おばあちゃんのひとりごと

Entries

「恋し、失いし恋なりとも、恋せざるにはまさりたり」  

 若い女は美しい。 しかし老いた女はもっと美しい。
             ホイットマン {アメリカの詩人}

 恋とうわさ話はいちばんお茶をおいしくさせる。
             フィールディング {イギリスの作家」

 恋の最初のため息こそ、知恵の終わり。
             アントワーヌ・プレ {フランスの詩人}

 そうですよね。初恋から始まり、恋心はいいもんです。 でも
うまくいかないときは多い。 それはそれで、考え方です。
 いろんな経験をしてお互いに歩み寄り、ゆっくりかんがえる。
 別れたほうがいいこともあるし・・・・。 深く考えることよね。
                  おばあちゃんのひとりごと
            
 
 恋はあつかましくなければできないものだよ。
 しかし、本当の恋はあつかましい者にはできない。
                武者小路実篤「友情」

 恋は私たちを幸福にするためにあるのでなく、私たちが
 いかに強く苦しみの中に耐えられるかを、わからせるた
 めにあるのだ。
                 ヘルマン・ヘッセ

 失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど
 本当は終わった恋をいつまでも思いだして楽しんでいる
 ようなところがあると思う。 本当に苦しいなら、一秒でも
 早く忘れる努力するはずだから。
                 宇野 千代

 恋は破れた方がいい
 でも、何といったって、誰にも愛されないよりは、まだ誰
 かに捨てられた方がましだよ。
                 ウイリアム・コングリーブ

 恋のことは、よくわからない私でね。
いろいろ集めてみました。 どうぞ、いい経験とし、いい経験を考え
一日を大切に前に進んでいってくださいね。穏やかに・・いくがいい。
 昨日は、ご近所さんと久しぶりに出会え嬉しく、話しが弾んで、
たのしくて歩きながら話してね。 役場に行く用事があり、出掛け
ましたら、角を曲がったら、「まぁ美しい・・・」 白木蓮が満開でね。
 「うわぁ・・・・」 ひとりごと。  幸せな気持ちになれる幸せ。
 ビックリするほどに綺麗で、そこが輝いているんです。 そうだっ
たわ。 ここにあったなぁと思いだしました。
  うっふふ 私は花に恋しているのです。 とてもいいもんですよ。 
その時に、そのいちばん美しい時に、出会えてうれしいのです。

  ☆ 咲いた。咲いた。☆

  白木蓮が咲いたよ
  はかなげであり はなやかで
  大通りの道を ちょっと曲がったら
  たった 一本だけあるんだ
 
  真っ白の木蓮
  まっ白に咲いてた そうだ そうだ
  昨年も またその前の年も
  ここ ここだった 咲いてた 咲いたよ

  空から なにかが舞いおりたよう
  心が透明になるような 美しい花
  雪の花が降ったようだ
  華やかであり 寂しげであり
 
  白い 白い 木蓮の花が咲いたよ
  ため息のでるほど美しい
  ひとり 立ちどまり 眺める
  白木蓮が咲いたよ みんな 見て 見て

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ーーー――
 まんだら人生論
                 ひろさちや著

 良い状態だけが幸福なのではない

 物質的に満たされ、精神的に安定した良い状態が、そのまま
で幸福なのではない。 良い状態にあっても、不幸な人は大勢
いる。
  それなのにわたしたちは、良い状態を幸福だと考えて、良い
状態を求めすぎる。 そして、購買意欲をあおる宣伝につられて
新製品を購入すれば、たちまち良い状態が得られかのように錯
覚して、かえって欲求不満となり、不幸になっていることが多い。
おかしな話である。
 良い状態でなくても、たとえ逆境にあっても、それでも幸福が
得られるということを、わたしたちはしっかりと知っておきたい。

 19世紀、イギリスの詩人 アルフレッド・テニソンは、
 「恋し、失いし恋なりとも、恋せざるにまさりたり」

 とうたっている。 わたしたちは恋を得たとき幸福になれるが、
幸福は恋が成就したときだけしか得られないというものではない
失恋をしたとしても、その失恋を美しい思い出にすることによって
わたしたちは幸福になれる。 もっとも、その方法については、や
ぼなわたしにはわからないけれども、きっとあるだろうと思ってい
る。
 病気もまたそうだ。 健康であることは、たしかに幸福なことだ。
 けれども健康だけが幸福なのではない。 病気になっても、私
たちは幸福になれる。 きっとなれるのだ。 
 そのことを確信しておきたい。 そうでなく、健康だけが幸福だ
と思っていると、わたしたちは病気になったときに、それだけで、
自分を不幸と思い、絶望してしまうだろう。 それはばかげた絶望
なのだ。 どんなに重い病気になっても、わたしたちには幸福にな
る道が残されているのである。
 だから良い状態だけが幸福だと考えてはいけない。 たとえ逆境
になっても、幸福への道は残されている。 そのことを、ふだんから
しっかりと考えておきたい。 逆境になって絶望しないために・・・・・。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ーーー―
 最近は絶望になる人が多いようですが、逆境をかえていくことの
大切さを、幸福は道をちょっと変えるだけですよ。 絶望もちょっと、
かえれば、しあわせになる。

 短歌
 
   パン一つあればひとりの夕餉となりたまにはそれも楽しくていい

 俳句

   歩き疲れ白木蓮に癒される

   うっふふふ白木蓮に恋するの

 川柳

   震災や涙涙で何も言えず

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽