おばあちゃんのひとりごと

Entries

その昔、インドに”三かく長者” と呼ばれる大富豪がいました。

 よろこびがなさそうなところにこそ大いなるよろこびがかくれている。
音もなく地面にまいおちる枯れ葉でさえよろこびをはこんでいるのだ。
                             ブラン・チャ―ド

朝、散歩に出たらね。 久しぶりに若いママさんに出会った。 
 お友達と一緒だったので、 「わぁ久しぶりね。、またね」 って。
 たったひとことの挨拶でも、嬉しいもんです。 私はそれだけで元気
になるのです。 あれれ、意外と暖かいなぁと思ったら、忘れていた。
ホッカイロを背中に貼ったんでした。 ひとり、可笑しくて笑えるのです。
 なんだって、どんなことでも笑えた若い日が、ふと、思い出され……。
 また、笑う。
 そういう気持ちを忘れないでいくよ。 ひとり笑い、 なんだって、自分
の考え方ひとつ。 喜んでいかなくちゃぁ。

  ★まぁ いいかぁ ★

 毎日 なんかかか あるもんだ

 いろんなことが あるから考える
 いろんなことに あうから考える 
 いろんなことに 気がつかされる
 いろんなことに 気がつくと
 いろんなことを 考えすぎてしまう 
 いろいろを知り 察し いいかぁ どうかなぁ

 毎日 いろんなことはできる
 
 そして つい 余分に 考えすぎる
 周りの人のことで いろんなことに 気を病み
 なんとなく ああ思ったかな こう感じたかしら
 なんとなく それが、分かる気がしてくる
 本当は 違う 誰もなんにもないと思うに
 ああだ こうだ なんだ かんだ 思いすぎる

 そうなんだと思う

 思いすぎない 先走らない
 それは 取り越し苦労
 勝手に 気を遣い 気を病まない
 ほどほどに忘れ 暢気に行こう
 ほどほどがいい そして
 まぁ いいかぁ なんとかなる

 なんとかなる  なるもんさ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 幸せは急がないで
 <尼僧が語る愛の法話45編>第29話  瀬戸内寂聴様他7人著
   
ーー-生まれたときも裸なら 死ぬときも裸なりーーー

 その昔、インドに ”三かく長者” と呼ばれる大富豪がいました。
三かくとは、恥かく、義理かく、欲かくーーのこと。 つまり恥をかき、
義理をかいてでも、欲をかき、わずか一代でで巨万の富を得たため
に、”三かく長者” という、あまり名誉ではないニックネームをもらっ
てしまったようです。
 
 その長者がやがて年老い、いよいよあの世からのお迎えが来そ
うになったころ、、遅ればせながら気ず気ました。 他人を騙し、傷つ
けててまでせっかく貯め込んだ財産なのに、死ぬときにはビタ一文
持ってゆけず、すべておいてゆかねばならない、ということに。
 持っていけないばかりではない。 いざというとき何の役いもたた
ないということに。
 
 今まではお金の力にものおいわせて、あらゆる幸せは買いとるこ
とができ、またどんな苦しみもお金で解決できると錯覚していたが
、いちばん大切なものはお金ではどうにもならない、ということに。
 臨終のとき、いかにお金を積んでも命をあがなうわけにはいかな
い。 憎しみと変じてしまった愛を、お金でとりもどすこともできない。
そればかりではありません。 
 ひとつ間違うと、後に遣った家族や親類の遺産相続争いの種に
なりかねません。

 ”かけがえのない生活を費やして追い求めていたものの実態は、
こんなにも情けないものであったのか”  と、ようやく目のウロコ
が落ちた長者は、息子を呼び寄せて自分の葬式の仕方をたのみ
ました。 
 「棺の両端に穴を開け、両の手を左右に出しておけ」 と。
長者は、後に遣る人々に、
 ”これほどかき集めた財産も逝くときは空手だよ。 みんな置い
てゆかねばならない」 こんな生き方は私ひとりでたくさん。こん
な生き方はしなさるなよ”
 と、伝えたかったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   寒くなりこれが冬だと実感し冬日差しさす部屋で陽に当たる

 俳句

   北風に枯れ葉散るのもああ美し

 川柳

   昔見た亡祖母の光景今してる

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽