おばあちゃんのひとりごと

Entries

のに…… のに…… のに…… そのことに新発見……。

 ”三つのしんせつ”修業者へのすすめ。
   他者に 親切(しんせつ)
   自分に 辛切(しんせつ)
   法に  深切(しんせつ)
        山本玄峰老師

 今日は子どもの日ですね。「こいのぼり」の歌が、つ
い口にでて歌っています。唱歌っていいもんですね。
その季節にピッタリの歌が多いのですもの。
 昨日は、良い天気でした。たくさん散歩でき心地よか
った一日でした。姉より電話がリ、「明日、ホウレンソ
ウ・大根菜を持っていくね」って。義兄と姉と遠くから
持ってきてくれると言う。その気持ちが嬉しくて感謝。
だから、もう少しすると新鮮な野菜が届けられる。
 ありがたい。私のことを思ってくれてる。うれしい。
 その優しさがジーンとする。私よりも5歳も上なんです。
大変だと思うの。遠くから運転してくることを思うとね。
  さあ、
 昨日は朝早めにモーニングコーヒーに行ったら、5人
(男性が一人)でね。あとはすてきなおばあちゃんばかり。
 みんなおひとり暮らしの方なんです。朝のひととき。
 たのしい会話がしたいんですね。


 ☆☆なんでも考え方ひとつ☆☆

 たしかに 若いころは わがままだったのか
 やってあげたのに あれだけやったのに…… のに……
 それなのに のに のに …… なんで どうして

 大家族で暮らしているとある ある
 不平不満やら 愚痴になり 
 やってあげたのに のに……それなのに
 
 ふと 思うのです 心をちょっと変える
 のにのための わたしの 新発見は
 それは すすんで 喜んで なにごともやる

 自分が好きで 喜んで やることがいい
 やってあげたくて いい気持ちでやる 
 そう思うとね のに…… が 気にならなくなる

 自分が 好きでやらせてもらっているんだ
 そう思うとね なんにも腹もたたないし
 喜んで 自然にやれるのです
 
 のに……なんてこだわらない
 のに……なんて忘れちゃいます
 のに……なんて消えています

 毎日が爽やかになるもんです

 {ひょっとして、わたしだけかしら?}

---------------------------------------------------------------
 にんげんだもの
           相田みつを

   のに

 あんなに世話を
 してやったのに
 ろくなあいさつをもない

 あんなに親切に
 してあげたのに
 あんなに一生懸命
 つくしたのに
 のに……
 のに……
 のに……

 <のに>が出た時はぐち
 こっちに<のに>がつくと
 むこうは
 「恩に着せやがって……」
 と 思う

 庭の水仙が咲き始めました
 水仙は人に見せようと思って
 咲くわけじゃないんだなあ
 ただ咲くだけ
 ただひたすら……

 人が見ようが見まいが
 そんなことおかまいなし
 ただ いのちいっぱいに
 自分の花を咲かすだけ
 自分の花を……

 花はただ咲くんです
 それをとやかく言うのは人間
 ただ ただ ただ……

 それで全部
 それでおしまい
 それっきり

 人間のように
 <のに>なんてぐちは
 ひとつも 言わない
 だから純粋で
 美しんです。

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――
 短歌

  思いだしうっふふ笑いひとりゆく誰かが見たらおかしい人と

 俳句

  つつじ咲く藤はそろそろ終わりかな

 川柳

  ひとりとは愚痴も悩みも消えている
 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽