おばあちゃんのひとりごと

Entries

「この子どもたちを立派な仏教徒にするには、親としてなにを・・・」

 僕が言いたいのはただ一つ 「自分の頭で考えろ」 ということで
 す。 自分の頭で考えればドジも踏むかもししれませんが、人に
 言われたことをやってマイナス点が出るよりましです。 それに自
 分の考えでやって失敗したなら、まだ反省の余地があります。
                    養老孟司 「寄り道して考える」


 朝からのテレビを見ては、なんという事件なのかと。 戸惑いぬ。
「線路に置き石」 「高速道路のうえの橋から石やら卵?」 「ラーメン
が先で餃子が遅いと4時間も・・」 「小学生が大麻?・・・・? 」
 うーん、 
 これらに、唖然としました。 そして、明るいニュースのラグビーや、
フィギュアスケートにテレビの前でひとり拍手。 並々ならぬ努力の賜
物でしょう。 ひとり、大喜びするのです。 立派だなぁ。 

  ☆自分の人生だよ☆

  なにが悪いことか
  どんなことが いいことか
  誰だって わかると思うんだ

  だから いまを 大切に
  いま しあわせを感じ 笑うんだ
  自分の人生だから 自分でつくる 
 
  あのね 誰にもあるよ 
  誰の心にだって いろいろあったし あるし 今からも
  怒り 辛い悲しみ 悩み 苦しみ 腹立ち いらだち 
  
  自分だけじゃあないよ
  迷惑をかけたり わるいことをしたら
  誰の責任じゃない 自分なんだよ
  
  だから いいおこないを努力だよ
  わるいことをしたり 考えるも やめたがいい
  誰のじゃない 自分の人生なんだから

  すべては自分のことだし
  すべては自分からはじまり
  自分のおこないが 自分にかえってくるんだ

  そう思うことだ!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 子育てのこころ
                    盛永宗興 著 
 
 {幸せの条件に宗教が宗教が必要}
 私は毎年八月にはイギリスへ行きまして、そこで百七十人ほど
の現地の人たちと一週間一諸に泊りこみ、坐禅の修行とお話を
するということをしています。 このような行事はロンドン仏教会の
主宰で、第二次世界大戦終結の直後からつずけられています。
 若い夫婦が泊りこみで来るときには、どうしても子どもを連れて
こなくてはなりません。 そこで子どもの施設もちゃんとできてい
て、今年も赤ん坊を抱っこした若いお母さんたちが三,四人来て
ました。
 その彼女たちが散歩の時間に、子どもをかかえて私のそばに
やってきて、質問をしてもいいでしょうかといいますから、何ごと
かと思いましたら、

 「この子どもたちを立派な仏教徒に育てるためには、親として何
にいちばん気をつけなくてはいけませんか?」

 というのです。
 その人たちは、日系人ではないのです。 伝統的なキリスト教
の教化を受けてきた若い白人のかたたちがいま、数は少なくとも
そういって自分も仏教徒として、一生懸命修業をしたいが、同時
に、抱っこしているこの小さな子どもを仏教徒にするためには、何
がいちばん大事だろうかという質問をするのです。 そのくらい西
洋の人たちは、子どもが幸せになるためには、やはり宗教的なも
のが大切だということを深く心に知っているのです。

 それに比べていまの日本の人は、子どもの幸せを願うとき、まず
お金を稼がなくてはいけないと思う傾向が、たいへんに強い。 で
も私の子どものころは、しょっちゅうお天道(てんとう)さまというjこと
聞かされました。
 神さまとか仏さまとかいう言葉でなしに、親から、

 「誰も見ておらんでも、お天道さまは見ておられるんだから」

 ということを聞かされたもんです。
 これは、 ”だから、悪いことができない”  という意味と、もうひとつ
”だから、たとえおまえを誤解する人があったとしても、心配しなくてい
い。 お天道さまはちゃんと、ほんとうのことを見ていてくださる” とい
うふたつの意味があったのです。
 ――ー省略ーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   「枯れ葉よ」を口ずさみ踏む公園の彩どりカラフルな落ち葉

 俳句

   秋空が美しすぎて見あげてる

 川柳

  幼稚なる犯罪にあるそのこころ

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽