おばあちゃんのひとりごと

Entries

増田宋太郎ははらはらと落涙し。。。「西郷という人を知らない。西郷先生を知ってしまった以上・・・・」

 人や言葉や大切なものとの邂逅には神仏の不思議な
 力を感じるのだ。
          おばあちゃんのひとりごと

 昨夜から雨音がずーとしてて、あちこちで被害があるのでは
ないかと思い、ときどき、目が覚めました。
 朝のニュースを見ながら、自然の怖さを見るのです。
 昨日の朝は友人に会う前に、郵便局に出かけた。手紙をよく
出しに行くのですっかり顔なじみでね、いろいろとお願いしす
ませ、そして、手紙一通をだし、「はい、80円ね」と、出し
て、お客様がいなかったので、雑談をしてて、「またね。あり
がとう」帰って行く道の途中、郵便局の若い女性の笑顔に会い
へヤ―スタイルが変わっていたので、暢気なおばあちゃんは。
「あら へャースタイル変えたの。可愛いねぇ」
「夏だから、暑いからね。カットしたんです」
「似合う。いいよ!素敵。またね」・・・・
 と、帰る道。後から誰かが呼ぶ声、なんだろうと?
「すいません。2円足りなかったわ……」
「アッ……ゴメン」
 ワッハ ワッハ。かわいそうに、2円であわてたわねぇ。
 小銭があってよかった。二人で楽しくなっちゃいました。
 まったく、ドジなわたし。ああ あなたもよね。うっふふ
足が遅いから間にあったわ。思いだしては笑え、でも、郵便局
の女性。2円といえども払っておいてはいけないだろうし……。

    せいいっぱい

   どんな小さい花でも
   せい一ぱい
   咲いているのだ
   だから
   かすかな自分でも
   せい一ぱい
   生きてゆこう
         坂村真民


 ☆☆別れるときは
     さようなら☆☆

 さようなら 
 さようなら 
 別れたあと 
 
 別れた友との余韻に浸る
 信じて 信じられて 魅かれて
 そういう仲でありたい のです
 
 おたがい 老いる 老いてゆく
 老いるごとに 美しくなりたい 
 魅力が出せる人でありたい
 
 そういう人になりたい
 そうやって 友らと
 老いる日々を美しく老いたい

 おだやかに ゆっくり さわやかにね

-----------------------------------------------------------------------------
 小さな人生論
                藤尾秀昭 著

 ◆魅力
「そこにあの人がいる。ここにその人が存在する。それだけで
 人が自ずと寄り、ことが収束される。むかしはそういう人が
 必ずいたものだが、最近は見なくなった」

 ある財界通が言った。誰をイメージしての言かは知らないが、
そのつぶやきに触発されて思い浮かんだいくつかのことがある。

 西南の役の折、豊前中津藩からも有志が中津隊を結成して西
郷隆盛の軍に参加した。だが戦い利あらず、敗北が決定的にな
る。隊長の増田宋太郎は隊士に、
「われわれ中津隊の役目は終わった。自分は残るが、みんなは
故郷に帰れ」
 と言う。なぜ隊長だけ残るのか、と反問する隊士に、増田は
こう答えた。

「吾、此処に来たり、初めて親しく西郷先生に接することを得
たり。一日先生に接すれば一日の愛生ず。三日先生に接すれば
三日の愛生ず。親愛日に加わり、去るべくもあらず。今は、善
も悪も死生を共にせんのみ」
 かくて増田は西郷と共に城山に果てた。

 これも、明治初期の話。
 山岡鉄舟が清水の侠客次郎長親分に、「おまえにはたくさん
の子分がいるが、お前のために死ぬ子分は何人いるか」と聞い
た。
「私のために死ぬ子分など一人もおりません。だが、子分のた
めなら私は死ねます」
 これが次郎長の答えであった。

 その人がいるだけで難事が収まり、大事が解決する。財界に
限らない。政界官界、あらゆる分野に以前はそういう重石とな
る存在がいたが、確かに最近は希薄の感を否めない。
 重石を重石たらしめていた根本は、結局、人間としての魅力
に行き着くのではないか。ここに挙げた二つの挿話が人間的魅
力を異なる角度から照射し、そのことを示している。
 ――省略――
 21世紀はあらゆる事象に魅力がキーワードになる予感があ
る。その根本が人間としての魅力であることは言うまでもない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 これは大好きな言葉です。
 {いまだに中津に語りつたえられているという有名な言葉}
  
   増田宋太郎の言葉{西郷隆盛}
    「かの人はまことに妙である。一日、
     かの人に接すれば、一日の愛生ず。
     三日、かの人に接すれば、三日の愛生ず。
     しかれども予は接する日を重ね、
     もはや、去るべくもあらず。
     いまは善悪を越えて、
     かの人と生死を共にするほかはない。」


  短歌

  一緒にいればなんとなく嬉しくて心が弾む友との語らい

  俳句

  この暑さなんだかま夏がこわいよう

  川柳

   参議院選挙誰がいいのかな


  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽