おばあちゃんのひとりごと

Entries

「平和はほほえみから始まります」 マザー・テレサさま

 大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかで
 はなく、どれだけ心をこめたかです。
                 マザー・テレサ

 昨日は近くの神社のお祭りでして、屋台が沢山出ました。
 その神社にはお地蔵さまが、大きさはいろいろで、九体おられ
まつられています。 よどかけが新しくなっていて、春を感じさせ
てくれます。 きっと、どなたかがいつも季節ごとに、よどかけ手
作りなさるようです。 お地蔵様、きっと、嬉しいでしょうね。 そこ
で、偶然にご近所の奥様にお会いして、ね。 嬉しくなりました。
 今年に入り2度目の出会いでしてちゃんと覚えていたわ。 
 「お元気でしたか・・・」
 「入院し手術したの・・・」
 「・・・」 いろいろとお話しができ、ホッとし……。
 お元気になられ、良かったなぁと思いました。
 人生いろいろあるもんです。

  ☆老いるごと ほほえんでいたいものです☆

  いつも 思うようになりました
  ほほえんでいたい 笑っていると
  少々 調子悪くても元気になれる
  おだやかに 笑顔でいるとね
  なんとなく よくなるもんだ

  そう思えば たしかに
  すべてに どんなときにも
  ほほえんで 笑っていると
  自分も気分がいいもんです
  家族も知人もご近所にもいいと思う

  だから 老いて ますます 微笑んでいたい

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――――
 マザー・テレサ
   愛の花束         中井俊己 著

 *ほほえみなさい
 
 マザー・テレサは、どんな仕事でも喜んでやり、誰に対しても
ほほえみをもって接しました。
 そしてほかの人にも、ほほえみをもってすべてを受け入れ、ま
わりの人にほほえみかけるようにとすすめていました。
 ほほえみが及ぼす効果には、計り知れないものがあります。
 ほほえみは、悲しむ人の心を癒し、喜びの光を与えます。
 ほほえみは、社会の中に友情を育て、家庭の中に幸福をもた
らします。
 ほほえみはを生み出すのにさほど時間はかかりませんが、も
らった人は、生涯忘れ得ぬ記憶を持ち続けることもあります。
 ほほえみを与えてもわたしたちからは、何も減ることはありま
せんが、もらった人を限りなく豊かにするのです。
 マザーは、ほほえみについて、次のような言葉でわたしたち
に大切なことを教えてくれたことがあります。

  「平和はほほえみから始まります。笑顔なんかとても向けら
れないと思う人に、一日五回はほほえみなさい。 平和のため
にそうするのです。 神の平和を輝かせ、髪の光をともして、世
界中のすべての人々から、あらゆる苦しみや憎しみや、権力へ
の執着を消し去りましょう」

 誰かにほほえみかけることは、小さな本当に小さなことです。
―――省略―――
 わずかなまなざしにも、ちょっとしたほほえみにも、精一杯の
愛をこめるのだと自らのおこないと言葉で教えていたのです。
 また、特に身近な人に対してほほえみかけるようにと、次の
ようにおしえてくれたこともあります。

 「いっしょに住んでいたり、または血のつながった親族といった
人たちに、ほほえみかけることは、あまり親しくない人々に対し
てほほえみかけるよりもむずかしいときがあるものです。 「愛は
近きより」 ということを忘れないようにしましょう。」

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ーー
 短歌

 「一ばんの幸せはあなた」 と友ら言うそう言いくるる友のやさしさ

 俳句

 春という名のみぞ寒しさくらまだ

 川柳

 三寒と四温や寒し春まだだ

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽