おばあちゃんのひとりごと

Entries

これがお盆の行事の始まりです。

 正しい事、良い事を習慣にするとそれは生まれながらの天性と同じ
 ように身につき、「成功者」としての人生を歩むことができる。
                     中村天風

  良い習慣はいいですよね。
 今日は菩提寺のお盆法要会に、ご先祖様がおられるますので、出かけ
おまいりにまいります。朝早く出かけるのです。 昨日のこと、朝から
スーパーで重いものを、買おうと、ビールやお茶やお水を買いにでかけ、
引いて歩くのを持ちましてね。スーパーの近くでコーヒ―を飲もうと入
ったら、仲良しの奥様と息子さんとそのお母様がおられ、偶然の出会い
に驚きました。なんか、そういうときは不思議なんですもの。ありがた
くなるんです。そして、買い物をしながら、こうやって重い物を工夫し
て買えるしあわせを喜ぶのです。圧迫骨折をしてからというもの、また
なったらと思うと、用心してしまいます。でもいまではありがたい。
 子ら夫婦や孫らがきてくれますので、なんか嬉しくて、頑張っちゃい
ました。お盆はうれしいなぁ。
 頑張りすぎて、結局3度往復したのでね。もうクタクタになり心良い
疲れで、ボーとしていたら、嫂さんから電話が入りましてね。
 「元気でいる……」
 「うん。元気だよう。暑いねぇ」
 「なんだか、そうめんを見ると、美味しそうに食べてたあなたをね。
思いだして……かけたのよ。いつも手紙ありがとうね」
 「暇なんだもん。だから書くんだから、気にしないで」
 「でも、嬉しいからね。いつもありがとう」
 「うん。ありがとう」
 「エッ私って、若いころから好きだったの?そうめんが……」
 「そうだよ。ホント美味しそうに食べてたよ。今も好きかね」
 「大好きでね。毎日のように食べてるよ」
 「自分で湯がいて、やってるの?」
 「うんそうだよ。なんだか、大好きだもんでね」
 「へぇ嫂さんありがとう。覚えていてくれて、私の若いころのこと…」
 「あなたは、そうめんが大好きで、とても美味しそうに食べてたのよ」
 「優しいね。嫂さん、そんなことまで覚えていてくれてありがとう」
 なんだか、娘の頃のことで、私はすべて忘れてしまっていること。
 若いころのことを知っててくれて、それも、嬉しいもんです。


 「習慣は第二の天性である」{中村天風}
 
 心が変われば、態度が変わる、
 態度が変われば、習慣が変わる。
 習慣が変われば、人格が変わる。
 人格が変われば、人生がかわる。
        安岡正篤(帝王学のノートより)


   ☆☆それが大事なんだな☆☆

    自分の性格や習慣
    よくしていきたい
    
    いいことを耳にしたり、目にしたり
    そうして真似をして見る

    そうしていると 知らぬ間に
    心がけているわけじゃアなくても

    真似をするだけ
    それを知るだけで

    なんだか
    微妙にかわれる気が
    
    なんとなくしてくる
    なんだかいい
  
    それが大事なんだということを
    知ることからはじまる

    それがだいじなんだな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さわやかに死を見つめる80の話
              公方俊良 著

 極楽に往生する道がある

 「仏説盂蘭盆経」に次の話があります。
 釈尊の十六弟子の一人・目連尊者が亡き母を思い、神通力を使って居場所
を探したところ、地獄に落ちて苦しんでいることが分かりました。
 目連がお釈迦様に尋ねました。
 「母は、慈愛の人でした。なのになぜ地獄に落とされたのでしょうか」
 「母親は、わが子を思うあまりに我執を生じるからである」
 「では、どうすれば母を救うことができるでしょうか」
 「7月15日に、僧たちが百日間の修行を終える。そのときに食物など供養
しなさい」
 目連が教えに従って布施(他の人への施し)をしたところ、その功徳で母
親が救われました。
 
 これがお盆の行事の始まりです。
 
 この教えを見ましても、われわれも地獄行きから逃れられません。しかし、
残された人たちが、布施などの善行をつめば、その功徳により地獄から極楽
に救済されるのです。
 しかし、他の人に依存して極楽に行くのではなく、自分の計らいで、死ね
ば即座に極楽に往生する道はないのでしょうか。それが、あるのです。浄土
思想の教えです。

 往生とは此岸(しがん)の穢土(えど)を離れて、彼岸の浄土に往き生ま
れることをいいます。浄土とは、仏の世界をいい、往生浄土は、輪廻を脱し
て仏の世界に到ることをいいます。浄土もさまざまありますが、一般的に、
阿弥陀如来の往される極楽浄土を指します。
 ――省略――
 ひとえに阿弥陀仏の名を唱えれば、西方の極楽浄土に往生できるという教
えです。
 ――省略――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

  お盆ですご先祖さまもこられますなんだか嬉し手を合わせます

 俳句

  蝉の死骸道に落ちてた悲しいな

 川柳

  自転車の走りゆく早さこわすぎる


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽