おばあちゃんのひとりごと

Entries

悲しみがピカソに筆をとらせ戦争の惨状を訴える 「ゲルニカ」 が誕生。

 その気になってよろこぼうと身構えていますと、よろこびはおのず
 からやってくる感じがある、 よろこびたい心の触手を大きくひろげ
 て待ちかまえていることが大事なんですね。
                     五木寛之 「生きるヒント」

 そう思うわ。 毎日を楽しく生きることが一番大事だと思うのです。
 よろこびたい心の触手を大きくもつことです。 っていいですね。
  今朝久しぶりに早めにモーニングコーヒーにいきましたら、、知人
お二人に会い有り難いことに朝から話ができました。 ひとりですと
一日ややもすると会話なしの日があるものです。 だからありがたい。
 週刊誌の「女性自身」手にしました。 先ず読んだことはないのですが、
偶然その知人が読んでおられ、ついでに読んだのです。 必然だわ。
 ◎   ◎   ◎  <女性自身の中より>
 マララさんの映画のグッゲンハイム監督のマララさんのお話。
 (私の見たい映画のおりの話……みたい)

 「君はつらいことは口にしないね」 と語りかけたときマララさんは、
 「そう 私はつらいことは言わないの」 と答える印象的なシーンがあり
ました。
 そう あの言葉は刺さったな、彼女がどれだけ大変な人生を生きてい
るかは、多くの人々が創造できるけれども、彼女はあえてそのつらさを
語らない。 そこに、 ”覚悟”を感じたよ。

 ◎    ◎   ◎
 
 なんか、じーんとします。

  ★つらすぎることは口にしない★

  人間だから
  つらい話はしまっておきたいのに
  だけど 弱いから
  つらい話は心にしまいたいのに
  つい 口にしたくなる
  話せば聞いた人もつらくなるなのに
  
  ああ そこの思い遣りにかけてた

  だまっていたがいいのに
  でも弱い私は つい うっかり
  若い頃 つらくってって
  誰もがある つらいことの数々を
  つらくって つらいなぁって
  自分だけが つらいとしか 考えず

  老いるごとに その愚かさを知る
  そうじゃあなかった 誰にも
  みんないっぱいあるんだ
  気がついて あきれそれも情けない
  ハッとし 口にしない人になったのは 老いてた
  お恥ずかしいことでした

  アッハ だから いまは
  なんだって笑うことにしてる
  辛いなんてことは忘れ いつも
  よろこびがくる 喜びを待っている人に
  信じる よろこびを
  若さゆえの愚かさを知る老いよ

  愚かなる人生も いまでは善き哉
  そうしかできなかったんだもん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  天才の100の言葉
                       山口智司 著

 「いや、違う、君たちだ」
               パブロ・ピカソ (画家)
 パブロ・ピカソハ、次々と作品のスタイルを変えて、絵画の新境地
を切り開いてきた20世紀が誇る天才画家、代表作の1つの、「アヴ
ィ二ヨンの娘たち」 は、現代美術の出発点ともいわれている。
 斬新なスタイルとともに、最も多作な画家であり、生涯を通じて2万
点を超える絵画作品を残した。 
 数多いピカソ作品のなかでも、有名なのが、「ゲルニカ」 だろう。
 「ゲルニカ」 にはこんな逸話がある。
 ナチス占領下時代のパリ、ピカソのアトリエに検閲にきたドイツ大使
が、 「ゲルニカ」 を発見して尋ねた。

 「これ描いたのはあなたか」
 問いに対して、ピカソはこう言い放ったという。
 「いや、違う、君たちだ」

 1937年、ドイツ軍はスペインの内戦に介入して無差別爆撃を行い
小さな町ゲルニカでは住人の3分の1が虐殺された。 その怒り、悲し
みがピカソに筆をおらせ、戦争の惨状を訴える 「ゲルニカ」 が誕生し
たと言われている。
 絵画を武器に権力と戦ったピカソの反骨精神あふれる言葉。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   早や師走アッと言う間にすぎちゃった知らないうちにすっかり老いて

 俳句

   夢の中金縛りにあい冬の夜

 川柳

   夢なんだ立派な人になるが夢
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽