おばあちゃんのひとりごと

Entries

心身に悪い影響を及ぼすようなショックやストレスがこれによって素通りしていく。

  世の中の人は何とも言わば言え。わが成すことは我のみぞ
  知る。
                 坂本龍馬

 昨日は、素敵な演奏でした。好きな曲がいくつかあってね。
 三四郎さんに声を掛けさせていただき、ホールからでたところ。
駅にゆく道で、「僕は、初めて聴かせていただきよかったですわぁ」と
男性が声をかけてこられ、その演奏の何がよかったか………をおっしゃ
られたり駅までいろんなお話ができた。なんでも、尺八をなされ、SaⅩ
も吹かれるとおっしゃって見えた。そして「バッハのシチリア―ノ{ジャ
ズにアレンジ}がよかったですね」と、多くを演奏されましたがオリジナ
ル曲のなかの、あれがいいねとかこれとか……いろいろと楽しそうでした。
  とても心が興奮なされたのかなぁと思いつつ、余韻を楽しみながら会話
しました。今度は10月に演奏会があるとのことでしたので・・・・・。
 「また10月にね。お会いしましようね」と、お別れしました。
 お若いようですが……お名前までおっしゃられ、年寄りの私も名乗り、
心の中で、面白いなぁと思ったのです。よほど、話したかったのでしょう。
 ああ しかし、歩いた。たくさん歩いたわ。ヘトヘト・クタクタ。
 帰り野菜を買おうと店先で、ボーとしていたら、ご婦人がぴょんと飛
んで離れたので、びっくりして!
 「エッ なに」
 「どうしたんですか」
 「キャベツに虫がいる……」
 「じゃぁ、農薬がなくて安心ね……」
 と、えらそうに私。虫がこわいのかぁ?と、その方が
 「ほら、ここよ……」
 「わぁ……」ギョッと、私も逃げ出した。もうやめて後ろも見ず・・・。
 ああ、幾つになってもこんなことで、嫌だぁなぁ逃げ出した。
 情けないこと。でもちらと見てけど変な色の虫だった。
 青虫ではなかった。ああ あのキャベツを買い、ご近所のあの子に、
プレゼントして育てて・・・ね。
 蝶になるところを見せてあげられる勇気が欲しかったなぁ?

  ☆☆破れジーンズ☆☆

 それが 流行らしい
 ジーンズがビリビリだ
 若い男性も 女性も見かける

 膝が 腿が 破れ目から見えてる
 新品をわざわざ破るらしい
 これが流行なんだってさ

 お洒落な人ほど
 破れてる 破いてる みたい
 若さって 若いって いいね

 へんでも それが 魅力になっちゃう
 自分がいいならいい
 みんな違って それがいい

 若さって なんだって いいもんなんだ

 ここで、坂本龍馬の言葉がぴったりかなぁ?うっふふ。
 そう言う意味じぁよねぁ うっふふ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中村天風「勝ちぐせ」のセオリー
                鈴村 進 著

◇簡単にできる天風流・奇蹟の”心の悩み解消法”(クンバハカ)◇

 以下、天風の話をもとにして彼のストレス解消の貴重な秘法をご紹介
しよう。
 前に述べたように、かって天風はヒマラヤの奥地カンチェンジュンガ
の岩山でヨガを体験した。その機会を与えてくれたのは大哲人カリアッ
パ聖者だったが、彼が直接教えてくれたことは何もなかった。
 インド哲学では難しいところまでいくと「それから先は自分で悟れ」
と突き放されてしまうのだ。事実そんな深い哲学の境地は、文字や言葉
で師から弟子へ伝えられるものではあるまい。無理に実践してしまうと、
一見したところではいかにも似ているように見えても、おそらくまった
く異質のものになってしまうことであろう。精神的な最高の悟りは、自
分自身で究める外にはない。
 天風が自ら悟ったのは、ヨガ哲学の中でも最も階級が上のラジャとカ
ルマの哲学であった。

 彼によればこれは最高の精神方面のヨガである。

 その中で彼が、一年七ヵ月かかって会得したのが「クンバハカ」とい
う方法である。
 これは「最も神聖な状態」という意味で、これを会得してはじめてヨ
ガ修業のための難行苦行が可能になるという。
 この秘法を天風が実生活で無理なく活用できるように組み上げたのが
以下に述べる「天風式クンバハカ」である。

 ① 腹が立ったり、悩みごとが消えなかったりするとき、すぐに肛門
   を締める。
 ② そして下腹部に力を込め、同時に肩の力を抜いてストンと落とす。
 ③ これで感情や感覚の刺激衝動が心に感じられても神経系統にまで
   影響を及ぼさなくなる。

 これが天風の秘法である。この方法について「錬身抄」ではもう少し
詳しく述べられている。

「肛門を意識的に軽く締めると同時に、肩先の力を抜いて、その全部を
極めて緩やかにして、さらに下腹部すなわち臍下丹田に力を入れるので
ある。そうしてから、できるだけ静かに、できるだけ長く、そして深く
呼吸するのである。
 ただし、この場合、ことさらに下腹部まで息を吸い込もうなどという
在来の新呼吸法のような意識動作は少しも必要としない。ただ、無邪気
に、自己調和体勢で、その呼吸が静かに深く長くさえすればよいのであ
る。
 この実行は一日三呼吸から五呼吸ぐらい。一日のうち機会あるごとし
ばしば行う。朝起床時と夜就寝時の直前には五から十呼吸行うがよい」

 心身に悪い影響を及ぼすようなショックやストレスがこれによって素
通りしていく。
 重大な病へ引き摺り込まれたり、仕事で大失敗をするような危険から
こんな簡単な方法で逃れられるということは実に感謝すべきことである。
それを天風はあっさりと公開してくれているのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 どうぞ、実行なさってみてくださいませね。ショックやストレスが素
通りしたらいいね。

 短歌

  コンサートの帰りに声をかけられて楽しくなるな演奏の話し

 俳句

  薫風や爽やかな街好きな街

 川柳

  知らんまに気がついたとき老いていた



スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽