おばあちゃんのひとりごと

Entries

このひとことでけんかして、このひとことで仲直り。

 このひとことでけんかして、このひとことで仲直り。
                 西村恵信

 人生――邂逅し、開眼し、瞑目す。
                 亀井勝一郎

 邂逅――思いがけない出会い。
 開眼――思わぬことに気ずかされる。
 瞑目――眼を閉じる。
     {眼を開いているだけでは見えないものがある}

 そうですよね。 つい口にして気分をこわしたり、相手を怒らせ
たりしてね。 気をつけていて、そうなると、情けなくなるもんです。
 虚しくなるもんです。 あーあってね。 いつもドジをする私。
言葉もうまく言えず、お世辞も言えず、なんでもが、なぜか下手
 だから、この 「ひとことで・・・・」 は身にしみます。 いくつに
なっても・・・・こりゃぁ駄目だなぁと思うのです。 
 大事にひとことを話さないと・・・・ね。 
 今日は郵便局に用事がありゆきましたらね。 もう済んで帰ろ
うとしたら、どこかで誰かが、呼んでいる。 気がつかないで、よく
よくみたら、いつも、優しくしてくださる職員さんでした。
 「お元気でしたか?……」 
 「ずいぶん、お会いしていないから心配していました……」
 「まあ、嬉しい、有難う。寒いからね家に引っ込んでいたわ…」
 そう言ってくださって、つい、若い女性なのに、ハグしちゃいまし
た。 なんとなく、嬉しくなります。 その人のそのひとことがね。
 ほんのそのひとことが、幸せにしてくれるのですもの。
 そして、ボーツとしていたら、いつもの若いママさんがからメール。
 {家にみえますか} って、{うん}って、メール。
 そうしたら、海に出掛けたからって、お土産を下さったんです。 
 ありがたい。 ありがたい。 と、思うのです。 

 ☆ いいこといっぱい ☆

 あのね いつも
 なんだかいいことが
 あるものです

 嬉しくなる
 ひとつ また ひとつ
 いいことに気ずくんです

 泣いているより
 怒っているより
 笑っているのです

 なんでもがあたりまえ
 あたりまえだと思うと
 気ずけないけれど

 ちょっと ゆっくり 考えると 
 いいことがあることに
 気ずけるもんです

----------------------------------------------------------

いい子に育つ仏のことば
                         西村恵信 著

 {すべては縁に寄って起こる}
 
 雨が降るのも
 風が吹くのも
 花が咲くのも
 葉が散るのも
 みんな縁によって生じ
 縁によって滅びるのである。
                  「勝鬘経」 より

 夫婦の縁、親子の縁の不思議
 私たちはよく、「袖すり合うも他生の縁」 などといいますが、ラッ
シュアワーの電車の中で押し合いっこするときなど、自分はこの人
と過去の世においてどんなご縁で結ばれていたのだろうかと、そ
のお顔をしげしげ眺めてしまいます。
 そういえば、結婚のことを 「縁談」 といいますね。 私たち日本
人は知らず知らずのうちに、仏教の思想を身につけているようです。

 「縁は異なもの味なもの(男と女の縁は、常識を超えた不思議で
面白いもの)」 という言い方がありますが、結婚した相手を見てい
ると、どうしてこのひととニ世(にせ)の契りを結ぶことになったのだ
ろうかと、本当に不思議な気持ちになりますね。
 さらに、二人のあいだに愛の結晶として子どもが生まれれば、こ
れはもう深い親子の縁によってこの世に生まれてきた授かりもの
です。 なぜなら、縁があったからこそ、母の胎内に宿ったのです。
 同じわが子でも下の子ほどかわいいとよくいいますが、これは
親子としていっしょにいられる時間が、上の子より少ないからだと
といわれます。 まして孫ともなると、すれ違うほどの短い時間で
別れてしまわなければなりません。 だからこそ、孫は眼の中に
入れても痛くないほど愛しいものかもしれません。
 
 反対に、「縁なき衆生は度し難し(仏に縁のない人に、いくら仏
の教えを説いたところで、救うことはできない)」 ということわざ
もあります。 つまり、たとえ眼の前にいる人であっても、縁がな
ければ、救うことはできないということです。
 
 このように、すべてこの世の出来事は縁によって成り立っている
ということができます。 仏教では、これを 「縁起」 といっていま
す。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――
 短歌

   桜散るそよ風吹いて粉雪がひらひら舞いて今春去りゆく

 俳句

   夜桜に亡父母(ふぼ)と見たむかし幼なの日

 川柳

   花冷えも宴が楽しみなにぎやか

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽