんです。 ...

一切合財無条件で感謝してしまうことである。 

 おまえはもう一度自分の人生を考え直さなければいけない。  自分にとって本当に大切なものは何か。 自分は今、何をな すべきか、そして何ができるのか。                       中村天風    本当だわ。 今一度自分の人生を考えないとね。 何度となくそう思いつつ、あっという間に過ぎてしまうわ。 さあ、いまエレベーターで一緒になった小学生に 「雪楽しかった…?」 嬉しそうに、「うん……...

態度は低いのがいい。心は深いほうがいい。人との交わりは仁あるを善しとす。

  人に対してでなく、なによりも自分自身を欺かない。 至誠を尽くす。 これを天に仕えるという。                              「言志耊録」 最近のいろいろなるニュースを見ていて、経営者の姿勢に思うのです。 商品を、信じてるのです。 消費者はごまかすことはできるかもとしても……。  自分自身を欺かない。至誠を尽くす。難しいことではない間違ったことはしない、させない、やらせな...

「病は忘れることによって治る」 と信じていた。

 どんな仕事でも、それに徹すれば、その仕事を中心に、無限 といっていいほど広がっていくものだ。                          松下幸之助  そのとおりですよね。 自分が徹すると、つい色んな人に話す。そうしていると、同じような考えの人とつながり広まり無限となる。 なんでも熱意ですね。 さあ……。 あっという間に、一月も早や半ば過ぎました。 大寒波とのこと。暖かい冬と思っていたので、...

誠心誠意尽くす時、人間業とは思えない、さながら神の仕業のようなことが出現する。

  どーんなに人間、偉くなったからとて 自分ひとりで生きられるもんじゃないんですよ。               中村天風 先日東京に住む友人より、電話が入りましてね。 話していて、話しがフィギュアスケートに、いつのまにかなっていてね。 その友は 「羽生さんは、なんて素晴らしいのでしょう・・・・」 と次から次へと話しだしてね。 後から私も、なんだか嬉しくなりました。 素晴らしい演技の後のインタビュ...

過去で咲いている今、未来の蕾で一杯な今・・・渡部昇一氏

 二階にのぼりたいなあではまだまだだめである。 なんとしても二階にのぼりたい。 そんな熱意がはしごを生みだす。                 松下幸之助 そうですよね。 どんなことにも熱意があれば、もう一歩深く考えられるもんです。 その先の、熱意ある工夫がいいのでしょう。  昨夜、80歳の友人から電話が入りましてね。 うれしくなりました。暮れから、ずーと寝込んでいたとのこと。 「今日、起きれたか...

・・・一行も書けなくなった宇野千代さんに、天風の”魔法”が乗り移る。

 人は自己のために活きると同時に、 亦 常に人の世のために活きることを忘るべからず                    中村天風 昨日は、病院に行ったときに、会計を払うところで待っていたのですが、うしろの椅子に座っておられたご夫婦の会話が聞こえましてね。 なんかほのぼのとして、後ろを振り向いてお顔が見たいなぁと思いましたが、ちょうど、会計の番号がでたので、まっすぐに前を見て振り向きませんでした。...

あなたのなかの ”苦手なあの人” も違った姿に映りますよ。

 今出来ない事は、十年立っても出来まい。 思いついた事は、 すぐやろうじゃないか。                       市川左團次 今日は病院の予約診療に出掛けました。 朝早く、出てね。  待合室に3時間ちかくいるのですものね。 人物鑑賞の時間です。 威張ったおばあさんが老いた息子を怒鳴りつけていたりやさしい仲のいいご夫婦やら嫁らしき人に、大声で話すおばあさんやら、こんな若い人が病気なのか...

つまずいたおかげで………相田みつをさま

  人間の心は、相手の立場に立つことで成長する。               渋谷昶子(映画監督) 昨日は、朝でたら寒くってね。 もう家に、閉じこもりました。 暮れに姉夫婦がくれた野菜を煮て、「おいしいなぁ」 と、ひとりごとをいいつつ。 無料の「ギャオ」 を見たりして、ゴロリゴロリしていた。 そうしていたら、友人からのメールがきてね。 「中国から帰国してる友人が、「ランチしない」 といってる」 と...

……こういう人は絶対に成功しないという条件はある……

 悪いことはするな! いいことをしろ!                道林和尚 これは、有名な言葉ですが。 分かり切っているようで、なかなかに難しいもんです。 これを、仏教では、悪いことをするな、ではなしに、悪いことをする必要のない生き方をしろと教えているんだろうと…… ひろさちやさんはいっておられます。  さて、毎日が過ぎてゆきます。 早いですね。 今日は13日です。 昨夜は友人が3人来てくれて、...

「不機嫌ほど大きな罪はない」 ゲーテの言葉。

 きょうもうれしいです。 楽しいです。 ありがたいです。 という言葉をいった時には、 非常な何とも言えない快さを感じる。                  中村天風 昨日は、忙しくも、嬉しい一日でした。 孫も成人式に出席し、小学校の会にもいけたようです。 私は息子夫婦との食事会やらコンサートにもでかけて、でかけられ幸せな一日でした。 孫はちゃんと、手紙をくれてね。 ありがたいことです。 感謝の一日...

絶望の底に沈んでも、また這い上がってくる。火のように生きている。 その②

 正しい愛情とは お互ひが活きて此世に存在して居るという厳粛なる事実を 衷心から尊敬し合うことから湧いて来る。                             中村天風 この言葉大好きよ。 つい忘れがちなんだけど生きていて、尊敬し合える人になりたいし、出会いたいね。 ああ忙しかったわあ。 朝に孫か着つけし、いま式場まで孫はいき私は家にきました。 若者が7~8人がいろいろないろの袴姿……。会場...

惨めで辛い少年時代。彼はわが子にはこんなおもいはさせまい。 その①

  自分のことは自分ですべて解決するんだ。                        中村天風 明日は成人式、孫が成人いたします。 明日は朝から大忙し。 さぁ~楽しみです。 着物の準備もちゃんとしました。 わが娘の着た振袖を着てくれます。 いいもんです。 もう 支度もすみ、ホッとし、二人でゆっくりと、「杉原千畝」 さんの映画を、見に行ってきました。 なんか、とってもよかった。 知らずしらずに涙...

「ああ、私はこの人の冥福を祈るために、お坊さんになったんだな」

人は出会いによって決まる          マルティン・ブ―バー 昨夜のNHKの 「ニューイヤーコンサート」 素敵でしたね。 ウっとリ聴き惚れました。わぁ。  私は甘いものが好きではないのですが、なんか体調の具合か、ふと食べたくなって、チョコの上に赤や黄色や緑やら色とりどりのぶつぶつしたものがのったドーナッを食べたからと思うのですが、唇やほほがはれましてね。 耳鼻咽喉科にいってきました。 アレルギ...

ああ 生きることとは 愛のまことを 貫くことだ。 坂村真民

 いいえ、わたしは憎みあうためでなく、愛し合うために生まれて 来たもの。                             ソポクレス ほんといいですよね。 そうして生きたいもんです。 久しぶりに友から 「夜の食事会しようよ…」電話が入りまいした。「オッケー……」 今月末にすることになり、嬉しいなぁ、楽しみです。7~8人 集まると思う。 まだ、先ですが、楽しみができました。 しかし、しかし、も...

わたしはすべての父親が娘に、あるいは息子に与えるべき言葉が、これだと思う。

 それはどんな事があってもめげずに、忍耐強く、執念深く、みだり に悲観もせず、楽観もせず、生き通していく精神ーー  それが散文精神だと思ひます。                          広津和郎 なんかいいですよね。 さあ今日は七日です。 七草粥いただきましたか。 ほんとうに、暦っていつも、素晴らしいと感じます、 私は、昨日は小学校の友人の家に行ってきました。凄い旧家で大きな旧い立派な家...

老師から学んだ禅の極意です。この術、自分自身、自己の自覚の第一歩なのです。

 心次第で、幸せにもなれば、不幸にもなります。                         塩沼亮潤 昨夜だけどね。 子らや孫らが帰り、昆布巻きやら小豆やらが、残り、はてさてどうしよう? そう考えて、そうだ! ご近所さんに食べていただけたらなぁ……と、声をかけたら、喜んで下さった。 鍋ごと届けたら、鍋がピカピカになりもどってきた。 土産付きで、おせんべいやら、いろいろともらちゃったわ。  日本昔...

太陽と月を象徴し、福徳円満なことがたび重なるようにという意味している……鏡餅とは。

 魂の致命的な敵は、毎日の消耗である。                  ロマン・ロラン 魂ね。 毎日ね。 あ~。 う~ん。 「お正月がくる」 楽しみに待っていた日が……。終わっちゃいましたね。 そうして また いい年が始まりました。 待つのもいいし、そして、また、新しい次を待つのもいいもんです。なんだって、いつも自分の心の持ち方ね。 うっふふ。  皆さんもいいお正月だったことでしょうね。  私も幸...

今年もどうぞよろしくお願いいたします

 明けましておめでとうございます。 ありがとうございます。 訪問くださいまして感謝です。 どうぞ今年もよろしくお願いいたしますね。 初春や子らや孫らに会いうれし               おばあちゃんのひとりごと 寂しさは見せずに笑顔帰りゆく子らや孫らの幸祈り おり            おばあちゃんのひとりごと  ☆気がつくことがなによりよね☆ お正月だあ なんて楽しいことだろう みんなに会えて...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽