おばあちゃんのひとりごと

Archive [2016年03月 ] 記事一覧

このひとことでけんかして、このひとことで仲直り。

 このひとことでけんかして、このひとことで仲直り。                 西村恵信 人生――邂逅し、開眼し、瞑目す。                 亀井勝一郎 邂逅――思いがけない出会い。 開眼――思わぬことに気ずかされる。 瞑目――眼を閉じる。     {眼を開いているだけでは見えないものがある} そうですよね。 つい口にして気分をこわしたり、相手を怒らせたりしてね。 気をつけていて、そうな...

◇老人六歌仙◇仙厓さま、そして、良寛さま

 ことばの多き 口のはやさ 問わずがたり さしで口 手がら話 人の物言いきらぬうちに物言う へらず口 ことごとしく物言う ことわりのすぎたる 人の話じゃまする 親切らしく物言う 物 知り顔に言う 学者くさき話 都ことばなど覚えしたり顔に言う その他。                    良寛 いろいろと、思い当たり、少しずつ直さないとね。 うっふふ。 さて昨日は、バスで出掛けました。 バス停で出...

「平和はほほえみから始まります」 マザー・テレサさま

 大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかで はなく、どれだけ心をこめたかです。                 マザー・テレサ 昨日は近くの神社のお祭りでして、屋台が沢山出ました。 その神社にはお地蔵さまが、大きさはいろいろで、九体おられまつられています。 よどかけが新しくなっていて、春を感じさせてくれます。 きっと、どなたかがいつも季節ごとに、よどかけ手作りなさるようです。 お地...

「笑顔に開く天の花」・・・・・明るいほほ笑みに寄って・・・・・。

 人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。 でないと人間 はすぐに思いあがる。                       ツルゲーネフ  困難や災禍ほど人を鍛えてくれる。 富貴、福運は、はじめ 味方のようだが、いつか最大の敵となる。                       スマイルズ  昨日は散歩に出たら、ご近所さんが可愛いスコップやら、ジョロを持ち、ご主人となんかしておられる。 「なにして...

「父を見る眼のまさしくわが子や」 北原白秋・・・・。

 一日生きることは、一歩進むことでありたい。                  湯川秀樹 昨日は、バスで出掛けたのですが、なんにも目的もないので、あきらめてなんにもせずに、また、帰った。 何をしたかしら?と、思ってもなにもせず、だわ。 まあいいか。 こういう一日も。 毎日のことでした。 うっふふ。ありがたい。 私 いつも、若い頃思っていた。 一歩進んだかもだけれど、5~6歩戻ってばかりだなぁと感じ...

「日本一予約の取れないレストラン」 と言われるようになりました。

 人間にとって、苦悩に負けることは恥ではない。 快楽に負けることこそ恥である。                    パスカル 短い人生の中で、最も楽しいことは、自分の心の波長と合う 人との出会いです。                    稲森和夫  昨日は寒くてびっくりしましたね。 花冷えどころではなくて冷え込みました。 整形外科に行き電気治療やら診察。 その後、いつもの散歩するところで、ご近...

これを抑止しないと欲情や本能がその人を支配してしまうようになる。

 古来、いかに大勢の親はこういう言葉を繰り返したであろう。 「私は結局失敗した。 しかし、この子だけは成功させなければ  ならぬ」                       芥川龍之介 自分自身に欠けているものが、息子に実現されるのを見ようと するのは、父親の敬虔な願いである。                       ゲーテ  {敬虔…うやまいつつしむ。神仏に誠意をもって帰依する。} 昨日か...

「そうだわ、マザー・テレサに会いにいこう」 ダイアナ妃は目を輝かせた。

 世の中の人は誰でも幸せになりたいと思っている。 それを手に 入れる方法が一つある。それは自分の気持ちの持ち方を変える ことだ。                     カーネギー そうでしょう。 気持ちを変えれば幸せなもんです。 うっふふ。老いてきますとね。 そういうことってわかるんです。 その通りなんですものね。 考え方ひとつ。 思い方ひとつ。  人をみていますと、余計にわかるのですが、幸せな...

誰かを愛し、誰かから愛されることによって生きていけます {マザー・テレサの言葉}

 飢えと愛とが、この世の二つの軸である。 人間はすべて、 愛と飢えを軸にしてまわっている。        アナトール・フランス {フランスの作家} 昨日は、嬉しい日でした。 午前中は、若いママさんとコーヒータイムで2時間ほど話しました。 卒業式の写真を見せてもらい、女児が袴姿ね。 3人だけが、お洋服だったようです。 みんな、一生の思い出になるでしょうね。 あの日は晴れて校門で写した写真やら先生もみ...

美しい人には草も花。 いじけた人には花も草。

 日本は将来伝統の桜を英国や米国で探すことになるだろう。 商業主義の波が数々の、美しい桜をめでる心を日本人から 奪ってしまったようだ。 珍しい品種への関心が薄れていく  ことに憂慮がしるされていた。・・・・記事の一部。  中日新聞朝刊・28・3・21 {英国で桜をひろめた}                  コクングッド・イングラム 桜の開花宣言でましたね。 ソメイヨシノが多い日本の桜。 英国のか...

「だって誰にも迷惑かけてないじゃない」・・・ たった一瞬で憧れが吹き飛ぶ所作。

 わたしは見ました、知りました、信じました、目がさめました。               コルネイユ {フランスの古典劇詩人} 過失あらば赤面すべし、飾るべからず。               フランスの諺 昨日は早朝より出掛け、バタバタしました。 電車の中で若い女性二人がスマホを見たり、電車内の案内図を見て心配そうにしておられ、不安そうなので、遠くから見ていてね。 いらんことにわざわざ傍に行き、...

宮本武蔵がスキだらけの構えで臨んだ、剣法の極意でもある。

 思い高ぶらない人間は、本人が信じているよりもはるかに、 たいした人物である。              ゲーテ{ドイツの詩人・作家}  人間をつくるのが理性であるとすれば、人間を導くのは感情 である。              ルソー {フランスの思想家・文学者} 今日は春分の日。お彼岸中日。 晴れていて嬉しい。 昨日は急に暖かくなりました。 雨が早くやみまして有り難く、今日の菩提寺へのお供えを...

よく笑う人は病気になりにくい!?

 健康な人は自分の健康には気ずかない。 病人だけが健康 を知っている。                        カーライル 何を笑うかによって、その人柄がわかる。                        マルセル・パニョル 昨日は暖かい日でした。 さすがの私も、少々暖かさを感じられました。 今日は早や三月も十九日、明日はお彼岸中日です。明日は菩提寺にお参りに出掛けます。 忙しい一日にな...

「いじめを受けるのは貧乏くじを引いただけ」 ひろさちや 著より

 私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることが できる。 また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜び を覚えることもできる。                           ドストエフスキー   善因には善果あり、悪因には悪果あり、一切の行学、それ 相応の報いがあることを 「因果応報」 という。 つまり、 汝に出ずるものは、汝に反るものである。                 ...

「明日ありと思う心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」 親鸞聖人

 人間の運命は人間の手中にある。                サルトル {フランスの作家・哲学者} 悟りとは 自分の花を咲かせることだ/どんな小さな花でもいい 誰のものでもない/独自の花を咲かせることだ                 仏さまのお言葉 女あり/二人ゆく/若き うるわし/老いたるは/なほ うるわし                  ホイットマン {アメリカの詩人} 昨日は、まだまだ寒くて...

後継者を得ることと後継者に仕事を引きつがしむる時期を選ぶこと。

 仕事のうちで一番大切なことは、後継者を得ることと後継者 に仕事をひきつがしむる時期を選ぶことである。 これがあら ゆる仕事中の大仕事である。 後継者が若いといって、譲ることを躊躇するのは、おのれが 死ぬということを知らぬものだ。                         伊庭貞剛 これは、家族のなかでも、どこにもあることですよね。 いつも、思っていたものです。 姑だからなんて、思っていても...

著名な方々の不倫の噂を耳にすることがありますが・・・・。

 人と人との出会いがあるように、人と言葉との間にも不思議な 邂逅(かいこう)がある。                         亀井勝一郎 街を、ひとりつまらないなぁと思いながら散歩していたらね。 「おねえさん。 おねえさん」 と、誰か呼ぶ声、 びっくりして、 おねえさんって、私のことかなぁ・・・・? ふと。振りむいたら、ときどき喫茶店であう、男性でした。 「こんにちわ」 「どこいくの」  ...

「ピラミッドパワーの深い謎」

 大切なことは、私たちがこの世に何年生きるかではなく、この 世にどれだけ価値のあることをするかにある。                             ヘンリー 今が楽しい。 今がありがたい。 今が喜びである。 それが 習慣となり、天性となるような生き方こそ最高です。                            平澤興 そうですよね。 これがいちばん大事ですよね。 だって、こうい...

家の中では「オイ、タバコ。 オイ、マッチ。 オイ、新聞」・・・ 行きつく先は ”恍惚の人”

 こういうふうにすることもできたろうにと、思い悩み考えこむこと は、人間のなしうる最悪のことにほかならない。              リヒテンベルク 「ドイツの物理学者} その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を もつ。              ヴォルテ―ル 「フランスの思想家} しかし、思い悩むことばかり多いもんです。私、最悪。 忘れないと、さまざまなことをね。 うっふふ。  ...

「恋し、失いし恋なりとも、恋せざるにはまさりたり」  

 若い女は美しい。 しかし老いた女はもっと美しい。             ホイットマン {アメリカの詩人} 恋とうわさ話はいちばんお茶をおいしくさせる。             フィールディング {イギリスの作家」 恋の最初のため息こそ、知恵の終わり。             アントワーヌ・プレ {フランスの詩人} そうですよね。初恋から始まり、恋心はいいもんです。 でもうまくいかないときは多い...

ビジネスマンにとって最も重要な責務は何かと問われ 「皆に愛されることですな」

 自分の息子から手をふりあげられるような父親にはすべて罪があ るのだ。 自分に向かって手をふりあげるような息子をつくったと いう点において。                 ペギー {フランスの作家} 昨日 「徹子の部屋」 を見ていましたら、俳優の綿引勝彦さんでした。 その時にお父様のことを話しておられ、ジーンとしました。息子が言うといいもんですね。 「こんな父親になりたい・・・・」 「いやぁ大好...

みすゞの詩には神や仏の言葉がちりばめられている。

 神の有無は、二十年考えてもニ千年考えても、信ずることは できるが説明することはできない。                  カーライル {イギリスの作家} この間の診察から、睡眠薬をかえていただいたら、夢を毎夜みてね。 なんかドラマになっていて、小説がかけそうなほど。 亡夫は溌剌と働いていて・・・・わたしもね。 夢だぁ。 昨日は雨でした。 傘を持たずに郵便局に手紙を出しにゆこうと雨の中、杖を持つ...

肝腎なのは、顔は自分自身の努力によって変えていけるものだということです。

 この世は一冊の美しい書物である。 しかし、それを読めない 人間にとっては、何の役にもたたない。               ゴルドニー {イタリヤの作家} 四十歳になったら自分の顔に責任を持て。               リンカーン 人間関係はこちらの出方次第。 あたかも鏡の前に立つような もの。 こちらが笑えば向こうも笑う。 こちらがしかめ面をすれ ば相手も渋面になる。           ...

この時期に、親が一つでもつまらんことを口にしたら、将来その子は大物になれません。

 子どもにはすべてのもっとも大きな可能性がある。                  トルストイ {ロシアの作家} 人の両親ほど最も自然にして最も好適な教育者はいない。                 ヘルバルト {ドイツの教育学者}  昨日は、暖かくてありがたかったです。 ご近所さんがフルーツ店を開店されたので、友達を誘いいってきました。 生花が店先にいっぱい並び、おばあちゃんは嬉しそうで椅子にか...

■脳を十歳若返らせる方法■ 藤木相元さま

 毎日の中で、一番むだに過ごされた日は、笑わなかった 日である。            シャンフォール{フランスのモラリスト}  苦痛はすべての思想より深い。 笑いはすべての苦痛より 尊い。            エルバート・ハバ―ド{アメリカの実業家} 笑うとは尊いね。 いいですね。 家庭でも、みんなが笑顔ならばいいもんです。 きっと、人生が良くなると思うわ。 うっふふ。  毎朝、いろんなブログ...

天真爛漫な微笑みには 誰もが目を細め、ほうっておけないようにする天の配慮です。

 生きるというのは考えるということである。               キケロ {ローマの哲学者} 苦労人というのはややこしい苦境を優雅に切り抜ける人の ことである。               モーム {イギリスの作家} そうですよね。 誰もみんな苦労のない人は、ないでしょうが、その苦境を優雅に切りぬけるね。・・・・・・苦労人という。  さあて、私の兄妹は、姉や兄とは年がひとまわりほど年上でね亡...

「よう きれいに咲いたな、来年もきれいに咲けよ」

 世のひとはみな、自分の記憶力を嘆く。  だが、だれも自分の 批判力は嘆かない。               ラ・ロシュフコー {フランスのモラリスト} これはギクリです。 わたしもその通りでして気をつけねば……。 人のことを心の中で、つい知らず知らずに{心の中}ですが、批判している自分があり、そんなら自分はどうか? なんて思わずにね。情けないですね。 これを読み思うのです。 アッハ。アツハ。 昨日...

「平和」 はまず 「家庭」 のなかから実現させていくのだよ。

 愛情は家庭に宿る。                プリニゥス {ローマの博物学者} 王さまであろうと、百姓であろうと、自己の家庭で平和を見いだす 者がもっとも幸福な人間である。                 ゲーテ{ドイツの詩人・作家}  ほんとそうですよね。 家庭の平和ならば幸福なことです。  さあて、ひとりの私でも、家族がそれぞれの家庭を大事にして楽しい家庭を築いていてくれることが、私の幸...

「浮気の五原則」 は、あまりにも有名である。

 いまだかつて、根拠のないスキャンダルは一度もなかった。              リチャード・シュリダン{イギリスの劇作家} 嘘には足がない。 だがスキャンダルは翼をもっている。               トーマス・フラー {イギリスの警句家} ニュースをいろいろ見ていると、いろんなさまざまなる現実を知りiいろいろなことがあることを知ります。 そして、どういうことを大事にしないといけないかを、...

「嫌悪の情に駆られる人の息の滓なら数分で・・・・」

 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思へ。                   徳川家康 憤怒より自分を抑えるには、他人の怒れる時に、静かにそれを 観察することである。                   セネカ {ローマの詩人・哲学者} 怒り……を、眺めて観察すること……なかなかですね。 私はいつも笑顔でいます。 亡き母の教えです ”愛嬌よし…” 昨日は、コーヒー店に行ったらときどき出会う方が帰られる時で...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽