おばあちゃんのひとりごと

Entries

病気が治るのも「不思議」、病気が治らないのも「不思議」

 言葉は八分にとどめて、あとのニ分は、
 むこうで考えさすがよい。
 わかる者にはいわずともわかる。
 わからぬ者には、いくらいってもわからない。
                     伊庭貞剛


  今朝、ベランダから見ると,くもりです。 
 さあ、昨日は明るいニュース。愛さんの可愛い笑顔。美しい。
福原愛さんの結婚のニュースに、お二人の幸せな笑顔に魅かれ
見ていて自然に、私までが笑顔になっていました。いいニュース
にはホッとし、愛さんの流暢な美しい中国語で輝いた笑顔で話さ
れて素敵でした。日本では絞りの振袖のきもの姿、台湾では洋服
お似合いでした。お二人が魅力的でつい、チャンネルを変えては、
何度も、お二人を見ちゃいました。私までが幸せな気持ちになり
いいご結婚だわあ、おめでとうございます。
 今日はどうかな?昼過ぎごろに雨とか。秋晴れではないようです。
昨夕、友人から電話が入り、「久しぶりに、みんなでランチしようか」
ということになりました。久しぶりなのでそれもいいかぁ……。
涼しくなったのでね。友のひとりから、(4~5人集まる予定です)
 その友は、体重が35キロくらいだと思う。私など体重は内緒よ。
 「まだ夏バテがいかんわぁ……あなたは、どう?……」
 「わたしはよくなったわ。ありがとう。大事にしてね」
 「まだまだ、いかんわぁ……」
 「じやぁね、ランチの時にゆっくり 話そうね」
 9月29日に決まりました。医院に勤務されている人がありその人が、
木曜日がおやすみなので、ね。
 暇な私はいつでもOkだから。
 木曜日が晴れてくれたらいいなぁ。


    心が変われば 態度が変わる
    態度が変われば 習慣が変わる
    習慣が変われば 人格が変わる
    人格が変われば 人生が変わる
       「アミエルの日記」安岡正篤 



  ☆☆いつものこと☆☆

    いつも いつも
    いつも いつも
    いいことを考えてる

    いつも いつも
    いつも いつも
    いい人を心に持つ

    いつも いつも
    いつも いつも
    どんなことも幸せに思い

    いつも いつも
    いつも いつも
    すべてのいいところだけ見る

    いつも いつも
    いつも いつも
    そうやって 過ごしていくのです

    そういうふうになれたら いいと思う
    なんでもなれるといい
    自然になれるととてもいいと思うわ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  がんばらない、がんばらない
                 ひろさちや 著

<不思議―――神仏から見れば、病気、失敗、挫折もマイナスではない――>

 信仰と信心は違う。いや、わたしは、信仰と信心をちがったものとして区別
してみたいのである、
 文化庁の統計によれば、現在、日本には二億人を超える信者人口がある。総
人口の二倍に近い信者がいるということは、この信者の大半が信仰しか持って
いないことを意味している。 
 信仰というものは、たとえば病気になった人間が一生懸命に神仏に祈る。そ
して、病気が治った。それが神仏のおかげと信じるのが信仰である。わたしは
そのように信仰を定義したい。
 したがって、信仰はだいたいにおいて、
 ――-ご利益信仰―――
 である。そこで、ある神仏を信仰していた人が、また別の神仏を信仰すると、
いったことが起きる。ご利益を求めてあちこちの新興宗教の門をたたく人が多
いのも、信仰だからである。その結果、二億人を超す信者数になる。
 一方、信心というものは何か……?病気になって神仏に祈る。しかし、病気
は治らない。もちろん、病気が治ってもいいのであるが、病気が治るのも「不
思議」、病気が治らないのも、「不思議」と信じるのが信心である。わたしは
信心をそう定義したい。
 「不思議」というのは、神仏のこころはわたしたちにはわからない―――と
いう意味である。自分ではマイナスの価値だと思っていること(病気・失敗・
挫折・など)が、神仏の目で見ればちがっているのかもしれないと思うのが、
「不思議」である。そして、それがほんとうの信心だと思う。
 信仰ではなく、信心を持ちたいと、わたしは思っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そうですね。信心ね。わたしもその「不思議」を思う。から。
 いつも神仏さまには、お守りくださいましてありがとうございます。
と、手をあわせているのです。そうしていますと「不思議」と、こころ
がいいのです、ありがたくなるのですもの。家族の住所と名前もいい
ましてね。「おまもりくださいましてありがとう」です。
 
 短歌

   荘厳で清々しい朝神社で手を合わせ祈るここちよくなり

 俳句

   台風は過ぎたというに雨の空

 川柳

   福の神貧乏神も神様でみな神様



土曜日、「佐和子の朝」由紀さおりさんでした。今から見ます。うれしい。
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽