おばあちゃんのひとりごと

Entries

子どもの頃は、自分が世界の中心でいきていますから……。

 人間のあやまちこそ、人間を本当に愛すべきものにする。

 ひとりの人を愛する心は、どんな人をも憎むことができません。

 喜んで事をなし、なされた事を、喜ぶ人は幸福である。

              ゲーテ

 被災者の皆さま、お見舞い申し上げます。ニュースを見ては
涙しこころのなかで祈るのです。神さま仏さまお守り下さい。
 被害者の方を狙い犯罪があるとは……。なんて悲しいこと。
 今日は、定期の予約受診です。今から出掛けます。急げです。
今朝のテレビで言っていましたが、ボケの予防は、ポジティブ。
 さぁポジティブな感情を持つことが、認知症の予防になるとの
こと、私はありがたいことにポジティブ思考なんですの、いいか
も。今日も明るくいこう。頑張るわ。病院に行ってきます。そう
だ、昨日のこと呼び鈴がなり、今こられる人なんてないなぁと思
いながら出ますと、ご近所さんで諏訪地方に行ってきたからとお
土産をくだされました。私の好物ばかり、「まあ、うれしい!…」
と頂き、ホントうれしくなりました。たくさんいただいたので、
ふと、考え、この間、本を下さった方に、ひとつさし上げようと
でかけました。こういうときって、いつも、日本昔話の「わらし
べ長者」の話しを思うのです。うっふふ。ひとり笑うのです。
・・・・・・・・・
 「頂いたので、おすそわけなんですよ。この前はありがとう」
 「かえって気を遣わせてしまいましたね。すみません……」
 「いいえ、嬉しかったんです。ちょうど、頂いたのよ…」
・・・・・・・・・
 と、おたがいに、笑顔。ありがたい。ありがたい。
 そして、わたしって、ホント!幸せ者!なにがって?
 お金の長者ではなく、心の温まる長者なんです。うっふふふ。
それが 嬉しいのです。いただきもので福がきちゃいます。
 ありがたい。ありがたい。感謝だわ。ご近所さま。

☆ありがたい いいもんです☆

 毎日を楽しく 生きる
 幸せに 気ずける倖
 それが ありがたい
 
 笑顔が いいもんです
 声が聞ける いいもんです
 話せる いいもんです

 だから 笑顔
 だから 毎日
 感謝し ありがたい

 そおっと つぶやくのです

 ありがたい ありがたい
――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――ー――
 読売新聞より 4月19日朝刊
  ◆人生案内◆    久田 恵 (作家)

 高校生の女子の相談とのこと。
 「友達の祖母に怒られ傷つく」

 ……その相談に、久田 恵さまがいいな。
 ――言葉の言いまちがいで年長の方を怒らせたのですね。
 失礼なことを言ってしまったのかな。具体的に書かれて
いないのが残念です。
 でも、人をうっかり怒らせることは誰にでもあること、
思春期のまっただ中のあなたは、目下傷つきやすいお年頃
過剰反応してしまっているようですね。
 子どもの頃は、自分が世界の中心で生きていますから、
相手を気遣うということはできないものです。
 今あなたの心が成長して、その大切さに目覚めたのです。
そうすると、自分が他人にとってどんな存在かとても気に
なってきます。
 そこを乗り越えてこそ、魅力ある大人としての自分を確
立していけるのです。
 過去の自分にこだわって悩むより、未来の自分を大切に
思って自分で自分を育ててあげましょうよ。
 人を怒らせる言い間違いは物事への考えがあいまいだっ
たり、知識が足りなかったり、視野が狭かったりすると起
こりがちです。今がチャンス。
 いろんな本を読んで視野を広め言葉遣いも学んで、人と
深く話せる人になりましょうよ。そういう時期に、今、あ
なたが来たということです。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――――
 ◆人を怒らせる言い間違いは物事への考えがあいまいだ
ったり、知識が足りなかったり、視野が狭かったりすると
起こりがちです……◆

 ……そうなんです……。確かに、そう。

 これを読みますと、私は嫁いでから、いろんな思いをし
ましたね。守られた子ども時代だったとしみじみ感じます。
 ホント!自分が世界の中心でいきていますから……。そ
の時は感じずにとうぜんとしてたのですがそう言えばそう
ですよね。守られていましたから……。甘えていました。
だから嫁いでから苦労しました。そして、読書にも目覚め
そして、多くのことを自分なりかなり努力し学んだのです。
 この女子高生は、いま、気ずけていいなあと思うのです。
だから、明るくのびのびといってほしいものです。
 私は、こんなに老いたと言うに、まだまだ、間違います。
この久田さまのお言葉はとってもいいのですもの。ね。

 短歌

   心には気ずけぬことがあるのですハッと気ずけば
   なにより善き哉

 俳句

   新緑に身も心までここちよき

 川柳

   地震の地で犯罪するとは情けなき
  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽