おばあちゃんのひとりごと

Entries

四国のお遍路さんや西国の巡礼さんが頭に載せる笠に 「同行二人(どうぎょうににん)」 ・・・

 人や言葉との大切なものとの邂逅には神仏の不思議な力を
 感じる。
                    おばあちゃんのひとりごと

 邂逅とはめぐりあい。この言葉はとても好きです。 人生多くの
邂逅があり、その中で多くを学びます。 人も箴言もいろいろ・・・。
 さあて、数値を減らさないとね。
 今日から歩こうと頑張りました。 すっかり疲れて高架下にある椅
子でひと休みしていたら、若い方たちがとても楽しそうで、歌ったり
ダンスしたり、サッカーボールでうまく芸を練習している人やら、見
ているだけで、元気が貰えました。 いい世の中だわ。ありがたい。
 歩きながら帰る途中、周りは若者が多い。 みんな素敵だ。
 ドラマに出てくるようなまっ赤なコートでいく男性、靴下も赤、真黒
のコートで靴下が黄色の男性、可愛らしい女の子はピンクのコート、
またショートパンツをかっこよく決めてる女性。 綺麗だ。いいな。
 ああ見て散歩していると急な冷え込みゆえか一段と紅葉が綺麗
になり、青い青い空、白い雲、いい散歩ができる。 美しい。
 友人のひとりから 「テロの時にパリにいたのよ」 と、電話下さり、
バタバタお忙しい方ですので、慌ててお話をし切る。 私が慌てる必
要はないか? と! あとで気が付くわたし。 いつもピントズレで。

   なんだか笑える

  いつも
  いつも
  考えがないな
  もう一歩 深く
  かんがえたらいいのに

  いつも
  いつも
  相手に合わせてると言うと
  聞こえはいいが
  ドジで早とちりなんだな

  人には
  えらそうに
  七呼吸したがいいよ
  そうすると いい判断できるから
  自分が全然できてないんだもん

  鏡に自分を映し

  アッハ
  イッヒ
  ウっフ
  エッへ
  オッホ

  ひとり自分を 自分が 笑っている
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こころの開眼
                    松原泰道 著

 --途中よりーーー
 小学校六年生の野村文生訓の「詩」
 「私と私」 の新聞投稿の一編。 続んでみましょう。

  鏡の中に私がいる
  私の目に 私がうつる
  ひとりでに にこにこしてくる
  おこったときでも かなしいときでも
  自然ににこにこしてくる
      (中略)
  鏡の中の私が
  私に なにか話しかけてくる
  私が 話しかける
  すると私はすなおになる
      (中略)
  鏡の中に 私がいる
  私の中に 私がいる

 野村文生君のこの詩から、「自分が自分にめぐりあう」  意味を
続みとりましょう。 鏡に映る自分の面影を良く見つめることによって
私たちは、自分の中に隠れているもう一人の真実の自分にめぐりあ
えるのです。 影と本体とはいつも一緒です。 感情のままに動く私
は、いわば、鏡に映る影の私です。 影の私から何か話しかけられ
て、私たちは、真実の 「私」 に出会えるのです。
 真実の私と感情の私とが、、小さな私たちの身中にいつも同居し
ています。 この事実を 「同行二人」 と申します。
 四国のお遍路さんや西国の巡礼さんが頭に載せる笠に「同行二人」
と書かれてあるのをご存知でしょう。 遍路さんはは弘法大師さまと、
巡礼する人は観音さまと、それぞれ 同行二人の旅を続けるのです。
弘法大師・観音さまとは、私たちの中に埋みこめられた真実の自己
を象徴されるのです。 感情のままに動く自分を感性的自我(凡夫と
いってもよい)といい、感性的自我の中に隠れている真実――本当の
自分を本来的自己(如来の心)といいます。 遍路や巡礼の聖蹟や
霊場を訪ねる旅は、じつは私たちの心中に真実の自己を求める修業
にほかなりません。
 ---省略ーーー
 感情のままに変わっていくあさましい自分の顔を鏡で見たとき、
 「そんな顔はやめたらどうだ」 と。 笑顔に引き戻してくれるのも自
分です。 このもう一人の自分を 「本来的の自己(セルフ)」 といい
ます。 感性的自我と本来的自己との二人の対話を示すのが 「坐」 
の字です。 他者との対話も大事ですが、さらに欠かしてならないの
が、エゴとセルフとの 「二人の自分との対話」 だと、思います。

 私たちは、泣いたり笑ったりするのが自分だと思い込んでいるところ
に、混乱が起きるのです。

 「泣いてるぞ、笑っているぞ、そんなことじゃぁダメだぞ」 と自分を
リードしてくれるもうひとりの自分に対話ができてきますと、自然に自分
をコントロールできるのです。 しかし、残念なことに今は自我を主張す
ることだけが中心になっています。
 
 この自我を批判するもう一人の自己を開発していく教育が、遅れてい
るのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

    病院の待ち時間のなか待つ人の人生模様うかがえおかし

  俳句

    初ページ葬儀不要と先ず記す

  川柳

    その友のその一言は消しておく
  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽