おばあちゃんのひとりごと

Entries

 <これをしても親は怒らなかった。あれをしたときも何も言わなかった> やがて大きな”難事”

 どんなちいさいことでも、してはいけないことは、子どもに教え
 なくてはいけません。 親が、見て見ないふりをしたり、したい
 放題にさせてはいけません。 
 そうしていると子どもたちは、<これをしても親は怒らなかった。 
 あれをしたときも何も言わなかった。> と思い、ますます自由
 気ままになって、やがて大きな ”難事” につながってくるの
 です。
                  「幸せは急がないで」 久我高照


 今朝久しぶりに姉からメールがきた。 「元気でいますか・・・」 と。
私は、腰痛のことを書き「加齢みたい……」 としたら、「私より5才も
若いのに……私は自転車の競技に……」 と、姉は元気でいいな。
 子どもの頃より、姉は優等生で大人しく、私はよくいえば、天真爛漫
悪く言えばノ―タリンだわ。 なんでもやっちゃって、悪いことに気ずく
だから怒られたり叱られたり……。だから、叱ってもらえてよかったな。
もちろんほめられるようないいこともしたかと思うけどな? たぶん。
と思う。 この言葉がぴったりの子どもだった。 姉はやる前から、気
いつけていた。 私が怒られたりするのをみていた。 だから子どもも
いろいろあるなぁと思うが、小さいうちからきちんと叱るのがいい。
 笑いながら𠮟るのは、許されるんだなって? わかっちゃう。アッハ。
子どもは親の感情をちゃんと見ぬいている(自分で経験したから)
 厳しさは、とても大切。亡き父は優しいけれど、厳しく怖かった。
 父の前で正座させられた時のこわかったこと。 今でも覚えている。

 {詩}思うそれとなく思ってたこと

  とっても不思議なんだけど
  ほんの ちょっとした何かを
  思ったり 浮かべたりするでしょ
 
  ふっとしたときになにかを 思うでしょ

  それが ふと 本当になっちゃったり
  あれれ あれ あのときに 思ってたなぁ
  不思議  不思議だわあ
  
  ふと思い浮かべたことが じつは 現実に
  
  ちゃんと なってる
  不思議なんだけど
  そういうことがある

  だから いいことだけを 思わないとね
  
  それが とっても 大事なんだ
  そうそう いつも ほほえみ 
  そうして すべてを いつくしむんだ

  いいことをし いいことを 思うがいいと思う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 人みな心あり           庭野日敬対談集 より

 「才能を伸ばす家庭教育を」
                 鈴木鎮一(才能教育研究会々会長)
 ◎私がいいとおもうところだけを抜粋させた「小さな続書」◎

 {子どもの生命に対する畏敬}

鈴木 私がいつも痛感しているのは人間、ことに親は子どもの生命
に対する畏敬の念を、もっと強く持たなくてはいけない、ということで
す。 能力をはぐくみ、それを育てるのも生命ですし、脳そのものを
支配しているのも生命だ、と私は思っています。 親たるもの、その
貴重なわが子の生命をむざむざ粗末に扱ってはいけません。

庭野 仏教にとって、何が一番大切かと言いますと、それは ”永遠
の生命” という言葉です。 お釈迦さまは、その言葉のもつ意味の
尊さを、みんなにわかるように説かれるために、なんと50年もの歳月
を費やしておられるのです。 つまり、ありとあらゆる理論をつきつめ
たうえで、はじめてつきつとめることができるのが、生命の問題と言え
ますね。 

鈴木 じつは仏教について、私には、ひとつの経験があるのです。 
 生命に対する畏敬という問題をしきりに考えながら、あるとき、ふと
仏教の本を開いたのですけれど、読んでみて驚きました。 私が考え
た通りのことが、すっかりそこには出ていたんです。

 お釈迦さまの知恵の深さに改めてびっくりいたしました。

ーーー省略ーーー
鈴木 私は十七歳のときに、トルストイの思想の影響を受けて、

 ”良心は神なり”

 の、教えを守ってきました。生命の求めるところに従がうわけです。 
能力もそれに忠実であってこそ育つものなのですけれど、私がそれ
を言うとお母さんたちは ”先生、それは宗教じゃぁありませんか”と、
くる。 そこで、私は答えるのです。 ”いや、宗教の中にこそすべて
がある……そこには大宇宙に対する認識から虫ケラの命に対する
いつくしみまでが含まれているじゃないですか。 私たちは、生きて
いるじゃあなくて、そういう大きな自然の摂理の中に生かされている
のですよ”  つて……。
ーー省略ーーー

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  自然の摂理の中に生かされてる。 そうですよね。生かさせてい
ただいている。 だから自分のいのちを大切に思うことは、周りのす
べてを、いつくしんで大事に思い、生きていきたいなぁと思うのです。


 短歌

    山に住む姉は紅葉美しいとメールが届く元気が嬉し

 俳句

   葬式だと吾息よりメール秋深し

 川柳

   腰痛でダラダラしてて太り気味

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽