おばあちゃんのひとりごと

Entries

「ありがたい」「もったいない」……それが幸せへと通じる一番簡単な入り口です。

 「八十になったら、みんな哲学者」
       画家 松田正平

 
 そうなんでしょうね。そうでありたい。老いては何事もおだやかで
なんでもに感謝したい……老いていくなかを楽しくゆっくりとね。
 昨日は友人が3人来てくれて、街を案内したのです。若い人のように
楽しんで、お店でお洋服を見たり、ソフトクリーム100円で食べたり、
ピザやらポテトやら、そして、「一杯だけね」と生ビールを飲み、い
い仲間とのひとときの楽しいこと。楽しい楽しい。面白い街を歩いて
喜んで帰っていかれました。その間、3~4時間だけだというのにね。
すっかりと、疲れてた。情けないわ。 日頃は散歩の効果はないな。
 みんなのお元気に感心してしまいました。
 やはり、一人の私は、どうも、相当に、怠け者なんだと考えさせら
れ、体を健康に過ごす工夫しなくちゃぁと思いつつ、すぐに忘れ……。
 なんとなく、日の暮れるのが早くなり泣けます。暗くなるのに慣れる
までがね。ああ、四季があるというのは、いいもので、大好きなんです。
 もうずいぶん夕暮れが早くなってきました。
   


    私の一生は
    傷だらけであるが
    この傷から
    しみじみと手が
    合わされるような
    後光がさしてくる
       念仏行者・榎本栄一


   ☆☆笑って老いを生きる☆☆

   なんにもなくたって
   一人の日々を
   楽しく過ごせる
   笑いも面白いぞ
  
   アッハ 
   イッひひ
   ウッふふ 
   エッへへ
   オッほほ

   なんかおかしくて 
   ワッハハ 
   なんだっていい
   自然に笑顔
   ひとり笑っている
   いいなあ

   空にも 白い雲にも
   雀が首をかしげてる
   カラスはキョトンとしているわ
   木々を撫でながら 笑う 
   なんでもかんでもに
   
   おかげさま ありがとう
   そうやって考えられるから
   しあわせで ありがたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 神様にほめられる生き方
           岡本彰夫 著
           (春日大社権宮司)

 「ありがたい」「もったいない」は人生の秘訣

 毎日「ありがたい」「もったいない」と心の底から思い続けられたら、
百点満点、小難しい理論や経典を読まなくても、人生の卒業生です。
 ところうが、常にそう思い続けるのは簡単なことではありません。とき
には文句の一つも言いたくなるのが私どもです。
 「ありがたい」「もったいない」と思うことは、決して難しいことでは
なく、それが幸せへと通じる一番簡単な入り口です。でも徹底してそう思
い続け、実践していかなければならないところに、難しさがあるのです。
 本物になるとは、身につくということ自然にそれが思えるようになるこ
とです。
 こんな話があります。江戸中期を代表する画家の尾方光琳が京都の町衆
と河原で花見をしていたときのことです。皆それぞれ贅を費やした自慢の
器や蒔絵のお重などに、ごちそうを入れて集まりました。京の旦那衆は、
粋人として名高い尾形光琳がどんな器を持ってくるだろうかと楽しみに待
っていたのです。
 ところうが、当の本人は手に何も持たずにやって来て、やおら懐から竹
の皮を取り出し、握り飯を食べはじめたそうです。しかし、光琳の手元を
を見て、皆がアッと驚きました。竹の皮の裏には、どの器も敵わないよう
な極彩色の素晴らしい絵が描かれていたのです。しかも彼は握り飯を食べ
た後、その竹の皮をパッと川に捨てて、立ち去ったそうです。
 身につけるということは、何も持たなくていいということです。
 光琳は素晴らしい両技を身につけていたから、高価な器に執着する必要
はありませんでした。いつ、どんなときでも、筆さえ持てば優れた芸術品
を生みだせたのです。
 音楽もそうです。しっかりと身についていれば、楽譜を持ち歩かなくて
も見事に歌ったり、楽器を奏でたりできるでしょう。
 「ありがたい」「もったいない」も同じです。そう言う気持ちが身につ
いていれば、どんな場合にも、自然に体が動くようになるものです。そん
なことを意識し続ければ、どんな状況に置かれても、正しい方向を定める
ことができます。お互いそんな人になりたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  「夢かなあ」「夢ならいいな」被災地のさまざまをみて涙するのです

 俳句

  もう秋だ日影が違うぞもう秋だ

 川柳

  笑顔から幸せは来るよホントだよ

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽