おばあちゃんのひとりごと

Entries

江戸時代の茶人の宗旦に、こんな逸話があります。

 自分がなんであるかを知りたいと思うならば
 自分が何を好むかみればよい。
          ニーチエ 
       

 いい言葉ですね。なんだか、分かるような気がいたします。
 自分が何を好むかを見ることによって、自分が分からないことが
案外、そうすれば何かが、わかるかもですね。見えるかも。ですね。
 そうそう、まだまだ、なんだか、疲れがひどいなぁ。動かずにいよ
うかなぁ。疲れてるわ。今日もおとなしくして居ようかなぁ。
ちょうど、今日は雨です。雨の音がしてきました。久しぶりです。
 朝ニュース見ていたら、アシカかなぁシャチに追われて、ボートに
乗ってきて、助けられ30分ほどしてかえっていったとか。
 逃げてボートに飛び乗るなんて、賢いわぁ……。  
ちょこんとのって、可愛らしいし、頭いいなぁ。楽しくなりました。
 あしかかな?だと思うけれども、私は”とど”だなぁ。うっふふふ。
 あのアシカのようには頭は働かないしなぁ、動きは悪いし……。
ひとり笑えて、朝から、暢気に笑っています。
 ゴロリゴロリ。まるでトド? そんな気分です。
 昨夕は夕焼けが綺麗でした。ボーと暫く眺めていました。いいなぁ。
自然っていいなぁ、歩いていると、木の葉がふわって落ちてくる。
 秋なんだなぁ。
 どなたかの写真のブログで、彼岸花が美しく咲いていました。あんな
ふうにたくさん咲いている彼岸花が見たいわぁ……。もうあちこちで、
咲きますね。お彼岸には、までにはすっきりと元気になりお寺におま
いりにいかなくてはね。ご先祖さまが待っておられます………。


      いつも心は燃えていよう
      消えてしまっては駄目
      いつも瞳は澄んでいよう
      濁ってしまっては駄目
         仏教詩人・坂村真民先生


     ☆☆ひがむんです☆☆


     心が歪んでいる
     心がねたむんです
     心がねじれるんです
     
       それで それでね
       アホじゃん
       おバカじゃん
       
     でも いいじゃぁない
     人間だもん 生きているんだもん
     だから こういうときも……らしいでしょ

     うっふふふ アッハハ 笑えるのです
  
       そして大丈夫
       おかげさまで
       ありがたい……となるんです
     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 幸せは急がないで
         尼僧が語る愛の法話45編
                   
 第18話
  のぼろう 坂道
  一歩一歩 もう 一歩

 千利休の孫といわれ、千家流の茶道を創立した江戸時代の茶人・千
宗旦に、こんな逸話(エピソード)があります。
 あるとき、あるお寺の和尚が庭に咲いた見事な椿をひと枝を、小坊
主に命じて宗旦の家に届けさせました。
 ところが椿の花は途中で枝から落ちてしまいます。小坊主はビクビ
クしながらその枝と花を持参して、自分の失敗を宗旦に謝りました。
 宗旦は小坊主を茶室に招き入れ、床の間に千利休の作った竹の花入
れを掛けて椿の枝を生け、花入れの下に、落ちた花を置きました。何
とも言えない ”散り椿” の風情です。
 そして薄茶を一服たてて「ご苦労さん」とねぎらいました。
 わたしはこの逸話を聞いたときの、小坊主の素直な態度と、宗旦が
小坊主の立場に立って相手を温かく包んだ風景が、いまも心に残って
います。
 花の落ちた椿を道端に捨てたりしないで、恐れながらも大事そうに
届け、正直になりゆきを話して謝ったことが発端で、この小坊主さん
の行為は当然といえば当然ですが、嘘や弁解を言わずに詫びた素直さ
が、まず心を打ちました。
 宗旦も、小坊主だからと軽んじないで茶室にへ招き入れました。
 それは茶道でいう「和敬静寂」の ”敬” の精神でしょうか。
 「法華経」には常不軽という名の菩薩さまが

       我は深く汝等を敬い
       会えて驕慢せず
       汝等は当(まさ)に
       作仏すべきが故に

 といって、一切衆生の仏性を礼拝したと記されています。 
 ――-省略―――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ”敬” の精神好きです。家族の中でもあるといいなぁと思うのです。
 忘れてはならない、心の中に、いつも、しまっておきたいですね。

  短歌

   夏バテですっかり元気なんとなくなくして静か我は老人

  俳句

   夕焼けの美しすぎて見惚れ秋

  川柳

   いろんなこといっぱいあって生きている


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽