おばあちゃんのひとりごと

Archive [2016年07月 ] 記事一覧

「これをやったら死んで地獄へ行きますよ」という方便を使って人々を教育しました。

 貧乏の神を入れじと戸をさして   よくよく見ればわが身なりけり                新撰狂歌集 うっふふ。面白いですよね。プッと笑えて、自分の姿のようです。 朝から暑い。蝉の鳴き声が一層暑さを感じます。老いとは可笑しくてそれほど、汗も出なくて、扇風機の風でいいくらいなんですが熱中症は怖いと思いつつすごしています。きのうご近所さんが、熱中症になるといかんでその検査の方法というか、教えて下...

あのとき、僕をクビにした校長先生のおかげで今日の漫画家・富永一朗があるのです。

 富永さんの、座右の銘は「人生みな恩人」              漫画家 富永一朗 昨日のこと、ご近所のコンビニの新装開店に行こうと誘われ、若きママと女児とでかけ、まず喫茶店に行く。いつもの若者が、いつもと違う時間に行ったわたしに、あれっ?として、にこにこの笑顔で、「あっ!おかあさん、いっらっしゃい」 というのを聞いて、その女児が、「お母さん・・・?」というので、小さい声で、「そうよね。おばあち...

漱石の場合も、蘆花の場合も、悪妻のレッテルを貼られたご夫人に私は同情しますね。

 「輝子さまは「茂吉は、神様のような人でした」ってくり返し おっしゃっていて、私はそれが、ものすごく印象に残ってい るんです」                黒柳徹子さんの言葉 いろんな夫婦の関係があるもので、いいもんですね。 斎藤茂吉さまと輝子さま。お孫さんの書かれた本から……ですが……。 昨日はゴロゴロしていましてね。でも整形外科に行かなくては、薬が無くなるのでと出掛け、リハビリをしてもらい、その...

「レクイエムになるような、静かなバラードはいっぱいあるよ、人間って奴はね。いくつもの顔をもっているものなんだよ」

 忘却は黒いページで、この上に記憶は輝く文字を記し、そして 読みやすくする、もし悉く光明であったら、何も読めやしない。                カーライル  どうにもならぬことは忘れることが幸福だ。というのはドイツの諺だそうですが、そうですよね。老いるごとに、むかしむかしは忘れます。思い出すのは笑えるけれどもおさなの頃の想いで……ほのぼの……しますが。 いろんな苦もすべては自分のためで、”善き哉”...

ひとつ、いい加減に、馬々虎々に、フェアにやろうではありませんか……。それが幸福になる秘訣だと……。

  争はぬ風の柳の糸にこそ     堪忍袋縫ふべかりけれ         鹿都部真顔(しかつべのまがお) 今日はカルシュームの薬をのむ朝、今も、ちゃんとしなくちゃぁと緊張します。もう3年めになるかしら?がんばらなくちゃぁね。気をつけてがんばろう。外は曇っているせいか、薄暗く感じます。もうだんだん日も短くなっていくからかなぁ?なんとなくひとり寂しくそらを見上げ、昨日のあまりにも悲しすぎる事件に涙がで...

”あっ、これだな、これだな!”と気ずくのです。

 夜は必ず明け光は必ず射してくる 念ずれば必ず花は咲き道は必ず開いてくる この必然の祈りに生きよう           坂村真民 今日は朝からニュースが怖い。ふるえます。怖い。さあて、昨日は、美容院に行ってきました。この間、可笑しいのです。 友人が何気ないように、言うのですが、気がつかなくて、 「富士山だね……」 「エッ何が……」 と言い、ハッとし、自分ながら大笑いしてしまったわ。 友人の”マト”を得た...

ちょっとしたすれ違いで子供は生まれる。まちがいもある。人間の関係は不思議だ。

  一生燃焼  一生感動  一生不悟        相田みつを 毎日を過ごす中に、いちばん大切なことでしょうね。そうやってなんでもに精いっぱいとりくみ燃焼、感動したしかに悟れはしないけれども、老いていくごとに、なんとなくいろんなことに目覚めさせていただけているような気持がします。こんなおかしな私でもね。”年の功”とは不思議なもんで、ときどきありがたいと思っちゃいます。老いたことを……。ね。感謝しちゃい...

阪本勝さん(故人)が、兵庫県知事を辞するときの台詞は、未だに語り草となっている。

 「退」に人間の出来、不出来がはっきり出るのは、二つの 作業をやらねばならぬからだ。第一に「よき後継者を選ぶ」 第二に「仕事に対する執着を断ち切る」作業である。         「帝王学ノート」 伊藤肇 著より これは、家族間でも、また、会でも、もちろん会社でも、なんにでもにいえ大事なことになりますよね。そう思うのです。  さあ昨日のこと、歩かなくちやぁとね。ずいぶん、遠くまで歩き、帰りはバスでね...

どんなことがあっても、憂いとか辛いとかいうことがなくなるんだ。中村天風師

  人と人との出会いがあるように、人と言葉との 不思議な邂逅がある。             亀井勝一朗 笑える朝です。「佐和子の朝」見たいと先週から楽しみにしてて、ボーとして、ゴロゴロしてて、ハッとして今日、土曜日だ。でも、半分見れたから満足しました。わたしもああやって絵を描くのも大好きなんです。でも、なんにもいまいちの人生。それは、と、思いながらいいなあ、水森亜土さん。楽しい時間でした。 ...

お湯が番茶に当たるとたん、番茶が何とも言えない喜びの声を挙げる。・・・・」

 わたしたちは、今日をしっかりと生きるよりほか ありません。              ひろさちや 今日は、友人が一泊旅行に連れて行ってくれました。 高速道路を走り、海やら山やら眺め、久しぶりの遠出。 私と同じ年の友の運転で、89歳の彼女と私とその友と3人のドライブ旅行。夜は、イタリヤ料理とワイン……。そして、部屋では、お二人は深夜まで話しておられ、日頃の早寝早起きの私は、ついつい早くいい気もちで寝...

マザー・テレサの手に抱かれて息を引き取るとき「私は生まれてきてよかった」というひとことを残していくという。

 老人は、得てして自分たちの過去の過ちを棚に 上げて、すぐむきになって若い人たちを非難す る悪いくせがございます。            加藤道夫 でも、私はそうはしないと思いつつ……。 案外にしているのでしょうね。毎日を過ごしつつ、知らぬ間になんでもが未熟なんですもの。 昨日は、暑かったですねぇ。開けっぱなっしにしているのですが、ふうふうの暑さでこりゃぁたまらんと、外に出てね。 クーラーの効いたお...

善因善果、悪因悪果、みんな自分から出て、自分にかえってくる。

 どんな場合があっても、不平不満を口にしないこと。               中村天風 私はこうありたいと思うのですが、不平不満や愚痴は、自分の心の持ち方だと思うからですが……、でも、まだまだ、そういいつつ……心のお掃除をしています。 あっ!今夜は満月が美しいそうです。おとといも綺麗でした。嬉しくなりいます。小さいころのように手を合わせて祈ってしまいます。 今日は終業式とのこと。昨日若いママさんが「...

私は作家の中で城山三郎さんほど誠実な人を知らない」小島直記作家

 人間は終わりになるを憂えてはならない。未だかって 始めらしい始めをもたなかったことを考えよ。            ニューマン枢機卿 昨日梅雨明けとなりましたね。今からの暑さがこわいようです。今日も暑くなりそうです。夏らしい朝です、暑くなりそうです。そして、横綱が負けてしまいました。やはり横綱が負けるとね。いつも強いがいいなぁと応援しているのです。昨日ですが、ちょうど、久しぶりに、ご近所のかたに...

「世界で求められる建築家になって、今では東大の教授というべきかな」

 わずか一年くらいで「どうも、あの会社は、自分に合わ ない」と言いだす人が多い、しかし、そんな短い時間で はわかりませんよ。石の上にも三年といいますが、これ から学校を卒業して社会に出ていく人たちは、十年ぐら いは地道に社会を見て……が、続くのですが省略します。                 安藤忠雄 そうですね、石の上にも3年ね……。今はどうでしょう。 私の両親の教えもそうで、知らぬ間に身について...

「赤毛のアン」のように・・・・・・。

 多くの人は、運命に過度の要求をすることによって 自らの不満の種をつくっている。             フンボルト 誰も不満をかかえているようですよね。友の話を聞いてても思うからね。私は暢気なんです。 昨日は、土曜日。なにをしようかと考えても、ね。ない。外に出たら、ガードマンさんがおられたので、その時に。 ご夫婦がさぁーと自転車で道を横切って行かれるうしろ姿が見えたので、ちょうどいかれるのだなぁ...

この世界というものは、たんなるものの集まりでできているとは、どうしても思われない。

 この生涯において、何度も読み返えし得る一冊の 本をもつ人はしあわせである。さらに数冊をもち 得る人は至福の人である。     フランス文学者モンテルラン 確かにですよね。好きな本を身近に置き、あらゆる時に開いて読みたいものです。私も大事にする本をいつも手のとどくところにおいてあるのです。だらしない私でね。なんでもが好きなものは傍においておきたくて……。 だから片ずけが下手でね。困ったものです。 昨...

病にかかったからといってからに、心まで病ませる必要はなかろう。

 出来ないと思うものは出来ない。出来ると信念する ことは、どんなことでも出来る。             中村天風  昨日は、友人が車で来てくれて乗せてもらい、本当に楽だわ。 久しぶりに、ゆっくりと話しができて楽しいひととき。 いろんな話題がいっぱいで、5人がいろいろ話し、孫自慢やら、いいもんでした。2時間半ほどでしたがひとりの私にはいいとき、こういう日は、重なるようにいいことがいっぱい。私の大好き...

「アイ・アム・フオード・ノット・リンカーン」

 笑いは敵味方の差別を撤廃する。       イギリス詩人 ミルトン  今日は今晴れていますが、曇りのようです。九州ではまだ今日もが雨が大変のようですので、どうぞお気をつけてお大事になさってね。 昨日は、朝から30分歩き、お手伝いにゆきました。 とても魅力的な女性なので、いろいろととても勉強になるのです。日頃は東京におられ、たまに、こちらにこられます。だから、こうしてお会いできるのがとても楽しみ...

家庭の心、その人がいるだけでまわりに安らぎと平和、そして希望をもたらす存在、それがお母さんです。

  「人生は二度も三度もないのだから、何があろうとも、  積極的に生き抜け」積極的とは、どんな、場合も、 「心を尊く、強く、正しく、清くもつこと」                    中村天風 今日は、雨がたくさん降るようです。九州では50年に1度の大雨のようです。恐怖感を持つような雨とか、1時間80ミリとか。テレビのニュースでいっています。 くれぐれも、お大事になされ、お気をつけてくださいね。 昨...

子供を叱る場合、感情的になってはいけないということです。

 私は、この世の中には人間の知恵では、はかり知れない ものがあると思います。宇宙の広大さにくらべたら、人 間の知恵なんてごく小さなものです。そう考えたらやは り人間は、謙虚でなくてはいけません。              浜尾 実 心の中に、謙虚という大切な心を持つことを、ときどき、いいきかせないと、と心掛けているのです。謙虚でありたい。 今朝ね。NHKを見ていたら、囲碁で七冠・井上裕太さんのことを...

人は手を合わせたら悪意はおこらない。これが合掌なの。

 「人間の手ほど面白いものはない」「手には表情がある。人生ある。若い人の手には若さがあふ れており、老人には老人の苦渋がある。顔の表情のように めまぐるしく変わりはしないが、それだけでに、にじみ出 る味がある。しかも、手はものをいう」            大西良慶{ゆっくりしいや}   またしても、昨夜は眠れない夜でした。困ったものです。沢山歩いたのにな。疲れすぎたのかしらん。仕方ないか...

手術や薬の代わりに、お笑いのビデオを「処方」する。そんな楽しい治療が始まるかもしれない。

 赤ちゃんがお母さんのおっぱいをのんでいるとき、まだおなかが いっぱいになってないのに、ふと、のむのをやめ、お母さんの顔 を見あげて微笑むことを”エンジェルスマイル”という。           村上和雄「遺伝子をオンで生きる」より いい言葉ですね。このときにママが微笑んで上げることが、すごい大切なんだそうですが、何とも言えないいい光景が浮かんできます。わあ、今日は晴れて嬉しい。散歩を楽しめそうだわ...

ニ―チェは「健康であるということは、己の存在に気がつかないことである」と言っております。

 きょうもうれしいです。楽しいです。ありがたいです。 という言葉をいった時には、 非常な何ともいえない快(こころよ)さを感じる。               中村天風 昨夜から雨音がして、いまもよく降っています。今日は降り続きそうです。落雷やら突風があるようにいっています。 出かけるには、気をつけていかないとね。 さあぁて暑い毎日の中、ニュースを見れば、考えられないような残酷な事件もつぎつぎからと...

「人生には、よい先生、よい友達、よい幕賓、すなわちアドバイザー、よい部下を持っているかどうか……」

 言葉は八分にとどめて、あと二分は、むこうで考え さすがよい。わかる者にはいわずともわかる。わか らぬ者には、いくらいってもわからない。                 伊庭貞剛  そうですよね。そう思います。 あのね。今朝は曇り空です。暑いです。夏ですものね。 昨日の朝ですが、思いもかけずに、玄関ベルが鳴り……。 宅急便が届いたのですが、びっくりしました。お名前を見ても、知らないお名前。どなたから...

「極楽は、西にあれども、東にも、来た道探せば、みんな身に在る」一休和尚

 良寛が 花もて逃ぐる お姿は いつの世までも 残りけるかな       良寛の「花盗人」    山田杜睾の家の白牡丹を一枝折ろうとしているのを    主人にみつかり、杜睾が偽り怒って呼び戻し、良寛    花泥棒の格好を描いた自らの絵に強いて讃を求めた    ので、仕方なく詠んだ歌だといわれている。    ユーモラスで、おおらかで、味がある短歌だ。                 (帝王学ノートよ...

面目というのは人間の宝やで、女の人が化粧してきれいになるように大事にしなければいかん。

 人間は案外、精神的に独り立ちしていない。始終、自分に 対する他人の意思、感情、批評などに左右されている。甚 だしいものは、他人の一顰一笑に動かされて、落ちつけな いのである。そして誰が自分をどういった、こういったと いうことに殆ど自分をゆり動かされている人々が少なくな い。つまらぬことである。              安岡正篤 わたしもいくつになっても……。一顰一笑。さあ。朝。 暑いからか、目が...

「総理になると、三つのものが見えなくなる」岡田啓介氏

 病弱とか、愚鈍であるとか、貧乏であるとか、 多忙であるとかいうことは、逆に、自分自身 を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上のもの であります。                 安岡正篤 なんでも、どう考えるかですよね。妙薬と思えば、ね。マイナスと思うことは、プラスなのかもですよね。 暑いわぁ。朝起きても今もう暑い。子供が小さい頃、暑い日に、当時、いまもですが、、いつも裕福な旧い友人と会い会話した時...

「……いまいったような点で、あの親は悪くなかったなと、いまでも感謝しています」瀬戸内寂聴さま

 建築を独学でやったのはなぜかとよく聞かれるんですが、 学力が足りなかったことが一つと、自分の家庭に経済力 がなかったというのが一つ。                安藤忠雄 なんでも努力することがいいなぁ。それができなかったわが人生でした。反省。うっふふふ。しかたない。やらなかったんだな。わたし。   ある日つぶやき  やれなかったのではないんだな  やらなかったんだな      相田みつを  ...

「好くできた漢(をとこ)」の定義ずけ俳人荻原井泉水の野言葉

 誠実と親切、この二つを貫きとおせば、人は必ず認め 心を動かしてくれます.これが、九十年の人生を生きて きた私の実感です。私の前に初めから道があったわけ ではありません。まず私が歩き始める。                 庭野日敬  これって本当に思いますよね。90年の人生を生きた道ができていますね。 さあいまからでも、努力したいわ。誠実と親切。心がけて毎日の一瞬、一瞬を輝いていきたいわ、 今日...

「愛(ラブ)と言う言葉が入ってきて、その言葉の意味を教えられた日本人は、それを「思い」と訳したそうですが・・・・。

 一つ、いいことを聞いたら、その一つだけでも実行 してみる。これが大切なのです。その実行が周囲と  調和して生きる道を教えてくれるのです。そして周 囲も変えていくのです。               庭野日敬 そうですよね。私にできることは、いつも、誰に対しても笑顔でいるということなんですが、これが案外難しいのです。根本的に、甘えた我儘さんだからね、これを、心掛けて謙虚に、いいと思うことを努力しな...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽