おばあちゃんのひとりごと

Entries

あなたのなかの ”苦手なあの人” も違った姿に映りますよ。

 今出来ない事は、十年立っても出来まい。 思いついた事は、
 すぐやろうじゃないか。
                       市川左團次

 今日は病院の予約診療に出掛けました。 朝早く、出てね。 
 待合室に3時間ちかくいるのですものね。 人物鑑賞の時間
です。 威張ったおばあさんが老いた息子を怒鳴りつけていたり
やさしい仲のいいご夫婦やら嫁らしき人に、大声で話すおばあさ
んやら、こんな若い人が病気なのか……? あるもんです。
 寒いときのせいか、もう、患者さんの多いこと。 びっくりします
が、わたしは、検査の数値が、ちょっとよかったので、2ヵ月先の
受診予約となり、ホッとして、今帰りました。 私にとっては大仕
事でした。 ありがたい。ありがたい。
 院外薬局のおじさんが、なんかの弾みに 「○○さんは、まだ
お若いから……」 といわれ、「エッ……」 傍にいた薬局の女性
がにやにや笑いながら、私の顔とその薬局のかたをみながらね。
 笑える表情でね。 しかし、
 アッハアッハ。 まだ若いとはありがとうございます。 です。
 ホント いい気持ちで大笑いできました。 「さようなら」 と、言
って帰ってきました。 うっふふ です。 ホントは苦手なおじさん
でして、いつもは、避けたいと思う人でしたが、いいもんです。 
 楽しくなり、きっと次回から、もっと、いい感じになりそうです。
 ひとり いまも 可笑しくて笑っているのです。

 ☆ 嫌だなぁと思わないでいきたい…… ☆

  よく どうしても 苦手だ
  好きになれない
  嫌だなぁ どうしよう
  近ずかないように しよう それがいい
  苦手であることは 避けてしまう

  そういうとき いいところを見つけ
  その いいところだけを 見る
  いいところばかり 見ていると なんだか違ってくる
  そうしていると だんだんに いいところがふえてくる
  嫌いだという心は 消える 消えていくもんです 

  なんにもしていないのに
  感じるときがある ……嫌われているなぁ……
  露骨に 感じるときがある これが相性なのかな……
  なんにもしてないのに なぜ なぜ
  さびしくて 悲しくて 嫌だな
  
  だから そんなとき 考える 
  どんな場合も すべての人に
  好かれるなんて 無理だと思える
  相性かもだけど 嫌われるのは辛いもんだから
  誰をも好きになるたい 苦手にならないようにしたい

  嫌われるって とても 嫌なもんだから
  いいところを見て下さい
  いいところを見つける人でありたい
  いやだなぁと思わないでいきたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 禅が教えてくれる
 美しい人をつくるb「所作」 の基本
                         枡野俊明 著

 苦手な人と付き合う場合の所作

 人間同士には相性というものがあります。 とくにこれといった明
確な理由があるわけではないのに、”ウマが合わない” ”ちょっと
苦手” という人が、あなたのまわりにもいるかもしれませんね。
 その人と一諸になると、自然に振る舞えない、素直な心が出せな
い、という状態だったら 「けっこうつらい」 と感じるでしょう。 しかし
それはあなただけではありません。 相手もきっと同じような感じを
持っているはずです。 相手は精いっぱい好意を寄せているのに、
こちらは苦手意識しかないという関係はないと思うからです。
 美点凝視という言葉をご存知ですか? 美点 つまり、いい点、す
げれた点だけを見つめるということです。 人間には誰にでも長所も
あれば短所もあります。 美点もあれば欠点もある。 もしかしたら、
苦手だと感じている人については、その短所、欠点ばかりみてしま
っている。 ということではないでしょうか。
 だから、表情がしかめっ面になったり、「嫌だな」 という気持ちが
所作にもあらわれてしまう、文字どおり、視線を変えて、美点を見る
ようにしてみたら、状況はきっと変わります。
 「なぁんだ、こんないいところもあったのか」。 そんな発見があった
ら、表情がやわらいで、所作も相手を受け入れようとするものになる。
それが相手を変えることはいうまでもないでしょう。 もともと理由など
ないのです。 ちょっとしたきっかけがあれば、苦手意識はほどけて
いきます。
 禅語に 「見性成仏」 というものがあります。 自分のなかの仏性
に気ずくということですが、それまで見ようとしなかった相手のいいと
ころを見つけ、それまで受け入れがたいとおもっていた相手を受け入
れる、ということも大いなる気ずきです。 それは人間としてひと皮剝
けるということ。 あなたのなかの ”苦手なあの人” も違った姿で、
映ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

   いろいろを想えば難し生きることだからすべてを忘れ楽しも

  俳句

   さざんかの咲く大通り満開だ

  川柳

   野良猫に散歩で会わぬぞどこに行った

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽