おばあちゃんのひとりごと

Entries

「子どもの好みに迎合しないで、母親として”かしこ(賢)く食べる”ことにむきあってください」

 振り向くな、 振り向くな、後ろには夢がない。
           寺山修司
 
 昨日は、美容院に予約してあるのを思いだして、慌てました。
時間には間にあいましたが、財布にお金が入っていると思い、い
ざ払おうとしたらね。足りなくて……。

 「お金足りないわぁ……」
 「ごめん。おろしてくるわ。待っていて……」

 私らしいのですが、さすがにこんな人はいないでしょうね。
 いつもの仲良しの美容師の男性が、「下のコンビニあるよ」
と教えてくれてね。おろして、払い。・・・。ホッと・・・。
 さすがに、美容院の店の人らびっくりでしょうね。こんな人い
ないよね。大笑いの種でしょう。アッハアツハ。しかたない。

 そう言えば、むかしを思いだしたんだけど。子どもが小さい
ころだったなぁ。鰻屋さんで食べてお金を払おうと思ったらない。
当時はキャッシュカードなんてない。子どもには「ここにいてね」
といいあわてて家まで走り取ってきた思う・・・もう忘れちゃった。
 
子どもらは、きっと、心配しただろうなぁ?笑えるこんなドジな母
でね。子どもらがしっかりしないとって思っていただろうなぁ。
 うっふふふ。笑いごとじゃあないわよね。
 なんていうか、暢気というか、単なる考えが浅はかで注意力がか
けてるのでしょう。というより、他に考えることが多すぎたのかも。
自分にいいわけね。もうしないよう気をつけよう。・・・・トホホ。
しっかりしないとね。自分にファイティン。

   ☆☆育児は 育自ですね☆☆

   親として
   親になる資格もない
   そんな たよりない
   親でした

   親という
   自覚もないようなダメ親でした
   だけど ありがたいことに
   ゆえにしっかり育ってくれた

   親になれ 
   多くを教えられ
   多くを考えさせられ
   おかげさまで育自でした

   あらゆる人に守られ
   ご先祖様に守られ
   神仏さまに守られ
   おかげさま 今の私がある 
   
――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――
 この考え方があなたの人生を決める
             松原泰道 著

 {今日のこの一日をもっと深く、もっと大切に生きる}

 私たち人間は、いろいろなものを食べたり飲んだりしますが、一体
人間は何のために飲食するのでしょうか。もちろん生きるためです。
 健康な身体と、健全な精神をつくるためです。それにはあらゆる意
味で飲食の仕方や、頂き方の勉強が必要だと思います。
 先日、家庭料理講座の若杉美枝子先生が、次の意味の談話を新聞に
発表しておられました。

 ある幼稚園で、園児のお弁当のお菜を調査して驚いた。サンドイッチ
・ハンバーグ・オムレツ・コロッケなどが、くり返し登場する。いずれ
も噛みの少ない食物ばかりだ。噛む運動が少ないと顎の動き鈍くなる。
 顎はものを噛むだけの器官ではなく、言葉を話す器官である。さらに
顎の動きは脳に刺激を与える。ところうが顎の運動が鈍いと、十二分に
食物を咀嚼できなくなる。顎の運動が鈍いと、大きく口があけられない、
うまくしゃべれないなど、心身の発育を妨げる結果になる……。

 私はこの若杉先生のこの談話を読んでびっくりしました。さらに先生
は言葉を続けて、

 「乳児期・幼児期そして学童期は、子どもが最も成長する時期で、大
人になる基礎のできる大切な時期です。子どもの好みに迎合しないで、
母親として”かしこ(賢)く食べる”ことに向き合って下さい」と、若いマ
マたちに注意を呼びかけます。かしこく食べるは至言です。ところうが、
とかくかしこくでなく、ただ空腹のままに、自分の好みのままに食べるか
ら、賢い(りこうな)だべ方ができないのです。

 それには咀嚼(噛み砕いて味わう)が大切です。咀嚼すれば顔にある咀
嚼筋がはたらいて脳に刺激を与える道理です。咀嚼を欠かせないのは食物
に限りません。自分の周囲の物事・現象から、いま自分を苦脳させている
病気や事件、そして自分そのものを、かしこく咀嚼すると、必ずその意味
や価値がしみじみと味わえてくるものです。
 ――-省略―――

 ――----------------------------------
 短歌

  振り返れば笑えるほどの失敗でされど善き哉わが人生よ

 俳句

  チューリップ並んで咲いた綺麗だな

 川柳

  春の風悪戯っ子だな吹き荒れる


 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽