おばあちゃんのひとりごと

Entries

波乱万丈の56年の生涯を生き抜いた人の一言ですから、ずしりと重さを感じます。

 私の ”心の持薬” 一つは、道元禅僧の、
 「決心したことができないのは、自分に対する親切が足りな
 いからだ」のことばです。自分がいちばんにかわいいのなら、
 もっともっと自分に尽くしたらいいのに、それを怠るから事
 が成らないのです。
              松原泰道

 大事な言葉です。自分のためにできる努力はしたいものです。
 いよいよ、サミット始まります。成功を願うわ。
 さあ。
 昨日はときどき行く、モーニングコーヒーに行きました。喫茶
店は新聞の全紙が揃い、ゆっくり読める(最近は新聞でさえ読め
なくなりましたが)のが有り難くて、ぼんやりとし、新聞を持ち
新聞の大きな見出しだけでも、読もうと努力するのです。老いる
ごとで、新聞でさえ読めぬ心がわびしくなるのです。
 でも、そのなかをがんばるのです。モーニングを頂き楽しむ。
 そして、店では、客の入りはちゃんと見てて、混んでくると、
速やかに出る。嗤える客なんです。そして脳の働きのために人と
話そうと、顔なじみが出来て話題がはずみます。ありがたいとき。
 昨日はときどき一緒になる老男性と合い席になり暫く、話す。
 なぜだか昨日は褒めて下さる。
「あなたは、ちょっと、違いますねぇ……」
「むかしなにかやておられたでしょう」
「……」
「今日は、少しごますりが多いですね……」
 と、大笑い。そんな日もあるわね。私は、褒めるのも苦手。
言葉は少なくし、聞いているばかりが多い。それが、気楽だから。
 いつもの、仲良しさんは、「もう、行ってくるね」と……。
「うん。行ってらっしゃいね。またね」この方はお仲間があり
ボーリングゲームを楽しんでおられ、お若いからお元気です。
そうやって、老いても頑張っておられるのが好き。こうした出
会いも約束はせず、偶然に逢えるのを、楽しむのです。
 私は、ゆっくりし、新聞や週刊誌を読み、短歌やらを考える、
とても好きな充実した時間なんです。あちこちに手紙も書く。
 ひとりが気楽なんです。
 たまに会話できるのもしあわせ。なんでもが、その日その日。
ちがっていいのです。一人もしあわせ。みんなとも幸せ。
 お店の方も感じいいし、よくしてくださるから、ありがたい。

 ☆☆いい顔になりたい☆☆

 自分の顔は
 自分が創る
 それがなによりいいことなんです
       そんなこと
       出来るわけない
       そう思えるでしょう
 若い頃は そう考えてた
 親が親だから 美人にはなれなし
 そう 思っていたんです
 でも でも 年を重ねるごとに あれれ あれ?

 いい顔になる 魅力ある人になる
 いい心になって 明るい笑顔
 そうすることが いい

 そうして自分の 暗い心 辛い心 心を切り替えて
 心の澄んだ 美しい よい心のとき 鏡を見て 見て

 怒っている 妬み羨み あらゆるときも
 それこそ悪い嫌な心のとき 鏡を見て 見て

 鏡は正直に映す その心の儘に
 だから よい心でよい顔になりたい

 うっふふ 信じてやって見て

 両親からだけじゃぁない 自分の顔は
 自分が自分の心で創れるのです

 そう 鏡で自分の心を見つめて見てね

 老いていくなか いい顔にしていかなくちゃぁ
 
 -----------------------------------------------------------------------------
この考え方があなたの
 人生を決める          松原泰道 著

 <苦労が顔に陰をつくる人、深みとなって現れる人>
 ”人間は、四十歳を越すと、だれでも自分の顔に責任を持たね
ばならない。―――との、アメリカ合衆国第十六代大統領、リン
カーンの名言は一般に知られています。
「アメリカの国父・奴隷解放の父」とたたえられる彼は、ケンタ
ッキー州の貧しい開拓農民の家に生まれ、学校で学ぶ時間も暇に
恵まれず、独学で27歳のとき弁護士となります。
 38歳で下院議員に当選、51歳で第16代大統領に就任、55
歳で再び大統領に選出され、前後五ヵ年にわたる内乱の南北戦争
がようやく北部の勝利で終わり、アメリカっ合衆国も統一、奴隷
解放も達成されます。
 しかし、リンカーンは、南北戦争終了直後に南部出身の暴徒の
ために暗殺されました。波乱万丈の56年の生涯を生き抜いた人
の一言ですから、ずしりと重さを感じます。
 人間の容貌は肉体の成長を境遇につれて変化し続けます。生後
のあどけない童顔も、やがては少年少女らしい容姿になり、男女
共青年になると大人の顔になります。壮年期になると生活苦や人
生苦にさいなまれて、顔に陰影を生じます。
 顔の陰影には、暗さと深さとの違いがあるようです。眉間にし
わを寄せるのは暗さを感じさせます。暗さでない”彫りの深い顔”
には陰影の美しさが漂っています。彫りの深さは、その人の思想
・思索の深さを語っているように思えます。
 人間の顔は、環境や生活だけでなく、その人がどのような態度
で人生を処するか、つまり、その人自身の心構えでつくりあげて
いく事実を、リンカーンは告げているのです。
 私はリンカーンの言葉をふまえて

「人は男女の区別なく、四十歳を越えたら、自分で自分の顔を創
ろう」

 と提案いたします。私たちの顔はもちろん親から生みつけられ
たものですが、自分の生き方の願いを実践するなら、現在の自分
の顔に新しい相好を創ることも可能です。
 すなわち、しぜんに顔つきも創造的に進化するからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 短歌

  自分の顔彫るのは自分であることを心で彫るをふと思う哉

 俳句

  梅雨のごと曇り空ですそこを散歩

 川柳

  都知事さん法の不備・モラル教えてる?


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽