おばあちゃんのひとりごと

Entries

「不機嫌ほど大きな罪はない」 ゲーテの言葉。

 きょうもうれしいです。 楽しいです。 ありがたいです。
 という言葉をいった時には、
 非常な何とも言えない快さを感じる。
                  中村天風

昨日は、忙しくも、嬉しい一日でした。 孫も成人式に出席し、小学
校の会にもいけたようです。 私は息子夫婦との食事会やらコンサ
ートにもでかけて、でかけられ幸せな一日でした。 孫はちゃんと、
手紙をくれてね。 ありがたいことです。 感謝の一日でした。
 あのね。 この天風さまのことば、好きでしてね。 子らや孫らが、
どんなことがあっても、この気持ちで、毎日を過ごしてほしい……。

 ☆ 「愛嬌よし」 亡き母の教え ☆

 小さいころ
 母に叱られたなぁ
 どうして仏頂面してるの
 いつも 愛嬌よしでないと

 また そんな顔をしてる
 そんなことしてちゃあだめだよ
 愛嬌よしがいい
 いつも にこにこよ

 いつも 怒られると言うか
 いつも 注意されると言うか
 いつも 叱られると言うか
 いつも いわれたもんです

 でも それが どれほど大切なことかを
 でも それが どれほどいいことかを
 知らずに 教えられてても
 こうして 老いて それが大事だったことを

 ありがたい 教えだった
 知らず 知らずに 亡き母に
 「愛嬌よし」 がいいを身につけられてた
 感謝ばかり ありがたい

 私は こうして老いて今
 知らず 知らずに 身につけられてたことを
 亡き母に 感謝するのです
 母の笑顔が 浮かぶのです

 今日も うれしいです 楽しいです
 ありがたいです そうして
 いつも 愛嬌よしでいたい
 自然に笑顔はうまれてくるから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 がんばらない、がんばらない
                   ひろさちや

 仏頂面ーーー不機嫌も陽気も周りに伝染し、自分に返ってくる

 ドイツの作家、ゲーテの言葉に、
 「不機嫌ほど大きな罪はない」
 というのがあった。 これを聞いたとき、最初、わたしは、人間が
ときに不機嫌になるのはやむを得ないのに、それを罪だと言われ
ると困ってしまう……と思った。 けれども、よく考えてみると、不
機嫌は周りの人まで巻き添えにするものであって、その意味では
たしかに大きな罪なのである。
 不機嫌なとき、人はよく仏頂面をする。
 あの ”仏頂面”ということばは、密教のほとけに仏頂尊があって
これが恐ろしい面相をしているからだという。 あるいは、”不承面”
ということばが転じたものだともいう。 ともかく、無愛想な顔、不
機嫌な顔、を仏頂面と呼ぶのであるが、あれはよくない。
 誰かが仏頂面をしていると、周囲までがその影響をうけて、沈ん
だ雰囲気にまり、おもしろくなくなる。
 不機嫌というものは
すごい伝染力を持っている。 伝染病は隔離されるが、、その意味
では不機嫌な人間も隔離されていいのであろう。 ゲーテが不機嫌
を罪と見たのもわかるような気がする。
 逆に陽気さというものも、大きな伝染力を持っている。 陽気な人
間は周りを明るくする。
 だから、われわれは、いやな出来事にぶっかったとき、それで不
機嫌になると、周囲までも不機嫌にしてしまい、それが自分に跳ね
返ってくる。 いやな出来事にぶつかれば、むしろ陽気にになるよう
につとめるべきだ、。 そうすると周囲も赤ryくなり、早く嫌な出来事
が忘れられるであろう。 私はそう思うのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 短歌

   コーヒータイム知人に出会え楽しくて新聞読みつつ会話が楽し

 俳句

   正月も過ぎてもうすぐ節分だ

 川柳

   子ら孫ら未来はいい世になってほしい

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽