おばあちゃんのひとりごと

Entries

すべては家族を愛することからはじまる。

 お互い人間というものは、自分の姿が一ばん見えないものであり
 ます。 したがって私達の学問修養の眼目も、畢竟(ひっきょう)
 するに、この知りにくい自己を知り、真の自己を実現することだと
 言ってもよい でしょう。
                       森信三(終身教授録)

 なかなか自分はみえないものです。 つい、自分は一生j懸命や
っているのに……なんでも頑張り……なんでとか。 でもでも自分
だけじゃあない。 周りの人も、一生懸命がんばっておられること。
見ないでいることがあり、自分の性格の頑固さがあるんだと、案外、
嫌なしつこい性格だったんだと、今頃、気ずき、まあ、嫌だ! と。
 
 自分のことを、知らないでいるなぁと、そう思うのです。

 いまごろ気がつくんですもの。 アッハ。アッハ。 笑ってないで
少しずつね。 

 節分の昨日。 いい天気で商店街を行列が練り歩いていくのを
見て遠くからお参りしました。 過ぎゆく日の早いこと、なんにもせ
ずに過ぎていきます。 働くこともできないし、何にもしない日々で、
勿体ないと思いつつも、ボッとしての、ありがたい暮らしです。
 
  ☆ ああ わが心 ☆

  ああわが心よ
  美しくあれ
  清くあれ
  正しくあれ
  
  明るく
  やさしく
  心を強く
  すべてに感謝したい

  そうありたいが なかなか難し
 
-----------------------------------------------------
 マザーテレサ 26の愛の言葉
                       アグネス・チャン 著

 すべては家族を愛することから始まる

 人間はだれでも、何よりまず自分の家族を愛することから始めな
ければなりません。 家族のなかに苦しみ悩んでいる人や、孤独な
人、精神障害者などがいることもあることでしょう。 そういう家族に
対して、時間を割く気にならないばかりか、ちょっとほほえみかける
ことさえできないかもしれません。 それでも、愛はまず自分の家、
家庭から始まるものです。
                        マザーの愛の言葉⑤

 ○愛されたければ、まず愛して

  例えば、片思いの人に愛されて恋愛を成就させたい、上司や友
達に好かれたい。 そんなふうに思っている人は多いですよね。 あ
るいは、自分の結婚したパートナー、お父さんやお母さんにもっと愛
されたい! と切望している人も、今の世の中には多いと思います。
 でも、愛されたければ、まず愛さなければなりません。 それも
 「家族を愛することからはじめましょう」 と、マザーは言っています。
自分がとことん家族を愛することによって、はじめて愛される資格を
もらえるとマザーは言うのです。
 家族は愛の原点です。 この原点を大事にして、自ら愛を注ぐこと
で、人は愛さることの喜びを得ることができるのです。 このことは、
小さいうちから学ぶべき大切なことだと私は思っています。
 私は、末の息子とよくお茶を飲みながら話をします。 その日のち
ょっとした出来事や、出会った人のことを話す時間が、彼にはかけ
がえのない時間)なのでしょう。 私も、息子の話が聞きたくて、ど
んなに疲れていても、お茶をいれて息子の隣に座り、耳を傾けます。

 ---省略ーーー

 人に愛されたいと思ったら、まず身近な家族に愛を注いでみる。 
今まで照れてできなかったことも、少しの勇気を奮ってやってみる。
そうすれば、きっと、家族の愛を再確認し、自信がわいてくるはずで
す。 そうしたら自分からあふれる愛に自信がもて、家族から学校へ
、職場へ、地域へと広く心を開いて、どんどん自分から人を愛せるよ
うになる。 そしてもちろん、あなたが心を寄せている人にも、自分な
りの愛情で自然に優しくできるはずです。
 
 ---省略ーーー

 愛はかけひきではありません。 貯金して利子が増えるとか、目減
りするとか、そういうものではありません。 あふれんばかりの愛をや
さしさで包んで贈る。
 それができれば、続けていければ、どんな結果になっても、あなた
にはきっと、しあわせを感じることができるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今、家族の大切なことを知るが大事ですよね。
 当たり前のなかの、家族という存在のありがたいことを、よく思う
ことがいいもんです。 それが大事な気ずける。 気ずくこと。 なん
でしょうね。

 短歌

   裸木にカラス「かぁー」と鳴く雀遊び公園に風寒しなか遊ぶ母子ら

 俳句

   さまざまな今冬だけど春は来る

 川柳

   スタップが忘れぬようにとあらわれる

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽