おばあちゃんのひとりごと

Entries

心には皺はない。うっふふふ。そうですね。

 精神のいちばん美しい特権の一つは、老いて尊敬される
 ことである。
              スタンダール

 心には皺はない。
              セヴィ二エ夫人
 

 なんか楽しいですよね。そうですよね。心まで皺にしないよう明るく楽しくい
きたいもんです。
  老いて尊敬されるっていいですね。と言うより、誰に対しても尊敬できる人で
ありたいわ。そして、 いつも、中村天風師がいわれるように

   きょうもうれしいです
   楽しいです、ありがたいです
   という言葉をいった時には
   非常な何とも言えない快(こころよ)さを感じる

 この心で、日々過ごしたいわ。昨日の秋風とともに、なんとなく元気も出てきま
したから、もう、ばっちりです。元気になれました。有り難いわぁ。やはり気力か
しら……ねぇ。さわやかな秋の風、そして強い陽ざしの中、青空がとても、美しく
ヘリコプターの音がするので、なにしてるかなぁ?と、見あげみつけました。そし
て、 昨夜は半月と言うのでしょうか、綺麗な月でね。今月15日が満月のようです。
 昨日の朝ね。散歩に出たら、ご近所の美しい奥様にお会いしたのです。つい、
 「まぁいつお会いしても美しいわあぁ、お会いできてうれしい~」
 「嫌だわぁ、日焼けはして、皺も……」
 「でも、ありがとうございます。うれしいわ」
 「ほんとうのことだから、美しくて羨ましい……」
 「まあ、ありがとうね、お礼に、お見送りさせていただくわ」
 「それでは、どうぞ、お気をつけてね。行ってらっしゃいませ」
 「それは、それは、どうも どうも どうもありがとう。」
 「それでは、どうぞ、行ってらっしゃいませ」
 「はい。ありがとう。行ってきます」アッハ アツハ。二人が笑いあう。
 最敬礼されてね「バイバイ」と手を振って出かけ、楽しいひとこと会話です。
 そうして出かけたら、おととい、お水をいっぱい送ってくれた友人から、電
話が入り、散歩の途中で、立ちどまり、しばらく話す(お茶の先生なので) 
 「昨日のこと。ごめんね。生徒さんがいて話しておれなかったので~」
 「いいよ。お水のお礼が言いたかっただけなのよ。いつも、ありがとうね。感謝だわ」
 人とこうやって話す会話が脳が働きうれしいわぁ。一人居には、とても大事にしたい
ことなんです。うっふふふ。ありがたいのです。

        ともかく
        具体的に動いて
        ごらん
        具体的に動けば
        具体的な答が
        出るから
            相田みつを


    ☆☆一人の時も耳を立ててる私☆☆

     内緒なんですが……

     どんなときも
     どこでも なんでも 
     あっちもこっちも
     目を見張らせて 耳をそばだてる

     興味を持つ心を持たないと……

     だってそうしていると
     いろんなご家庭が見えたり
     お仕事やら 人間の関係やら
     聞こえ見え勉強になるんです

     そうして自分を見つめられるから……

     そうやって ボンヤリな脳を
     ガツンって頭を働かせるんです
     怠慢な働かないわたしの脳には
     それが一番の勉強なんです

     ひとり静かに頭の体操……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中村天風の教え
          松本幸夫 著

   時は金なりという諺があるが
   真実に於いてときは金よりも
   遥かに貴重な尊さがある
 
 天風は、人生は「一生限り」であり、二生も三生もないのだと述べている。だ
から貴重な人生を悩んだり苦しんだり、もだえながら生きるのは大いなる生命の
損失なのである。
 「一生」に限りがある以上一瞬一瞬の時間は私たちの「生命」そのものだとい
える。時は金なりにあらず、時は命ありということである。
 私たちは、忙しさにかまけてついつい「最終ターミナル」がどこなのかという
ことを忘れて過ごしがちになる。しかし、どんな人にでも等しく「死」は訪れて
くるのだ。
 だからこそ、今この瞬間を真剣に生きて、「時は命」との自覚を持って日々生
き抜きたい。
 軍事探偵をしたり、死病に患ったり、天風は「生死の境」を幾度も体験してき
ている。そんな体験の中から、時を無為に過ごすような生き方は、本当の人生で
ないことを自覚したのである。
 「一生は断然一生で、二生はないのです」
 そう説く天風は、私たちに時の大切さ、貴重さを教えてくれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 天風師は、「天風哲学は死んだ後のことなんか考えやしない‥・」
と、いわれます。今をしっかりして生きるということでしょうね。


 短歌

  音のしてヘリコプター探す鱗雲にいた何しているの

 俳句

  「秋ですね」会う人ごとにご挨拶す

 川柳

   綺麗にはならぬ心をおおそうじ


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽