おばあちゃんのひとりごと

Entries

人間にとって笑いがいかに重要なものかは、赤ちゃんのエンジェルスマイルの意味で知る。

 病弱とか愚鈍であるとか貧乏であるとか、多忙であるとかいうこ
 とは、逆に自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上のも
 のであります。
                            安岡正篤

 この言葉。 すべて、いろいろ なんでもを、妙薬にしたいです。
 昨日は寒かったですね。 結局 家に引きこもりました。  
 今日は寒くても、友人と約束したので、頑張って出掛けようと、歩
かないと、心しているのです。 楽しんで、いい日にしたい。
 さあ 今日の 「小さな読書」 
 「エンジェルスマイル」 しみじみと、子育てのころが浮かびます。 
 いいものです。
 

  ☆エンジェルスマイル☆

   あかちゃんが
   寝ている寝顔
   
   可愛らしいこと
   子守唄うたう
 
   寝ている寝顔見ていると
   おおあくび

  寝ている寝顔見ていると
  ちょっと泣き顔し 

  寝ている寝顔見ていると
  うれしそうに笑ってる

  寝ている寝顔見ていると
  情けなさそうな顔したり

  寝ている寝顔見ていると
  スヤスヤ気持ちよさそう

  寝ている寝顔見ていると
  怒ってるみたいにしかめつら

  神さまがちょうらかしたり
  神さまがわらわせていると

  母から 聞いたことがある
  赤ちゃん 寝ている寝顔見てて幸せ

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 遺伝子オンで生きる
                           村上和雄 著

 胎児も八ヵ月で笑うという意味

 ――省略――
 ポジティブ・ストレス も厳密にいえば二通りあります。 一つ
は困難や試練、痛みのような通常ならネガティブ・ストレスとしか
受けとめられないものを、あえてプラスに受けとめる場合、もう一
つは喜び、楽しさ、感動のような活性化した心の動きです。
 前者のほうは、ネガティブ・ストレスに入れられことが多く、すで
にいろいろ研究されているので、私たちは後者を選ぶことにし、な
かでも人間の感情でもっともよく見られる 「笑い」 というものを
選択することにしたのです。
 考えてみると、笑いは非常に奥が深い人間の感情です。 書物
をひもとくと、昔の賢人たち、たとえばプラトン、アリストテレス、ソ
クラテス、カント、ショーペンハウエルそれから、ダーウィンやフロイト
まで、みんな笑いについての論文を書いています。
 また、どの国の神話にも神さまの笑いの話が出てきます。 人間
はなぜ笑うのかということは、それだけ大きな興味を引くことだった
わけです。 人間にとって、笑いがいかに重要なものかは、赤ちゃん
のエンジェルスマイルの意味を知ればたちどころに了解できます。 
 人間が最初に笑うのは、お母さんのおなかにいるときだといわれ
ています。 胎児は八ヵ月くらいになると、もう笑うのです。
 胎児はまだ学習していませんから、胎児が笑うということは、遺伝
子の中に笑うことが書きこまれている可能性があります。 しかし、
それよりも興味深いのは、赤ちゃんのエンジェルスマイルのほうで
す。
 あかちゃんがお母さんのおっぱいを飲んでいるとき、まだおなか
いっぱいになっていないのに、ふと飲むのをやめ、お母さんの顔
を見あげて微笑むことがあります。 また、寝ているときのひとり
笑い、これがエンジェルすスマイルと呼ばれるものです。
 エンジェルスマイルはすごく大きな意味をもっているらしい。 
赤ちゃんがそうやって微笑んだとき、お母さんはそれににっこり
反応しないとけない。 そうしないと成長過程で、言葉がしゃべ
れないなど、重大な欠陥が出てくる可能性があるのです。
 ――省略――
ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――

 短歌

   遠い日や若すぎるゆえ考えず大家族のなか無知の我あり

 俳句

   愚かすぎ過去に泣いてる厳冬や

 川柳

   政治家は給与も君らが値上げ決め

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽