おばあちゃんのひとりごと

Entries

こういうものが貴い教師の文化遺産なのです。

 四十歳までは、なにごとも強気で押してゆくのがよい。 しかし、
 五十歳になるころには、控えめにするのがよいだろう。
                              山本常朝

 五十歳もはるかにすぎたわたし。 だから、ただ ただ 穏やかに
微笑んで、過ごしたいと思うのです。 
 昨夜は友人が、四人泊りに来てくれて、積もる話ができ楽しいもの
でした。 友達とはいいものでね。 なんだかんだ、大笑いし いいも
のです。 いま、シーツを洗い干して、布団をしまい、ほっとひと休み。
 楽しかったなぁと思いにふけるのです。 
 やはり、いい人との出会いは大事にしたいものです。 
 楽しみにして待っていましたが、一瞬の間だわぁ。 さあぁまたいい
日にしていきましょう。 今、他の友人から、 「30日に暇があるから、
ランチしない」 とメール、 「サンキュー。オッケー」 とメールした。

    むかし むかし

  おじいさんや
  おばあさんが
 
  どこにも 神さま 仏さまはおられると
  手を合わせ なんまんだぶ なんまんだぶつ 

  そういうふうに わたしも いきている
  いつでも 神さま 仏さま ご先祖様に手を合わす

  そのおじいさんやおばあさんがしてたように
  教えてもらったわけではないけれども 同じことをしてる
  
  ありがたい ありがとう おかげさまで
  いまの幸せを 感謝……なんまんだぶつ

 そうしていると とても 不思議なんですが 
 なんだか いい気持ちになれるのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 到知  2015・1・
 日本の教育を取り戻す
 {昔、肥後の国に教師ありけり      中村学園大学教授
   葉書で伝えた教師の技と文化}          占部賢志
  ーー省略ーー
 「継ぎゆく者へ」
 教師B  ところで、今日ぜひお聞きしたいのは、先生がこれにま
       さる教育書はないと絶賛されている書簡集についてで
       す。
 占部   わかりました。 かって熊本市の中学校に大槻幹雄とい
       う名校長がいました。 亡くなられた後、有志の手で遺稿
       集ーー継ぎゆく者へ魂を込めてーー」 が編まれています。
       内容は当時の福岡県の小学校に新任教師として赴任し
       た息子に宛てて、熊本から現役校長の父親が二年間に
       わたって教師としての心得万般を書き送った膨大な量の
       葉書を収録したものです。 達人の卓越した研究と実践か
       ら紡ぎだされる箴言の数々には、深く魅了され鼓舞され
       たものです。
 教師C  まさに、父から子へ伝えられた教師文化なんですね。
 占部   ええ、例えば、息子の赴任した学校の写真が新聞に載っ
       た。 それを見て、こんな葉書を出しています。

       「いい学校だ。玄関の車廻しの花壇があれているのが気
        にかかる。 暇があったら一人でコツコツ整美するのだ。
        子どもといっしょに箒を取るのだ。 教室以外での接触が
        大切だ。……情熱を燃やしてみるののだ。 では元気で
        なあ」
 教師A  心温まる文面ですね。 こちらまで元気ずけられます。
 占部   新聞の写真にちらりとみえた花壇の荒れから、息子が赴任
       した学校の実態を見抜く。 これが練達の校長が磨き上げ
       洞察力です。 こういうものが貴い教師の文化遺産なのです。

――――――――ー次回にーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   うらやましい友は言う言うひとり住む吾を納得させるが如く

 俳句

   眠れぬ夜パトカーの音秋風の音

 川柳

   若いパパしゃべらずゲーム子もゲーム
 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽