おばあちゃんのひとりごと

Entries

喧嘩、傷害、窃盗、麻薬密売、恐喝、婦女暴行など悪事の限り・・・。

 思い通りにならぬからといってくよくよするな。 思い通りになった
 からといっていい気になるな。
 今の幸せがいつまでも続くと思うな。 最初の困難にくじけて逃げ
 腰になるな。
                       「采根譚」 守屋洋 


 ドキリと胸にきます。よね。 でも大事なことです。
 ついついそのとき、そのとき、この言葉を思い出すことで、八ッとし
ます。 なんとかなるもんです。 どんなことがあったってね。
 くよくよもするし、いい気にもなるもんです。 でも、ほどほどがいい
ですよね。 なんでもが、「過ぎたるは及ばざるが如し」 ですね。
 もうすぐお正月です。 なんか年を重ねるごとに、一日が早いのは
なんとも不思議なことですが、むかし、おおばあちゃんがいつも暇に
しておられるなかで、「早い。 一日が早い」 って言っておられたの
を、思いだし、その通りなんだなぁと思うのです。 老いていくごとに
早くなるのですもの。 おおばあちゃんのいっていたこと。その気持
ちがよおくわかるのです。其の当時は 「なんで?」 って思ったわ。

  早い 早い

 なんにもしてないのに
 あっという間に ときは過ぎゆき
 知らぬ間に 老いていた

 なんでだろうなぁ あたりまえなんだけど
 気ずかず 気ずき 気ずくが 気ずけず 気ずいてこず
 一秒 一分 一時間 一ヶ月 一年早し

 さあ ちょっと おもしろいけれど
 あの世の人が 「早くおいで」 と 招いているか
 呼んでいるから 「来い 来い」

 だから 時が早いのかしらん
 だから老いるほど早く感じるのかな
 なんだか そう 思えるからおかしい
 
 追い返さなきゃぁ 
 「ゆっくりしたいので お待ちください」 
 「この世が好きだから まだ 逝けません」

 あの世は だあれも知らない世界
 今の世がいいわぁ 
 いまをちゃんといきていかないとね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 到知  2015・1
 {愛は教育魂}   
  教育環境に恵まれず、道をを踏み外す子供たちの姿に心を痛め
  ゼロから学校経営に乗り出した呉安鳴氏。 廃屋から立ち上げた
  学校は、子供たちを見事に更生させ、優れた人材を輩出して社会
  から高い評価を得ているという。 堅忍不抜の精神で臨んだ学校
  経営と教育に懸ける思いを語っていただいた。
  ーーーーーこの記事は、2014年9月5日盛和塾横浜で行われた
  講演をもとに構成したものです。

                    重慶行知教育集団菫事長
                               呉 安鳴

 「子どもたちの真善美の心を呼び覚ます」
 私は、中国、重慶の私立学校法人「重慶行知教育集団」 の代表
を務めています。
 ---省略ーーー
 私どもの学校に入学した生徒は、過去にどんなに大きな過ちを犯し
ていても、どんなに悪い習慣を身につけていても、僅か2,3か月でそ
の考えと行動が根底から変わります。
 以前、卒業式の日にある生徒の父親が職員室を訪ねてこらtれ、床
に頭を擦り付けるようにして礼をされ、感涙にむせび泣きながらおっし
ゃいました。

 「この学校に入学した時、息子は保釈されたばかりでした。 それま
で7回も少年院に保護され、保釈金と賠償費用は17万元を超えてい
ました。 地元の不良グループのリーダーで、近隣の人々からみかじ
め料を、巻き上げていました。 喧嘩、傷害、窃盗、麻薬密売、恐喝、
婦女暴行など、悪事の限りを尽くしていたのです。
 その息子が、おかげさまで無事学校を卒業し、現在ある会社で実習
中ですが、仕事もよくやっているようです」

 そのかたのご子息は、明るく、学業優秀な生徒であったため、私は、
驚きを禁じ得ませんでした。 早速、生徒を実習先まで訪ねたところ、
次のように話してくれました。
 
 「僕が学校に入ったの最初の日、36度の熱帯夜の中、呉先生は3
時間休まずお話をされ、「良知」 について教えてくだささいました。
 その授業が僕の凍った心を溶かしてくれたのです。 その夜は感動
のあまり一睡もできず、いままでとは違う生き方をしてみたい。 尊厳
のある人になろう。 と、決意しました。

 「行知」 は勉学には最適の環境で、仲間は誰もが努力し、互いに
尊重し合っており素行の悪かった自分の過去を恥ずかしく思うように
なりました。 この学校では、悪事を働く機会もなく、日々一所懸命勉
強に打ち込むことで、自信が付き、おかげさまでまともな大人になるこ
とができました」

 どんなに、道を踏み外してた子供でも、善良で美しい心を持っていま
す。 しかし、教師に真善美の心がなければ子供たちが持つ真善美の
心を呼び覚ますことはできないのです。 これこそが教育の本質であり、
ここに教育者の偉大な使命があります。 私ども 「行知」 の教師は、
その使命を全うすべく、日々尽力しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  疲れたな大掃除もせず動かずに過ぎていく日やもうお正月

 俳句

  温め食べ冬陽さす部屋でひるごはん

 川柳

  なんとなく一年の疲れたまったな

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽