おばあちゃんのひとりごと

Entries

おもしろの春雨や花を散らさぬほどに・・・味わい深い言葉・・・

 歴史意識とはーーーしまった、とんでもないことをしてしまった
、どうしようという悶えだ。
                              小林秀雄

 さあ、昨夜お月さまが綺麗でしたね。 うつくしい。 ありがたい。
ゆっくり見れました。 久しぶりの友から電話が入り、嬉しくてね。
話した。 話せた。 一時間以上かな。 私、料金が心配になって
しまったけど、まあいいか? その人も裕福だからと思い、いっぱい
話しが出来て幸せ。 昔の古い友人の話やらね。 いいもんです。
 思いだしちゃう 昔の日々を、そう思いながらその友の話を聞く。
独り暮らしでがんばっておられ、やることがいっぱいあって大変み
たいです。 田舎で家を一軒、もっていると、いろいろと、近所付き
会いやら草取りやら、まだまだ、いろいろありそうです。
 「忙しくて嫌になっちゃよ」 と、言われるのでね。
 「神仏が貴女ならできると、認め見守り、そうやってがんばらせて
いただけるのよね」 と言うと 「疲れたわ」 「ホント疲れるわよね」

 でもね、私のように暇になると、忙しい友が羨ましく思え、誰も彼
も、人はなんといっても、ないものねだりよね。 

 しかし こうして腰痛をしてしまうとね。 もう動けない。
 このお暇な日々が、ただ、ありがたい。ありがたい。私。
 そして、友を元気つけるためにも、そして、本当のことだから……。 
 「そんなこと言っちゃぁダメよ。 だって動けるのですもの」
 「いっぱい、やらせていただけて、ありがたいって思うことよ」って。
 これは本当の気持ちです。 働ける元気がなによりしあわせ。 
 いろいろの話しの中で いろいろと、教えて下さったんだけれども、
 この友人があるところに行きそこで、それとなく、私のことをある方
に、私の姓だけ、言ったらね 「貴女のこと、ご存じで貴女の名前を
いわれたよ」 って、・・・・ビックリして教えてくださったのよ。うっふ。
 有り難くなっちゃう。 だってお会いしたこともなく、お名前だけ存じ
ている方で、尊敬してる女性だから…} 
 結構 私 ゆ ゆ 湯名人かも? 冗談です。毎日を笑顔で過ごし
たいもんです。
 老いの日々をうまく生きなければね。まだ、未来がある?ある?

    お上手に生きる  
  
  ずるい 賢い 
  
  でも そういう人に
  会うとね 考えちゃう

  ずるい 賢い ってね

  上手すぎて 見えなくて まちがう
  うんと 爽やかに 空の上ゆく

  口少なくし
  
  太刀打ちはできないゆえ
  微笑んでいるがいい

  世の中を渡るが 上手いはいいな

  ゆえに 堂々と 溌剌 
  颯爽いくしかないと
 
  おじょうずは下手というよりできん

  まず やってみなくちゃあ
  あらら バレバレかなでも努力よね 

  なんにつけてもできぬ努力もありか
  
  自分が正しいと信じて 
  ずる賢くまわる できんか

  みんな違って みんないいか 

  としかさねても なかなかに
  ああ できぬ努力はやめとこう
--------------------------------------------------------------
日本人の心に響く名言                川村真二 著

 仁に過ぎれば弱くなる、義に過ぎれば固くなる、礼に過ぎれば
諂いとなる、智に過ぎれば嘘をつく、信に過ぎれば損をする。
                (伊達政宗 「伊達正宗五常訓」)

 伊達政宗は戦国の世にあって梟雄といわれた人である。 梟雄
とは悪くて強く勇猛な英雄という意味である。 壮絶なる乱世のな
か、領土の争奪戦に明け暮れ、ついに奥州仙台62万石の大大名
となり、三代将軍家光のときまで生きその閲歴は他の大名を圧倒
した。
 ーーー省略ーーー
 バランスよく行うことが実人生を生き抜く知恵なのである。 一つ
の説くも苦に偏らず、過不足なく生きることはすなわち中庸の徳に
いたる。 これも一つの極みであろう。

 秀吉が称賛を惜しまなかった毛利の名将小早川隆景は、味わい
深い言葉を残している。

 「おもしろの春雨や花を散らさぬほどに
  おもしろの武道や文学を忘れぬほどに
  おもしろの好色や身を亡ぼさぬほどに
  おもしろの儒学や武備のすたらぬほどに
  おもしろの権勢や他に誇らぬほどに
  おもしろの酒宴や本心を失わぬほどに
  おもしろの利欲や義理の道を塞がぬほどに
  おもしろの釈教や世理を忘れぬほどに」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

     ともと話すなんだかむかし懐かしくでも過去は去ったないまを大事に

  俳句

     ちちははを思う田舎は秋穂実り

  川柳

     美しや満月見とれ手を合わす 

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽