おばあちゃんのひとりごと

Archive [2016年08月 ] 記事一覧

この話を聞いて、私はつくづく「奇蹟は起こるんだなあ」と感動した。

 この世で起きたことは、必ずこの世で解決できる。               岡本彰夫 著 この言葉は明治生まれの亡き母がよく教えてくれたものでしたが悩み・苦しみ・悲しみ・辛さを涙して母に話しますと、母は笑いながら、私に言い聞かせたものです。今は私が笑ってます。うっふふ。「どんなことがあっても、この世で起きたことは、この世で解決するから……大丈夫だよ……なんとかなるよ。」「娑婆で起きたことは娑婆出解決...

この話が大好きです。親鸞上人のような立派な偉い人でも、そう思うところが素敵で……寂聴さま

 言葉には魂が宿っている。メデタイ言葉、きれいな言葉、 思いやりのある言葉を使って幸せをよび寄せよう。                  岡本彰夫 昨日のこと、お出かけから帰ってこられた、たまにお会いする若いママと、ちちゃい女の子と会いました。赤ちゃんのときから会うたびに育ちゆく姿が楽しくて、そして、とても ”愛嬌よしの子ども” 出会うと幸せな気持にさせてくれて、嬉しくなる女の子なんです。 可愛いそ...

陛下が結婚生活について「忍耐と協調でやってまいりました」と笑顔でおっしゃたのです。

 運を招くためには、損得ばかり追求してはいけない。 代償を求めない行動こそが、運を招き寄せる。                  岡本彰夫  なんとなく、秋ですね。昼間は真夏ですが、夕方になるとね。  台風が心配です。怖いわぁ。昨夜眠れなくてね。困りました。 さて、昨日の日曜日は、お祭りでして人出が多く賑やかでした。 夕方野菜を買おうかと、散歩がてらに屋台の店をのぞきに行きました。キャベツ100...

お互いに相手を宝物と思い、自分も宝物であるように努力することが夫婦円満のコツ。

 夫婦は一番身近だけれども、反面、一番遠い存在でもある。 お互いに相手を宝物と思い、自分も宝物であるよう努力する ことが夫婦円満のコツ。            岡本彰夫(春日大社権宮司) 誰もみんなが生活していく中で、このような気持ちで、日々を過ごしていく大切さなどを考える暇もなく、あたふたと、忙しく過ごしています。「夫婦円満のコツ」に、「宝物」の心を持てる人でありたいですね。これを知ることからい...

「大塩平八郎の性格の欠陥が、結局は反乱を成功させなかったのではなかろうか」

 家族のなかで、職場において、まわりの人々のために笑顔を うかべ、やさしいことばをかけてあげる。それが一つの仏教 の実践なのである。            ひろさちや「まんだら人生論」  いいですよね。まわりの人やらに微笑む心ね。優しい言葉かけ相手に対する思い遣りですね。そうして、自分が行動にするならば、自然と、まわりをも大事にできます。それが、いい雰囲気になれる自分となり、命を大事にすることにつ...

持ち物は、形見分けできるような、貰ってありがたいような、僅かなものだけ、あとはきれいさっぱり何もない……。

 師のカリアッパは天風に、病で苦しんでいる自分を思い 描くのではないと叱り、完全に健康になった自分を繰り 返し心に想い描けというのであった。            「中村天風の教え」より いつも、こうして、明るく元気で楽しむ私を思い描くおばあちゃんなんです。しあわせに感謝して「ありがたい」という心でね。 自分は健康で幸せと心に言い聞かせることって大事ですよね。むかしまだ高校生か中学生だったかなぁ?...

「すべては因縁と努力によるものだから、悲観せずに頑張ることだ」関精拙師

 言葉で喋る人には 耳で聞け 心で喋る人には 心で聞け       「幸せは急がないで」より この言葉その通りですね。うつふふ。 今朝はベランダから見ますと、心地よいいい天気です。 昨日は雨がざーと降り出して、そして、久しぶりの雨で木々が喜んだことでしょう。少し、暑さもひとやすみになるかしら?と思ったのですが、まだまだ暑いですね。ひさしぶりにゆっくりとモーニングにゆきましたら、4人女性が集まりまし...

「出家したばかりで仏さまも私の頭をぶんなぐるなんて、ずいぶんつれないわ」と……

 別れの悲しみは、必ず時が癒してくれます。ときは死んで いった愛する人の魂であるのかもしれません。              瀬戸内寂聴 なんていうか ”愛する人の魂” いいわぁ。 別れの悲しみ。時が癒してくれます。そうですね。そして長い人生にある難問やら悩みや困苦にあう、どうしようと思うときに、どんなときも時が解決してくれるなぁ……そう思ったもの…です。 若い時にね……。時が流れていき……。そう感じたわ...

監督の絶妙な言葉がチーム全体の士気を確実に高めていました。

  「思ひやり」という事を現実にするには、先ず、何を  措(お)いても相手方の気持になって、考えて見る事  である。               中村天風 そうなんです。ついつい自分だったらこうするのにな……とは、考えるのですが……相手方の気持を考える。でも難しいことだわ。「思ひやり」ね。しているつもりだけかも……。 昨日のことですが、あまりにも暑くてね。夕方散歩に出まして、ついでにと、郵便局へと。5時...

「田中耕一君を推薦します。田中君は、将来あなたの会社で必ず役に立つ研究者になります」

好きな人のことをしてるときには、ちっとも疲れない。嫌な奴に頼まれると、半紙一枚もったってくたびれる。              中村天風 なんだか、うっふふと笑えますね。正直なこころ。 でも、自分では気づかずに、案外、当たり前にやっているでしょうね。 そう思うのです。私。心をまず切り替えて、嫌いなことは、好きになる努力をするがいいと、そうすると、なんだって笑顔でうまくできるからね。 これは、昔、嫁...

「つらいとか苦しいと口にして病が治るか!」と、カリアッパ師から叱責される。

 逆境にまさる教育なし     ディズレリ― 今の世の中は、ありがたいことに、あまりに豊かで便利です。 ありがたい世の中です。逆境になったとしても、長い人生です。誰にも逆境はあり、それがまさる教育になる……。 まだまだ、残暑厳しわぁ。  何という暑さでしょう、老いて思うとこんなに暑かったかななんて、毎日、考えています。もう忘れてばかりですが……。 昨日は一日中歩いたり、休んだりして出かけていました...

「いい加減」という言葉が好きである。

 太陽の恵み、大地の恵み、雨、風の恵み。そのすべてである 天地の恩。毎日を何げなく過ごしている人も、この四恩を省 みれば、日本の国に生まれたことを、本当にありがたいこと だと気ずくのではないでしょうか。 物が豊かになると、とかく忘れがが地になるのが心であり、 四恩の恵みです。              「幸せは急がないで」より この心は、今はどうなんでしょうね。大切なことだと思うわたし。いろいろ思...

「死ね死ねと いうまで生きよ 花嫁子」「父死、子死、孫死」「死にとうない。死にとうない」仙厓和尚さま。

 「花は散り際、役は引き際、人は死に際」             大西博「さわやかに死を見つめる80の話」より なるほど。心したいものです。とてもいいもんです。 昨日は、もう8月18日。なんと、早いですね。お盆を待ち、あっという間に、もう過ぎました。子どもらの楽しい夏休みも、もうあと2週間ほどです。みんな宿題すんだかしらね。きっと、今の子どもたちはちゃんとしてそうだから大丈夫でしょうね。 近くの若いマ...

昔の修身めいた表現になるが、だから「しつけ」とは身を美しく(=躾)と書く。

 不機嫌ほど大きな罪はない。      ゲーテ(ドイツの作家) ひとりが不機嫌だと、たしかにね。 若いころは、我儘だったなぁ、(いつも明るく楽しくまわりにいい影響の人でありたい…)なんて、思ったこともなく、我が儘いっぱいだったなぁ……なんだか反省するのです。もう、亡くなられた多くの人らに……。何か嫌なことを言われたりしたら不機嫌であったろうなぁ……。 というよりも、むかしは、毎日を過ごすのに精いっぱいだ...

現実に死に直面した天風に「こうしなさい」を教える者はいなかった。

 一切の人生果実は、その人の蒔た種子のとおりに表現してくる。                    中村天風 「原因なきところに結果はない」とも説く。天風師の言葉は心地よく響きます。そう思えば、何でもが納得できる。 オリンピックは卓球女子団体銅メダル。嬉しいですね。そしてシンクロナイズドスイミングデュエットも銅メダルとのこと。いいですね。 朝のニュースに元気をもらえます。選手の方々の努力を尊敬...

この一節を読む度に 「おかしいやら、ありがたいやら、これを思うと、つい涙がでる」 と述懐される。

 この体、鬼と仏と あい住める。        大阪刑務所 ある死刑囚の遺句      「幸せは急がないで」の本よりです。 なんか、せつないような心が伝わります。 昨日のこと。若いママさんから、メールがあり、「塩サブレで、熱中症予防(笑)……」を下さると言うので、嬉しくなりました。女の子を連れて届けてくれました。その気持ちが有り難いわ。玄関んで立ち話してたら、 カラスが飛んできて、近くの屋根に、とま...

仏さまからの授かりならば、掌(たなごころ)を合わせてちょうだいいたしましょう。

 正しい愛情とは、お互ひが活きて此世に存在して居るという厳粛 なる事実を、衷心から尊敬し合うことから湧いてくる。                       中村天風 確かにね。そう思います。尊敬し合うことは大事であり、そうありたいと思うのですが、我儘な私は、なかなかで本を読むたび、心にいいきかせる私自分が出来ていないことに気がつかされてね。いけないと思うのです。嬉しい。96年ぶりの、錦織さんおめ...

今日もうれしいです。楽しいです。ありがたいです。と言う言葉をいった時は、非常ななんともいえない快さを感じる。

 自分のことは自分ですべて解決するんだ。                 中村天風 昨日は疲れたけれども心地よく、なんといういい一日。 息子夫婦が車でお寺まで連れていってくれました。そして、 お寺詣りにも、息子夫婦と行けて、ご先祖様にゆっくりとごあいさつもできて、ご報告もね、お参りできホッとしました。その後わが家で、息子ら夫婦がお料理を買ってきてくれて、私や嫁らの手作り料理食べて、お酒を頂きまして...

これがお盆の行事の始まりです。

 正しい事、良い事を習慣にするとそれは生まれながらの天性と同じ ように身につき、「成功者」としての人生を歩むことができる。                     中村天風  良い習慣はいいですよね。 今日は菩提寺のお盆法要会に、ご先祖様がおられるますので、出かけおまいりにまいります。朝早く出かけるのです。 昨日のこと、朝からスーパーで重いものを、買おうと、ビールやお茶やお水を買いにでかけ、引...

昔から”若者の欲は頼もしいが、年寄りの欲は見苦しい”といいます。

 人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして ”まあ 何てお元気な” と言われる時期。              ネルソン・ロックフェラー いのちながければ辱(はじ)多し。              荘子 「まあ、何てお元気な」と言われると、お世辞とわかっててもね。ふふふ。 あのね。 昨日は朝、ご近所さんが来られ「最近、お会いしないから、お元気かなぁと思ってね。頂きものを持ってきたのよ」と……...

「それはしようがありませんな。稲盛さん、苦労するのは生きている証拠ですわ」擔雪老師

 人間は人生でいろいろなことで悩みます。しかし、私はそう しないことにしていますし、また「悩むな」とみんなにいっ ています。深く考えることは必要です。                   稲盛和夫  内村航平さん。44年ぶり個人最高総合優勝連覇    金メダル。嬉しくなります。おめでとうございます。 なんか嬉しくて、拍手しよろこんじゃいました。さてさて、今日は、この悩めば苦しむもの。そうすれば、なん...

武士というのは、農工商三民の頂点に立って、彼らの模範にならなければならない存在だ。

 人間関係はすべて「相手の言うことをていねいに聞く」ところ から始まるからだ。                 本田有明 そうなんでしょうね。ついつい、話しは聞くことよりも、すぐ口をはさみたくなってしまいますものね。ていねいに、聞く人になりたいものです。 簡単なのに、それが、知らないうちに、口をはさむ……。とほほ。ふふふ。 オリンピックでね。カヌーで日本で初メダルなんですって!皆さん、立派。カヌーで...

「痩せ蛙」 は一茶自身なのである。

 「挨拶」とは何か?それは「心を開いて相手に迫る」 ということである。                鈴木健二 今朝のオリンピックの嬉しいニュースです。 うわぁ体操選手の皆さま、おめでとう。涙しちゃいます。「この光景は素晴らしいものですね」表彰式です。 言葉にはなりませんね。立派・最高です。 選手の方々の言葉の一部ですがいいですね、 「歴史をつくれたかなぁ」 「あんまり実感がわかないけど、ただただ...

「あたしは、多病息災。病気の数でギネスブックにのりたいわけじゃないけれどね。」

「悪いことはするな!いいことをしろ!」(緒悪幕作、衆善奉行)              道林和尚 簡単なようでいちばん難しいですね。「はい」……。 いよいよ、オリンピックがはじまりましたね。選手の皆さんが、実力を発揮出来たら嬉しい。努力努力の人らですものね。応援したい。 この間ね新聞記事を読んでて桂歌丸さま、笑っては申し訳ないというに、エッと、驚いて不安になり、大丈夫かしら?そして笑えて、涙しちゃい...

「形見とて何か残さむ春は花,山ほととぎす,秋はもみじ葉」……貞心尼……

 難事を避けようとして眼の色を変えて七転八倒するよりも、眼を 輝かせて、さあ来いと危難を受けとめるほうがよほど勇気がある ということだろう。            童門冬ニ{偉人名将の言葉より}  朝からオリンピックのニュースみんな頑張っておられます。 選手の頑張っておられる姿に尊敬しています。みんなにメダルあげたい気持ちです。柔道で高藤選手・近藤選手のお二人が銅メダルをとりました。でも口惜し...

決して世の中が悪いのではなく、両親が人間的に未成熟だったからだと。

 あらゆる人間は二つの教育を持っている。その一つは 他人から受ける教育であり、他の一つは、これよりも もっと大切なもので、自らが自らに与える教育である。        イギリスの18世紀の歴史家ギボン そうですよね。人からも、そして自分が自分で感じて学ぶ。ことね。 朝から、「蝉の鳴き朝から暑さでつかれてる」ふう、たまらん。 熱中症対策は ”正しく動いて汗をかく” 汗をかくことがいいよう、でね。老いる...

「世間では光秀が信長公を殺したというだろうが、わしはそうは思わない。信長公が光秀をして自らを殺させたのである」 

 ひとつぶでも まくまい ほほえめなくなる種は どんなにちいさくとも大事に育てよう 微笑みの芽は             「小止観物語」(幸せは急がないでより) 昨日も暑かったですね。ふうふうですね。まだまだ今からが夏本番。がんばらなくちゃぁ。 家にいると、ついつい、ゴロゴロ。なんだか、”とど” になりそうでね。うっふふふ。 あまりの暑さでも歩くしかない歩かなくちゃぁと、買い物と散歩でスーパーへ行き...

その子が大人になっても ”わが母” は子の守護神になり得る。

 堂々と老人として、病人としていきましょうよ。明るく愉快に生きれば いいのです。それが病気と仲良くする生き方です。それが、わたしは、 すばらしい生き方だと思っています。                   ひろさちや  私も、いつもこの気持ち。老いになれ、病気にもなれ、大切にいきたい。 だから、病気も、老いも、考え過ぎないで、考えつつ、努力しつつ、あれれ、どんな努力かな? ふふふ? なんとなくね、...

――菩薩の幸福・餓鬼の幸福――じつは幸福には二種類があります。

  人生は苦である        釈迦 そうですよね。人生は苦である。そうですよね。 でも、老いるごと、苦はプラスに考えて、幸せを探していきたいわぁ。 昨日は、またも、凄い雷。しみじみ怖いなぁ……。 自然というそれが怖さですね。あんなに突然に、大きな音や光は恐怖です。そして、子ら夫婦や孫らは家に帰れただろうか?大丈夫かなぁ?と案じる。 私はひとりこんなにラクをさせてもらえて、ありがたい。みんなも大丈...

「み仏とみなさまのおかげによりこのごちそうを恵まれました。深くご恩をよろこび、ありがたくいただきます」

  持たぬ故へらず口とは思へども        金があるなら人にやりたき                婆阿 わらえますよね。たしかにね。無いからいえるんでしょうね。ふふふふ。 あればあるでね。なかなかね。ふふふふ。たのしいですね。 昨日は雷にびっくりしました。すごい音がして落ちたのかしら?ね。怖い。 若いころ、かみなりほど怖いものないなぁ、空を走り回り、なんて恐ろしい。と思ったもんです。昔はこの...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽