FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Archive [2019年12月 ] 記事一覧

何ものか 痛きに泣かぬ なに人か命惜しまむ・・・

 今年もいよいよあと一日。 明日はばたばたとしますのでね。 一年間 ありがとうございました。インスタをはじめまして、こちらが少々ね。ふふふ。みなさまに興味をもたれなくなったかもしれません。 いいえ、それは私かもですが?ありがとうございました。(白蓮11) またよろしければ、今後ともよろしくお願いいたします。 こころから、ありがとうございます。 来年もよろしくお願いいたします。ありがとう。感謝。 良い...

先に死んだ奴が一番悪い・・・うーん?そうかもかぁ?

  人は出会いによって決まる。        マルティン・ブーバー なんとなく風邪を引いたようだな?咳が出るからね。 みんなにうつらないといいな。手を合わせちゃうな。  さああと2日だわ。明日は姉夫婦が、お餅をついて持ってきてくれる。 私はほんと!幸せものだわ。ありがたい。お飾りさんも作ってくれる。 うれしいなぁ~~、 今日は晴れて嬉しいなぁ。今は、洗濯がいっぱいだから、ありがたい晴れ。 干す...

心温き人ありて会いたき哉

 人は幸せになるために 生まれてくる そして、ほかの誰かを 一人でも 幸せにするために 生きているのです        瀬戸内寂聴 もう今日は28日、今年最後の明王さんです。野菜を買いました。 白菜は大きなのが、200円でした。いろいろと買いましてね。冷蔵庫にいっぱいだわ。ふふふ。  お正月、みんなが来るからな。うれしいな。ありがたいな。 いよいよ あと3日。早いなぁ 早い。      *  ☆昔を思う...

料理人 辻嘉一さまの、味わい深い言葉。

短歌    学生の孫のレシピを写メールで貰いてゴ―ヤの焼きそば作る 俳句      水たまりわざと入って秋の雨 川柳 ベランダで夕焼けをみる変な雲          **********  さあいよいよですね。今日はチョコボラさんとの、ランチ忘年会です。男性二人と女性二人。いつもの近所のホテルでのランチです。うれしいな。楽しくいろいろと話した。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

「毒薬を一服盛ってください」

 嫌なことは すぐ忘れる うれしいことは ずーと覚えている それが若さの秘訣です。      瀬戸内寂聴 これって大事ですね。 わたしも、とても思います。長い人生ですもの、いろんなことはあります。だから、嫌なことは忘れるがいいのです。ふふふ。明るく生きたいわ。 さあ今夜は、みんなが帰ってくるから、忙しいし。楽しいわ。ありがたい。         ☆      ☆秘訣☆         フェアリー...

・・二宮尊徳の逸話・・

 友愛の多くは見せかけ。恋情の多くは愚かさであるにすぎない。                シェイクスピア ふふふ シェイクスピアのこの言葉ね。なんだかね。  今日は、突然、友人から電話が入りましてね。 「ふぐ料理、食べにゆくよ。1月20・21日一泊旅行ね」 「そうかぁ。わかったよ。ありがとう」 なんだか、最近できた友人。この人がまたまた不思議なことにね。 亡くなられた親友のお名前とまったく同じお名前...

心の食べ物って何なのでしょう?

    座右の銘? そんなものありません。    目の前の仕事を一つ一つ解決するだけ。            緒方貞子 さあ今日は、過ぎていきます。 もう12月24日です。5316歩 バスで出かけますと、車が渋滞でね。バスの時間はあってないようなものです。  でも、のんきに過ごせてありがたい。 しかし、今日もモーニングコーヒーにゆきましたら、たまに会うおばあちゃんが居られ、話しているとまた同じようなことを...

オードリー・ヘップバーンのことを語る人

  なんだか、今日から娘夫婦が外国から帰国しました。   いっぺんでにぎやかです。  ありがたいな。  お正月が来る。しみじみと感じています。  今夜は、これまでにします。    ★  しあわせは  幸せの中にある  そのしあわせは心の中  自分が感じることなんだ  なんでもを幸せなんだよ  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー寒い朝。今日は「母、オードリー・ヘップバ...

「森信三という素晴らしい教育哲学者がいる」

 積善の家には余慶あり 積不善の家には余殃あり            易経  だんだんと師走も残り少なくなります。 早くて早くてね。今日は朝、頑張ってドトールまで行きました。 いつもの彼女に会えて、二人だったのでうれしくて話ができました。 そうして、散歩し家に帰りました。薬局に水を頂きに行き、そして、家にいたら兄嫁から電話が入りました。久しぶりに元気なねえさんとの話。 ねえさんといっぱい話してて、...

世界の童話王・アンデルセンを育てたアンデルセンの母

 偶然は必然なりとふと思い必然はまた偶然からなり               フェアリーグランマ さあ今日は、もう少ししたら、息子夫婦が、うなぎ屋に連れて行ってくれるという。そして、この間の私のファッションショーを映した何か持ってきてくれるいう。お正月にみんな集まったら、そのとき見るといいからとね。~~~~ふふふ。楽しみ。 今朝は、”1900歩” 歩きドトールへ。そこで会う友達と会う。彼女は優しい友です...

三歳までは徹底的なスキンシップが必要、それが人間の脳の基盤になります。

 酔うて酒酔わねばつまらん師走かな           フェアリーグランマ さあまた今日は過ぎていきます。なんとなんと。まあ早し。 けさはモーニングコーヒーは彼女と二人。 伊藤詩織さんの話やら、ニュースを二人で話す。 伊藤さんが頑張っていてすごいね。立派よね。と! ひとり、バスに乗ったら、あれれ、はつらつクラブのお友達がのって見えて楽しくなった。今から整形外科に行かれるという。「私は一人ふらふらよ...

暁の中、一人歩く中村に、部下たちは ”男” をみた。

 どこで命が終わっても、それはそれで全部なのだ。人生の利益 は、その長さには無く、その用い方にある。あるものは長く生 きはしたが、ほとんど生きなかった。この世にある間は、ただ 生きることに意を用いよ。十分に生きたかどうかは、その人間 の意思ににある。年数にはない。                    モンテーニュ ですよね。でも、それが分かるようになるまでがね。 考えて生きたいものです。(意とは...

胎内の新生児は、6ヶ月になると知識が働くという。  

  たいていのことは古典のなかにある。何千年も経っているのに、  人間そのものの根本はたいして変わっていないということです。  時に自分が創意工夫して・偉大な人生の真理を発見したと思う・  しかし、それは大変な錯覚で、自分が無学ために、既に古典にの  っていることを知らなかっただけのことです。                                   ...

浅野は無勇無才。だから殿中で刀を抜いてはならないという大法を犯し~~~~吉良に~~~

   男の人の中には、そばにいてくれるだけで安心できる人がいる。                                                                           ジーン・リース    そういう男性でいてほしいですよね。男なら~~~ですね。 さ...

「世の中で、一番悲しいことはうそをつくことである」

 苦しみの報酬は経験なり。            アイスキュロス いちど本音を吐いてしまえば人間 案外 肝が据わる。            山本周五郎 ですよね。わたしはよく孫たちにいいますが、「経験は必ず自分のものになる」と、思うとね。 さあ今日は今からはつらつクラブ。楽しく過ごしたい。 2時から4時までで、そのあとカラオケ、4時半から7時半まで。5人の仲間。楽しいわよ。楽しむわ。みんなが楽しめたら...

「第一に教えるのは人間の道だ。どんなに知識や技術がすぐれていても、その人間が卑しければ、ろくな農作物ができない」

 自分が言ったことは、自分に返ってくる。             佐藤富雄 さあ、今日は寒い中に冬の太陽はありがたい。 太陽が出ると心まで温くなるのですもの。うれしくなるいい一日。  日曜日の朝早く、昨日の心友のひとりから電話が入る。元気な声でね。「ありがとうね。楽しかったからね。お布団もかたずけず・・・・・」「いいわよ。ありがとうね。楽しかったね・・・・」 いろいろと楽しく会話。 老いたというに...

息をする呼吸が下手だった亡母・・・

 なんだか、今日はいろいろとありましてね。 すっかりくたくたのなりました。つかれきってしまいました。 一休さまではありませんが、「ひと休み」「ひとやすみ」だわ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「抜粋のつつ”り」その66  {悲しいことは悲しいまんまに}        板橋興宗著  インドに伝わる話しですが、人間の一生には大自然から授かった息の 回数があると...

「子どもたちに命の大切さを教える」自分という命は奇跡に近い確率でこの世に誕生する。

 問題なのは人生ではなく、人生に対する勇気だ。                        サー・ヒュー・ウォルポール  せっかくの自分の人生を、しっかりと歩いていきたい。 自分の歩いている人生を勇気を持って堂々といく。いまごろ、気がついた私です。いつだって遅いことはないと思うのです。がんばろう。 さあ今日は、友人が泊りがけで遊びに来ます。楽しいわ。 お布団は干したし、部屋はお掃除をしました。も...

くるしみは感謝を育てる

 己が己であり、見えるものほかなにも見ないことのなんと困難なことか。                      フェルナンド・ペソア 常識や思い込みに惑わされずに、考えずにありのままを見る。 本当に難しいが、そうでありたい。<愛する人はけっして知ることがないのだ/なにを愛しているのか/なぜ 愛するのか>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さあ、今の私です。今日のことを、少し~~~~ 朝...

エンジェルスマイルしたときに、お母さんはにっこり反応しないといけない。

 人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。 自分自身の中に、それを左右するカギがある。                    エマーソン  ですよね。なんでもがすべては自分の考え方でありおこないよね。老いていくごとに、自分で身にしみてわかってくるもんだわ。ふふふ。だからね。考えるよね。考える大切さを知ります。 さあ今日は、朝早く予約受信にいきました。 診察券のカードが磁気がダメで上手く...

☆ウオルトの抱いたファンタジーが表裏一体になっていることを示しているのではないか☆

 「ヒトは愛されて初めて人間となり仲間遊びで成長する」 小林洋子 愛されるって大事ですよね。 朝、ちょっと早く喫茶店にいこうとすると若いママさんが僕二人を連れて幼稚園にいく親子に会うのです。うれしくなって、ついつい、遠くから手を振ると、その子ら二人が手を振って近ずいてきて手を合わせる ”パシャン” とね。嬉しそうでね。可愛いのよね。すぐそばに幼稚園があるのです。大きい声で去っていく子らに、「いってら...

立って半畳、寝て一畳、天下取ってもニ合半・・・・・ふふふ。

◇夫婦の仲◇結婚して三日間は男も女も夢中である。 三ヶ月間は互いに相手を研究する。そして、三年間は優しく愛し合う。しかし、あとの三十年間は、ともどもに我慢し合って生活していくのである。             イギリスの詩人で劇作家 オスカー・ワイルド でもね。これはないですよね。やはり、自分のことです。いい夫婦になる。努力することだと思うわ。だって、出会って夫婦になった。その幸せを大事に、お互ね。...

美しい老年のために

 家族をつくっていくには、やはり、だれもが口にすることですが、 わが子を無条件に抱きしめ、からだに安心感を飢えつけてあげる ことです。私たちもまた、そうすることでわが子に抱きしめられ ることです。                                    やまざきてつ 最近の子どもの虐待のニュースを見るにつけ、いろいろと考えさせられます。 さあ今日は、突然、近所の友人から電話が入りまし...

権力によってでなく感動によって人を動かすのが真の経営者ではないか。

 「ちょっとまってや」という。という呼吸がなければ、人間世界 とげとげしくて生きていけたものではない。                      大西良慶 この呼吸がなかったばかりりに、織田信長公は、癇癪をおこすと見境がなくなり、みんなに見てる前で明智光秀の頭を打たせた。信長公は不本意最後になった。「ちょっと待ってや」という呼吸があったら?・・。 人間同士、家族同士、国際間においても同じなの。間が...

「ユダヤの賢母の教え」にいいこと見つけたらいいな

 逆境こそが、新しい生き方に気づかせてくれる。               コリン・ターナー    今日は寒い一日でした。銀杏がまっ黄色でどこもかしこも黄色い世界。風が吹くと黄色の葉が散り舞ぃ美しい。  今日は玄関で、いつものご近所さんに会うとそのおじさんは言う。「寒いねぇ寒いのは、一番嫌だわ・・・」「でも、夏になると夏は嫌でしよ。寒いと冬は嫌だでしょ・・・」 「いやぁ寒いのは嫌だよ。なんにもでき...

オードリー・へップバーンに思う

  あらゆる幸福の源は感謝することである。         ギルバート・キーズ・チェストーン  人間は人間関係の中でしか成長できない。         ポール・ツルニエ 今日は歩きました。あまりにも心地よくてね。寒かったけれども太陽が心地よくてね。 公園の紅葉を見ながら散歩する老いのひとひや落ち葉が美しいし、心にはなんにもなくてただ散歩。ご近所さまに会いて挨拶し夕焼けに「あーあ美しい」と声を出し一...

言葉は心の使いであり、

 「人間はね。自分が想像した以上に、はるかに偉大な力が備わって いるんだよ」          「病気はね。忘れることによって治るんだよ」                    中村天風 ですよね。私は信じるのですよ。ふふふ。のんきでいい加減な性格。こだわらないから、かえっていいのかもです。 今朝は整形外科に行ったら、とてもわたしと気の合う介護士さんといろいろと話題がいっぱい。そこへ私の知人がこら...

「われ了左においてほとんど精魂尽くす」中江藤樹は人を育てることに生涯賭した人である。

 十二月三日 寒い一日でしたが、晴れて太陽があるとありがたい。温い。 今日はいろんなご近所さんやら、お隣さんやらお話ができてよかったわ。 さあ~~今日は亡き父のおもいでを。     ーーーー小さいころの思い出ーーーー 笑うも涙、せつなくも涙、涙のいろはなんだったかなああ~? 「プ―」と思いだすたびに笑えてくる、亡き父の何とも言えない悲し気な顔。どうしようもないという父。老いた今、思い出しては、ふ...

ゲーテの「処世のおきて」・・・「気持ちのよい生活を作ろうと思うなら」

  「古人の跡を求めず、古人の求めたるを求めよ」  南山大師           さあ今日は、はつらつクラブでした。チョコボラ(ボランティア)です。12月のバースデイの方は4人でした。とてもお元気な94歳の方。おひとりずつ、バースディソングを歌いましてね、一言いただくのです。皆様お元気でうれしそうです。楽しい時間です。笑顔がとても素敵だからね。ふふふ。 けさは喫茶店でね。読売新聞を読んでいましたら、"時...

・・・・金くれる亭主は丈夫で留守がいい朝ねゆったり夜は火遊び・・・・

 早いワァ~~もう師走です。 なんて早いのでしょう。 今日は、朝ドトールまで、土日はいつもゆくと仲良しのお友達と楽しい珈琲タイム。優しい友でしてね。ひとりの方はいつも手作りしてくださる。 先日は、豚汁を、今日は土手煮をパックに入れてくださいます。うれしくなっちやう。今日はその植えに薩摩芋をくださった。ありがたい。 このお二人が、12月、もう少ししたら入院して手術なさる。 おひとりは胆石の手術、もうお...

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽