おばあちゃんのひとりごと

Entries

「服装は生き方である」 イヴ・サンローランの言葉

 多くの若者たちは、ぶしつけと無作法とを、天真爛漫のつ
 もりでいる。
                   ラ・ロシュフーコー

 昨日は、モーニングコーヒーにいきましたら、たまに会う方とご一
緒し話してたら、清原さんの話しになり、その方はひと言で、「自業
自得だわ。 寂しいなんて、誰もさびしい……」 といわれた。 そう
だようなぁ。 夕方のテレビのニュースの時、コメンテータ― の方が
「真っ白な気持ちになって……すべてを話して…」 と、いっておられ
ました。 嫌なニュースです。 しっかりと、立ち直ってほしい。


 ☆ファションから見える生き方☆

 この寒いのに
 ジーンズが ビリビリに破れてる
 わざわざ破くらしい

 初めて見た時は
 エッ これは なんなんだ 
 これが ファッションなんだ 

 可笑しい格好だが 慣れてくると
 そうは 思わなくなるのが不思議
 慣れるというか ファッションを見る眼ができたか

 街で最近見ていると パンツですが
 いままではきついくらいのパンツだったが
 最近は裾が全体に広がっているのが気になる

 たぶん 流行が変わるのではないだろうか
 そう見てる 全体にパンツの形が違ってきた
 流行というのは 面白いもんだ

 みんなが流行にはまりだすと
 きっと景気が良くなるかな
 だって みんな流行の服を買うから

 流行も 見慣れると よくなってくる
 可笑しかろうが 可笑しくなくなる
 ファッション感覚が育ったかな

 昔はスラックスだとかズボンとかパンタロンといったな
 今は、パンツというのらしいのだ
 身だしなみ 美しくがいい

 老いも若きも美しいがいい
 身も心も 美しいがいい 
 輝いて颯爽と輝いて!

 服装は生き方が出るから
 
------------------------------------------------------------
禅が教えてくれる 
 {美しい人をつくる 「所作」 の基本}
                   桝野俊明 著

 着ているものは、
 あなたの心をあらわしている

 「服装は生き方である」、 そういったのはフランスのファッションデ
ザイナー、イヴ・サンローランだったでしょうか。 事実、自分が選ん
で着ているものは、生きるポリシーを反映しています。 と同時に、
服装はそのときどきの自分の心をあらわすものであると思うのです。
 たとえば、ビジネスの場面で、「今日は得意先役員にはじめて挨
拶する」 というときには、失礼のないように、好感を持って受けとめ
てもらえるように、こちらのやる気が伝わるように……といったことを
考えるはず、それが服装選びにも反映されるのです。
 デザインはフォーマルに近いもの、色や柄は派手にならずに控え
めに、バッグはハンドバックよりビジネスバックで…… ということに
なるになるわけです。 季節はクールビズ真っ盛りでも、ラフで涼し
げな服装は選びませんね。 男性もこのときんばかりは、ふだん締
めないネクタイをきちっと締めていくことになるでしょう。

 まさに、来ているものに心があらわれているのです。 心惹かれる
人との初デートに臨むときは、シャープで尖ったデザインのものより
は、温かくてやわらかい雰囲気のするものを選ぶ、ということはあり
ませんか? そんなときの自分の心をのぞけば、やさしさやや素直
さを伝えた.い。 という思いが、きっとあるはずです。

 立場を変えて考えれば、相手はあなたの着ているもので、その心
を見てとるということです。 最近はあえてラフにしたり、ルーズにし
たりするのが、おしゃれのトレンドになっているようなところがありま
す。 しかし、だらしない身だしなみをしていたら、たとえ、心には相
手に対する誠意があふれていても、それがうまく伝わらないのでは
ないでしょうか。
 身だしなみでは、”心” と ”着るもの” が調和しているかどうか
を、チェックしてみるといいですね。 両者がピタリと合ったとき、そこ
にはいちばん自分らしい、そのときのあなたがいるに違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  老人と会うモーニ―ング珈琲はいい我も老人会話がはずむ

 俳句

  節分や鬼が心に入り込む

 川柳

  鬼よ内福も内へと誘おうぞ

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽