おばあちゃんのひとりごと

Entries

「これが自分の天職」「これは自分の責務」 という自覚のもとに行動。

 「言葉つ”かい」 という言葉があります。 「近所つ”きあい」 と
 いう言葉があります。 しかし、 どの辞書にも、「言葉つ”きあい」
 という言葉はありません。 私は人生はこの 「言葉つ”きあい」 
 の積み重ねと思っているのです。
                              吉田精一

 ひとり居では、これができないし、ほんとうに下手になっているこ
とを、たびたび、道で出会った人とのほんのちょっとの会話でさえも
ドキッとし、ヒヤリとするのだ。 なんだか、ピントのずれた会話をし
ていることに、気ずかされ笑え考えさせられます。 なかなかうまく
会話が運ばず、嫌になるのです。 自分ながら 「うーん。いかん」
「言葉つ”きあい」 を考えてしなと、ってよく思うのです。
 深く考えて話さないとね。 頑張ろうかなぁ。
 今日は雨です。 どうしょうかしらん。 ・・・・。 転ばないように!
いこう。

  ☆明日は、幸せいぱいになりますよ☆

   雨がふります
  冷たい雨です
  外に行きたいのに
  なんか 迷うのです

  雨が降る日は
  なんだか暗くって
  心までが暗くなり
  沈んでしまいます

  雨のお空を見あげたら
  どんよりグレイの暗い空
  晴れた日の 太陽の有り難さ
  感じる それがいいのかも

  うっふふと笑って 雨のなか さあさあ
  水たまり バシャバシャはいり
  水たまりには、映る灰色の空やら
  周りの風景まで映る いいもんだ

  どんな中だって 楽しみ見つけ
  雨は雨のいいことを
  木々の喜び 草どもも
  生き生き嬉しと 根を伸ばす

  明日は くる くる
  明日ならば もっといいことがくる
  明日は 明日なの いい日です
  幸せいっぱいになりますよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  中村天風の教え
                  松本幸夫 著

 何事を為すにも報償を超越してそれを自己の責務なりと思うて 
 行う時、其行為は尊とい。
                  「箴言カレンダー黒」 

 「私の仕事ではありません」 という様な言葉を、耳にしたこと
はないだろうか? あなたがリーダーだとして、部下にこのよう
なことを言われたらどう感じるだろう。
 「お互いみんな世の中助け合い」 と天風は説く。 自分の職
務ではないから、何もしてはいけないと誰が決めたのであろう。
 自分の仕事でないからと 「助ける」  事を辞めた時、その人
は心の暖かさをなくし企業としては 「非生産的」 な一員として
映る。
 自分の仕事でないという時に、そこには 「どうせやっても給料
は変わらない」 というような見返りを求める心理も含まれている
だろう。 「報償」 のないことは馬鹿らしいからしないという功利
主義に陥っているのである。
 どんな場合であっても、 「これが自分の天職」「これは自分の
責務」 という自覚のもとに行動していくことだ。 そうすれば自発
的にするのだから強制されるよりも 「楽しい」 ことになる。
 また、天風のいうようにその行為は 「尊い」 ものになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 むかし嫁の頃、なにをやっても怒られたり叱られたりだったなぁ。
でもその時思ったんだ。 だって、怒られたって、叱られたって、自
分がいいと思うことを、自分が好きでやろうと……。 自分が好き
でやっていると、何を言われても、仕方ない。自分が進んでやった
んだからな。 って思えてね。 心のなかで、「まぁいいか?」 
 と、笑っておれたもんです。 自分がやってならね。
 
 短歌

    天皇さまうしろ姿が語るという元兵士の声ニュースから聞く

 俳句

   雨の中春がくる音聞こえるよ

 川柳

  虐待のニュースに涙なぜなぜと
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽