おばあちゃんのひとりごと

Entries

「仏のさとりを聞いたからといって、善いタネまきを、おろそかにしてはいけないのだよ」釈迦

 愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを
 選んで、ほかのものを決して顧みないことです。
             トルストイ

 いいですね。好きですね。そうやって生きて終わりたいもの。
 でもそれがとてもいいことなのに、難しいことのようですね。
 とても大事なことだなぁ……ああ……世の中いろいろです。
 
      いちずに
      一本道
      いちずに
      一ッ事
       相田みつを

 さぁ今日はお隣さんと、能楽堂にお能を見に行くのです。
 嬉しいなぁ、笛や大太鼓やら小太鼓や謡やらいいですよ。
発表会を見にゆけるのがうれしい。11時頃から隣の奥様とね。
 昨日のこと、嬉しいことがありました。この前のこと、教えに
 ご近所の若いママさんと女児と三人で、喫茶店でお茶したの。
 この間からの学校の国語の授業で「一言の気配リと言う新聞の
記事」を選んで、フエァリ―さん(名前は上げてないけど)書いて
くれたとのこと……で。教えてあげると、言われてて……。ね。
 昨夕のこと。コーヒーしながらね。見せてもらいました。でも、
字が小さくて見えず、ままさんが、心地よく耳元で、読んでくれ
ありがたいひとときでした。
 お兄ちゃん(中学一年生)が学習塾にいってるまのこと。
 とても温かい心の、作文になっていた。すぐに忘れてしまう私。
 どうも、たぶん、風邪をひいた時に、手紙やなんだったったけ
かな?私がお見舞いをしたようで「ご近所の人が気ずかいをして
くれ、いつも、とてもポジティブな人で誰にも優しい……手書き
の手紙は心が伝わり……ぼくもそういう人に……?」
 携帯の写真を見せて下さるのですが、悲しいことに、老眼の私
字が小さく……残念。見えない。
 もう忘れちゃいましたが、中学生の少年の心がいいなぁと思い、
温かさや優しさがいいなぁ。先生がとても褒めて下さったとか……。
「あなたのはよかったよ」って、褒められたとままが教えてくれ、
その少年の心の純粋さが、つたわるのです。素直ないい子だわ。
 200字にまとめ、みんなの前で発表し「A判定」だったとか。

 若いママに言うのです。立派に育っているね。もう安心ね。
 いいわぁ、有り難いわぁ。私まで、嬉しいじゃん……。感謝。
 雨が降り出してきて、慌てて帰りました。
  いいこといっぱいのいい一日になりました。

 なんだか、ありがたくなりました。その子の優しさがでててね、
 その少年の心が美しいなぁ・・・・・。土曜日のひととき。

      うつくしいものを
      美しいと思える
      あなたの
      こころが
        うつくしい
         相田みつを


 ☆☆なにげないことが☆☆

  なにげないこと
  日々になにげなくあり
  喜んだり 喜ばせてもらう
  思いもかけず 思っていてくれるを
  知り 心が伝わり 温くなる
  ホンワリ幸せになる

  なにげないことが
  さりげなく伝わり 心に届く
  優しい心ずかいに満たされ
  幸せのタネは蒔かれてる
  そして 花が咲き そして
  その花が また タネとなる

  なにげないことが……めぐりめぐる

  誰かの心に みんなの心に 花は咲く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く
                  岡本一志 著

 おわりに

 お釈迦さまのお弟子・アナリツは、目が見えませんでした。
ある日、衣のほころびを縫おうと思って、周囲に呼びかけました。
「誰か、善を求めようと思う人は、この針に糸を通してください」
 その時、
「ぜひ、私がさせてもらいましょう」
と、申し出られたのは、ほかならぬお釈迦さまでした。
 アナリツは、その声に驚いて、
「おそれながら、お釈迦さまに、このようなことをお願いするこ
とはできません」
 と言うと、
「仏のさとりを聞いたからといって、善いタネまきを、おろそか
にしてはいけないのだよ」
 と答えられています。
 お釈迦さまは、
「善いタネをまくように心掛けなかったら、決して、善い結果は
現れませんよ」
 と教えられ、自ら率先して実行されていたのです。
 このエピソードを知って、私の仏教観は、大きく変わりました。

 平成六年、東京大学の門をくぐった私は、哲学科の先輩に紹介
してもらった仏教講演会を聞きに行きました。論理的な話に、数
学好きの私もびっくりしました。
 何より驚いたのが、仏教では、「苦しくとも、なぜ生きるのか」
の人生の目的が説かれていたことです。そして仏教では、「幸せ
になるには、幸せのタネまきをしなさい」と教えていることを知
りました。
 ――省略――

――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー―――
 いいですねえ。そうやって生きていきたいものですが、わがまま
に育った私、いまも、私なりに心がけて努力しないとなってない私。
頑張っていきたいもんです。

 短歌

  若いママ女児と楽し喫茶店いろんな話に皆笑顔なる

 俳句

  梅雨らしい雨が降り出し慌て帰り

 川柳

  選挙が始まり騒音思えちゃう


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽