おばあちゃんのひとりごと

Entries

マザー・テレサの手に抱かれて息を引き取るとき「私は生まれてきてよかった」というひとことを残していくという。

 老人は、得てして自分たちの過去の過ちを棚に
 上げて、すぐむきになって若い人たちを非難す
 る悪いくせがございます。
            加藤道夫

 でも、私はそうはしないと思いつつ……。
 案外にしているのでしょうね。毎日を過ごしつつ、知らぬ
間になんでもが未熟なんですもの。
 昨日は、暑かったですねぇ。開けっぱなっしにしているの
ですが、ふうふうの暑さでこりゃぁたまらんと、外に出てね。
 クーラーの効いたお店にはいり、ショッピングのフリです。
街はありがたいです。アーケードもあり、散歩もいいもので、
運動をしないでいると、もう大変です。体重計にのり、ドキ
リです。本当、体重は正直なんですもの。困ってしまいます。
 今日は頑張らないと、大変なことになりそうです。歩こう。
歩こう。頑張らないと……。食べなければいいのですが、ね。
 食べることがとても楽しみなんですもの。
 頑張って散歩(運動)しないと、危険信号なので、歩くわ。
体重がなんです。うっふふ、困ります。
 昨夜は友人二人が泊り、居酒屋にも行きましてね。楽しい夜
でした。ありがたい。今、まだ友人が、寝ています。だから、
静かに、静かにしていますの。
 さあ今日は、他の友人が誘ってくださいましてね。一泊で出
掛けます。明日の朝は、お休みするかもです。

  この世は
  わたしがわたしに
  なるところ
  自分が
  自分に
  なりきる
  ところ
    相田みつを

    

 ☆☆泣けるんです☆☆

 泣けるんです
 ひとりで
 いろんなことを考えると
 なぜ どうして
 なんでって

 そうなんです
 誰もいろんなことがあるでしょう
 みんな みんな そうやって
 それでも 頑張るのです
 泣いたいたり 笑ったりしてる

 ひとりだから

-----------------------------------------------------------------------------
  人生、心がけ
         庭野日敬  著

 <今日なすべきことをなせ>
 ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサは、インドのカルカッタ
で、住む家もなく、食べるものもない最も貧しい人びとの「母」とな
って、自分の一生を捧げておられます。その奉仕に徹しきる姿を映画
に撮った監督の千葉茂樹さんは、「フィルムの編集をしているうちに、
しわだらけのおばあちゃんが、これほど美しい人がほかにいるだろう
かと思えるほど美しく見えてきた」と言います。何よりも心ひかれた
のは、その後ろ姿だったと言うのです。
 マザー・テレサにみとられ、話を聞いてもらう人たちは、「神は自
分のことを愛しておられる」「神は私の言うことに耳を傾けてくださ
っている」と、はっきり感じるのだそうです。そして、テレサさんの
手に抱かれて息を引き取るとき、「私は生まれてきてよかった」とい
うひとことを残していくというのです。
 「死ぬことはこの世から消えてなくなることではなく、その人間が
生きていたという事実を証明するものなのだ。死は人間の一生にしめ
括りをつけ、その生涯を完成させるものなのだ。消滅ではなく完成だ」
と言われたのは作家の山本周五郎さんです。
 自分の命が永遠に伝わっていくことを信じられてこそ、「もういち
ど生まれ変わってまいります」「もういちど出直してまいります」と
いう言葉を残して安らかに別れを告げることができるのではないでし
ょうか。
 ――省略――
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  夏の夜やひとり考え悩み生き諦め忘れそれが人生

 俳句

  汗をふき頑張る友やまぶしくて

 川柳

  暑いと言う言うだけでまた暑いかな


  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽