おばあちゃんのひとりごと

Entries

”千里の道も一歩から”・・・二宮尊徳さま

 長生きするためには、ゆっくりと生きることが必要である。
                  キケロ

 希望は強い勇気であり、新たな意志である。
                  ルター
 
 地震に涙。お見舞い申し上げます。
 昨日はなかなか陽ざしが強く夏のように感じました。
街は大勢の人がおられ賑やかでね。私も少しは、散歩
をしたいと出掛けましたが、着込みすぎたのか暑くな
り、途中で、一服しまして、コーヒーを飲みゆっくり
してたら知人の方がおられ、「この本を続んでくださ
い・・・」となかなか、立派な本を下さいました。な
んだか素晴らしい女性が書かれた本で、詩とか写真と、
そして活動なされておられること・・とか。今度、講
演会があるとのことでしたが、ちょうど、「私はその日
は法事をする日なので行けないんですよ」と「次回誘っ
てくださいね」と、お話ししました。そしてそこにいる
間に読んでしまいましたので(私、斜め読みも、飛び読
みも、肝心なところを読むだけも早いので)これ「いい
本だから私の友人に送らせていただいていいですか?」
とお尋ねしたらいいとおっしゃったので、すぐ手紙書き
郵便局によって送ってきました。なんでも、すぐ、行動
の私なんですもの。アッハ アッハ 私らしいんです。
 店をでるときに、その方に・・・・。「ありがとう」
 その人、さすがに、ビックリなさっておられましたが、
「素敵な女性にさし上げるから、喜ばれると思うからね」
って!
  送った友人は、なんていうかしら・・・・・?楽しみ。

 ☆生きること☆

 まいにち
 いろんなこと
 ある できてくる
 そのときは そのとき
 道は必ずできてくる
 
 生かさせていただける
 生きていられること
 しょげてしまうけれど
 そのときは そのとき
 道は必ずできてくる
 
 いろいろとある
 どうか どうか どうか
 前を見て 一歩
 いまを いまを 
 一歩一歩 また一歩 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 偉人・名将の言葉
              童門冬ニ 著

 ◆百万石の米と雖(いえど)も粒の大なるにあらず◆
              二宮尊徳

 二宮尊徳の思想の一つに”積小為大”というのがある。小さ
なものを積み重ねることによって大きなものになっていくと
いう考えだ。別な考えを言葉を使えば”千里の道も一歩から”
ということだ。いきなり大きなものや千里の道に到達できる
わけではない。必ず小さなものから始まり、それを根気よく
時間をかけて摘み重ねることによって大が為されるのだ。
 ここでいうのも米が百万石あってもべつに百万石という巨
大な米が存在するわけではない。小さな米粒がたくさん集ま
って百万石を形成している。
 ここで尊徳が求めるのは「根気と時間と信念」のことだ。
何かを成し遂げようという目標を持ち、そこに到達するため
には根気を惜しまず時間をかけて、一粒一粒積み重ねていく
ことが、やがては百万石の大量の米に達するということであ
る。
 尊徳が他人に求めるのは常に努力であった。しかしその努
力も自分のためだけでなく、他人のため、世の中のために行
う営みだ。ここに掲げた言葉もかれの、”積小為大”の思想を
別な言葉で表現したものである。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――
「自分は、巡り合わせが悪くて、よそのお世話になっている
が、今学問をしておかないと、一生無学の人になって、家を
盛んにすることもできまい。自分で油を求めて学問するなら
よかろう」と思いました。
 そこで荒れ地を開いて油菜をつくり、その種を油屋に持っ
ていき油に取り換えてもらって、毎晩学問をしました。しか
し、おじがまた、「本を読むよりもうちの仕事をせよ」
 (修身のの教科書・小池松次著)二宮金次郎より。
 というので、夜遅くまで仕事をして、それから、学問をし
たそうです。二宮金次郎さんですが、小さい頃の学校には、
どこにも、金次郎さんの石の像がありました。凄いですね。

 短歌

  「助けられた」ついひとりごと口にして地震のニュース
   救出泣く

 俳句

   悪戯な春の風です吹き荒れる

 川柳

   地震地震なみだなみだがつらしなく
                 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽