FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Archive [2018年10月 ] 記事一覧

政財界のリーダーの精神的支柱として指導的役割を果たした。・・・・「平成」の元号の考案者・・・・

 縁というもの      ―――いつの間にかいい結果が 縁が縁を産み、新しい結縁の世界を展開させる。人間が善い縁、勝れた縁に逢うことは大変大事なことなのである。いい人に交わっいると、いつの間にかいい結果に恵まれる。                      安岡正篤 そうですよね。お互いがいい縁と思いたい。 いい縁に会えたとね。思われる人でありたいものです。 さあ今日は、モーニング珈琲ではつらつ奥様...

グランマの作品「海」・・・・・・

 よい君主が、二代続けば偉大な事業ができる。 過去の自分が現在の自分を作り 現在の自分が将来の自分を作る ふふふ。誰のお言葉だったか知らん?すみません。私の作品みたい?ちがうのです。でもとても好きなんです。君主を家長としたらいいですね。 今までを振り返りますとね、自分が正しいと思っていたことも、立場やら環境やらいろいろを深く考えたりするとね。わからなくなるものです。ふふ。だから、大家族の中で考えさ...

・・・・姑よ 世の姑(母)よ」グランマのひとりごと・・・・

―――人間ひとりひとりがみんな世界にただひとつの、かけがえ   のない命をもってこの世に生まれてきた、尊い尊い存在だ―――                    フェアリーグランマ ”亡姉の七回忌” にお参りできましてね。ほっとしながらも、義兄の妹さまが認知症になられたとかで、こられなかってさみしかった。そして、昨夜、姪っ子も法事に来なかったので気になっていてメールした。その子が小さい頃、亡妹と実家でよく...

一時間人が嫌悪をしつづけると八十人を殺せる毒素を出し、この毒素は従来の科学の知る限り最強の猛毒となる。

   プレゼント笑顔は誰でも贈れます           フェアリーグランマ  和気あいあいそこから幸は生まれ出る           フェアリーグランマ  すべての日日のうち、一番もったいないのは笑わなかった日だ。           シャン・フォール(フランス) そうよね。いつも笑っていることで免疫力が良くなりそうだから。ふふふ でも、今朝はとても嫌なことがあったのよね。 今朝は8時ごろ家を...

「娘よ 太陽であれ」 グランマのひとりごと

 私は人間の不幸は只一つのことから起るものだということを 知った。それは部屋の中で休息できないということである。              (柔らかい肌)寺山修司  ああ~私もそうだわ。部屋にいるときは何か落ち着かずにいて、ついつい何かをしていないとおれないわ。さあ~~ そうそう、住友銀行の長老、堀田庄三さんが、若い社員に与えたすばらしい好語をここに(ひとをだめにする悪魔 /おいあくま/)   おこ...

・・・功労に酬いるために見識なき者に地位を与えると、それは国家崩壊の原因になる・・・。

 ふるさとは遠きにありて想ふもの そしてかなしく歌ふもの かへるところにあるまじや            室生犀星 早いものです。今日は早や26日。10月もあと5日ですね。 街路樹にはもうイルミネーションの工事の準備がされていて、近くの造花店は、紅葉は消えてもうクリスマス用品です。ハロウィン満載に飾られていてね。季節のすぎゆく早さにはびっくりです。 朝、玄関で4軒隣の美人の奥様にお会いしたら~~「なん...

あのつらい出会いも「自分が本当の自分になるために必要だったんだ」

 人生に絶望はない。どんな状況を迎えようと、与えられた 人生は生きる意味がある。老人は後ろ姿そのものが善知識 (人生のよき師)である。と老人になる前に、若いうちか らあらかじめしっかりと確信しておきたいものである。                     松平實胤 これはいいですよね。そう確信しておきたい。もう遅すぎるかしら?なんだって遅すぎるなんてないですよね。 さあ今日もいいお天気でした。今夜...

”幸せそう”だし”機嫌が良さそう”に見えるのだ。”いい人”にも見える。ふふふ。いいな!

  徳のはじめ        ――――人間であることの原点  元気というものは朗らかである。晴れ晴れして、快活である。  だから人間はいつも快活を失わないということ。これがまずも  って人間の徳のはじめである。                    安岡正篤  ”人間の徳のはじめである” これいいですね!元気とは朗らかね!快活さは失わずね!大事ですね! さあ秋陽射しが心地よい。今日は”老人の集まり”がある...

「今日のために、今、頑張れ!」であり「今の喜びなくして、なんの人生ぞ」です。

 自分のことしか考えない人は、 苦しみのうちに人生を終えます。 他人のことしか面倒を見ない人は、 考えなくても自分の面倒も見ています。             ダライ・ラマ14世 そうなんでしょうね。 今日はいい一日でした。朝ひとりゆえ、いつものイケメン店長さんの店に久しぶりに行こうか?迷いつつ、やはりやめようと家に戻るところで、親友から電話が入る。「歯医者に行ったら、先生が病気になってしまってね。...

ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。サムエル・ウルマン

 もっとも大きな快楽は、他人を楽しませることである。                        ラ・プリュイエール 自由には規律と同時に、それに伴う責任がある。それを守って 初めて、お互い同士が美しい調和、いいかえれば礼儀が成り立 つのである。                        安岡正篤 大きな快楽は、ね。そういうひとでありたいわよね。 そして、たしかに自由とは考えるべきですよね。...

「あなたの笑顔の光で、初めて子供をみつめる、その時から子供の教育はすでに始まっているのですよ。

  いまが楽しい。今がありがたい。今が喜びである。  それが習慣となり、天性となるような  生き方こそ最高です。                 平澤興 私は、この言葉が大好きです。 どんなに辛いことがあったって、この言葉を思い浮かべましたね。 さあ~今日は日曜日。十三夜のお月様が見られそうですね。楽しみ。昨夜はご近所さんの美しい奥様との居酒屋。そして、ワインバーと、こんなお年のグランマがはしご酒...

「人は必ず死ぬ」「自分の人生は自分でしか生きられない」「人生は一回限りである」

 人生の転換期には、「好運」と「悪運」とが横たわってい て、そのどちらかに出あった時、その人の人生の方向が決 まります。                  中村汀女 好機に出あわない人間なんぞ一人もいない。不運を嘆くの は、それを捕らえなかったまでだ。                  カーネギー わたしもいつも好機を逃したな。不運を嘆くよりも因果応報を思ってる。しかたない。しかたない。自分に...

「ベッドで纏っているのは、シャネルの№5」という有名なコメントは・・・・・・

 どうにもこうにもぺしゃんこになってしまった時は、そこ でへこたれず、必ず元気があった初心に原(たず)ねよ。 そうすれば新しくまた出直すことができる。                  安岡正篤 わたしも長い人生、心がぺしゃんこになることがありましたが、そうですよね。元気のあった頃の心にね。知らぬ間にそうせざるを得なくて、私も自然とそうしてきたような気がします。でもぺしゃんこになったなぁ。 昨日は...

聞き上手になることは人間としての美徳であり、非常な修行でもある。

  人としての道を聞くだけでなく、一善でも一芸でも何事によらず 聞くことを楽しむことは尊いことだ。人に対していわゆる聞き上手 になることは人間としての美徳であり、非常な修行でもある。                   安岡正篤 今日は、駅まで友人が迎えに来てくれますので、そこから車で葬儀場。友らの温かい優しさに、私、嬉しくて涙になります。ありがたい。 私は多くの友の優しさにありがたくてね。困った...

(すべては君の『知りたい』から始まる) 僕にとっては電撃的メッセージ。『なるほど!やっぱりそうだよな!』

 「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く  信じています。             レイチェル・カーソン そう思うわ。感動や感激ね。心を揺り動かすような美しい夕陽でもいい。ああ美しい~~と、感動できる。思える。そういう人でありたい。  今朝、親友から電話が入る。お通夜が明日で明後日がお葬式という。 大きな葬式になるので、わたしはその友に、「会いたいけれども、その時間じゃぁないときに...

子供は幼稚でまだ能力が発達していないから、難しいことを教えるのは間違いなどと考えるのは、大きな罪悪である。

 ほんとうにどんなつらいことでも、それがただしいみちを進む 中でのできごとなら、峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福 に近づく一あしづつです。                     宮沢賢治 正しい道を歩いているつもりでも、道があなたにとってはよくないこともあるのだもんね。さみしいときはありますよね。峠の上り下りの下り道かな? なんだか、今日はモーニングコーヒーに行きましたらね。みんなに会えて愉...

人間苦労しなければいけないが苦労して苦労に磨かれて立派になる人間と、苦労に染まって性格がいじけてしまう人間とある。

  怒り、恐れ、憎しみ、嫉妬、その他様々な悪感情の為に、人の体  内の食物が発酵し、血液中に毒素が生じる。うるさい愚痴やい、  ふしだらや怒鳴りに悩まされている人間は、酒を飲まぬのに終始  悪酔いしているのと同じなのだ。                        安岡正篤   怒りは体にいいことはないと聞いていますが……そうでしょうね。 今日は区が主催の「はつらつ学級」ヨガの体操でした。30人参加...

これが『古事記』というわが国でいちばん古い大切な書物です。

 昔むかしの大昔も、悲しいこと、つらいこと、こわいこともおき ました。そんなときも私たちの遠い遠いご先祖さまである日本の 古代人は、明るくたくましく苦しみ悲しみを乗り越えて生きてき ました。                 出雲井 晶 いろいろなる被害にも誰も頑張っておられ尊敬します。乗り越えていかれてね。そうですよね。明るくたくましく乗り越えていかれますもの。 今日は、日曜日。歩行者天国であり。...

視点を少し変えるだけで、生き方が がらっと変わってしまう。

 人間、何が悩みかというと、自分が自分を知らないことである。 人を論じたり、世を論じたりすることはやさしいが、自分を論じ 自分を知ると言うことが実はこれが一番大事なのである。                  安岡正篤 そうでしょうね。自分のことを知るね。”自分を知る” ああ、私もそうだわ?幾つになっても大人になっていない?つまらない。 さあ、今日は雨も降らずによかったわ。 どうしても、東京まで15日...

人はめいめい考えが違うものであるから、軽々しく人の悪口をいうものではありません。

 私は人間は、第一にどこで生まれたか、第二は両親及び家系に どんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受け たか。それによって人間は決まるという考えを持っています。                      森信三 なんだか、考えさせられます。  今朝はホント肌寒いのですものね。外に出てビックリ?  さあ今日は、モーニングコーヒーは溌剌奥様とお会いできた。 この方はいつも笑顔で心地よい。...

「運命とは性格なり。性格とは心理なり」芥川龍之介

  政治における最悪の態度は、決定を行い得ない態度であり、  さらに悪いのは相矛盾する決定を行うことである。               ベール・シューマン さあ今日は、モーニングコーヒーに行き、昨夜2時間話した友人に手紙を書く。そしてコンサートのチケットを送って下さった友人にお礼の手紙と二通書き、もう帰ろうとしたら、この間、話をした若者(三十代位?)が入り口近くにおられ、私と視線が合ったらニコリ...

<威張る奴と心の卑しい人間>………けんかは好きな奴とやるものだ………

 <威張る奴と心の卑しい人間>である。嫌いな人物が話題になると 伊藤肇氏は「所詮あいつは成り上がり者だってことだな」とか「あ あいう奴とけんかする気ははないよ。けんかは好きな奴とやるもの だ」とか、一言のもとに斬って捨て、多くは語らなかったという。                   藤田忠司 好きだから、けんかしても話してでも分かりあいたいものなんでしょうね。なんだかわかる気がして~”好きな奴と...

人に対していわゆる聞き上手になることは人間として美徳であり、非常な修行である。

 人としての道を聞くだけでなく、一善でも一芸でも何事によらず 聞くことを楽しむことは尊いことだ。人に対していわゆる聞き上 手になることは人間としての美徳であり、非常な修行である。                     安岡正篤 聞き上手になることは人間としての美徳ね。そうでしょう。それが、なかなかにうまくいかなくて、こんな齢になっても、まだまだできはしなくて、情けない私「わかちゃいるけど~~」植...

「三歳の童子もこれを識るといえども、八十の老翁なお行じ難し」

  人生は、いってみれば、「邂逅と別離」とに要約される。そして、  「邂逅」によって与えられた一筋の光明が人間形成に決定的な、  影響を与える。まして「生涯の師」を得た場合においてやだ。                      伊藤肇 そう思いますね。いい人とは?ですが、でも悪い人に会うことがあれば、絶対に避けることが大事でしょうね。しかし邂逅って素敵よね。 親鸞聖人様は師の法然との出会いの喜び...

遠慮会釈なく生きていけることがありがたいのです。

  とかく、世の中を甘く考え、ごまかして渡る癖がつけば、  もうおしまいで、真剣になれないのが一番の不幸なこと  である。                  安岡正篤 そうでしょうね。ごまかすことは考えてはいけないですよね。 今日の青い空の美しかったことね。ビックリするほどきれいで、嬉しくなりました。散歩には出ましてね。220円コーヒーに行きお金を払う時に、財布の中を眺め、一瞬、ボーとしていたみたい...

最初は「嫌だな」と思ってたぐらい、念をつないで「こん畜生め」になり、最後は「殺してやる」・・・・・

 いかにささやかなことでもよい。とにかく人間は他人のために 尽くすことによって、はじめて自他共に幸せとなる。これだけ は確かです。                    森信三 いいですね。私はボランティアもできない・空き缶やペットボトルが落ちていたら拾うことぐらいだわ。 さあ今日は、土曜日の朝、頑張って歩こうかなと思い、少し早く出かけて、少し歩いた後に220円コーヒーでゆっくりしようと座ったらね。...

「なんとすばらしいことだ。あらゆる人のいのちあるものは全ては、みな仏様のこころを持っている!」

 書を読む際は、生きた人生に連想が及ぶことが必要だ。それを 頭が閃くという。学問が身について来た証拠だ。               安岡正篤 人を動かすには模範を示すことが大切だ。というよりそれしか ない。               シュヴァイツァー さあ今日は、とても不思議なことがありました。 今朝、モーニングコーヒーに行きましてね。溌剌奥様と二人で話しをしたり、たまたま、お会いするお二人の...

念とは、「瞬時も忘れることなく」という意味で、終始念じていると不思議な力が生じてくる。

  理想とはある時代には夢である。  しかし、夢をもたぬ者は現実を造ることができない。                安岡正篤  如何なる難題や重大な問題に接したとしても、心に余裕を持ち。  相手の話を良く聞き、笑顔で問題を一気にかたずけてしまうことだ。                安岡正篤 そうですよね。それがいいと思うのです。なんでもに、笑顔が大事ね。 今朝はモーニングコーヒーに行きましたら...

夫婦のうち人間としてエライほうが、相手をコトバによって直そうとしない。

 「足元のゴミ一つ拾えぬ程度の程度の人間に何が出来よう」と、 森信三先生はつぶやくように言われた。                         寺田一清 父親が死んでも残念がらない根拠を生涯かけて子供たちに与え ている妙な父親がおるものである。          フランスのモラリスト/ラ・ブリュイエール 親は子どもを見ているつもりだけれど、子どもは親を見ている。 親よりもきれいなよごれない眼で...

われわれは「気」を養うということが、一番、根本の大事だ。

 あらゆる幸福の源は感謝することである。           ギルバート・キース・チェスタートン 今日は、朝モーニングコーヒーにゆくと、はつらつ奥様も見えた。 久しぶりにお会いした。この方はあまり口数が多くないから好きだな。 新聞を読んでいたら、投書のところに青年(19歳)の投書があまりに、可愛らしくて、もっともだよなぁ?アッハと笑えましてね。 はつらつ奥様に教えてあげて、二人で申し訳ないけど大笑い...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽