おばあちゃんのひとりごと

Entries

皆さん ”キャンドルサービス” を、ご存知ですか。

 人生は、書物のそとで聞く時は音色が違っている。
                  ロマン・ロラン

 なんか意味深いことばですよね。 なんていうか、同じ言葉であっ
たとしても全くとる側の心理によって、またとる側のその時の状況に
より、まったく異なるものです。
 読書をしていても、その時々の自分の心によって、今まで輝いて
いた言葉が、ただのなんでもない言葉に感じるようになったり、気に
もならなくなる。 そしていままで読みもせず、眼にもしなかったとこ
ろが輝き始める……。そういうことってありませんか?
 わたし・・・。
 心が、自分の心が、何らかの変化してるのだなと感じる。 それ
がいいことなんだと思うのです。 なぜなら、自分の心が、少しずつ
変化していることなんだと思うからです。 常識的にいくならば、よく
なっていると、ホントはいいもんですが……。 うっふふ。 ね。

 昨夜は、尊敬する女性、もう90歳に近い方ですが、お電話を下さ
り、昔の知人の方らの話しやら、お亡くなりになられた方のことなど、
いろいろと懐かしい世間話を聞き、ひととき 満たされました。 
 旧い友の話を聞いてたら、会いたくなるなあぁと思ったら、そうしたら、
まるで通じたように、今朝、また、他の友人から電話が入り・・・。
 「昨夜ね。 あの方から電話が入り・・・」 と、話したら、その仲間た
ちに、すぐ連絡してくれてね。 きっと、みんな会いたいと感じていたよ
うで、11月に会うことになり、楽しみ。楽しみ。 

   {詩}
  ちいさいいとき

  小さいときは それが
  いいことか 悪いのか
  それさえも わからない
  そんな 小さいときがあったんだ

  だからね 悪いことなのか
  いじめたり いじめられたり
  いたずらしたり 悪ふざけしたり
  危険すれすれだったり

  なんにも それが
  いけないなんて 知らず
  おばかだったんかなぁ
  でも そうやって 子どもって育つ

  そう思うんだ
  みんな 賢くて
  いい子ばかりじゃあない
  教えてもらって 教えられてね

  なんでもを知る だから
  ひとことでいい 誰でもが 
  いけないことは いけないと
  いいことは いい と 教える

  そして 深く 考えさせること
  傷付けたり 傷つけられたり
  それが どれほど いけないのか
  そうやって 子どもは 大きくなると思うから

  小さいいころから 深く 考える 大切さを
  教えてあげるがいい
  経験をして 考える 大切さ
  みんなで みんなで 教えられたらいいね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 心の開眼          松原泰道 著

ーーー 昨日の続きですーーー
皆さんは、”キヤンドルサービス” を、ご存知でしょう。 暗やみの
なかでローソクの火を、一人ずつ順にともしあっていくと、それまで
真っ暗だった周囲がしだいに明るくなっていくでしょう。ローソクの
火の明るさは少しも減りはしません。 私たちが人のために、どん
な小さくてもよいことをしていくなら、しだいに世の中も明るくなって
いくでしょう。 しかも自分のした徳は少しも減りません。
 良くも悪くも小さいことが集まり集まって、善と悪のそれぞれの
結果を生むのです。 釈尊が教えられるように、針の先で突いた
ほどの善悪の小さな行為がすべての基です。
 永遠にとか無限にとかいいますが、いずれも、今・ここから始ま
るのです。 今・ここの自分のあり方が、永遠につながるし、また
周囲に影響を与えてまいります。
 ーー省略ーーー
 こどもさんにもわかるように次のようにやさしい言葉にしてお伝
えしています。

  小さいことでも 少しでも
  悪いことはやめて
  善いことをして
  人によくしてあげよう
  これが
  みほとけの教えです


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   短歌

    地獄じゃ極楽じゃってついいって生きているうちにわかってるよう

  俳句

    銀杏の樹少しずつ染まる朝の道

  川柳

    政治談議珈琲仲間と話す朝


 間違えてね。 またも、 追記に書いちゃいました。
もしよろしければ、訪問してくださいませ。
 ホント、苦手なんです。 パソコン。(苦笑)    
 失敗ばかりなんです。
 自分に 「ドジめ。 なんとかならうぬのか!」
 自分で 「なんとも なりませぬ」 ああ ため息。ふー。


 幸福とは、幸福をさがすことである。
                  ジュール・ルナアル 

 「どうか僕を幸福にしようとしないで下さい。それは僕にまかして
  下さい」
                  アンドレ・レニエ

 親は子を、夫は妻子を、恋人は恋人を……
 幸福にしたい……と思うでしょう。 しかし。
 そういう気持ちって、すごく大切だけどね。 でもね。
 やはり、幸福というのは自分が感じることだな。 誰もその幸福が
何かがわかりはしないもんね。 自分の幸福なんですもの。
 私ならば、美しい花を見るだけで、幸福になれるんですもの。
 みんな 違うものね。 幸福は感じるのはみな違うと思うから・・・。 

 ブログを訪問しただけで、海に、花に、紅葉に。神社に、山に、高原と、
そして、犬に猫、かわいいお子さん方の話やら、何だって、盛りだくさん
幸せは、幸福はここにもあります。 いっぱいね。 それで幸福なんです。
 わたしは・・・。 幸福って、不思議。 自分の気持ちなんですもんね。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽