おばあちゃんのひとりごと

Entries

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです」偉大なるイチロー選手

 人生に疲れたという人がいたら、それは人生のほうが
 その人間に疲れたのだと思えば、間違いない。
            ジョ―ジ・サンダース

 一日中、昨日は雨でした。地震のニュースにドキリ。
 夕方、83歳の友人が電話くれてね。いっぱい話ができたわ。
 田舎に住む彼女と話すと面白いわ。

「外出しても、お店を見たり楽しいでしょうね」
「ううん。いらないし、歩く人を見てて、なんとなく散歩するだけよ」
「いろんなお店見てるだけでいいじゃあない」
「そうかもね。買えないし、欲しくもないし、魅力ないわね」
「此処は、山や田んぼや川……ほかになんいもないからねぇ」
「山が見えたらいいじゃぁない一首、川で一句……」
「うっふふ、いい短歌や俳句出来るじゃん」
「まあ まあ おかしいわ。わらえるわねえ」
「あらら ら お互いにないものねだりしてる……」
「考えれば それで、わたしは満足。あなたも満足ねぇ」ふっふふふ。

 二人で大笑い、短歌を作るのにも、題材が無いねぇといい
ながら、面白いほどにないものねだりなんですものおかしい。
久しぶりに話せて、お元気でよかったね・・・・。

 ☆☆ないものねだり☆☆

  いくつになっても
  笑える おかしい
  あなたのいいことは
  わたしのいいことは

  いくつになっても
  ないものねだり
  あなたにあるものがいい
  あなたはわたしにあるものがいい

  口にすれば 知らず しらず
  嫌ね 不平不満と愚痴ね
  まあ 情けないわぁ
  だから 笑いましょ

  楽しみましょう
  自分の毎日を
  ハッピイでいましょ
  だって しあわせなんですもの
  
  あなたにあえて うれしいからね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小さな人生論
          藤尾秀昭 著

 <夢を実現する>
 ある小学六年生の作文がある。

 「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
 そのためには中学・高校と全国大会に出て活躍しなければ
なりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は三歳の時から練習を始めています。三歳から七歳までは
半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百
六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。
 だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手に
なれると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、
西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は一億円以上が
目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。
 去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほと
んどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と
確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームランを三本を
打ちました。そして、全体を通した打率は五割八分三厘でし
た。このように自分でも納得いく成績でした。そして、僕た
ちは一年間負け知らずで野球ができました。だから、この調
子でこれからもがんばります。
 そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようにな
ったら、お世話になった人に招待券を配って応援をしてもら
うのも夢の一つです。とにかく一番大きな夢は野球選手にな
ることです」

 作者は愛知県西春日井郡 豊山小学校六年ニ組 鈴木一郎
賢明な読者にはすでにおわかりだろう。
 いまをときめく大リーガー、イチローの子ども時代の作文
である。

 イチローの資質は特別、いわば天才という。その通りだろ
う。しかし、この昨文が夢を実現する上で大事なものは何か
を語っていることも事実である。

 まず、第一に自分の夢に対していささかも迷いがない。夢
を素直に信じている。つまり夢に対して本気、本腰である。

 次に、自らの夢に対して代償を進んで支払おうとする気持
ちが強い。
 三百六十五日中三百六十日激しい練習。友達と遊ぶのは一
週間で五、六時間という。そう言いきる言葉に少しの悔いも
未練もない。「夢をみることは重荷を背負うことだ」と松下
幸之助は言ったそうだが、そのことをすでに体得している感
がある。 そして最後に、お世話になった人に対して報いる
という報恩の心を持っている。

 夢を持ち、その夢を実現すべく燃えることができるのは、
全生物のなかでも人間だけである。天から授かったこの能力
をフルにハっキする人生を送りたいものである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 素晴らしいイチロー選手ですね。頼もしい方です。
 イチローさんはまだまだたのもしく頑張られることでしょうね。
 心からますますのご活躍をお祈りしています。

 短歌

  夢もたず知らぬ間に老いああというそれがわが姿情けなくなり

 俳句

  友と語る電話でふたりは梅雨かたる

 川柳

  誰になる都知事に期待オリンピックも


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽