おばあちゃんのひとりごと

Entries

身だしなみの美しさの土台になるは清潔感です・・・・・

 青春の特権といえば、一言を以てすれば無知の特権であろう。
                  三島由紀夫

 青春はなにもかも実験である。
                  スティ―ヴンソン

  昨日はあちこちで雨やら風やらが吹き荒れたようです。 ここい
らはそれほどでなくありがたいことでした。 今朝は晴れてます。
 さあ今日は、一ヵ月に一度の美容院です。もう染めないでおこう
かと迷いながら、つい一ヵ月前に予約してあり出掛けていきます。
 さあて、
 4月になったと思ううちに、もう今日は8日です。 昨日のこと。
 喫茶店で高校生くらいの女の子が二人、隣に座り聞くともなしに
聞こえてくる会話に・・・・いまを思う・・・・・。
 その若さ、若い今を知ってほしいなと思いつつ・・・・・。     
 若さというその一瞬が、なんていいことであるかを知るがいいな。
 もう過去・昔、振り返れば、そのときは一瞬だったなぁと、今になり
感じるのです。 だから、若さという素晴らしいときを、おおいに、大
切にし、そのときしかできないことに眼を向けて努力することです。
 その若さという素晴らしさに、気もつけずに、私、老いていました。

 目標とか夢をもち、そこに向かうことっていいもんです。
    {・・・・・年寄りの冷や水・・・・・} ですね。 うっふふ。
 
 ☆いまに 気ずき いまを幸せに生きる☆

  若さって
  とてもいいもんです
  若さという素晴らしく いいことに 
  ちっとも 気ずかず当然で
  毎日が あたりまえ 
  何気なく過ごし
  そうして 過ぎた
 
  なんとなく過ぎて
  夢ももたず 目標さえも
  好きなことももたず
  親に甘え まもられ 努力を忘れ
  その若さのなか なんでもができただろう
  なぜできなかったんだろう
  賢さと努力がなかった
  
  若さのなか 努力し 頑張ってる
  そういうひともおられる  
  その時はそれがいいと・・・・・私が無知だった
  老いた いま ありがたい
  気ずけた 遅すぎるのだが
  いまからでも遅くない 努力していこう
  楽しんで喜んでなにかを 頑張ろうかなぁ

--------------------------------------------------------------
 禅がおしえてくれる
 美しい人をつくる 「所作」 の基本
                       桝野俊明 著

 清潔感とは

 お寺や神社にお参りするとき、必ずおこなう所作が 「お清め」
です。 境内にある手水舎(ちょうずや)の水で手を洗い、口を濯
(すすぎ)ぎますが、これは、神聖な場所、つまり、ご本尊さまが
安置されているお寺の本堂、ご神体がまつられている神社の本
殿への参拝は、お清めのよって心身ともに清らかな状態になっ
ておこなわなければいけない、という考え方から生まれた作法。 
口と手、すなわち体を清めることが、心を清めることにもなる、と
いうことがこの作法からもわかります。
 身だしなみをこざっぱり清潔にしておくことが大事だということも
体と心がつながっているという、この考え方を知ればよく理解でき
るのではないでしょうか。 清潔感にあふれる人は、心も清々しい
という印象を与えます。
 高価そうな洋服を着ていても、袖口の汚れがそのままになって
いたら、好感度はガクンと下がる。一方、安いものでも、汚れひと
つなく、いまにも洗剤のにおいが漂ってきそうなシャツだったら、
好感度は急上昇です。
 
 「たしかに着ているものは高価みたいだけれど、こまかい気配り
ができない人なんだ。 おそらく、部屋なんかも片ずいていないだ
ろうな」

 前者がそんなふうに、暮らしぶりについてまで余計な憶測をされ
てしまうのに対して後者はこう受けとめられます。

 「さわやかだなぁ。 ここまで気が回る人ならきっと、他人に対して
もこまやかな配慮ができるに決まっている」

 この違い、大きいと思いませんか?
 身だしなみの美しさの土台になるのは清潔感です。 不安な土台
の上に建てた家が、いつ崩れてもおかしくないように、清潔感」という
土台がしっかりしていないと、いくら飾り立てても、本物の美しさ、清
々しさなど感じさせることはできません。 まず、土台固めに着手です。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―
短歌

   寂しさも気楽さも苦もほどほどに知り残る世は穏やかにゆく

 俳句

   造花店アジサイ飾られ梅雨近し

 川柳

   ロボットがいまに友となり家族にも

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽