おばあちゃんのひとりごと

Entries

「はい、嫌いな人がやって来たときは、私は心の中で(好き好き好き)と30回ほどつぶやいている……。」

 雨の日には雨の日の 悲しみの日には悲しみの日の
 かけがえのない 大切な 人生がある。
             東井義雄

 毎日、いろんなことはあるもんです。そのなかを、楽しんで、
精いっぱい、一生懸命に生きたいものです。 
 サミット。あと少し、無事に見事に、終わってほしいもので、
伊勢神宮のお参りのときも曇り予報がはずれ嬉しくなりました。
 今日は、いよいよオバマ大統領が広島ですね。
 大統領になられた頃に、ときどき出あうご近所さんのおじさん
が「オバマ大統領をどう思う……」と、尋ねられたことがありま
してね。その時。漠然と思っていたんですが、私は、
「オバマ大統領は、案外、歴史に名を残すような人になると思う
なぁ……」と、いったんです。なんとなくね。
 その時に、「エッ」と、いう顔をされましてね。
 ……。
 ……。
 でも、やはり……。かも。
 また、モーニングコーヒーであったら、聞いてみようかな。

☆☆しわだらけの手☆☆

 なんというしわなんだろう
 ながめる 嫌に皺が おおいな
 しわが おおすぎるな
 よく働いた手なんだけれど

 そうして そうして いっぱい
 あそび楽しんだ手

 しかし皺が多すぎる 

 あっそうだ 老眼掛けた
 そうだ だから皺が凄いんだ

 しかし 老いの手
 頑張って生きた手
 ごっっい手なんだけれど
 ありがたい手
 しみじみ眺める 
 
 ひとり笑えて笑っている 
 
――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――
この考え方があなたの人生を決める
       松原泰道 著

<人を好きならずして、「いい人生」はありえない!>
 ――-省略―――
  人間関係においては、人を使うとき、人の好き嫌いをすると、
人材を開発できなくなってしまいます。私は親のおかげで食べ物に
好き嫌いはありませんが、どうも人の好き嫌いをする悪い癖があっ
て容易にとれません。
 人間は妙なもので、私が「あいつは嫌いだ」とつぶやくのを聞い
た友人が「向こうもお前を嫌いだといっていたぞ」といわれて、私
は深く反省しました。
 私は映画評論家の淀川長治さんとある雑誌の企画で対談したこと
があります。淀川さんはの穏やかな人がらがお話ににじんで、私に
はよい」勉強になりました。ちょうど淀川さんの著書「私には嫌い
な人がいない」が出版された頃です。
 私が、「先生には、本当に嫌いな人がいないんですか」と、失礼
な質問をすると、淀川さんは、例のユニークな語り口調で、
 
「ええ、人の好き嫌いをすると、世界中の半分のの人と縁がなくな
りますから、好き嫌いをしないようにつとめています」というお答
えです。私が「どんな努力をなさるのですか?」と伺うと、淀川さ
んは、いとも楽しげに、

「はい、嫌いな人がやって来たときは、私は心の中で(好き、好き、
好き……)と30回ぐらいつぶやいていると、だんだん好きになり
ます―――」と答えて下さいました。
 淀川さんにも、やはり虫の好かない人があったわけです。でも、
その人を愛しようと努力して ”私には嫌いな人がない” という境
地に達しられたことがわかりました。
 嫌いな人にも愛情を持って接し続けていくなら、やがては嫌悪の
念が次第に薄らぐということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  嫌いな人ね。嫌いというより苦手ですよね。両親にまもられて
甘えていた娘時代、そして嫁ぎ全く異なる世界に、そのときには、
味わいました。わたしは嫌いな人も苦手な人もつくってはいけな
いなあと思うなかで、自分で考えたことですが……。まず。

 ① その人のいちばんいいところを見つける。
 ② その見つけたいいところを見つめる。
 ③ そうしていると、いいところだけが見えてくる。

 もう、これで、嫌いな人は消えます。
 いいところを見ていると、みんなよくなってくるもんです。
 そうして、もう一つ。
 きっと、相手にとっても私の嫌いなところがあることでしよう。
そう思えば、わたしも、悪いところばかりだから、当然ですよね。
 お互いなんですよね。謙虚にならねばね。そう思えばなんでもに
ありがたくなるもんです。

 淀川長治さん、昔テレビで映画の紹介をされておられ温かなお人
柄があふれてました。

 短歌

  暑くなり梅雨を感じてアジサイ咲く楽しみ日々の散歩道ゆく

 俳句

  アジサイが咲き始めたり日々楽し

 川柳

  毎日を喜び見つけ老いの日々
  


 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽